ニュース
日本の車名もアクセラから「MAZDA3」へ!

世界初のエンジンなど、魅力が詰まったマツダ 新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」発売!

マツダは、5ドアハッチバック&4ドアセダン「アクセラ」の後継車となる新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」を、2019年5月24日から順次発売開始(搭載エンジンによって発売日が異なる、詳細は後述)する。なお、車名については今後、アクセラという名称は用いられず、世界的に使用されていた車名の「MAZDA3」へと統一される。

左が新型「MAZDA3 セダン」、右が新型「MAZDA3 ハッチバック」

左が新型「MAZDA3 セダン」、右が新型「MAZDA3 ハッチバック」

新型MAZDA3では、新「魂動デザイン」の採用、ボディやシャシー、シートからタイヤにいたるまですべてが刷新された「SKYACTIV-VEHICLE ARCHETECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」の搭載、次世代エンジン「SKYACTIV-X」の採用などが主なトピックとなる。

新型「MAZDA3 ハッチバック」

新型「MAZDA3」ハッチバック

新型「MAZDA3」セダン

新型「MAZDA3」セダン

新型MAZDA3のボディタイプは、アクセラと同様にハッチバックとセダンの2種類が用意されている。エンジンラインアップは、1.5Lと2.0Lのガソリンエンジン、1.8Lのクリーンディーゼルエンジン、そしてマツダが新たに開発しMAZDA3で初めて搭載される期待の2.0L「SKYACTIV-Xエンジン」の4種類だ。なお、以下にエンジンごとの最高出力と最大トルクを記載しているが、当記事の公開時点ではSKYACTIV-Xのエンジンスペックは未公表となっている。

■マツダ 新型「MAZDA3」のエンジンラインアップと最高出力、最大トルク
-1.5リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」-
最高出力:82kW(111PS)/6,000rpm
最大トルク:146N・m(14.9kgf・m)/3,500rpm

-2.0リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」-
最高出力:115kW(156PS)/6,000rpm
最大トルク:199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm

-1.8リッター直列4気筒直噴クリーンディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 1.8」-
最高出力:85kW(116PS)/4,000rpm
最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)/1,600-2,600rpm

-2.0リッター新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」-
最高出力:未公表(2019年5月24日時点)
最大トルク:未公表(2019年5月24日時点)

また、新型MAZDA3のグレードと価格については、以下のとおりとなる。1.5Lエンジンをラインアップするハッチバックのほうがグレードは多く、赤内装の特別グレード「Burgundy Selection(バーガンディセレクション)」もハッチバックのみにラインアップされているのが特徴だ。なお、新型MAZDA3では搭載エンジンによって発売日が異なるので、そちらもあわせて記載した。もっとも遅いのがSKYACTIV-X搭載グレードで、2019年10月の発売予定となっている。

新型「MAZDA3」のハッチバックのみにラインアップされている「Burgundy Selection(バーガンディセレクション)」グレードの赤内装

■マツダ 新型「MAZDA3」ハッチバック(ファストバック)のグレードラインアップと価格

-SKYACTIV-G 1.5(2019年5月24日発売)-
15S:2,181,000円 [2WD(MT・AT)]/2,413,200円 [4WD(AT)]
15S Touing:2,273,880円 [2WD(MT・AT)]/2,506,080円 [4WD(AT)]

-SKYACTIV-G 2.0(2019年7月下旬発売予定/5月24日予約受注開始)-
20S PROACTIVE:2,470,000円 [2WD(AT)]
20S PROACTIVE Touring Selection:2,588,800円 [2WD(AT)]
20S L Package:2,649,000円 [2WD(AT)]
20S Burgundy Selection:2,719,200円 [2WD(AT)]

-SKYACTIV-D 1.8(2019年5月24日発売)-
XD PROACTIVE:2,740,000円 [2WD(AT)]/2,972,200円 [4WD(AT)]
XD PROACTIVE Touring Selection:2,858,800円 [2WD(AT)]/3,091,000円 [4WD(AT)]
XD L Package:2,919,000円 [2WD(AT)]/3,151,200円 [4WD(AT)]
XD Burgundy Selection:2,989,200円 [2WD(AT)]/3,221,400円 [4WD(AT)]

