レビュー
気持ちよく滑らかな走りはCセグトップクラス!

マツダ「MAZDA3」に早くも試乗!走りの完成度の高さに衝撃!

マツダの世界販売の約1/3を占める基幹車種である「MAZDA3」(日本名:アクセラ)が、2018年11月のロサンゼルスショーで4代目となる新型モデルへと進化した。さらに、先日の「東京オートサロン2019」で日本初披露されたことも記憶に新しい。

LAショー2018や東京オートサロン2019で披露されたばかりのマツダ「MAZDA3」の海外試乗会が早くも開催された

LAショー2018や東京オートサロン2019で披露されたばかりのマツダ「MAZDA3」の海外試乗会が早くも開催された

新型MAZDA3の発表の際、マツダのニュースリリースには「マツダ新世代商品の幕開け」と記されていた。つまり、今回の新型MAZDA3は、マツダがみずから新世代モデルのトップバッターであることを明らかにした、重要な位置付けになる新型車なのである。

マツダはこれまで、第2世代の「CX-5」や新型「CX-8」で、新デザインや新技術の一部を用いて“新世代”を先取りしていたが、新型MAZDA3はすべてにおいて新世代フェーズへと移行したことが特徴的だ。

そして今回、早くも新型MAZDA3のグローバルテストドライブが、2019年1月にアメリカのロサンゼルスで開催された。試乗会の舞台は、ロサンゼルスのウェストハリウッドにあるジェレミーホテル。ここから市街地、高速道路、そしてワインディングというおよそ1時間の試乗コースが設定された。

内装の質感の高さは、Cセグメントでトップクラスを誇る

マツダ「MAZDA3」のエクステリア

マツダ「MAZDA3」のエクステリア

僕に与えられたMAZDA3の試乗車は、欧州仕様のハッチバックタイプだ。その姿は、強い存在感を放っている。話題になっているMAZDA3のデザインは、ハッチバックということもあってリアからの眺めがとても印象的だ。特に、Cピラーをひとつの面としてとらえた造形は、MAZDA3のアイコンのひとつになっている。

さらに、ボディサイドにはキャラクターラインが一切存在せず、ボディパネルの面に複雑な抑揚を持たせ、自然光とボディカラーによって、刻々と見えかたが変化していくサイドビューも印象的だ。

マツダ「MAZDA3」のインテリアは、Cセグメントでトップクラスと呼べるほどの高い質感を誇る

マツダ「MAZDA3」のインテリアは、Cセグメントでトップクラスと呼べるほどの高い質感を誇る

しかし、それ以上にグッときたのがインテリアだ。現在のマツダの上級モデルをも超えた、質感の高い内装であると断言できる。いまの国産Cセグメントのなかでは間違いなくトップクラスであり、輸入車ならばVW「ゴルフ」と比べても負けないほどのクオリティを放っている。

マツダは、インテリアで品質の高さを感じさせるために、“雑”であることを感じさせる余分な合わせ目やつなぎ目、不要な見え方をするパーツなどを徹底的に排除した。結果、目の前に広がるインテリアには、作り手都合の切り欠きやサービスホールなどがほぼ存在しない。しかも、座るとシートが実にしっくりと体にフィットする。そして、ハンドルがきちんと正面に来て、ペダル類も自然な位置に配置されているので、座っただけでクルマとなじむ感覚があるのだ。

走りの完成度の高さに、大きな衝撃を受ける

MAZDA3の試乗車は6速MTであったが、走り始めようとシフトをローに入れただけで「ほぉ」と思った。シフトレバーの動きや感触が、しっかりと作り込まれていて心に響くのだ。そして、駐車場からスロープを上がり、まだ一般道にも出ていないのに「なんだ、このなんともいえない気持ちよさと滑らかさは!」と、口に出してしまった。筆者は、試乗時には動画撮影でカメラを回していることが多いので、ついそんなふうに口にしたのだ。

