ニュース
軽らしからぬ迫力を持つ新型車が登場

“ミニデリカ”と話題の三菱 新型「eKクロス」「eKワゴン」価格から燃費まで解説!

三菱自動車は、同社の軽ハイトワゴン「eKワゴン」を6年ぶりにフルモデルチェンジして、2019年3月28日(木)から販売を開始すると発表した。なお、今回のeKワゴンのカスタムモデル名は「eKカスタム」ではなく「eKクロス」と命名されており、クロスオーバーSUV風の外観が与えられている。

フルモデルチェンジされた三菱「eKワゴン」(右)と、今回新たに追加されたカスタムモデルの「eKクロス」(左)

新型eKワゴン、eKクロスは全グレードがCVT仕様で、2WDと4WDを用意。また、詳細は後述するが、eKクロスは全グレードにHYBRID(ハイブリッド)が搭載されている。グレードについては、新型eKワゴン、eKクロスともに「M」「G」グレードがあるが、ターボエンジンを搭載した「T」グレードについては、eKクロスのみとなっている。価格については、以下の通りだ。

■三菱 新型「eKワゴン」「eKクロス」のグレードラインアップと価格

-eKワゴン-
M:1,296,000円[2WD]/1,425,600円[4WD]
G:1,377,000円[2WD]/1,506,600円[4WD]

-eKクロス(HYBRID)-
M:1,414,800円[2WD]/1,544,400円[4WD]
G:1,555,200円[2WD]/1,684,800円[4WD]
T:1,636,200円[2WD]/1,765,800円[4WD]

先代と異なり、日産「デイズ」とは別の個性的な外観が与えられた「eKワゴン」「eKクロス」

先代と異なり、日産「デイズ」とは別の個性的な外観が与えられた「eKワゴン」「eKクロス」

まず気になるのが、新型eKワゴン、eKクロスでは、日産の新型「デイズ」「デイズカスタム」とは異なる外観が与えられている点だ。先代のデイズ、eKワゴンは似通った外観であったにもかかわらず、なぜ今回は日産、三菱ともに似ていないエクステリアをあえて採用したのだろうか。

それについて、三菱では「三菱にしかない、三菱にしかできない軽自動車を作りたかった」と語る。先代のeKワゴンは、遠くから見るとeKワゴンなのか、デイズなのかわかりづらいほど似ていたために、三菱ならではの独自性を打ち出すことができなかった。

さらに三菱は、軽自動車(他社を含む)の購入ユーザーに独自の調査をしたところ、軽自動車を購入した理由として、以前は「車両価格の安さ」「税金などの安さ」「燃費のよさ」が上位にあげられていたが、最近では「車体色」や「スタイル・外観」など、見た目のよさが重視されるようになってきたのだと言う。

■軽自動車の購入に際して重視した点の比較
※三菱自動車調べ

-2008年-
1位:税金・保険などの諸経費
2位:車両価格
3位:燃費
4位:車体色
5位:室内の広さ
6位:小回りのよさ
7位:運転のしやすさ
8位:スタイル・外観

-2018年-
1位:車体色
2位:車両価格
3位:スタイル・外観
4位:安全性
5位:室内の広さ
6位:運転のしやすさ
7位:視界のよさ
8位:燃費

さらに、上記の調査結果から三菱の軽自動車を購入してもらうためには「三菱らしいデザイン」と「カラーリングなど豊富なバリエーション」が必要と考え、今回の新型eKの開発に取り組んできたと言う。

三菱 新型「eKワゴン」のフロントエクステリアとリアエクステリア

三菱 新型「eKワゴン」のフロントエクステリアとリアエクステリア

新型eKのデザインコンセプトは、eKワゴンが「THE CUTE CHIC(キュート・シック)」。eKワゴンは、全体的におおらかで張りのある曲面で構成されており、かわいくておしゃれなデザインが採用されている。フロントフェイスは横基調のグリルによって、スタンダードモデルの安定感とワイドさが表現されている。ボディカラーには、新色のブルーミントメタリックのほか、シックな7色が設定されている。