-SKYACTIV-X(2019年10月発売予定/7月予約受注開始)-
X PROACTIVE:3,140,000円 [2WD(AT)]/3,372,200円 [4WD(AT)]
X PROACTIVE Touring Selection:3,258,800円 [2WD(AT)]/3,491,000円 [4WD(AT)]
X L Package:3,319,000円 [2WD(AT)]/3,551,200円 [4WD(AT)]
X Burgundy Selection:3,389,200円 [2WD(AT)]/3,621,400円 [4WD(AT)]

■マツダ 新型「MAZDA3」セダンのグレードラインアップと価格

-SKYACTIV-G 2.0(2019年7月下旬発売予定/5月24日予約受注開始)-
20S PROACTIVE:2,470,000円 [2WD(AT)]
20S PROACTIVE Touring Selection:2,588,800円 [2WD(AT)]
20S L Package:2,649,000円 [2WD(AT)]

-SKYACTIV-D 1.8(2019年5月24日発売)-
XD PROACTIVE:2,740,000円 [2WD(AT)]/2,972,200円 [4WD(AT)]
XD PROACTIVE Touring Selection:2,858,800円 [2WD(AT)]/3,091,000円 [4WD(AT)]XD L Package:2,919,000円 [2WD(AT)]/3,151,200円 [4WD(AT)]

-SKYACTIV-X(2019年10月発売予定/7月予約受注開始)-
X PROACTIVE:3,140,000円 [2WD(AT)]/3,372,200円 [4WD(AT)]
X PROACTIVE Touring Selection:3,258,800円 [2WD(AT)]/3,491,000円 [4WD(AT)]
X L Package:3,319,000円 [2WD(AT)]/3,551,200円 [4WD(AT)]

新型「MAZDA3」では、燃費についてもSKYACTIV-Xは未公表(記事掲載時点)となっているので、今後の情報公開に期待したい。

■マツダ 新型「MAZDA3」ハッチバックの燃費

-SKYACTIV-G 1.5-
【MT/2WD】
WLTCモード燃費:17.8km/L/市街地:14.1km/L/郊外:18.0km/L/高速道路:19.9km/L

【AT/2WD】
WLTCモード燃費:16.6km/L/市街地:13.7km/L/郊外:16.5km/L/高速道路:18.4km/L

【AT/4WD】
WLTCモード燃費:15.8km/L/市街地:13.2km/L/郊外:15.7km/L/高速道路:17.4km/L

-SKYACTIV-G 2.0-
【AT/2WD】
WLTCモード燃費:15.6km/L/市街地:12.1km/L/郊外:15.8km/L/高速道路:17.7km/L

-SKYACTIV-D 1.8-
【AT/2WD】
WLTCモード燃費:19.8km/L/市街地:16.4km/L/郊外:19.7km/L/高速道路:21.8km/L

【AT/4WD】
WLTCモード燃費:18.8km/L/市街地:15.7km/L/郊外:18.6km/L/高速道路:20.7km/L

-SKYACTIV-X-
未公表

■マツダ 新型「MAZDA3」セダンの燃費
-SKYACTIV-G 2.0-
【AT/2WD】
WLTCモード燃費:15.8km/L/市街地:12.0km/L/郊外:16.0km/L/高速道路:18.2km/L

-SKYACTIV-D 1.8-
【AT/2WD】
WLTCモード燃費:20.0km/L/市街地:16.5km/L/郊外:19.8km/L/高速道路:22.2km/L

