レビュー
税金が安く、趣味を楽しむクルマとしてぴったり

軽商用車ってどうなの!? ホンダ「N-VAN」と「N-BOX」を比較

最近話題となったクルマに、ホンダ「N-VAN」があげられる。N-VANは、ホンダで人気の「N-BOX」をベースとして開発された軽商用車だ。N-VANは、2018年7月に発売されて以来、N-BOXとともに人気を博している。

2018年7月13日に発売された、ホンダの軽商用車「N-VAN」。ベース車両はN-BOXだ。

2018年7月13日に発売された、ホンダの軽商用車「N-VAN」。ベース車両はN-BOXだ。

だが、そもそも「軽商用車ってなに?」「軽商用車って普通の人でも買えるの?」などと、疑問に思った方もおられるだろう。そこで、当記事では軽商用車について解説するとともに、N-VANとN-BOXの特徴や税金などについて比較してみたい。

軽自動車の種類

まず、軽自動車にはいくつかの種類があって、主に「軽乗用車」「軽貨物車」「軽特種用途車」の3つに分類される。軽乗用車とは、N-BOXのような一般的に知られている軽自動車のことだ。軽貨物車はいわゆる「軽商用車」のことで、N-VANはこの軽貨物車に該当する。

軽商用車では、荷物を運ぶための自動車としてさまざまな基準が定められている

軽商用車では、荷物を運ぶための自動車としてさまざまな基準が定められている

軽貨物車には、いくつかの規定がある。たとえば、運転席以外のシートが折りたためるか、脱着できるものであること。また、人が座る面積よりも荷物を載せる面積のほうが大きいこと。さらに、運転席以外のシートを倒した状態で、荷物を積載できる床面積が0.6平方メートル以上あることなど、細かく指定されているのだ。くわしくは後述するが、この軽貨物車の規定が個人で購入する際のメリットでもあり、デメリットでもある。なお、軽特種用途車は消防車など使用目的が特殊な用途の軽自動車のことだ。

軽商用車はディーラーで購入することができる

軽商用車は普通の軽自動車と同じように、個人でもディーラーへ行けば商談して購入することができる。さらに、N-VANのような新型車なら試乗車も用意されていることが多いので、実際の乗り心地や内装を確認することもできるだろう。

ホンダ「N-VAN」には、商用車として仕事で使うためのグレードのほかに、趣味における利用シーンを想定したグレード「+STYLE」が用意されている

さらに、N-VANは軽商用車ながらグレード構成が多彩だ。N-VANには、軽商用車としての機能を追及した「G」「L」グレードに加えて、「+STYLE」と呼ばれる質感の高い内外装を備えたグレードが用意されている。
+STYLEでは、スタイリッシュなロールーフタイプが用意されているほか、ターボモデルがラインアップされるなど、個人のレジャーなどで便利に使えるような仕様となっている。

軽商用車のN-VANならではのメリット

ホンダ「N-VAN」では、助手席や後席を折りたたんで、フラットな荷室として使うことができる

ホンダ「N-VAN」では、助手席や後席を折りたたんで、フラットな荷室として使うことができる

N-VANには、軽商用車ならではの工夫が施されている。後席に加えて助手席を小さくたためるので、運転席以外を広大な荷室として使うことができる。

また、N-VANの左側面は、ダイハツ「タント」のようにピラーレス(ドアにピラーが内蔵)になっていて、スライドドアが大きく開くようになっている。N-VANのスライドドア開口幅は1,580mmで、タントの1,490mmをもしのぐ広さだ。さらに、助手席をたたんで助手席ドアとスライドドアを開ければ、ピラーレスの恩恵によって大きな荷物を助手席側から積み降ろしすることができる。

もし、N-VANをレジャー目的で利用するなら、広大な荷室を生かして、たとえばバイクや自転車、釣り道具を積んだり、車中泊するなどの趣味に活用するのが最適だろう。

[参考記事] 軽バンなのに走り心地も寝心地もイイ! ホンダ「N-VAN」の車中泊レポート

軽商用車としての制約・デメリット

ホンダ「N-VAN」の後席はN-BOXに比べて狭く、座り心地もいまひとつだ

ホンダ「N-VAN」の後席はN-BOXに比べて狭く、座り心地もいまひとつだ

軽商用車の後席は、一般的な軽乗用車に比べて狭いことがデメリットだ。前述のとおり、軽商用車は後席の床面積よりも荷室面積を広く確保しなければならないという規約があるためだ。

この違いは、N-BOXとN-VANの後席を比較すれば明らかだ。N-BOXの後席は広く、シートにも厚みがあって座り心地は快適だが、N-VANは足元空間が狭く、シートは折りたたみ可能なために薄手で、背もたれが直立している。N-VANの後席はバスの補助席のような感覚に近く、座り心地は快適とは言えないだろう。

