レビュー
カーナビとの連動や追い越し時のハンドル支援機能も

日産「プロパイロット2.0」で“手放し運転”が可能に!果たして安全なのか

2019年5月16日、日産は運転支援システム「プロパイロット」の第2世代となる「プロパイロット2.0」を、2019年秋にマイナーチェンジされる「スカイライン」を筆頭に、順次日産車に搭載していくと発表した。

日産「プロパイロット2.0」が2019年秋の「スカイライン」から導入されることが発表された

日産「プロパイロット2.0」が2019年秋の「スカイライン」から導入されることが発表された

プロパイロットは、全車速追従型のインテリジェントクルーズコントロールと、走行時に車線の中央を維持できるようにハンドルを自動で制御する機能が搭載されており、ドライバーの操作による負担が軽減されるというもの。

これらの機能は、いずれも緊急自動ブレーキを作動させる安全のためのシステムを応用したものだ。セレナやエクストレイルなどのほか、最近では軽自動車のデイズにも搭載されたことで話題となった。ちなみに、デイズのプロパイロットのオプション価格は8万6,400円と割安で、今後のさらなる普及が見込まれる。

プロパイロット2.0では「手放し運転」が可能に

プロパイロット2.0では、手放し運転が可能となることがもっとも大きな特徴だ

プロパイロット2.0では、手放し運転が可能となることがもっとも大きな特徴だ

そんなプロパイロットのバージョンアップ版となるプロパイロット2.0の最大の特徴は、ハンドルの「手放し運転」が可能になることだ。プロパイロットを含むこれまでの運転支援機能では、車線の中央を維持するためにハンドルが自動で制御されているようなときでも、ドライバーがハンドルを握っていることが条件となっていた。たとえば、ハンドルから手を離すと車両がそのことを検知して表示や音で警報を発する。それでもドライバーがハンドルを握らない場合には、国土交通省の基準で65秒後に操舵支援がキャンセルされる。

それが、プロパイロット2.0ではハンドルの手放し運転が可能になる。ただし、手放し運転が可能となるのには条件がある。道路は高速道路や自動車専用道路などに限られ、同一車線を走行しているとき(車線変更をするときにはキャンセルされる)で、さらに後述するドライバーモニターカメラによって、ドライバーが前方を注視していると判断されたときだ。

カーナビと連動することで、目的地まで連れていってくれるように

プロパイロット2.0は、高速道路上でカーナビと連動することで車線変更や分岐、追い越しなどの際にハンドルを支援し、目的地まで連れて行ってくれる「ナビ連動ルート走行」が可能となっている

プロパイロット2.0のもうひとつの特徴は、カーナビゲーションで設定された目的地まで、分岐や車線変更、追い越しなどの際にハンドルを支援してくれるようになったことだ(高速道路や自動車専用道路に限る)。

カーナビで目的地を設定して出発し、高速道路に入ると「ナビ連動ルート走行」が可能になったことを、表示と音でドライバーに知らせてくれる。そこで、ドライバーがスイッチを操作すると追従走行が開始され、車線の中央を走るようにシステムがハンドルを制御してくれる。

プロパイロット2.0では、前方に遅いクルマがいたときには、みずからハンドルを操作することなく、ボタンひとつで追い越しが可能となっている

また、前方に遅いクルマが走っているときには、システム側が追い越しを提案してくれる。ハンドルに手を添えてスイッチを押すことで追い越しを承認すると、ハンドル制御によって右車線へと自動で車線変更が行われる。その後、追い越しが完了してシステムが安全に走行車線に戻れると判断すると、ふたたびハンドル制御によって走行車線へと戻ることができる。

プロパイロット2.0はハードウェア面も大幅に進化

プロパイロット2.0では、搭載されるハードウェアも大幅に進化する。プロパイロットのセンサーは単眼カメラだけだが、プロパイロット2.0では、カメラが7個、レーダーが5個、音波ソナーが12個装着される。さらに、3D高精度地図データも搭載される。すべての高速道路において、区分線の情報や速度標識、案内標識などの情報を把握。この3D高精度地図データの内容と車載カメラからの情報を照合して、車両の置かれた状況を判断するのだ。車両の前後方向は1m、左右方向は5cmという精度の高さで、自車位置を把握できるという。

