いいモノ調査隊
冬の朝にはコレ便利!

どれが最強!? クルマのガラスの氷を溶かす「解氷スプレー」5種比較

冬季に困るフロントウィンドウの凍結

自動車ライターのマリオ高野です。

カーライフにおいて、冬になると困ることのひとつが、フロントウィンドウの凍結です。雪はあまり降らない地域でも、朝晩の気温が寒冷地並みに下がるエリアは多く、朝になるとボディやウィンドウにうっすらと氷が張るのは厄介ですよね。クルマのウィンドウは、軽く薄く氷が張っただけでもほぼ視界がなくなるのでそのままでは発車できず、エンジンが温まって暖房が効くのを待つしかありません。

これは数ミリ級の氷が張っている状況ですが、もっと薄い氷でも前はほぼ見えなくなります。ワイパーだけでは除去できず、溶けるまで運転不能

クルマで通勤をしている場合など、朝の1分1秒が惜しまれるときに数分〜十数分のロスはあまりにも痛すぎます。昔から、凍ったウィンドウにお湯をかけて溶かす人がたまに見かけられますが、凍ったウィンドウにお湯をかけると温度変化が急すぎてウィンドウが割れる恐れがあるので、アレはやめたほうが無難です。

冬の朝イチの始動直後はアイドリング回転数が高くなって燃費も悪くなるし、氷が溶けるまで暖気をしながら待つ時間は1秒でも短くしたいものですが、そんな冬のウィンドウ凍結に絶大な効果を発揮するのがスプレータイプの「解氷ケミカル」。凍ったウィンドウに吹き付けるだけで、素早く氷を溶かして視界をクリアーにしてくれます。車内暖房やワイパー作動と合わせれば、発車オーライ状態となるまでの時間を劇的に短縮できるので、寒冷地(または寒冷地並みに朝晩の気温が下がる地域)では重宝するケミカル。朝の氷にウンザリしている人におすすめです。

カー用品店に行くと解氷ケミカルの多彩なラインアップに驚きます。そこで今回は、カー用品メーカー大手が販売するケミカル5種類の、実際の解氷パワーを試してみることにしました。

左からHolts、プロスタッフ、KYK(古河薬品工業)、の5ブランドをチョイス

左からHolts、プロスタッフ、KYK(古河薬品工業)、の5ブランドをチョイス

たとえば、筆者が暮らす埼玉県所沢市山口(狭山丘陵)の場合、真冬の早朝の気温は寒い日だとマイナス2〜3度程度に下がり、高い確率でウィンドウが凍ります。それでも氷の厚さはそれほどでもなく、いずれの製品も大きな差はなくすぐに解氷してくれる(秒単位の差はありますが)ので、「ウィンドウに薄く張った氷を溶かす」という狙いに対しては、今回紹介する5種類ならどれを選んでも間違いはなく外すことはありません。

寒地にて解氷スプレー5製品の実力を検証

しかし、中にはマイナス40〜50度の厳しい寒さにも対応することをうたうなど、製品のスペックはきわめて高いものがあり、埼玉県所沢市程度の寒さでは製品の本質や真価が見えにくいと判断。そこで、もっと過酷な寒地で解氷テストを実施するべく、群馬県の嬬恋村まで足を伸ばしました(年間平均気温は8度前後!)。浅間山の麓あたりの、標高1,800m付近にある駐車場ではクルマの外気温計がマイナス6度を示し(実施日は12月中旬)、ウィンドウに水をかけると数ミリ級の分厚い氷が張ったので、この分厚い氷をも溶かす能力を備えているのか否かをチェックしたのです。

本格的な真冬になるとマイナス15度以下になることもある酷寒地では、12月半ばの昼間でもマイナス6度と凍(い)てつく寒さに…

マイナス6度の中で、ウィンドウに霧吹きで水を吹きかけて厚い氷が張るよう仕掛けました。愛車のウィンドウは撥水(はっすい)ケミカルの「ガラコ」がバリバリに効いているため、水をはじいて氷が張りにくいという難点が!? (今回の“氷作り”に限っては裏目でした)

マイナス6度の中、ワイパーを動かしながらせっせと水をかけ続けた結果、このようにかなり分厚い氷が張りました

車内からの景色は氷河の中!? 日常的に、ここまでウィンドウが凍るケースはほぼないと思われますが、極端な状況での効果やいかに?

