レビュー
SUVの走破性とミニバンの多人数乗車を兼ね備えた!

3列目シートが“快適”な国産SUVをランキングでご紹介!

昨今、自動車カテゴリーの中で高い人気を得ているのが「SUV」だ。悪路における走破力の高さなどが特徴のSUVだが、車種によってはミニバンのように3列シートをラインアップし、多人数乗車が可能なグレードを選べるのも魅力のひとつだ。

主に北米など海外のニーズによって、各メーカーごとに乗車定員が6〜8名に設定された3列シートSUVが用意されている。それら3列シートを持つSUVが、近年の日本におけるSUVブームにのっとって、日本でも次々と発売され始めているのだ。

2017年に発売された、3列シートを持つマツダのSUV「CX-8」

2017年に発売された、3列シートを持つマツダの人気SUV「CX-8」

3列シートを持つ代表的なSUVと言えば、2017年に発売されたマツダ「CX-8」や日産「エクストレイル」、また先日発表されたばかりのホンダ「CR-V」にも3列シート車がラインアップされている。

SUVにおける3列目のシートは、基本的には“荷室に装着された補助席”と考えればよいだろう。ミニバンの3列目シートに比べて、乗員スペースは狭く、膝先空間に余裕はあまりない。

トヨタ「アルファード」や日産「セレナ」のように、背の高いミニバンは床面が平らだ。だが、SUVの3列目シートの床は、燃料タンクがあるために持ち上がっている。そのため、床から座面までの高さが近く、3列目シートに座ると窮屈で、膝が大きく持ち上がってしまう。SUVの3列目シートに座って移動するのは、片道1時間以内が限度だろう。

それでも、普段はSUVとしての性能を必要としていて、年に数回、それほど長くない距離で6名を超える多人数での移動が不可欠という場合には、3列シートSUVという選択肢が合理的となる。

たとえば、近所に住んでいる実家の両親と一緒に、2世帯が同乗して出かけるといったニーズだ。片道1時間以内の多人数乗車であれば、車内の広いミニバンを買うほどではない。だが、2列シートでは、そもそも一緒に外出することができない。となれば、3列シートSUVという選択になる。普段は3列目シートをたたんで広いラゲッジルームとして使い、必要なときだけ3列目シートを起こせばいい。

このように、SUVの3列目シートはあくまで補助的なものだが、その中でもできるだけ快適な3列目シートを持つSUVが欲しいという方もおられるだろう。そこで今回、当記事では“快適な3列目シートを持つSUV”を、筆者(渡辺陽一郎氏)が実際に幾度も試乗を重ねた経験をもとに、モータージャーナリスト視点によるランキング形式でお届けしたい。

5位:日産「エクストレイル」(4WD・20X/282万7,440円)

日産「エクストレイル」ガソリンエンジンを搭載した「20X」に、3列目シートを備えたグレードが用意されている

日産で、人気の高いミドルサイズSUVが「エクストレイル」だ。ハイブリッドを含めて、大半のグレードが2列シート車なのだが、ノーマルエンジンを搭載する「20X」グレードには、3列シートの7人乗り仕様が用意されている。

3列目シートの足元空間はアウトランダーと同等なのだが、頭上空間はエクストレイルがやや狭い。身長170cmの乗員が座ると、頭部が天井に触れてしまう。そのために、エクストレイルは5位となった。

4位:三菱「アウトランダー」(4WD・24Gセーフティパッケージ/296万2,440円)

三菱「アウトランダー」のガソリンエンジンモデルには、3列目シートを備えたグレードも用意されている

三菱「アウトランダー」のガソリンエンジンモデルには、3列目シートを備えたグレードも用意されている

三菱「アウトランダー」は、ガソリンエンジンモデルに3列目シートの補助席を備えた7人乗り仕様が用意されている(PHEVは2列シート車)。

アウトランダーは、全長が4,695mmということもあって、3列目シートは足元空間が狭い。身長170cmの大人6名が乗車した場合、2列目シートに座る乗員の膝先空間を握りコブシ1つ分まで詰めても、3列目シートに座ると膝が2列目シートの背面に触れてしまう。そのため、移動は短距離に限られるが、ミドルサイズSUVながら多人数乗車が可能という点は魅力と言える。

3位:ランドクルーザー&レクサスLX(ランドクルーザー4WD・AX/515万1,600円)

トヨタ「ランドクルーザー」車両の画像はZX

トヨタ「ランドクルーザー」車両の画像はZX

トヨタ「ランドクルーザー」(200シリーズ)は、4.6L V8エンジンを搭載するLサイズSUVだ。レクサス「LX」は、ランドクルーザーをベースに開発された上級車種で、排気量を5.7Lに拡大して、装備も充実させた。両車ともに、3列シートを備えた8人乗り仕様が用意されている。