【AT/4WD】
WLTCモード燃費:19.0km/L/市街地:15.5km/L/郊外:18.8km/L/高速道路:21.3km/L

-SKYACTIV-X-
未公表

無駄をそぎ落とした新「魂動デザイン」は、新型MAZDA3で初めて採用

新型「MAZDA3」には、既存のマツダ車とは異なる新たな「魂動デザイン」が採用されている

新型「MAZDA3」には、既存のマツダ車とは異なる新たな「魂動デザイン」が採用されている

新型MAZDA3で注目したいのが、深化した「魂動デザイン」だ。魂動デザインは、2012年に発売された「CX-5」と「アテンザ」へ初めて採用された。その後、魂動デザインはマツダの多くの車種に展開され、いまやマツダブランドそのものをイメージさせるエクステリアデザインとして、数多くのユーザーに認知されるようになっている。そして今回、新型MAZDA3には新しくリファインされた魂動デザインが初採用されたのだ。

東京モーターショー2015で披露された「マツダ RXビジョン」

東京モーターショー2015で披露された「マツダ RXビジョン」

2017年の東京モーターショーで披露された「マツダ VISION COUPE」(※画像は、フランスのパリで開催された「第33回 国際自動車フェスティバル」で撮影されたもの)

新たな魂動デザインが初めて公に披露されたのは、2015年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「RXビジョン」だ。その後、2017年の東京モーターショーの「マツダ VISION COUPE」にも、新魂動デザインが採用された。

キャラクターラインを多用せず、光の当たり方によって美しさを表現しているという新型「MAZDA3」のサイドビュー

新魂動デザインのコンセプトは“引き算の美学”という考え方をもとに、要素がそぎ落とされたシンプルなフォルムとなっている。特に、ボディサイドはキャラクターラインを多用せず、光の当たり方によって造形の美しさを表現する手法が採られている。そんな新たな魂動デザインを、量産車に初めて採用したのが新型MAZDA3だ。

特徴的な、新型MAZDA3のヘッドランプとテールランプ。リング状に発光させることで、生命感が表現されている。ヘッドランプはシンプルなリング型で、テールランプは片側2灯の丸型ランプを採用。さらに、テールランプは前方へ伸びるグラデーション発光タイプが採用されている

ボディカラーはソウルレッドやマシーングレーのほか新たな専用色も

ボディカラーは、マツダを代表するボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアムメタリック」の2色を含む7色が、さらにハッチバックにはその7色に加えて、「ポリメタルグレーメタリック」が専用色として設定されている。

新型「MAZDA3」ハッチバック専用色の「ポリメタルグレーメタリック」

新型「MAZDA3」ハッチバック専用色の「ポリメタルグレーメタリック」

■新型MAZDA3のボディカラーラインアップ
ソウルレッドクリスタルメタリック
マシーングレープレミアムメタリック
ソニックシルバーメタリック
ジェットブラックマイカ
チタニウムフラッシュマイカ
ディープブルークリスタルマイカ
スノーフレイクホワイトパールマイカ
ポリメタルグレーメタリック(ハッチバック専用色)

ハッチバック全8色
セダン全7色

スイッチの操作フィールにまで手が入れられたインテリア

直線基調で無駄がそぎ落とされた新型「MAZDA3」のインテリア

直線基調で無駄がそぎ落とされた新型「MAZDA3」のインテリア

インテリアでも、エクステリアと同様に魂動デザインの「引き算の美学」によって無駄を省いた、シンプルでありながら心地いい室内空間が作り上げられている。ステアリングホイールや3眼メーター、左右のエアコンルーバーなどをシンメトリーな造形として水平基調とすることによって、美しいインテリアを実現している。

新型「MAZDA3」には、7インチTFT液晶の3眼メーターが採用されている

新型「MAZDA3」には、7インチTFT液晶の3眼メーターが採用されている

メーターは3眼タイプの7インチTFT液晶で、メーターデザインが左右対称になっているほか、メーターの左右端がドライバー側へ向けられることで、運転者が見やすいように配慮されたレイアウトが採られている。