乗り心地に関しては、ベンチマークのVW「ゴルフ7」を超えるほどに自然で気持ちのいい走りが味わえる

乗り心地に関しては、ベンチマークのVW「ゴルフ7」を超えるほどに自然で気持ちのいい走りが味わえる

しかも!である。走り出すと、まるで路面をならしたかのような滑らかな乗り心地で、路面との抵抗を感じさせずに進んでいく。これは、確実に1クラス上のアテンザをもりょうがするレベル……いや、アテンザほど重厚ではなく、軽やかなのに滑らかという、独特の感触なのだ。無理にタイヤを路面へと押し付けず、しかし、路面からの入力はキレイに受け止めてボディを揺らさない。だから、単純に乗り心地がいいというより、「極めて自然で、気持ちいい走り」がそこにあった。

さらに、走りだして数分のうちに、この乗り心地と滑らかなロードコンタクトにおいては、このクラスの王者であるVW「ゴルフ7」を超えた、と感じたほどだった。それほど、MAZDA3の走りは完成度が高く、大きな衝撃を受けたのだ。

MAZDA3の乗り心地のよさには、新プラットフォームの「SKYACTIV-Vehicle Architecture」が大きく関わっている

この走りのよさには、MAZDA3で初めて採用した新世代車両構造技術、スモールカー向けの新プラットフォーム「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」が大きく関わっている。

ユニークなのは、環状構造のボディ骨格として、走りのために徹底的に基本骨格を磨き上げた構造としたほか、新たに減衰ボンドを使って走行時の入力を車体でもいなす構造を取り入れることで、骨格の段階で高い静粛性や乗り心地を実現する工夫がなされていることだ。

さらに、驚きなのはサスペンション形式で、フロントはマクファーソンストラット式と標準的な形式のサスだが、リアは従来のマルチリンク式でなく、トーションビーム式を採用していることだ。マルチリンク式からトーションビーム式にしたことは、ともすればコストダウンとも受け取れる。だが、実際にはこのトーションビームは相当に検討を重ねて開発されており、先に記したとおり走らせてこのクラスの頂点を確信させる性能を発揮していることだ。

同時に、室内の圧倒的な静粛性の高さにも驚かされた。このクラスなら、多少は大きめでも仕方ないはずのロードノイズは皆無で、エンジン等のノイズすら聞こえてこない。今回のスカイアクティブ ビークル アーキテクチャーでは、遮音性能を高めるためにボディパネルとマットの間にスペースを設けた二重壁構造をマツダで初めて採用している。また、騒音の発生源を抑え、それを小さくし、さらに入ってきた音の変化と方向をコントロールすることを徹底することで、単に静かなだけでなく“質の高い静粛性”を実現しているという。それらの策が功を奏して、実に静かな室内空間が広がっている。

市街地では印象のよかった2.0Lマイルドハイブリッドだったが……

今回、最初に試乗した欧州仕様のハッチバックには、2.0Lのガソリンエンジンにベルト式ISGを組み合わせた「マイルドハイブリッド」が搭載されていた。そう、これまでマツダでは聞いたことのなかった、2.0Lの「M Hybrid」。この仕様は、欧州専用という。興味深いのはスペックで、2.0Lにもかかわらず最高出力は122psと、ほかの2.0Lに比べると低い数値であることだ。いっぽう、最大トルクは213Nmと、2.0LのNAエンジンとしては標準的な数値だ。燃費は6.3L/100kmで、日本で言う1リッターあたりに換算すれば約15.8km/Lとなる。

実にフィーリングのいい6速MTとの組み合わせで、市街地から高速道路に入るまでは、回転も滑らかで好印象だ。ベルト式ISGでモーターのアシストが入るために、数値以上の伸びやかさで、単にエンジンの力だけではないプラスαの加速力を感じる。また、シフト時の回転落ちによるショックを生まない工夫もなされていた。それだけに、乗り味の素晴らしさと相まって、実に軽やかなパワーユニットと感じられた。

2.0L マイルドハイブリッドエンジンは、高速道路など高いスピード域での加速にはもの足りなさを感じる

2.0L マイルドハイブリッドエンジンは、高速道路など高いスピード域での加速にはもの足りなさを感じる

だが、高速道路に入って加速するためにアクセルを踏み込むと、想像以上にレスポンスがよくない。また、加速そのものにパワーのもの足りなさを感じた。たとえば、100km/hで5〜6速から再加速すると、アクセルを踏んでからかなり時間が経って加速が始まる感覚だ。