オフロードSUVなので床が高いために、2列目シートも含めて、床と座面の間隔は不足気味だ。膝が持ち上がり、大柄なボディにもかかわらず居住性はそれほどよくない。また、床が高いために乗降性も悪い。

だが、身長170cmの大人6名が乗車して、2列目シートの膝先を握りコブシ2つ分に調節すると、3列目には1つ分の余裕ができる。使い勝手には不満を抱えるが、SUVとして多人数乗車時の居住性は悪くない。

2位:レクサス「RX450hL」(4WD・450hL/769万円)

レクサス「RX450hL」

レクサス「RX450hL」

レクサス「RX450hL」は、レクサス「RX」の最上級グレードだ。「RX450h」をベースとして、全長を110mm拡大させて3列目シートを収めている。3列目シートは、補助席のように着座姿勢は窮屈だが、シート自体の造りがいい。居住性は2位だが、座り心地はCX-8と僅差だ。SUVの3列目シートとしては快適に座れる。

なお、3列シート仕様はRX450hLのみなので、エンジンは3.5L V6エンジンをベースにしたハイブリッドに限られる。

1位:マツダ「CX-8」(代表グレード:4WD・XDプロアクティブ/376万9,200円)

マツダ「CX-8」

マツダ「CX-8」

マツダの最上級SUVで、北米で販売されている「CX-9」をベースに開発されたのが「CX-8」だ。CX-8の全幅は、CX-5と同じ1,840mmに抑えられている。エンジンは、2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンを搭載しており、走行性能と乗り心地のバランスが取れている。

マツダ「CX-8」の3列目シート

マツダ「CX-8」の3列目シート

CX-8の3列目のシートに座ると、膝は持ち上がるものの、座面は柔軟で座り心地は快適だ。足元空間は、ミニバンに比べればやや狭いものの、SUVの3列目シートとしては広い。たとえば、身長170cmの大人6名が乗車して、2列目シートに座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分(やや余裕がある状態)へ調節しても、3列目シートの膝先には握りコブシ1つ以上の空間が残るほどに余裕がある。これは、コンパクトミニバンのトヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」に近い快適性と言える

※マツダ「CX-8」が、ユーザーにもっとも支持された製品を選出する「価格.comプロダクトアワード2018」の「自動車部門」で大賞に選ばれました!

総合評価

ランキング1〜3位の3車種は、すべてボディサイズが大きく、価格が高いのがネックとなる。CX-8の4WD・XDプロアクティブは376万9,200円で、レクサスRX450hLになると769万円となってしまう。ランドクルーザー4WD・AXは515万1,600円で、ボディサイズは全長が約5m、全幅は約2m、最小回転半径も5.9mに達する。

そうなると、現実的に購入を検討する際の3列シートSUVは、売れ筋グレードが300万円以下のエクストレイルやアウトランダーが主流となる。これまで述べたように、3列目シートは窮屈なので、居住性は入念に確認してほしいが、300万円あたりであれば日産「セレナ」やトヨタ「ヴォクシー」と同等の価格なので、ミニバンなどからの乗り替えもしやすいだろう。

エクストレイルは、アウトランダーに比べて頭上の空間が狭く、7人乗りのグレードも限られるが(充実装備で割安な20Xiは2列シートのみ)、シートや荷室の床には防水処理が施されていて、アウトドアなどの用途にすぐれている。エクストレイルは、3列目シートの居住性という面でのランキング順位こそやや低めだが、3列目シートをたためば荷物を積みやすく、さらに価格は割安だ。総合的に評価すれば、エクストレイルが1位という見方もできる。

ホンダ「CR-V」の1.5L VTECターボモデルに3列シート車が用意されている

ホンダ「CR-V」の1.5L VTECターボモデルに3列シート車が用意されている

また、ホンダの新型「CR-V」にも注目したい。1.5L VTECターボには3列シート車が用意されており、3列目シートの空間効率も高い。販売店では、2018年7月中旬から予約受注を行っており、その価格は4WD・EXの7人乗りが360〜370万円だ。エクストレイルやアウトランダーに比べて70万円ほど高いが、走行性能がよく、最新の安全装備が標準で装備されている。CX-8などと比較対象になるだろう。

かつてホンダが発売していた「クロスロード」は、コンパクトなボディサイズながら3列シートが用意されていた

かつて、ホンダが販売していた「クロスロード」(2007年2月〜2010年8月)は、全長が4,285mm、全幅は1,755mと、「ヴェゼル」よりも若干コンパクトにもかかわらず、大人6名の乗車が可能だった。プラットフォームはストリームと共通で、3列目シートの床をフラットに仕上げるなど、工夫を凝らしたからだ。

日本の自動車メーカーが、かつてのように日本国内市場に本気で取り組めば、クロスロードのような空間効率のすぐれたSUVも復活するはずだ。ホンダに限らず、日本の自動車メーカーが本当に取り戻すべきなのは、我々日本のユーザーに対する本気の姿勢なのかもしれない。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る