バイク野郎 増谷茂樹の二輪魂
街乗りも楽しいビッグスクーター

軽快さが劇的に向上! 見た目も走りも一新したホンダの新型「フォルツァ」


2000年頃に起こったビッグスクーターブームを牽引した存在である、ホンダ「フォルツァ」。先進的で豪華な装備と、堂々たる大型ボディを覚えている人も多いのではないだろうか。そのフォルツァがグローバルモデルとしてフルモデルチェンジ。ブーム当時のモデルを知る筆者が、新型の進化を体感してきた!

ラグジュアリーモデルとして進化してきた「フォルツァ」

250ccクラス以上のいわゆるビッグスクーターがブームとなっていた2000年頃。ヤマハ「マジェスティ」やスズキ「スカイウェイブ」をはじめとするモデルが人気を集める中、ホンダのラインアップはやや個性的なデザインの「フュージョン」のみだったこともあり、他メーカーの勢力に押されぎみであった。そんな状況を打破し、250ccクラスをリードするために投入されたのが「フォルツァ」。その狙いは見事に当たり、堂々たる車格と高い走行性能を両立したフォルツァは、一躍人気モデルとなった。

2000年3月に発売された初代「フォルツァ」。左右独立型のデュアルヘッドライトの採用や空力特性にすぐれたボディ形状が人気を集めた

その後、2004年に2代目となる「フォルツァX」が発売されるとともに、マニュアルミッションの感覚でシフト操作ができる6速マニュアルモードを備えた「フォルツァZ」(2004年発売)も追加。そして、2006年のマイナーチェンジ後、2007年にフルモデルチェンジした3代目が登場する。このモデルにはオーディオをビルトインした「オーディオパッケージ」もラインアップされるなど、もともと豪華だった装備はさらにラグジュアリーになり、それにともない重量も増し、200kgを超える重量級モデルとなっていた。あわせて、価格も当時のビックスクーターの中でも高価な60万円オーバーと、ブームの担い手であった若者が簡単に手を出せるようなものではない存在に。そのため、実際に乗っているのは中高年以上の男性がほとんどで、聞こえはよくない言い方だが「フォルツァ=おじさんの乗り物」というイメージを持っている人も少なくない。

大柄のボディに豪華な装備という路線を加速させていった3代目は、ラインアップを「フォルツァZ」とそのABS搭載モデルに集約。マイナーチェンジを繰り返し、2006年まで販売された
※写真は2011年モデル

“おじさんイメージ”を一新した新型「フォルツァ」

3代目フォルツァの生産が終了した2016年から約2年。ついに登場した4代目が、今回紹介する新型「フォルツァ」だ。新型の大きな進化点は、軽快さ。高速域での快適性は維持したまま、低速域での小回りの効く走りを実現するため、軽量・コンパクトで剛性を最適化したフレームが新設計された。ボディサイズはややコンパクトになり、重量は184kgと大幅にダウン。さらに、ホイールが従来の前後13インチから、フロント15インチ、リア14インチに大型化された。また、スタイリングもより先進性を強調したものにイメージチェンジ。価格は64万6920円(税込)と「おじさんの乗り物」とイメージされていた3代目モデルと大差はないように感じるが、新型と同じようにABSを装備したモデルは75万6000円であったことを考えると、トラクションコントロールといった電子制御機構などを搭載しながら、64万円程度に価格を抑えてきたのはかなりすごいことだと言える。

新型「フォルツァ」のサイズは2,140(全長)×750(全幅)×1,355(全高)mm。全長は3代目モデル(フォルツァZ)よりも45mm短くなっている。ホイールベースも1,545mmから1,510mmに短縮された

テールランプに向かってダイナミックに流れるようなボディライン

テールランプに向かってダイナミックに流れるようなボディライン

LED化されたライトも、スタイリングに合わせシャープなデザインとなっている

LED化されたライトも、スタイリングに合わせシャープなデザインとなっている

ホイールサイズは大径化され、タイヤもフロント側が110から120サイズへと太くなっている。ブレーキはABSを標準装備。星型のホイールデザインもかっこいい

マフラーはやや上方にカチ上がった躍動感あるデザインに。排気音はよく消音されているが、ライダーの耳にはきちんと届く設計

スタイリングを一新した新型だが、先進的な装備が与えられている点は従来モデルと変わらない。そのひとつが、ホンダのスクーターとしては初となる「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」だ。HSTCは、もともとハイパワーなスポーツモデルに採用されていた機構で、タイヤのスリップを検知して後輪の駆動力を最適に制御してくれる。この機構を搭載したことにより、新型はすべりやすい路面での安心感が向上した。そして、スマートキーを携帯していれば、キーの抜き挿しすることなくエンジン始動などが行える「Honda SMART Keyシステム」も復活。電動で上下に可動する大型のフロントスクリーンも装備されている。