MAZDA3のパワーユニットは、2.0Lのマイルドハイブリッドのほかに、1.5L、2.0L、2.5Lのガソリンエンジンと、1.8Lのディーゼルエンジンがラインアップされる。そして、これらに加えて、革新的な燃焼制御技術でガソリンエンジンとディーゼルエンジンの中間的なエンジンである火花点火制御圧縮着火「SPCCI」を実現した「スカイアクティブX」(しかも、これには新たなマイルドハイブリッドであるM Hybridも付加される)が2019年のうちに加わる。つまり、グローバルで計6種類のパワーユニットがラインアップされることになる。

マツダ「MAZDA3」セダンに搭載されていた2.5Lガソリンエンジンも、パワー不足感が否めなかった

マツダ「MAZDA3」セダンに搭載されていた2.5Lガソリンエンジンも、パワー不足感が否めなかった

この後、乗り換えたセダンには、2.5Lのガソリンエンジンと6速ATが搭載されていた。このセダンは、最高出力が186ps、最大トルクが252Nmとなる。燃費はEPA値で30mpg、1リッターあたり約12.8kmである。こちらも印象は悪くないしスペックも標準的だが、やはり他メーカーに比べてパワフルさが足りず、エンジン自体の魅力が薄いと感じた。

特に、最近はガソリンエンジンにモーターを組み合わせた魅力的なユニットが多い。メルセデス・ベンツ「Cクラス」の「1.5L BSG」や、ホンダ「インサイト」の「1.5L i-MMD」などと比べると、もっとインパクトの強いパワーユニットがMAZDA3にもほしいと感じたのが本音だ。

しかし、結論を急いではいけない。今回試した2.0L M Hybridと2.5Lガソリンは、真打ではない。そして、前述した本命の「スカイアクティブX」は、2019年中に登場予定となっている。さらに、販売の面で主役となるであろう1.8Lディーゼルや、M Hybridなしの2.0Lガソリンの印象も未知数だ。それらを考えると、今後は国内試乗などで今回感じた驚くべきシャシーの実力の高さに釣り合う、魅力的なパワートレーンを体感できるかどうかが、MAZDA3の評価の分かれ目になりそうだ。

ロールすら感じさせないコーナーリングと真骨頂のハンドリング

ワインディングを走らせると、MAZDA3は再び僕を驚愕させた。マツダは、新型MAZDA3のダイナミクスを「クルマの存在を意識させないほどの『究極の人馬一体』」と表現しているが、まさにそれを感じさせるような、まるで魔法のようなコーナーリングを見せたのだ。

マツダ「MAZDA3」のワインディング走行イメージ

マツダ「MAZDA3」のワインディング走行イメージ

普通、カーブに対してハンドルを切るとノーズが向きを変え、ロールが生まれ、といったコーナーリングの一連の動作をドライバーは感じる。しかし、MAZDA3は一連の動作がきわめて連続的な運動になっているため、ハンドルを切った後は、ロールすら感じることなく曲がり終えているような感覚を受ける。

しかも驚くのは、操舵に対するクルマの反応がきわめて穏やかなこと。かといって動きが遅いわけでなく、すばやい操作に対しても忠実に反応を返す。しかしながら、感触はあくまでも落ち着いた穏やかさを保ち続けるのだ。ここが実に不思議な、MAZDA3のハンドリングの真骨頂だった。それだけに、走りは「楽しい」というより、とにかく「自然で気持ちいい」という表現がふさわしいだろう。

マツダ「MAZDA3」のワインディング走行イメージ

マツダ「MAZDA3」のワインディング走行イメージ

今回の試乗でわかったのは、MAZDA3のすばらしい走りは、マツダがうたう独自の“人間中心の設計思想”が忠実に反映されており、コックピットや室内空間が作り込まれていることが大きく関係しているということだ。