三菱 新型「eKクロス」のフロントエクステリアとリアエクステリア

三菱 新型「eKクロス」のフロントエクステリアとリアエクステリア

eKクロスのデザインコンセプトは、「THE CUTE BEAST(キュート・ビースト)」。「デリカD:5」などに用いられているデザインアイデンティティ「ダイナミックシールド」が採用されており、SUVライクな外観へと仕上げられている。

三菱 新型「eKクロス」のフロントフェイスは、三菱「デリカD:5」のデザインと同じものだ

三菱 新型「eKクロス」のフロントフェイスは、三菱「デリカD:5」のデザインと同じものだ

また、細いヘッドランプのように見える個所には視認性の高い「LEDポジションランプ」が配され、通常はフォグランプと思われる個所には「マルチLEDヘッドランプ(ロービーム、ハイビーム、ターンランプ)」が搭載されている。これは、前方の車がまぶしくない高さに配置されることで、照射機能を向上させた「デリカD:5」と同様のデザインだ。

また、eKクロスのフロントバンパーには、SUVらしいタフさをイメージさせるような厚みのある新開発のバンパーが採用されている。

ボディカラーはeKワゴンより多く、2トーンカラーが5色、モノトーンカラーが6色の11色が設定されていることも特徴的だ。

三菱 新型「eKワゴン」「eKクロス」のフロントシートは座り心地が改善されていて、長時間座っていても疲れにくくなった。またリアシートは、膝先空間が70mm拡大して、大人でも余裕で足が組めるほどのスペースが確保されている

インテリアについては、新型eKではホイールベースを65mm延長することで居住空間が大きく拡大している。特に、後席のニースペースは、先代モデルと比較して70mmも拡大していることから、後席はかなり快適になっているはずだ。さらに、後席は前後にスライドさせることができるので、結果としてラゲッジルームも広く使えるようになった。

三菱 新型「eKワゴン」「eKクロス」のインパネは伸びやかなデザインが採用されている。また、多くの小物入れやドリンクホルダーが用意されているのも、軽自動車ならではだ

新型eKのインパネは、先代よりも横に伸びやかなデザインになって、室内空間が広くなったような印象をうける。また、インパネには7つもの収納スペースが用意されているのは、軽自動車ならではの使い勝手のよさだ。

助手席ドアパネルに「車検証入れ」が新たに設けられたことによって、グローブボックスを小物入れとして使うことができる

めずらしいのは、助手席側のドアへ新たに車検証やマニュアルなどを入れるスペースが設けられたことだ。これによって、従来のグローブボックスが空くので、そこにもさまざまなものを入れることができるようになっている。

エンジンについては、NA(自然吸気)エンジン、ターボエンジンともに新開発のものが採用されている。今回の新型エンジンでは、加速性能が大きく向上していることがトピックだ。NAエンジンは、信号待ちから発進するときなど低回転域から高いトルクを発生させるようになったほか、高回転域に至るまで全域でトルクアップしている。ターボエンジンもNAエンジンと同様、低回転域から高いトルクを発生させるが、最大トルクに達するまでの時間が短くなり、さらにその最大トルクが先代に比べて持続するようになった。

■新型eKと先代eKの最大トルクの比較
-NAエンジン-
新型:60N・m(6.1kgf・m)/3,600rpm
先代:56N・m(5.7kgf・m)/5,500rpm
-ターボエンジン-
新型:100N・m(10.2kgf・m)/2,400〜4,000rpm
先代:98N・m(10.0kgf・m)/3,000rpm

また、eKクロスには新たに「HYBRIDシステム」が搭載されていることにも注目したい。減速時に回生を行い、加速時にバッテリーに蓄えた電力で加速をアシストする、いわゆる「マイルドハイブリッド」だ。そのため、燃費数値についてはHYBRIDのeKクロスとNAのekワゴンではほとんど変わらないものの、発進時に最大30秒間モーターが駆動をアシストしてくれることで、力強い加速感を得ることができるのがメリットだ。