今回はこれらスプレー5種に対して使用時の解氷インプレッションに加え、「解氷パワー」「扱いやすさ」「再凍結防止力」「香りや質感」の4項目を5段階で評価してみました。

商品1:解氷ガラコ ダブルエッジ(ソフト99)

撥水コートガラスにも使え、狙った場所に当てやすい

絶大な人気を誇る撥水処理ケミカル、「ガラコ」ブランドの解氷スプレー。ガラコだけに、撥水コートを施しているウィンドウにも安心して使えるのがポイント。撥水が効いていると水滴を寄せ付けないため、雪や霜が付きにくくなる効果が得られることも見逃せません。

ウィンドウの分厚く氷が張った部分を狙います

ウィンドウの分厚く氷が張った部分を狙います

噴出量は少なめながら、勢いが強めなので狙った場所に当てやすいです

噴出量は少なめながら、勢いが強めなので狙った場所に当てやすいです

解氷パワーは、ほかと比べて特に強いという印象ではありませんが、おおむね不満なく氷を溶かします。撥水成分のせいか、液剤はやや白濁します

大きめの氷を溶かす所要時間は、若干長くかかりました。香りはガラコ特有の煮詰めた柑橘系。慣れてる人には問題ありません

キャップに刻まれた「ギザギザエッジ」と、取り外して使用できるヘラタイプの「スクレーパー」の2WAYキャップを採用しているのが特徴的

より細かい作業に対応できる工夫に感心しますが、ヘラタイプは小さいので、かじかんだ手で使う場合には作業性に難しさを感じました

■総評■
解氷パワーなどは平均的な印象でしたが、筆者のように常にガラコで撥水をしているユーザーにとっては、撥水の劣化を気にしないで使えるのが利点です。ソフト99としては、撥水効果を保つためには「寒ガラコスーパージャンボ2800」の併用がおすすめとのことです。

解氷パワー :★★★☆☆
扱いやすさ :★★★★★
再凍結防止力:★★★★☆
香りや質感 :★★★☆☆

商品2:強力 解氷スプレー ロング(プロスタッフ)

高い粘度で再氷結も防いでくれる

高い粘度で再氷結も防いでくれる

ボディケミカル用品で定評のあるプロスタッフの解氷スプレー。マイナス50度にも対応する高濃縮タイプで、500mlの大容量も特徴。使い終わるまでパワフルな噴射力を維持するといいますが、その実力やいかに。かぎ穴用のチューブが付属します。

キャップをしたまま使えるので、ほんのわずかな作業も減らしたい極寒の中では助かります

キャップをしたまま使えるので、ほんのわずかな作業も減らしたい極寒の中では助かります

スクレーパー部分のデザインは多彩で、さまざまな氷に対応することができるのがいいです

スクレーパー部分のデザインは多彩で、さまざまな氷に対応することができるのがいいです

例によって、分厚く氷が張った部分を狙います

例によって、分厚く氷が張った部分を狙います

溶剤はいかにも高濃度という感じで、粘度指数が高い感触です。濃厚な分、アルコール臭もかなり強め

溶剤はいかにも高濃度という感じで、粘度指数が高い感触です。濃厚な分、アルコール臭もかなり強め

氷はほどなく溶けていきました。解氷パワーは十分に満足できるレベル

氷はほどなく溶けていきました。解氷パワーは十分に満足できるレベル

ドロッとした液体が氷を包むようにして溶かしていく様子が、やや独特です

ドロッとした液体が氷を包むようにして溶かしていく様子が、やや独特です

粘度指数が高めの液体なので、再凍結防止効果の高さも実感

■総評■
解氷パワーは申し分なく、容量が多くて濃厚な分、お得感がありました。これだけ濃いと、本当にマイナス50度でも使えそうな気がします。ただ、濃厚なだけに香りがややキツめであり、塗装や衣服に付いたときにシミなどがつきやすくなると思われるので、その点は少し注意が必要かと思いました。撥水コートへの影響については製品に記述が見当たりませんが、おそらく影響するものと推察されます。

