いいモノ調査隊
"雑光"を除去してクリアな視界

視界が変わると世界が変わる! 「TALEX」サングラスのスゴイ効果

四六時中サングラスが手放せない自動車ライター、マリオ高野です。

安全運転のためにサングラスを着用したい

最近のクルマはガラスにUVカット機能が備わっている場合が多いものの、太陽光のまぶしさに対処するにはサングラスが必要です。また、日差しが強いとダッシュボードなどのクルマの内装部分がフロントガラス内側に映り込んだりするのも厄介な状態。前方視界が悪くなるのはとても危険です。そこで必要になるのがサングラスですね。

安全のためにも運転中にサングラスを使用する人は多いと思いますが、今回はサングラス好きの人も驚愕(きょうがく)必至の名品、“一度使うと二度と手放せなくなる”超秀逸なドライビングサングラスを紹介します。

それがこちら、車メーカーのSTI(スバルテクニカインターナショナル)から発売されている「STIドライビングサングラス lens by talex」です。

レンズもフレームも見た目は繊細で華奢な印象。STIブランドのイメージカラーのひとつでもあるチェリーレッドを配色。本革巻きステアリングの革の質感を再現したディンプル加工が、スポーツドライビングの高揚感をアゲてくれます

「TALEX」の優れた偏光レンズ

レンズは、世界トップクラスの光学性能とフィルター性能をあわせもった偏光レンズで知られる「TALEX(タレックス)」製を採用。偏光レンズはほかにもありますが、筆者の知るかぎり「TALEX」の偏光レンズは群を抜いた存在で、とにかくかけた瞬間から“世界が変わる”んです!

見え方のイメージはこんな感じ

見え方のイメージはこんな感じ

話題の某ルーペのように、モノが大きく見えちゃうことはありませんが、本当に見える世界が変わることを体験できるでしょう。「TALEX」の偏光レンズには「雑光カットフィルター」機能があるので、余計な光が消えた世界を見ることができるのです。フロントガラスへの映り込みはほぼなくなり、外の景色がクリアになるので、運転時の疲労感が大激減!

日差しが当たって内装部分がフロントガラスに映り込んだ状態。クルマによってはもっと余計なものがたくさん映り込むことがあり、前方視界を悪化させます

逆光では太陽光の眩しさがとてもつらくなりますが……

逆光では太陽光の眩しさがとてもつらくなりますが……

目に厳しい強い光は大幅に低減。この写真ではウインドウの下部に映り込みが見られますが、肉眼からの視界はもっとクリアです

「疲労予防効果が顕著」という研究結果

このサングラスを使えば、人間は、余計な光が目に入るとこんなにも疲れるものだと気がつくでしょう。筆者は憧れのプロ野球選手のイメージからオークリーのサングラスも愛用し、四六時中頭の上に乗せてます。コチラもよいサングラスだと思いますが、運転中の視界のクリア度は「TALEX」のほうが断然上なので、運転中はもっぱら「TALEX」を使っています。

撮影用のクルマを運転する際など、ごくまれにサングラスを持参するのを忘れることがありますが、晴れた日に裸眼で運転するのは苦痛でしかなく、疲労度が倍増するのを実感するほど。「TALEXのレンズによる疲労予防効果が顕著である」という事実は、大阪市立大学大学院医学研究チームとの共同研究でも実証されています。

また、冬場には一面銀世界の雪国でも重宝しました。積雪による真っ白な世界は、雪のレフ板作用もあって雑光がさらに入り乱れた状態で目に入ってくるので、晴れていなくても見えにくくなるもの。ですが、サングラスをかければそういった状況下での視界明瞭効果も大きく、普通の路面より緊張を強いられる積雪路での運転疲労も激減。スノードライブでも絶対的な必需品として強くオススメします。

銀世界での雑光激減効果も絶大。スノードライブでの安全確保には絶対に欠かせないと言っていいでしょう

銀世界での雑光激減効果も絶大。スノードライブでの安全確保には絶対に欠かせないと言っていいでしょう

2つの状況で偏光レンズの有無を撮影してきましたのでご覧ください。

雑光が消えることで、他のクルマの室内がクリアに見えるようになる効果も見逃せません。ほかのクルマのドライバーの顔などがよく見えるため、たとえば交差点などで、曲がろうとしているドライバーがコチラの存在に気がついてない気配を察知できたりするので、相手の不注意をカバーする効果もあるのです。(上が裸眼、下がTALEX装着)

ドライバーの目に対する攻撃性が高い路面からの照り返しも大幅に低減。写真ではイマイチわかりにくいかもしれませんが、まぶしさは雲泥の差があります。(上が裸眼、下がTALEX装着)

また、このサングラスは「STI」という自動車メーカーがこだわって作った製品なので、ドライバーの安全をさまざまな面から支えることを徹底追求しています。軽量素材のチタンを惜しみなく使い、あらゆる顔幅にフィットしながら装着時のテンションを緩和し、「かけてることを忘れる」ほど自然なかけ心地です。筆者は眼鏡をかけないので、一般的なサングラスではフレームの違和感が辛く感じることが多いのですが、これは何10時間かけっぱなしでも違和感はゼロ。

税込で約4.5万円という価格は高く感じるかも知れませんが、お値段が張るだけの値打ちはあるので、ぜひともこのクリアで疲れにくい視界を確保して、ドライブ時の安全を高めてほしいと思います。

もちろんタウンユースも可能

もちろん、運転以外の日常ユースでも視界がクリアになる効果は手放せません。似合う、似合わないは個人差がありますので、そこは各自でご判断ください。

本品を着用して大都会を歩いてみました。運転時以外でも視界がクリアで気分がいいです

本品を着用して大都会を歩いてみました。運転時以外でも視界がクリアで気分がいいです

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
カー用品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る