ホンダ「N-BOX」の後席は広く、座り心地はとても快適だ

ホンダ「N-BOX」の後席は広く、座り心地はとても快適だ

N-BOXでは、後席に座ってスライドを最も後ろに寄せれば、後席にはかなりの余裕が生まれて、ゆったりと足を伸ばすことができる。だが、N-VANでは後席に座ると膝が前席の背もたれに触れてしまう。このように、N-BOXとN-VANでは、居住性がまったく異なる。さらに、N-VANでは助手席も折りたためるようになっているので、助手席も座り心地は硬くホールド性はあまりよくない。助手席が快適なN-BOXとは対称的だ。したがって、N-VANで快適に座れるシートは運転席だけになる。

仕事で荷物を運搬することがメインの目的となる軽商用車は、ひとりで運転することが多い。そのため、運転席以外は補助席のような役割になる。たとえば軽商用車に4名でフル乗車するような、ファミリーカーのような役割としては使いにくいだろう。

商用車であるホンダ「N-BOX」は、荷物を積むことが前提となっているので、足まわりは硬めにセッティングされている。

また、N-VANなどの軽商用車は重い荷物が積めるように、足まわりのセッティングは硬めだ。N-VANは、タイヤの指定空気圧が前輪で280kPa、後輪で350kPaと高いために、特に時速50km以下での乗り心地はややドタバタして突き上げるような感覚なので注意したい。

税金の違い

N-VANのような軽商用車は、軽乗用車以上に税金が安い。たとえば、「+STYLE FUN ターボ・Honda SENSING」(166万8,600円)を購入する際に納める「自動車取得税」と「自動車重量税」は、自動車取得税がエコカー減税で80%減税、同自動車重量税が75%減税にも達して、合計支払額は6,700円だ。対するN-BOXの「G・Lターボ Honda SENSING」(169万5,600円)は、自動車取得税のエコカー減税が20%減税、同自動車重量税は25%減税なので、合計額は28,200円になる。その差額は2万円を超える。軽商用車は、軽乗用車よりもエコカー減税の待遇が厚いため、自動車取得税と自動車重量税がかなり安いことがメリットのひとつだ。

-自動車取得税と自動車重量税の比較-
N-VAN:6,700円
N-BOX:28,200円

購入後に納める軽自動車税(自家用)は、N-BOXのような軽乗用車の年額10,800円に対して、N-VANなどの軽商用車は5,000円と安い。軽商用車は、基本的に仕事で使用されることを前提としているために、購入時と購入後の両方で税額が安くなっているのだ。

-軽自動車税の比較-
N-VAN:5,000円
N-BOX:10,800円

車検の違い

軽商用車は、車検期間も異なる。軽乗用車のN-BOXは、新車購入後の初回車検は3年後だが、軽商用車のN-VANは2年後だ。この後は、軽乗用車、軽商用車ともに2年になる。小型・普通商用車は1年ごとに車検がくるので、2年ごとで済む軽商用車はやや敷居が低い。

N-VANは、N-BOXがベースで外観が似ているが、これまで述べたとおり、乗り心地やシートの座り心地、装備などかなり異なる。N-BOXは4名乗車時の居住性を重視するが、N-VANは軽商用車なので荷物を積む機能が優先されている。

ホンダ「N-VAN」の広い荷室を活用すれば、バイクなども積めてしまう

ホンダ「N-VAN」の広い荷室を活用すれば、バイクなども積めてしまう

N-VANは、1名で乗車する用途に適している。平らになる広い荷室、左側のワイドな開口部を使いこなせることが前提だ。個人ユーザーは最初にN-BOXを検討してみて、さらにフラットな荷室が欲しいなどのニーズがあれば、N-VANを選択するのが合理的だろう。N-VANはあくまでもビジネスのツールだが、用途に合えば趣味の空間としても使いやすいはずだ。
N-VANは、趣味のためのオプションアイテムも充実している。たとえば、荷室に敷くラゲッジマットだけを見ても、薄手のものから防水、カーペット、木目調などさまざまなタイプが用意されている。

ホンダ「N-VAN」では、車中泊などの利用シーンを想定したアイテムが数多く揃っている

ホンダ「N-VAN」では、車中泊などの利用シーンを想定したアイテムが数多く揃っている

もし車中泊に使うのであれば、車内で電化製品が使用できる外部電源入力キットや、窓を覆うプライバシーシェード、テールゲートを開けっぱなしでも虫などの侵入を抑えるテールゲートメッシュなどのアイテムが便利だ。また、フィッシングで使うのならロッドを天井にのせるための固定式クロスバーや、濡れた状態でもそのまま乗れる防水タイプのシートカバーやオールシーズンマットなどが活躍する。

N-VANを趣味としてうまく活用できるかどうか、これまで述べたようなメリットやデメリット、そして魅力的なオプションアイテムなども踏まえて、N-BOXと比較しながらじっくりと選んでほしい。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る