新製品レポート
「TRICITY」に続く、話題の「NIKEN」を見てきた!

大雨の中で試乗して実感した、ヤマハ3輪LMW初のスポーツモデル「NIKEN」の絶大なる安定感


フロントタイヤが2つあり、曲がる時は左右に傾く3輪バイクをこれまで2車種リリースしているヤマハ。2014年に初代モデルである125ccの「TRICITY 125」、2017年には高速道路も走行できる155ccの「TRICITY 155」が登場。そして2018年9月、845ccの「NIKEN(ナイケン)」が誕生した。このNIKEN、大排気量になっただけでなく、同社初となるスポーツモデルの3輪バイクである点も興味深いところ。9月26日に開催された試乗会で聞いたNIKENのこだわりと、乗り味を紹介しよう。

基本コンセプトは「TRICITY」から継承しつつ、スポーツモデルの設計になったLMW

3輪バイクの魅力は、安心して乗れる安定感の高さにある。しかし、その半面、バイクとしての楽しさは少ない。というのも、一般的な3輪バイクは曲がる際に車体を傾けられないものや、前輪はそのままで車体だけが傾くものがほとんどで、2輪のバイクのように車体を傾けると自然とハンドルが切れていく感覚は得られにくいのだ。そんな3輪バイクにおもしろさを加えたのが、2014年に登場した「TRICITY」。前輪2つのタイヤがそれぞれ独立して動く構造とすることで、2輪のバイクに近い感覚で車体を自然に傾けられる3輪バイクを実現した。なお、ヤマハではこのような3輪バイクを「Leaning Multi Wheel(LMW)」と称している。

排気量125ccの「TRICITY 125」。フロントタイヤが2本あることでグリップ感が高まり、どちらかのタイヤが滑ったとしても転倒することがないのがLMWの最大のメリット

【TRICITYについてくわしく知りたいなら、この記事を見て!】
前輪が2つ!? 話題の“3輪バイク”ヤマハ「TRICITY」に乗ってきた!

このような「安定感」と「バイクとしての楽しさ」を兼ね備えたLMWならではの特性はそのままに、スポーツモデルとされた「NIKEN」は根本から設計を見直したという。大きな変化点は、最大バンク角がTRICITYシリーズより7°大きい45°にアップしたこと。それに合わせ、従来はタイヤの内側に装備されていたフロントタイヤを支えるフォークは外側に変更された。これは、45°傾けた時にフォーク同士が干渉しないようにするための措置で、NIKENのインパクトある外観デザインの要ともなっている。そのほか、2本あるフロントタイヤ同士のクリアランスが大きくなり、さらに、45°バンクさせた場合でもフロントタイヤがそれぞれ同心円を描いて曲がれるように「LMWアッカーマン・ジオメトリー」という機構が採用された。

NIKENの車体サイズは2,150(全長)×885(全幅)×1,250(全高)mm。重量は263kgと重いものの、一般的なバイクの範囲内に納められている。受注生産で価格は178万2000円

左右タイヤの間隔(トレッド)は410mmとされ、タイヤサイズは170/70 R15を2本装着。15インチのホイールサイズはバイクにはめずらしいが、フロント2輪でのハンドリングを追求した結果、採用されたという

リアタイヤは190/55 R17と、このクラスのバイクとしては一般的なサイズ。スイングアームマウントとされたナンバープレートホルダーがかっこいい

視覚上のインパクトにもなっている、外側から支える極太の2本のフォーク。ブレーキはラジアルマウントとされ、制動力とコントロール性を両立している

フロントまわりの構造が見える状態で展示されていた。「LMWアッカーマン・ジオメトリー」を実現するように、フロントタイヤを支えるタイロッドの位置をホイールの中心から若干外側にズラすなど細かく調整しているという

さて、バンク角が45°に増えたと言っても、その差はたった7°と小さい。この程度の違いに意味はあるのか疑問に感じる方もいるかもしれないが、筆者が試したところ、軽く周回する程度ではNIKENを最大角度まで傾斜させることはできなかった。ただし、実際にライディングした際には、このわずかな数値の差が大きな体感差となるはずだ。

TRICITY 155は車体が軽いこともあり、比較的簡単に限界まで傾けることができるが、NIKENは実際に乗ってかなりスピードを上げても、45°まで傾斜させるのはなかなか難しいだろう。下の動画で限界までバンクさせた様子を確認できる。タイヤの動きも合わせて見てほしい

