ニュース
スープラを復活させたのは豊田章男社長だった!?

ついに世界初公開!トヨタ新型「スープラ」2019年春に日本発売!

2019年1月14日、トヨタは米国で開催中のデトロイトモーターショーにおいて、新型「スープラ」を世界初公開した。

デトロイトモーターショー2019で世界初披露された、トヨタ 新型「スープラ」

デトロイトモーターショー2019で世界初披露された、トヨタ 新型「スープラ」

新型スープラは、歴代スープラに採用されてきた直列6気筒エンジン採用の歴史を踏襲し、3リッター直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載。さらに、2リッター直列4気筒ターボエンジンもラインアップされている。また、駆動方式も歴代スープラと同様に、FR(フロントエンジン、リアドライブ)が採用された。

新型スープラは、デトロイトモーターショーでの世界初披露に合わせて、早くも日本におけるグレードラインアップと主要スペックが公開されたので、以下に記載する。なお、日本における発売日は2019年春頃が予定されているが、日本の販売価格については現時点(2019年1月14日)では公表されていない。参考までに、北米で発表された価格は、もっとも安い3リッターの「3.0」グレードで49,990ドル(1ドル108円換算で5,398,920円)からとなっている。

■新型スープラ(日本仕様)のグレードラインアップ
-3L直6ターボエンジン搭載-
RZ

-2L直4ターボエンジン搭載-
SZ-R
SZ

新型スープラは「RZ」「SZ-R」「SZ」の3グレードをラインアップ。ちなみに、このグレード名は1993年から2002年まで販売された「A80型スープラ」と同様のグレード名が用いられている。

■新型スープラ(日本仕様)の主要諸元
駆動レイアウト:FR
乗車定員:2名
全長×全幅×全高:4,380×1,865×1,295mm(RZ)/4,380×1,865×1,290mm(SZ-R、SZ)ホイールベース:2,470mm
FRトレッド:1,594mm(RZ)/1,609mm(SZ-R、SZ)
RRトレッド:1,589mm(RZ)/1,616mm(SZ-R、SZ)
車重:1,520kg(RZ)/1,450kg(SZ-R)/1,410kg(SZ)
排気量:2,998cc(RZ)/1,998cc(SZ-R、SZ)
過給:ツインスクロールターボ
トランスミッション:8速スポーツAT
最高出力:250kW[340PS]/5,000-6,500rpm(RZ)/190kW[258PS]/5,000-6,500rpm(SZ-R)/145kW[197PS]/4,500-6,500rpm(SZ)
最大トルク:500N・m[51.0kgf・m]/1,600-4,500rpm/400N・m[40.8kgf・m]/1,550-4,400rpm/320N・m[32.6kgf・m]/1,450-4,200rpm
0-100km/h:4.3秒(RZ)/5.2秒(SZ-R)/6.5秒(SZ)
タイヤ:FR 255/35R19・RR 275/35R19(RZ)/FR 255/40R18・RR 275/40R18(SZ-R)/FR 225/50R17・RR 255/45R17(SZ)

トヨタ 新型「スープラ」では、3L直6ターボと2種類の2L直4ターボの計3種類のエンジンラインアップから選択することができる

新型スープラのエンジンは、前述のとおり3L直6ターボと2L直4ターボの2つだが、2L直4ターボはグレードによって最高出力と最大トルクの異なる2種類がラインアップされている。

トヨタ 新型「スープラ」のフロントエクステリア

トヨタ 新型「スープラ」のフロントエクステリア

トヨタ 新型「スープラ」のリアエクステリア

トヨタ 新型「スープラ」のリアエクステリア

新型スープラでは、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つを軸に開発が進められた。トヨタが現在発売しているFRスポーツカーといえば「86」があげられるが、狭いながらも後席のある86に対して、新型スープラでは完全な2シーターとすることで、ホイールベースは86の2,570mmに対して新型スープラは2,470mmと、100mm短くなっている。これによって、新型スープラでは回頭性が向上していると言う。

また、重心高は水平対向エンジンを搭載して低重心を実現している86よりも、さらに低い重心高になっていることや、前後50:50の重量バランスを実現していることなどから、コーナーリング性能の高さがうかがえる。

デトロイトモーターショーのトヨタプレスカンファレンスに登壇する、トヨタ自動車の豊田章男 代表取締役社長

デトロイトモーターショーのトヨタのプレスカンファレンスでは、豊田章男 代表取締役社長が登壇した。豊田社長は新型スープラの開発経緯について語ったのだが、その際に述べた「(当初)トヨタは、新しいスープラをつくる計画はなかった」という言葉に注目したい。

その昔、豊田社長はテストドライバーの訓練のために中古のA80型スープラと多くの時間を過ごしていたことから、スープラには特別な愛着を持っていたと言う。豊田社長が「あなたの心の中で特別な場所を占めるクルマが、1台はあると思います。私にとっては、それがスープラです」と述べていることからも、スープラには相当な思い入れがあったことがうかがえる。さらに豊田社長は、「ひそかに、スープラを復活させたいと思っていた」とも語る。

そして、同様の思いを持つ北米デザインスタジオのメンバーが、「FT-1」と呼ばれる新型スープラの原型となるコンセプトカーの図面を豊田社長に見せたうえに、FT-1をレースゲームの「グランツーリスモ」に追加させた。そのとき、豊田社長は「ゲームオーバーでした。その時私は、私の古い友人が、とうとう帰ってくるのだと、心の中で思いました」と語る。FT-1が、豊田社長の中でスープラの新型モデルとリンクし、復活させるという決意に至ったということなのだろう。

新型スープラは、トヨタのモータースポーツ部門である「TOYOTA GAZOO Racing」が手がけるスポーツカー「GR」シリーズのひとつとして発売される。スープラは、4代目となるA80型が2002年に生産終了。実に17年ぶりに復活を遂げることになる新型スープラの登場を、楽しみに待ちたい。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る