新製品レポート
力強く伸びる加速感が魅力の2.5Lターボ!

4リッターV8並のトルク!「CX-5」に初のターボが登場、6MT車も追加

2018年10月11日、マツダはクロスオーバーSUV「CX-5」へ新たに2.5L直4ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」搭載グレードを設定し、日本国内へ投入すると発表した。

2018年10月11日に2.5Lターボエンジンや6速MTなどが追加されたマツダ「CX-5」

2018年10月11日に2.5Lターボエンジンや6速MTなどが追加されたマツダ「CX-5」

このターボエンジンは、北米向けの3列シートSUV「CX-9」など海外で売られるマツダ車には搭載されていたものの、日本へ導入されるのは今回が初となる。気になるエンジンスペックとグレードラインアップ、価格については以下のとおりだ。

■マツダ「CX-5」改良モデルのエンジンラインアップと出力比較


【最高出力】

-2.5Lターボ(SKYACTIV-G 2.5T)-
169kW(230PS)/4,250rpm

-2.2Lクリーンディーゼル(SKYACTIV-D 2.2)-
140kW(190PS)/4,500rpm

-2.5L NA(SKYACTIV-G 2.5)※2WD-
140kW(190PS)/6,000rpm

-2.0L NA(SKYACTIV-G 2.0)-
115kW(156)/6,000rpm


【最大トルク】

-2.5Lターボ(SKYACTIV-G 2.5T)-
420N・m(42.8kgf・m)/2,000rpm

-2.2Lクリーンディーゼル(SKYACTIV-D 2.2)-
450N・m(45.9kgf・m)/2,000rpm

-2.5L NA(SKYACTIV-G 2.5)※2WD-
252N・m(25.7kgf・m)/4,000rpm

-2.0L NA(SKYACTIV-G 2.0)-
199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm

■マツダ「CX-5」改良モデルのグレードラインアップと価格


-2.5Lターボ(SKYACTIV-G 2.5T)-

25T L Package:3,326,400円 [2WD]/3,553,200円 [4WD]
25T Exclusive Mode:3,650,400円 [2WD]/3,877,200円 [4WD]

-2.2Lクリーンディーゼル(SKYACTIV-D 2.2)-

XD:2,883,600円 [2WD]/3,110,400円 [4WD]
XD PROACTIVE:3,115,800円 [2WD]/3,342,600円 [4WD]
XD L Package:3,331,800円 [2WD]/3,558,600円 [4WD]
XD Exclusive Mode:3,655,800円 [2WD]/3,882,600円 [4WD]

-2.5L NA(SKYACTIV-G 2.5)-

25S:2,797,200円 [4WD]
25S PROACTIVE:3,029,400円 [4WD]
25S L Package:3,018,600円 [2WD]/3,245,400円 [4WD]

-2.0L NA(SKYACTIV-G 2.0)-

20S:2,570,400円 [2WD]
20S PROACTIVE:2,802,600円 [2WD]

今回、新たに追加された2.5Lターボは、マツダがSKYACTIV技術を投入してから初のターボエンジンになる。低速から高速域まで、リニアなレスポンスと高いトルクで意のままに加速し、気持ちのいい加速フィールを高回転まで楽しめるという。

マツダ「CX-5」2.5Lターボエンジン搭載モデルの走行イメージ

マツダ「CX-5」2.5Lターボエンジン搭載モデルの走行イメージ

2.5Lターボの最高出力は230PSと、CX-5のラインアップ中もっともパワフルで、最大トルクはクリーンディーゼルに迫る420N・mのスペックを誇る。420N・mといえば、NA(自然吸気)エンジンにたとえれば、4.0L V8並みだ。これにより、思いのままにクルマを操れる、リニアで力強い加速感を実現している。

ターボエンジンということから懸念される燃費については、カタログに記載されているWLTCモード(実際に走行した燃費値に近いモード)では、以下のとおりとなる。2.5Lターボの燃費値は、2.5L NAよりも少し低いのだが、ターボにもかかわらず指定燃料はレギュラーガソリンだ。そのため、ほかのガソリンエンジンと比べてもランニングコストの差は少ないということをつけ加えておきたい。

※燃費値はすべてFF(前輪駆動)

-2.5Lターボ(SKYACTIV-G 2.5T)-

WLTC総合:12.6km/L
市街地モード(WLTC-L):9.4km/L
郊外モード(WLTC-M):12.9km/L
高速道路モード(WLTC-H):14.4km/L

-2.2Lクリーンディーゼル(SKYACTIV-D 2.2)-

WLTC総合:17.4km/L
市街地モード(WLTC-L):13.9km/L
郊外モード(WLTC-M):17.6km/L
高速道路モード(WLTC-H):19.6km/L

-2.5L NA(SKYACTIV-G 2.5)-

WLTC総合:13.8km/L
市街地モード(WLTC-L):10.8km/L
郊外モード(WLTC-M):14.3km/L
高速道路モード(WLTC-H):15.7km/L

-2.0L NA(SKYACTIV-G 2.0)-

WLTC総合:14.6km/L
市街地モード(WLTC-L):11.9km/L
郊外モード(WLTC-M):15.1km/L
高速道路モード(WLTC-H):16.2km/L

また、今回のCX-5の改良では、エンジンを制御することで安定感のある走りを実現する「G-ベクタリング コントロール(GVC)」に、新たにブレーキ制御が加わった「G-ベクタリング コントロール プラス(GVCプラス)」が搭載された。

コーナーリング中に、ハンドルを戻す操作に応じて外輪側へわずかにブレーキをかけることで、車両の安定性を向上。旋回中のクルマの挙動が安定することによって、ワインディングなどを走行する際の一体感が向上しているという。このGVCプラスは、改良後のCX-5全グレードに標準装備されている。

マツダ「CX-5」2.2Lクリーンディーゼルへ新たに採用された6速MTモデル

マツダ「CX-5」2.2Lクリーンディーゼルへ新たに採用された6速MTモデル

もうひとつ、CX-5に初の6速MT(マニュアルトランスミッション)車が加わったことにも注目したい。今回、6速MTが搭載されるのは、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルのみ。高回転域の伸びのよさが特徴のひとつであるガソリンエンジンに6速MT車が追加されなかったのは少し残念ではあるが、前述のGVCプラスとあわせてCX-5はより走りが楽しいSUVへと生まれ変わっている。

そのほか、マツダの最上級セダン「アテンザ」で採用されたナッパレザーや本杢パネルといった高品質な素材をあしらった特別仕様車「Exclusive Mode」が最上級モデルとして設定されていたり、マツダのコネクティビティシステム「マツダコネクト」が「Apple Carplay」や「Android Auto」に対応したなど、さまざまな変更が施されている。

マツダは頻繁に改良を実施することで、ユーザーに最新のクルマを届けるという思想を持つメーカーで、その内容も走行性能にいたるまでフルモデルチェンジ並みの改良が施されていることが多くある。今回のCX-5も、それにならって改良とは思えないほどの変更が与えられ、魅力が大きくアップしたことは間違いない。

なお、もっとも気になるであろうCX-5の2.5LターボやGVCプラスの走りの実力、CX-5へ初採用の6速MTの乗り味などについては、近日中に試乗記を掲載予定だ。クローズドコースでの試乗であったため、2.5Lターボのフル加速からGVCプラスで攻めこんだコーナーリング時の感触まで、走りを中心としてお届けする予定なので、楽しみにしていてほしい。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る