マシンの動力性能については、ヤマハの人気モデル「MT-09」や「XSR900」と同じ、排気量845ccの3気筒エンジンをパワーユニットとして搭載。最大出力は116PS/10,000rpm、最大トルク87Nm/8,500rpmとスペック上の数値はMT-09やXSR900と変わらないが、エンジン内部で回転するクランクの慣性モーメントを18%増やし、よりリラックスしたライディングを楽しめるような特性にしている。燃料を噴射するFIのセッティングもゼロからやり直しているという。

トルク特性にすぐれた4気筒と2気筒のよいところ取りを実現した高出力の3気筒エンジンは、NIKENに合わせた専用チューニングが施されている

NIKENに乗って走ってみた!

車体をじっくり見たあとは、いよいよNIKENでの試乗となる。まずは、車体にまたがりライディングポジションなどを確かめてみた。

着座位置はそれなりに高いため、身長175cmの筆者の場合、かかとがかなり上がってしまった。身長170cm以下だと、少々苦労するかもしれない。また、車重も263kgあるので、エンジンをかけずに押すには結構体力がいるだろう

上の写真を見て気付かれた人もいるかもしれないが、NIKENは着座位置が普通のバイクに比べると後ろ寄りとなっている。これは、ライダーが乗車した状態で前後輪の重量配分が50:50になるように設計しているからだ。合わせて、ハンドルもステアリングと同軸ではなく、やや後方に位置している。

ライダーの着座位置を後方寄りとするため、フレームの後部も専用に設計された

ライダーの着座位置を後方寄りとするため、フレームの後部も専用に設計された

ハンドル幅はオフロードバイクのように広い。ただ、フロントを押さえつけるような設計ではなく、かなりライダー寄りにオフセットされた位置だ

フロントの足回りが重いこともあり、上部構造を軽くするため、ガソリンタンクは軽量なアルミ製とされた

フロントの足回りが重いこともあり、上部構造を軽くするため、ガソリンタンクは軽量なアルミ製とされた

ハンドル周りを軽量にするために、メーターはデジタル表示を採用。風防は最小限であまりサイズは大きくない

ハンドル周りを軽量にするために、メーターはデジタル表示を採用。風防は最小限であまりサイズは大きくない

試乗の順番を待ち、いよいよ走り出そうとしたら、なんと大雨に! あっという間に路面は濡れ、水も溜まり始めている。上り下りのある峠道のようなコースを走るため、それなりのスピードで走行することにした。

筆者が試乗する時間帯までは降っていなかったのに、突如降り出した激しい雨。ゴアテックスのウェアや靴の中までびしょびしょになるほどで、筆者の日頃の行いのせいかも……と若干ショックを受けたが、悪天候の中を走ったことでNIKENの性能のよさを体感できた

路面が濡れていると、バイクは滑りやすくなる。しかし、NIKENはフロントが2輪あるおかげで安心感がハンパない。落ち葉が落ちているような場所も走行したが、フロントが滑る気配はなし! 川のように水が流れている路面でアクセルを開けた際には後輪がスリップしてしまったが、トラクションコントロールが介入し、その滑りはすぐに収束。かつ、そんなシーンでもフロントのタイヤはしっかりと路面をつかんでいるので、必要以上にドキドキすることはなかった。ツーリング中、雨に見舞われることはよくあるが、排気量の大きなバイクではスリップをおそれて上半身に力が入り、走り終わったあと上半身が疲れやすい。しかし、NIKENは今回のような悪天候でも、全般的にリラックスしてライディングできたので、ツーリング後の疲れも軽減できるだろう。

後輪の滑りを制御してくれるトラクションコントロールや、クラッチを切らずにシフトアップできるオートシフターなど先進の機能を備えていることも、ツーリングでの安心感をより高めてくれる

このような天候だったこともあり、攻めの走りはできなかったが、左右に車体をバンクさせる操作は実に軽快。一般的なバイクのように、ブレーキングでフロントに荷重をかけてから寝かせるという手順を踏まなくても、フロントタイヤがしっかりと路面を掴んでいるため、何も考えずに倒し込むだけで曲がっていく。フロントタイヤが2本あることを忘れてしまいそうなほど自然なフィーリングだ。余計なことを考えず、バンクさせる操作に集中できるNIKENは、大型バイクに慣れていないエントリーレベルのライダーにもうってつけだろう。

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る