ドライバーの状態をカメラが常にモニタリング

高速道路上を、ハンドルを握らずペダル操作もせずに走行したとすると、ドライバーの状態は助手席の乗員に近づくといえる。そこで気になるのは、ドライバーの居眠りについてだ。眠くなる可能性はあるが、プロパイロット2.0は自動運転ではないから、ドライバーは通常の運転のときと同じく、周囲の交通の流れや車両の状態に注意を払わなければならない。

そこでプロパイロット2.0は、前述のドライバーモニターカメラを装着した。ドライバーのまぶたが閉じたり、よそ見をすると警報を発する。数回試みても反応がないときは、ドライバーに緊急事態が発生したと判断して、緩やかな減速の後に停車する。

手放し運転でずっと走り続けられるわけではない

手放し運転の操舵支援は、常に行われるわけではない。前述の高速道路上や同一車線上という基本条件のほかにも、たとえばトンネルの内部や急カーブ、合流地点やその手前、対面通行などでは手放し運転することができず、その際にはあらかじめドライバーに告知したうえで、通常の運転に戻すという。開発者は、「実際の高速道路の走行では、(ずっと走り続けられるといったことはなく)時々ハンズオフ(手放し)がキャンセルされ、操舵をドライバーに戻すことになる」という。

ここで問題になるのが、ドライバー側の運転に関する意識だ。パワーステアリングの操舵支援が行われ、クルーズコントロールでアクセルやブレーキが車両によって操作されているときでも、“ドライバーがハンドルを握っていれば”頭脳は「運転モード」に入っている。ところが、ドライバーがハンドルから手を離して膝の上に置いたりすると、状況は一変する。「運転モード」がオフになって、助手席に座っている状態に近づく。

筆者も過去に何度か、クローズドのテストコースで行われた各社の運転支援技術を体感したことがあるのだが、手を膝の上に置くと、運転感覚が戻るまでに一瞬の戸惑いがあった。同乗した開発者から「はい、今回のデモは終了です。マニュアル操作に戻って、コースから出てください」といわれたときの対応が、通常の運転状態とは違っていたのだ。これが、もし緊急回避のときならば、どうなるだろうか。両手は膝の上に置かれ、足もペダルではなく床に着いている状態で、前方のクルマがガードレールに衝突してスピンしたようなときだ。もちろん、緊急自動ブレーキは作動するのだが、ステアリング操作はどうするのか。仮にこのとき、車両側から「大至急ステアリング操作による危険回避をお願いします!」と指示されたら、果たして膝の上に置かれた手を即座にハンドルに持っていき、的確な回避操作が行えるのだろうか。

現行のスカイラインには、ハンドルの操舵とタイヤの動きが分離されており、電気信号で制御されている「ダイレクトアダプティブステアリング」が採用されている。これを利用すれば、危険回避のためのさらなる安全性能向上も可能なはずだ

今回は、運転支援のプロパイロット2.0に関しての発表だったので、そのあたりの安全機能についての説明はなかったが、スカイラインには電気信号でステアリングを操作する「ダイレクトアダプティブステアリング」が採用されているから、車両側の判断で、かなり積極的な回避操作をすることも可能なはずだ。前輪を、ハンドルの向きとは関係なく操舵して、ダイナミックな回避操作をすることも、理屈上は可能となる。

運転支援と安全装備は、表裏一体だ。かぎられた条件下でも「手放し走行」というドライバーの不作為を容認したら、それ以上のはるかに高い安全性を担保せねばならない。したがって、プロパイロット2.0は安全性能も相当に高められるはずだ。そこを考慮すれば、ダイレクトアダプティブステアリングを搭載しているスカイラインからプロパイロット2.0を採用することにも納得できる。

2019年秋にマイナーチェンジされるスカイラインは、プロパイロット2.0と併せて安全性能の進化に注目したい。乗員、そして歩行者を守ることより大切な性能など絶対に存在し得ないからだ。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る