「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」を搭載したエンジンは、水冷4ストローク単気筒の243ccで23PSを発揮。先代モデルより1PSパワーアップしながら、低中速域でのコントロール性を高めている

HSTCは手もとのボタンでオン/オフを切り替え可能

HSTCは手もとのボタンでオン/オフを切り替え可能

自動車では一般的となっているスマートキーを採用したことで、レバーを回すだけでエンジンが始動するなど、利便性が向上した

上下可動機構を採用したウィンドスクリーンは、下の動画のように無段階で調整可能。ライダーの身長や走行状態に合わせて好みの高さに設定できる。

軽快感を増した走行性能を実感

過去モデルを知る筆者からすると、新型はデザインもさることながら小型・軽量化も図られているため、ずいぶんスッキリした印象を受けた。そのボディに大型化したホイールを備え、ホイールベースを短くした設計は、高速での安定性を確保しながら、ハンドリングの軽快さを狙っているはず。これらの進化が走行性にどれほど効果を発揮してくるのか、期待をふくらませながら試乗に出発!

大径ホイールの採用などにより、従来よりもシート高が約70mm高くなったため、身長175cmの筆者は両足のつま先が接地する程度。足付き性は悪くなっているものの、どっしり座るスクーター的なポジションからスポーツタイプのバイクに近くなっており、体感的には足付き性に不安はない

数値ほど足付き性に不満を感じないのは、前方が絞られたシート形状のおかげだろう

数値ほど足付き性に不満を感じないのは、前方が絞られたシート形状のおかげだろう

アクセルを開けて走り出した瞬間から、軽快な加速を実感。22Nmから24Nmへと高められたトルクと、車体の軽量化が効いている印象で、走り出しからかなり速いと感じさせる。左右への倒し込みも軽快で、車体が大きく、どっしりした走行感だった3代目に比べて街中での扱いやすさはかなり向上しているようだ。通勤など、街乗りを中心にしたユーザーにはうれしい進化だろう。

車体が軽くなったことと低速トルクの向上により、停止した後に発進する際のダッシュはかなり速くなっているように感じる

コーナリングでは大径化されたホイールもひと役買っているようで、ハンドリングは軽快で気持ちがいい

コーナリングでは大径化されたホイールもひと役買っているようで、ハンドリングは軽快で気持ちがいい

街中の走行があまりにも心地よかったので、そのまま高速道路にも乗ってみた。すると、街乗りで感じた軽快感はそのままに、ピシッと芯が通ったような直進安定性が感じられた。一新されたフレームと、新たに採用された大径ホイールの恩恵だろう。高速で巡航しているとエンジンの振動も少なく、まるで路面をすべっているような先進的な走行感だ。レーンチェンジもスムーズで、追い越し車線に出て少し大きめにアクセルを開けると俊敏な加速感も味わえる。

電動となったスクリーンを最上部まで上げると、筆者の座高でも走行風がほとんど体に当たらない。これならば、高速を使った長距離ツーリングも楽にこなせそうだ

そして、もっとも気持ちよかったのはカーブが続くワインディングロード。倒し込みが軽快なのに加えて、路面を蹴るトルク感が増しているので、カーブで車体を寝かし、立ち上がりで少し大きめにアクセルを開けて加速していく爽快さがたまらない! 個人的にバイクの一番の楽しさは、車体を寝かして曲がり、地面を蹴るトルク感を感じながら立ち上がって行く瞬間だと思っているのだが、新型はその楽しさがより明確に味わえるようになっていた。

試乗を終えて

ビッグスクーターブームが市場を席巻していた頃、スクーター専門誌で仕事をしていた筆者はフォルツァに何度も乗ったことがある。当時の印象では、高速道路での安定感やラグジュアリーな乗り心地は素晴らしいものの、街中やワインディングでの“操る楽しさ”はそれほど高くないというイメージだった。これは、ホンダにはスポーツ性を重視した「フェイズ」というビックスクーターがあり、そちらとの棲み分けを図られていたためだと思うが、やはりバイクとしての楽しさを味わいたいと思ったのは事実。だが、今回、新型「フォルツァ」に乗ってみて、見た目同様に一変した乗り味に衝撃を受けた。高速での乗り心地がさらに向上しているうえ、街中では俊敏性も存分に感じられるようになっているではないか!

今回は新搭載である「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」を体感できるようなシーンには遭遇しなかったが、もともと安定感が高い車体にHSTCを備えた新型は、雨の日や砂が積もった路面を走る際にも心強い。街乗りはもちろん、少し遠くまで足を伸ばすツーリングにも、乗る人を問わず満足させてくれる完成度を実現していると言える。

シート下にはヘルメットを2つ収納できる広いラゲッジスペースを確保。ここにテントなどを収納して、キャンプツーリングを楽しむのもよさそうだ

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
バイク本体・パーツのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る