■新型「eKワゴン」「eKクロス」の燃費
-eKワゴン-
・「M」「G」グレード
JC08モード:29.4km/L[2WD]/24.6km/L[4WD]
WLTC総合:21.2km/L[2WD]/18.2km/L[4WD]
WLTC(市街地):18.6km/L[2WD]/15.6km/L[4WD]
WLTC(郊外):22.3km/L[2WD]/19.4km/L[4WD]
WLTC(高速道路):21.7km/L[2WD]/18.8km/L[4WD]

-eKクロス-
・「M」グレード
JC08モード:29.8km/L[2WD]/25.4km/L[4WD]
WLTC総合:21.2km/L[2WD]/18.8km/L[4WD]
WLTC(市街地):16.9km/L[2WD]/15.9km/L[4WD]
WLTC(郊外):23.0km/L[2WD]/20.3km/L[4WD]
WLTC(高速道路):22.6km/L[2WD]/19.3km/L[4WD]

・「G」グレード
JC08モード:29.4km/L[2WD]/25.4km/L[4WD]
WLTC総合:21.0km/L[2WD]/18.8km/L[4WD]
WLTC(市街地):17.8km/L[2WD]/15.9km/L[4WD]
WLTC(郊外):22.5km/L[2WD]/20.3km/L[4WD]
WLTC(高速道路):21.7km/L[2WD]/19.3km/L[4WD]

・「T」グレード
JC08モード:25.2km/L[2WD]/22.8km/L[4WD]
WLTC総合:19.2km/L[2WD]/16.8km/L[4WD]
WLTC(市街地):16.0km/L[2WD]/14.3km/L[4WD]
WLTC(郊外):20.6km/L[2WD]/17.8km/L[4WD]
WLTC(高速道路):20.1km/L[2WD]/17.4km/L[4WD]

ステアリング右側にある「MI-PILOT」スイッチは、日産の「プロパイロット」と同様のスイッチの配置になっていて、使い方も一緒だ

安全機能としては、三菱で初搭載となる「MI-PILOT」に注目だ。MI-PILOTは、日産の運転支援技術「プロパイロット」と同じもので、前車を追従してくれる「クルーズコントロール」によって前車が0km/hで停止するまで作動。さらに、前車が発進してもステアリングスイッチを押すかアクセルを踏むことで再度発進して追従してくれる。

さらに、先代に搭載されていた「LDW(車線逸脱警報システム)」は、車線を逸脱すると警報で知らせてくれるだけだったが、新型eKに搭載されている「LDP(車線逸脱防止支援機能)」にはハンドル操作アシストが加わり、車両を走行車線内に戻すように自動で操作してくれる。

これまでは、ホンダ「N-BOX」に搭載されていた「HONDA SENSING」が軽自動車の中ではもっとも進んだ追従クルーズコントロールだったが、車速が25km/h未満になると追従が解除されてしまっていた。前車の停止まで追従してくれる追従クルーズコントロールは、新型eKワゴンが初であり、軽自動車に搭載されているクルーズコントロールとしてはもっとも進んだものになった。

三菱 新型「eKクロス」のエクステリアに注目が集まるが、先代のネガを払拭した新エンジンにも注目だ

三菱 新型「eKクロス」のエクステリアに注目が集まるが、先代のネガを払拭した新エンジンにも注目だ

今回の新型eKでは、eKクロスのエクステリアがもっとも印象に残るが、刷新された新型エンジンにも注目したい。先代のeKは、アクセルを踏んでもスピードが乗りづらく、正直に言うと他社に比べてパワーはかなり非力であった。だが、先日日産の新型「デイズ」のNAエンジン搭載車にわずかな時間ではあるが試乗(クローズドコース)したところ、非力さは感じられず60km/hを超えても加速が伸び続け、パワーのなさはほとんど感じられなかった。新型eKワゴンのエンジンは新型デイズと同じであることから、新型eKの走りも相当に改善されたと言っていいだろう。もし、機会があればぜひディーラーに赴いて試乗してみてほしい。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る