新製品レポート
ついにヘッドライトとテールランプのデザインが変わった!

外観が変わって賛否両論!? トヨタ 新型「プリウス」発売!

トヨタのハイブリッドカー「プリウス」にマイナーチェンジが施され、2018年12月17日(月)から発売が開始された。

マイナーチェンジによって、ヘッドライトやテールランプ周りなどに変更が施されたトヨタ 新型「プリウス」

マイナーチェンジによって、ヘッドライトやテールランプ周りなどに変更が施されたトヨタ 新型「プリウス」

新型プリウスの価格は以下のとおり。後述する「T-connectサービス」の搭載などによって、価格は各グレードごとに6〜10万円ほどアップしている。

■トヨタ 新型プリウス(2018年マイナーチェンジモデル)
E:2,518,560円 [2WD]
S:2,565,000円 [2WD]/2,759,400円 [E-Four]
S ツーリングセレクション:2,732,400円 [2WD]/2,926,800円 [E-Four]
A:2,842,560円 [2WD]/3,036,960円 [E-Four]
A ツーリングセレクション:3,006,720円 [2WD]/3,201,120円 [E-Four]
Aプレミアム:3,175,200円 [2WD]/3,369,600円 [E-Four]
Aプレミアム ツーリングセレクション:3,284,280円 [2WD]/3,478,680円 [E-Four]

トヨタ 新型「プリウス」のフロントイメージ

トヨタ 新型「プリウス」のフロントイメージ

トヨタ 新型「プリウス」のリアイメージ

トヨタ 新型「プリウス」のリアイメージ

今回のマイナーチェンジは、変更点は少ないもののインパクトは大きい。なぜなら、賛否両論あった外観にいよいよ変更が加えられたからだ。具体的には、ヘッドライトやポジションランプ、フロントグリルやフロントバンパー、リアはテールランプ、リアバンパーに変更を受けている。よりわかりやすく比較してもらうために、以下の比較画像をご覧頂きたい。

マイナーチェンジ後の新型プリウス

マイナーチェンジ後の新型プリウス

マイナーチェンジ前の旧プリウス

マイナーチェンジ前の旧プリウス

フロントデザインは、ヘッドライトが多角形のものからシンプルなストレートタイプへと変更されている。また、フォグランプはえぐられるような三角の形状のものから、小さな円形タイプへと変更され、フロントバンパー下へと移設された。そのほか、フロントグリルにも細かな改良が施されている。

マイナーチェンジ後の新型プリウス

マイナーチェンジ後の新型プリウス

マイナーチェンジ前の旧プリウス

マイナーチェンジ前の旧プリウス

リアデザインは、テールランプがこれまで縦型に光るタイプであった(以下の写真参照)ものが、横長のタイプへと変更された。

マイナーチェンジ後の新型プリウス

マイナーチェンジ後の新型プリウス

マイナーチェンジ前の旧プリウス

マイナーチェンジ前の旧プリウス

とくに、これまでのプリウスのテールランプについては、斬新的なデザインであったために一部のユーザーからは「違和感を覚える」と言った声も聞かれていたが、今回の変更によって、今後はそう言った声も少なくなるかもしれない。また、リアバンパーについても、形状が変更されている。

トヨタ 新型「プリウス」のボディカラーラインアップ

トヨタ 新型「プリウス」のボディカラーラインアップ

ボディカラーは、新たに「ブルーメタリック」と「エモーショナルレッドII」の2色が加えられた、全9色が設定されている。

「リヤクロストラフィックアラート」機能の作動イメージ

「リヤクロストラフィックアラート」機能の作動イメージ

安全装備では、これまで下位グレードにはオプションとなっていた「Toyota Safety Sense」が、全グレードに標準で装備されるようになったほか、駐車場などから後退するときに左右からのクルマの接近を知らせてくれる「リヤクロストラフィックアラート」機能が新たに追加されている。

トヨタ 新型「プリウス」の走行イメージ

トヨタ 新型「プリウス」の走行イメージ

さらに、新型プリウスでは「DCM」という専用通信機が全グレードに搭載されていて、「T-connect」と呼ばれるサービスを利用できる。T-connectサービスでは、たとえば「ペットが急病なので診察を受けたい」「夜中に空いている近くのレストランが知りたい」といった細かな要望に応えてくれる「オペレーターサービス」や、万が一の事故などの際に、緊急車両がすぐに駆けつけてくれる「ヘルプネット」などのサービスを受けることが可能だ。

トヨタ 新型「プリウス」のリアイメージ

トヨタ 新型「プリウス」のリアイメージ

また、細かな点ではあるが、下位グレードの「Eグレード」の燃費が、今回のマイナーチェンジによる車重増の影響によって、燃費(JC08モード)で「40.8km/L」から「39.0km/L」へと変更された。その他のグレードの燃費については、これまでと変わらず「37.2km/L」だ。

いまや、ハイブリッドカーの代名詞とも言えるプリウス。現行の4代目モデルは、プラットフォームが刷新されて走りにいっそうの磨きがかけられたものの、エクステリアの人気が低かったこともあって、販売数の伸びはいまひとつだった。さらに、先日はライバルのホンダ「インサイト」がフルモデルチェンジされ、スタイリッシュな外観で登場したばかり。今後は、プリウスの外観へのユーザー評価の改善を期待するとともに、ライバル車との動向にも注目したい。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る