ニュース
スズキらしいポップなフロントフェイスが魅力的!

“ジムニーみたいでかっこいい”早くも好評のスズキ 新型「スペーシアギア」発売

スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア」の派生モデルである「スペーシアギア」が、いよいよ2018年12月20日に発売となった。

スズキ「スペーシア」のSUVライクな派生モデル「スペーシアギア」が発売された

スズキ「スペーシア」のSUVライクな派生モデル「スペーシアギア」が発売された

スペーシアギアは2018年12月1日にティザーサイトが公開され、12月中の正式な発売が予告されていた。

参考記事:えっ!? SUVのスペーシア?これは“買い”かも「スペーシアギア」登場

今回、スペーシアギアの発売にともなって気になる価格やスペックなどが公開されたので新たな情報をお伝えしたい。さらに、スペーシアギアのティザーサイト公開時に、SNSなどで「かっこいい」といったポジティブな声とともに「実車の画像を見たい」という要望も多く寄せられていたために、今回はスペーシアギアの実車を撮影した画像もいち早くお届けする。

スズキ「スペーシアギア」のイメージ

スズキ「スペーシアギア」のイメージ

まず、スペーシアギアの価格であるが、「スペーシアカスタム」よりも少し安く、スペーシアカスタムとスペーシアの中間に位置する価格帯となっている。

■スズキ スペーシアシリーズの価格

- スペーシアギア -
HYBRID XZターボ:1,695,600円 [2WD]/1,813,320円 [4WD]
HYBRID XZ:1,614,600円 [2WD]/1,732,320円 [4WD]

- スペーシア -
HYBRID X:1,468,800円 [2WD]/1,589,760円 [4WD]
HYBRID G:1,333,800円 [2WD]/1,454,760円 [4WD]

- スペーシアカスタム -
HYBRID XSターボ:1,787,400円 [2WD]/1,908,360円 [4WD]
HYBRID XS:1,690,200円 [2WD]/1,811,160円 [4WD]
HYBRID GS:1,576,800円 [2WD]/1,697,760円 [4WD]

また、公開されたスペックについては以下のとおりとなる。基本スペックは、スペーシアやスペーシアカスタムとほとんど変わらない。

■スズキ スペーシアギアの主なスペック

全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,800mm
ホイールベース:2,460mm
最低地上高:150mm
車重:890kg(HYBRID XZターボ)/880kg(HYBRID XZ)
燃費:25.6km/L(HYBRID XZターボ、2WD)/28.2km/L(HYBRID XZ、2WD)
最小回転半径:4.4m
搭載エンジン:水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ(HYBRID XZターボ)/水冷4サイクル直列3気筒(HYBRID XZ)
最高出力(エンジン):47kW(64PS)6,000rpm(HYBRID XZ TURBO)/38kW(52PS)6,500rpm(HYBRID XZ)
最大トルク(エンジン):98N・m(10.0kg・m)3,000rpm(HYBRID XZターボ)/60N・m(6.1kg・m)4,000rpm
最高出力(モーター):2.3kW(3.1PS)1,000rpm
最大トルク(モーター):50N・m(5.1kg・m)100rpm

2017年12月に発売されたスペーシアは、両側スライドドアなど軽ハイトワゴンならではの使い勝手のよさが受け、軽自動車の販売ランキング(2018年上半期)では1位のホンダ「N-BOX」に次ぐほどの人気ぶりだ。

左がスズキ「スペーシア」、右が「スペーシアカスタム」

左がスズキ「スペーシア」、右が「スペーシアカスタム」

だが、スズキによるとスペーシアはファミリーのイメージが強く、スペーシアカスタムでは都会的で派手なイメージであるために、みずからのアクティブなライフスタイルに合わないといったユーザーの声が聞かれたと言う。そこで、アウトドアライフをよく楽しむようなアクティブユーザーにも積極的に軽ハイトワゴンを選んでもらうために、今回派生車としてスペーシアギアを投入したとのことだ。

スズキ「スペーシアギア」フロントイメージ

スズキ「スペーシアギア」フロントイメージ

スズキ「スペーシアギア」リアイメージ

スズキ「スペーシアギア」リアイメージ

スズキ「スペーシアギア」真正面から

スズキ「スペーシアギア」真正面から

スズキ「スペーシアギア」真後ろから

スズキ「スペーシアギア」真後ろから

スペーシアギアの最大の特徴である外観デザインは、プロテクターのような力強さを表現する前後バンパーや、バンパーと同色のガンメタリックツートーンルーフ、ブラックのルーフレールなどアウトドアを想起させるタフなイメージが表現されている。

スズキ「スペーシアギア」のフロントフェイス

スズキ「スペーシアギア」のフロントフェイス

スズキ「スペーシアギア」のヘッドライト

スズキ「スペーシアギア」のヘッドライト

スズキ「スペーシアギア」のフロントバンパー

スズキ「スペーシアギア」のフロントバンパー

さらに、スズキのSUVであることをイメージさせる丸目のヘッドランプと、それをガーニッシュでプロテクトするような個性的なデザインによって、ひとめでスペーシアギアとわかる存在感をかもし出している。

スズキ「スペーシアギア」のサイドイメージ

スズキ「スペーシアギア」のサイドイメージ

スズキ「スペーシアギア」のアルミホイール

スズキ「スペーシアギア」のアルミホイール

また、トレッキングシューズをイメージしたサイドアンダーガーニッシュ、ガンメタリックで統一された14インチのアルミホイールなども、スペーシアギアの印象をさらに力強いものとしている。

インテリアデザインは、助手席側インパネに装備されているアッパーボックスが「ツールボックス」をモチーフにしたガンメタリックカラーになっている。また、メーター盤面にはアウトドアウォッチをイメージしたデザインが採用されている。

使い勝手の面では、アウトドアなど多彩なシーンで使える撥水シート、後席に備えられたパーソナルテーブル、メッシュタイプのシートバックポケット、リアシートやラゲッジルームの防汚加工など、アウトドアを楽しむための機能的なアイテムが装備されている。

ボディカラーは、ガンメタリックツートーンが5色、モノトーンが3色の全8色をラインアップ。アクティブな印象のイエローからギア感のあるグリーン、落ち着いた色のシルバーまで、さまざまな使い方に合わせたボディカラーが用意されている。

多彩な利便性と、SUVテイストのデザインを組み合わせることによって、ライバル車にはない、自由でアクティブに楽しめる軽ハイトワゴンとして登場したスペーシアギア。今後は、買い物や送迎といった実用性だけでなく、大切な家族や仲間とのアウトドアやレジャーなど、さまざまなシーンで活躍するスペーシアが見られそうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る