たとえば、ドライビングポジションは「骨盤を立てて座る」というマツダの理想の着座姿勢をサポートするシート構造や、膝裏に備えられているチルト調整機構などによって、ドライバーはきちんと座ることができる。これによって、ステアリングはドライバーに正対し、シフトもステアリングから持ち替えがしやすい位置になる、といった具合だ。

加えてインテリアは、見た目の美しさのみならず、運転する際に余分なものを視界に入れないという思想も含めた設計となっている。だから、目の前に広がるインテリアに、作り手都合による切り欠きやサービスホールがない。こういった、すぐれた環境を作り上げたうえに、すぐれた作動のメカニズムを組み合わせたからこそ、おどろくほどの走りのよさや運転の気持ちよさを感じるのだろう。

マツダ「MAZDA3」セダンは、オールシーズンタイヤを装着していたからか、シャシーのよさを生かしきれていない印象を受けた

ちなみに、このあと北米仕様のセダンに乗り換えたのだが、オールシーズンタイヤのせいかトレッドが柔らかく、路面の動きがボディに伝わりやすかった。そのため、前述のハッチバックほどの感動は得られなかった。だが、それでも走りはクラストップといえるレベルにはあったのだが……。

Cセグのトップに立てるかどうかは「パワーユニット」がキーに

今後は、本命の「SKYACTIV X」や主役と呼べるパワーユニットがいっそう魅力的であることに期待したい

今後は、本命の「SKYACTIV X」や主役と呼べるパワーユニットがいっそう魅力的であることに期待したい

今回、MAZDA3の試乗車には日本仕様はなく、本命や主役のパワーユニットもなかった。そのため、ある意味では新型MAZDA3の実力の一端を味見した程度とも言える。

しかしながら、そうした味見の段階でも、乗り心地のよさや静粛性の高さ、市街地や高速道路での乗り味のよさや、ワインディングでのハンドリングなどを感じさせるシャシーはパーフェクトであり、この時点でCセグメントの頂点に位置すると評価できる。

デザインや内外装のクオリティに関しても、国産モデルのライバルであるスバル「インプレッサ」やトヨタ「カローラスポーツ」を大きく引き離し、VW「ゴルフ7」と同等かそれ以上であった。メルセデス・ベンツ「Aクラス」には、さすがに派手さで負けるものの、落ち着きという点ではMAZDA3に分がある、と言えるレベルにまで到達している。

いっぽう、ウィークポイントはパワーユニットだろう。2.0L M Hybridと2.5Lガソリンは、パワフルさやレスポンスで物足りず、エンジン自体の魅力があるとは言いがたかった。これは、今後出てくるほかのエンジンに期待したいところだ。

さらに、マツダコネクトのHMI(ヒューマンマシンインターフェイス)も触ってみて、新たにゼロから開発されておりたしかに扱いやすくなったのだが、先進性と言う点に関してはやや物足りない。特に、メーター内の液晶がコストの問題からセンターのみであることは古臭い。ライバルの多くが全面液晶を採用しつつあるなかで、今回のマツダコネクトの液晶パネルはサイズも小さい。また、最近のトレンドである、曖昧な会話方式による「HMI」などを盛り込んだり、それらに対抗するような機能もほしいところだ。

MAZDA3だけでなく、今後はVW「ゴルフ」のフルモデルチェンジが控えているなど、Cセグメントのさらなる熾烈な争いが予想される

細かな点では色々とあるものの、MAZDA3のオーバーオールでの評価は間違いなく圧巻の仕上がりだったといえる。今まで、マツダが長きに渡って積み上げてきた価値観や世界観が、ついに世界のベンチマークに並び、抜き去ろうとするところにまで到達したと感じる。今後、日本での発表や試乗、さらには本命である「スカイアクティブX」が組み合わされる日が来るのが実に楽しみである。

MAZDA3は、同セグメントのベンチマークになれる可能性を大いに秘めている。それほどの完成度を、今回の新型MAZDA3から感じ取ることができた。

河口まなぶ

河口まなぶ

日本自動車ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。フリーの自動車ジャーナリストで、web上の自動車部「LOVECARS!」(部員約2200名)を設立し主宰。一貫して"自動車の楽しさ気持ち良さ"を追求し続け、雑誌、web、TVなどで活動を行っている。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る