解氷パワー :★★★★☆
扱いやすさ :★★★★★
再凍結防止力:★★★★★
香りや質感 :★★★☆☆

商品3:スーパーディアイサー400(Holts)

氷がみるみる溶けていった!

タッチアップペイントなどボディケミカルでおなじみHoltsの解氷剤。付属のチューブを使用すればかぎ穴の凍結にも対処可能。ウィンドウにコーティングによる撥水処理を施している場合、コーティングの種類によってはその効果が損なわれる可能性があるとのことなので、撥水処理を施している場合はご注意を。

  • MH530 スーパー ディアイサー400

  • 参考価格 -

  • 2018年2月13日 12:25 現在

解氷パワー感は、使用直後から実感できました。数ミリ級の厚い氷に対しても十分有効です

解氷パワー感は、使用直後から実感できました。数ミリ級の厚い氷に対しても十分有効です

ウィンドウの氷を溶かす能力はかなり強力で、集中的に射出した部分はみるみる溶けていきます

ウィンドウの氷を溶かす能力はかなり強力で、集中的に射出した部分はみるみる溶けていきます

かなり分厚く凍った部分も、一部の塊を残してほぼ解け落ちました。再凍結防止効果も期待どおりです

かなり分厚く凍った部分も、一部の塊を残してほぼ解け落ちました。再凍結防止効果も期待どおりです

ワイパーの払拭範囲以外も溶剤を当てるだけでかなり溶けます

ワイパーの払拭範囲以外も溶剤を当てるだけでかなり溶けます

液剤の射出量と勢いはほどほどに強く、コントロール性も文句ありません

液剤の射出量と勢いはほどほどに強く、コントロール性も文句ありません

キャップはスクレーパーとして使用可能。蓋に刻まれたエッジ部分は、最も面積が大きく鋭利であり、氷を削る威力も高いものがありました

■総評■
解氷パワーは今回の5アイテムの中では2番目に強力との印象。香りは柑橘(かんきつ)系にて、個人的には車内に置いても違和感はありませんでした。ドアのかぎ用のチューブはスプレーのノズルに装着して使いますが、激寒の中、かじかんだ手でチューブを取り付けるのはやや難しかったので、車内などの暖かい場所で取り付けることを推奨します。

解氷パワー :★★★★☆
扱いやすさ :★★★★★
再凍結防止力:★★★★☆
香りや質感 :★★★★★

商品4:解氷スプレー トリガー500(KYK-古河薬品工業)

今回唯一の”霧吹き“タイプ

ボディにやさしいカーシャンプーやウォッシャー液、バッテリー液や冷却水、住宅用凍結防止剤などで知られる古河薬品工業の解氷スプレー。今回の5アイテムの中では唯一のガスを使わない霧吹きタイプで、詰め替え用もあるなど、環境にもやさしい仕様となっています。撥水シリコーンがガラス面をコーティングすることで再凍結を防止。マイナス40度まで対応とのこと。

例によって、分厚く氷が張った部分を狙います

例によって、分厚く氷が張った部分を狙います

吹き付ける分量を少なくしたいときの調整はしやすいものの、手っ取り早く広範囲に吹きかけたい場合は、ややじれったさを感じました

マイナス6度下での作業は1秒でも早く完了させたいので、トリガー操作で何度も液を吹きかける作業性に、やや辛さを感じました

液剤が少ないと解氷パワーが足りない印象ですが、しっかり多めに吹きかけると、それに比例して溶ける威力も増します

大きくて分厚い氷を溶かすのには、やや苦戦した印象です。アルコール臭は比較的弱めでした

大きくて分厚い氷を溶かすのには、やや苦戦した印象です。アルコール臭は比較的弱めでした

■総評■
よく悪くも、霧吹きタイプのスプレーであることが特徴的でした。広範囲に大量に吹きかけたい場合にはあまり適さず、小さな範囲に少量吹きかけたいときには適しています。撥水シリコーンがガラス面をコーティングするので、撥水コーティング処理ガラスにも使用できるのもいいですね。今回のコンディション下ではやや苦戦してしまいましたが、平地で霜が付いたくらいのウィンドウは難なく解かすことができます。

