新製品レポート
「銅メッキシャーシ」など高品位の高音質パーツを採用

高音質にこだわり抜いた「サイバーナビ Xシリーズ」パイオニア80周年限定モデルも登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月18日、パイオニアは同社のカーナビゲーション「サイバーナビ」シリーズの新製品として、高音質にこだわり抜いた“サイバーナビ Xシリーズ”「AVIC-CZ902XS」を発売すると発表した。AVIC-CZ902XSのメーカー希望小売価格は、248,000円(税別)。発売は、6月が予定されている。

AVIC-CZ902XSには、高品位の高音質パーツが多く採用されていることが特徴だ。シャーシには、国内の市販カーナビとしては初となる「銅メッキシャーシ」を採用。この銅メッキを、本体側面と背面、内部の中間シャーシに使用することでノイズを低減させている。さらに、ビスの一部にも銅メッキのものを使うことで、オーディオ系の部品からノイズを逃がす役目を果たしているという。

また、サイバーナビの背面には放熱のために冷却ファンが設けられているが、AVIC-CZ902XSのファンには静音タイプのものが採用されている。これにより、通常のサイバーナビと比べて、背面シャーシの振動が低減されている。

さらに、AVIC-CZ902XSではケーブルにもこだわっている。スピーカーやパワーアンプへ高純度で信号を伝送できる、OFC(無酸素銅)を外部入出力ケーブルと電源ケーブルに採用。また、端子の金メッキ処理や線径、皮膜素材にいたるまで、試聴を繰り返しながら検討を重ねたという。

音質の要となるパーツ「オペアンプ」には、高級ホームオーディオである「MUSESシリーズ」のオペアンプが6基搭載されている。これも、国内カーナビとしては初となる。そのほかにも、振動を抑える為のコンデンサの採用や、電源に余裕を持たせるためのパーツ改良など、AVIC-CZ902XSには音質向上のためのさまざまなチューニングが施されている。

AVIC-CZ902XSの外観デザインについては、本体のハードキー中央部やスマートコマンダーのロータリー部へ「ROSE GOLD」塗装が施されている。また、そのほかの本体ハードキー部にはピアノブラックが塗装されることなどによって、特別なモデルであることが表現されている。

2018年4月18日に報道陣向けに開催された「パイオニア 2018年 カロッツェリア新商品発表会」の特別ゲストとして、レーシングドライバーの小林可夢偉選手が登場した。

実は、趣味として自宅などでDJをすることもあるなど、音にこだわりを持っている可夢偉選手。昨年、2017年からは愛車をリノベーションするというパイオニアの企画にも登場し、スピーカーやサブウーファーを交換している。それについて、可夢偉選手は「ほんとに、音ってレーシングカーに似たようなところがあって。突きつめれば突きつめるほど、いい音を完成させることができる」と語る。

そんな可夢偉選手が、発表会直前にAVIC-CZ902XSで音楽を聴いたところ、その音のよさに感動したという。

「ボーカルの声が強い音楽を聴いたときに、まるで耳元で聴いているような。近くにいて、プライベートで歌ってくれているのではないか。車内がそんな空間に変わりました。もう、感動しかないですね」と話す。さらに、「ぜひ、色んな方にこの音を聴いてほしいと、心から思う」と語った。

パイオニアは、2018年1月1日に80周年を迎えた。それを記念して今回、AVIC-CZ902XSの80周年記念モデルである「AVIC-CZ902XS-80」が80台限定で発売される。

AVIC-CZ902XS-80には、同社の創業80周年を記念して「000001」〜「000080」が刻印された「シリアルナンバープレート」や「カロッツェリア マニュアルケース」が同梱される。また、それらは職人が手作業で紙を貼り上げた「80周年記念スペシャルボックス」に同梱されている。

さらに、80周年記念モデルでは以下の特典が付属しており、限定モデルならではのお得な内容となっている。

・レコチョク BEST ライトプラン利用権1年分
・レコチョク プリペイドカード10,000円(税別)分
・データ通信専用通信モジュール「ND-DC2」通信料3年分付
・長期3年保証
・カーナビ画面フィルム「AD-FL702」

今回、音にこだわったサイバーナビ Xシリーズを造った背景として、パイオニア株式会社 市販事業部 マルチメディア企画1課の内田有喜氏は、「これまでのモノ造りでは、広く、多く、お客様にお届けするためにコスト制限を設けていました」と話す。だが、今回は80周年という節目であることから、高音質パーツとともに「(パイオニアが)これまで培ってきた音に関するノウハウのすべてを、基盤へ注ぎ込んだ」という。

AVIC-CZ902XS-80の価格は、AVIC-CZ902XSと同じ248,000円(税別)。2018年5月23日(水)10時から、「パイオニア カロッツェリア eショップ」のみで販売される。

今回、Xシリーズだけでなく、通常のサイバーナビシリーズも進化を遂げている。それが、サイバーナビと「MapFanコネクト」との連携だ。新サイバーナビでは、iPhone/スマートフォン用アプリ「MapFanAssist」や、Webサイト「MapFan」と接続することができる。

たとえば、MapFanAssistやMapFanでお気に入りのスポットとしてブックマーク登録しておけば、その場所をサイバーナビですぐに表示して目的地設定することができる。

また、MapFanAssistやMapFanで、ドライブ予定の日時や出発地、目的地といったルート情報をあらかじめ登録しておくと、設定した日時にカーナビを起動させれば、登録したルートですぐにナビを開始させることができる。

実際に、スマホアプリの「MapFanAssist」を少し触らせてもらったのだが、スマホならではの快適な操作で、出発地や目的地がスムーズに登録できた。また、複数の経由地の差し込みなども、スマホ上であれば実に簡単に操作できる。ドライブ予定は複数登録することができて、その一覧をわざわざクルマのカーナビを起動させることなく見ることができるのも魅力的といえる。

たとえば、仲間とドライブの予定を話しているときなど、会話しながらその場でドライブルートをMapFanAssistに登録してしまえば、出発当日にもたつくこともなく、快適なドライブを楽しむことができるだろう。

そのほか、マイカーの位置を地図で表示させることも可能だ。愛車で迎えに来たクルマがどこにいるのかといったことや、万が一の盗難の際などにも役立つだろう。「MapFanコネクト」は、一度使ってしまうと手放せなくなりそうな機能となりそうだ。

この「MapFanコネクト」が搭載されたサイバーナビの発売時期は6月頃が予定されている。希望小売価格はオープンで、メーカー発表の想定価格は以下の通りとなる。

【サイバーナビ 実勢価格(税別)】

AVIC-CL902-M/220,000円前後
AVIC-CL902/160,000円前後
AVIC-CW902-M/200,000円前後
AVIC-CW902/140,000円前後
AVIC-CZ902-M/200,000円前後
AVIC-CZ902/140,000円前後

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る