インパネ中央にある8.8インチセンターディスプレイによって、カーナビゲーションや、車種の各種設定を操作することができる

インパネ中央には、ワイドな8.8インチセンターディスプレイを搭載。従来のマツダ車のセンターディスプレイはタッチパネルとコマンダーコントロールの両方から操作可能であったが、新型MAZDA3ではタッチパネルは廃され、操作系はコマンダーコントロールへ一本化されるなど、操作系はよりシンプルなものになった。

新型「MAZDA3」では、さまざまなスイッチ類において操作感の見直しと統一性が図られている

新型「MAZDA3」では、さまざまなスイッチ類において操作感の見直しと統一性が図られている

さらに、新型MAZDA3ではインテリアの各スイッチの操作フィーリングといった細かな点においても造り込みが行われている。快適にスイッチが操作できるよう、オーディオスイッチやステアリングスイッチ、エンジンスタートボタンに至るまで、0.01mm単位で調整が行われ、滑らかでありながらしっかりとした硬質感のある感触が得られるとともに、操作感の統一も図られている。

世界初の新生代エンジン「SKYACTIV-X」に注目

エンジンは、マツダが開発した「SPCCI」と呼ばれる世界初の燃焼方式をもつ新世代エンジン「SKYACTIV-X」がラインアップに加わる。ガソリンエンジンにもかかわらずディーゼルエンジンのような圧縮着火方式が採用され、ディーゼルエンジンの力強いトルクと初期レスポンスの速さ、そしてガソリンエンジンの高回転までスムーズに伸びていくフィーリングの両方を兼ね備えているエンジンだ。

マツダの新技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を新型MAZDA3から搭載

人間の体が本来持っているバランス保持能力を最大限に活用させるマツダの技術が、「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」だ。新型MAZDA3では、この技術が初めて搭載される。

新型「MAZDA3」のシートは長時間運転していても疲れにくい、脊柱のS字カーブを維持できるような構造が取り入れられている

この技術で注目したいのは、長時間運転していても座り続けられるシートだ。MAZDA3のシートには、脊柱のS字カーブを維持できる構造が取り入れられている。これによって、無意識に骨盤や脊柱を動かして、自然に体の重心バランスが取れるようになっている。体を支えるための余計な力が必要なくなるため、長時間運転しても疲れにくくなっているという。

さらに、ボディは剛性アップと伝達遅れの低減を両立し、ダンパーやタイヤの機能が最大限に発揮できるものが採用されている。また、騒音の原因となる振動を、重量を増やすことなく効果的に低減させるような減衰構造が採用されている。

安全面の新機能も多数搭載

新型「MAZDA3」では、ドライバーの居眠りやわき見などを監視する「ドライバーモニタリング」機能が新たに搭載されている

安全面では、新たに「ドライバーモニタリング」機能が搭載された。車内のセンターディスプレイ脇に設置された赤外線カメラによって、ドライバーの表情の変化や視線の動きなどから、居眠りやわき見などの状態を検知すると危険をドライバーに知らせてくれるというものだ。

新型「MAZDA3」から、「前側方接近車両検知(FCTA)」や「クルージング&トラフィックサポート(CTS)」といった安全機能も新たに搭載されている

そのほかの新たな安全技術として、見通しの悪い交差点へ進入するときなど、出会い頭の衝突回避をサポートする「前側方接近車両検知(FCTA)」や、高速道路の渋滞時にアクセルやブレーキ、ステアリング操作をアシストすることでドライバーの疲労を軽減する「クルージング&トラフィックサポート(CTS)」などの機能も、新型MAZDA3から新たに搭載されている。

2018年、マツダが世界で販売した車種において最も販売数が多かったのは「CX-5」(46万台)で、次に売れたのが「MAZDA3(アクセラ)」(38万台)だ。それだけに、マツダの基幹車種であるMAZDA3の新型モデルは、非常に重要な役割を担っていると言える。エクステリアやインテリアなどの質感のアップから走行性能に至るまで、すべてにおいて刷新された新型MAZDA3。今後は、SKYACTIV-Xを含む試乗会が開催されるはずなので、気になる走りの魅力についても解明していきたい。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る