解氷パワー :★★★☆☆
扱いやすさ :★★★☆☆
再凍結防止力:★★★☆☆
香りや質感 :★★★☆☆

商品5:アイス・オフ(KURE)

まるでお湯をかけるように氷を溶かした

潤滑剤「5-56(ゴーゴーロク)」でおなじみ、呉工業の解氷スプレー。特殊アルコールの強力な溶解力と、炭酸ガスの強い噴射力が特徴。特殊成分SPR-GL配合により、再凍結を強力に防止。「かぎ穴にもスプレーできるエクステンションチューブ付き」です。

ガチガチに氷ったウィンドウの中でも、数ミリはあろうかという氷の塊が見られる部分を狙います

ガチガチに凍ったウィンドウの中でも、数ミリはあろうかという氷の塊が見られる部分を狙います

射出量と勢いはかなり強めなので、ウィンドウから離れても使えます。溶剤の香りはクセがなく爽やか

射出量と勢いはかなり強めなので、ウィンドウから離れても使えます。溶剤の香りはクセがなく爽やか

解氷パワーは「圧巻!」のひと言! まるでお湯をかけているかのように氷が溶けていくではありませんか!

解氷パワーは「圧巻」のひと言! まるでお湯をかけているかのように氷が溶けていくではありませんか!

溶剤をかけた部分のほぼすべての氷が溶け落ちました! 溶ける速度も速い!

溶剤をかけた部分のほぼすべての氷が溶け落ちました! 溶ける速度も速い!

再凍結する気配もなく、満足感はピカイチです!

再凍結する気配もなく、満足感はピカイチです!

キャップはスクレーパーとして使用可能。ホルツのスーパーディアイサー400ほど大きくはなく鋭利ではありませんが、ギザギザが両サイドに付いているので向きを気にせず使えます

■総評■
今回試した5アイテムの中では最も強力な解氷パワーを発揮。掛け値なしに「お湯をかけるがごとく」氷が溶けて感動的でした。ウィンドウにコーティングによる撥水処理を施している場合、その効果が損なわれる可能性があるとのことなので、撥水処理を施している場合はご注意を。

解氷パワー :★★★★★
扱いやすさ :★★★★☆
再凍結防止力:★★★★★
香りや質感 :★★★★★

厚い氷が張る場合は「KURE アイス・オフ」がおすすめ

解氷パワーについては、氷点下前後ではあまり差がなかったものの、マイナス6度以下の厳しい状況ではやはり差が出ました。いずれも氷を溶かす能力はそれなりに高いものの、数ミリ級の氷の塊に対してもお湯をかけたときのように強力に溶かす「KURE アイス・オフ」の解氷パワーが印象的でした。ただ、解氷パワーが強いものは撥水コートに与える影響も強いのが難点。撥水ウィンドウの機能を損ねたくない場合は「解氷ガラコ」と「KYKの解氷スプレー」がおすすめとなります。

いずれの製品も、ボディの塗装面や衣服、手肌にかかることは極力避けましょう。もし付いたらすぐに洗うか拭き取ることを忘れないでください。

車に積もった雪落としに! スクレーパー、スノーブラシを探すならこちら

突然の大雪に備えよう。便利な除雪グッズ&雪対策アイテムはこちら

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
  • MH530 スーパー ディアイサー400

  • 参考価格 -

  • 2018年2月13日 12:25 現在

関連記事
ページトップへ戻る