バイク野郎 増谷茂樹の二輪魂
新世代のスクランブラースタイルを再現

オフロードもオンロードもイケる! トライアンフ「スクランブラー1200 XC」で林道にチャレンジ!!


トラディショナルなイメージと、最新鋭の動力性能を両立したマシンを数多くリリースしているトライアンフの最新モデル「スクランブラー1200 XC」に試乗! かつてオンロードもオフロードも未分化の時代に活躍したスクランブラースタイルを現代の技術で再現したマシンは、どの程度のオフロードを走破できるのだろうか。

「スクランブラー」とは!?

まだオフロード専用モデルが存在しなかった時代、アップタイプのマフラーやオフロード向けのタイヤなどを装備し、未舗装路も走れるようにしたバイクは「スクランブラー」と呼ばれていた。近年は、過去の名車を現代風にアレンジしたネオレトロ路線のマシンが人気を集めており、いくつものメーカーがスクランブラーの名を冠したモデルをリリースしている。しかし、スタイルは模してはいても、本格的にオフロード走行に対応しているわけではない。その点、今回紹介するトライアンフ「スクランブラー1200」は、オフロードもきちんと走れる走行性能を標榜している。国内発売に先行して開催された海外での試乗会では、本格的なオフロードコースも用意されていたほどだ。そんなスクランブラー1200には、200mmのストロークを持つサスペンションにオフロードとオンロード両用のタイヤを装備した「スクランブラー1200 XC」と、250mmのストロークを確保したサスペンションを備えた「スクランブラー1200 XE」という2つのグレードが用意されている。

21インチのフロントホイールを採用した「スクランブラー1200 XC」

21インチのフロントホイールを採用した「スクランブラー1200 XC」

スクランブラー1200 XCよりもさらにサスペンションのストロークが長い「スクランブラー1200 XE」。ハンドガードが装備されるなど、さらに本格的なオフロード走行に対応する最上位グレードだ

オフロードでの走行性能は、サスペンションが長いスクランブラー1200 XEのほうが高いのは間違いないだろうが、今回は、スクランブラーというマシン本来の特性を考慮し、オンロードとオフロードのどちらの走行もバランスが取れていると思われるスクランブラー1200 XCに試乗してみることにした。

本格的なオフロード走行に対応した「スクランブラー1200 XC」

スクランブラー1200 XCには空冷エンジンのようなフィンが装備されているが、れっきとした水冷モデル。1,200ccの並列2気筒エンジンを搭載し、最高出力は90PSで、最大トルクは110Nm。同社のオンロードモデル「ボンネビル スピードツイン」と同じ排気量と形式ではあるが、オフロードでの扱いやすさを重視したためか出力は7PSほど抑えられている。そして、足回りに目をやると、オフロード走行を意識していることを感じさせる200mmという長いストロークのサスペンションが目を引く。リアサスペンションは2本タイプとなっているが、この長さのサスペンションは存在しなかったため、特注で作ったという。フロントサスペンションも倒立式で、見るからに剛性が高そうだ。このほか、ホイールもオフロード車で用いられるスポークホイールとなっている。

車体サイズは840(全幅/ハンドルを含む)×1,200(全高/ミラー含まず)mm。ホイールベースは1,530mmとなる

車体サイズは840(全幅/ハンドルを含む)×1,200(全高/ミラー含まず)mm。ホイールベースは1,530mmとなる

シリンダーが直立した2気筒エンジンは、トライアンフが得意とする型式。2気筒が不等間隔で爆発する270°クランクを採用し、トラクション性能を高めている

フロントのホイールサイズは21インチ。ブレーキにブレンボのモノブロックキャリパーをダブルで装着し、制動力を高めている。通常、オフロード車はシングルディスクなので、この点はオンロード車に近い

リアサスペンションは200mmのストロークを確保しながら、トラディショナルな2本タイプ。こんな長さの2本タイプのサスペンションは見たことがない。なお、ホールサイズは17インチとなっている

2本出しのアップタイプのマフラーは、スクランブラーらしいスタイル。排気音は近年のバイクの中ではかなり迫力がある

シートもトラディショナルな長い形状で、座るポジションの移動もしやすそう。クッション性も高く、疲れにくそうだ

オフロード車っぽい足回りなのにオンロードが楽しい!

舗装路も未舗装路も難なく走れるスクランブラー1200 XCの実力を試すべく、まずは街中から高速道路までオンロードを走行してみることにした。近年のオフロード車はタンクが短く、ライターが前に座るポジションとなることが多いのに対し、スクランブラー1200 XCのタンクは比較的長さがある。車重が225kgあり、シート高も840mmと高めなので、これらが乗り味にどのような影響をおよぼすのが気になるところだ。

容量16Lの燃料タンクは、伝統的なティアドロップ形状で前後長もある

容量16Lの燃料タンクは、伝統的なティアドロップ形状で前後長もある

サスペンションはオフロード車のようにやわらかめなので、乗車すると沈み込むものの、それでも身長175cmの筆者で両足のつま先が接地する程度。だが、車体のバランスがいいのか、片足で支えてもフラつくことはなかった

クラッチをつないで走り出すと、排気量1,200ccの豊かなトルクが重量級の車体を押し出してくれる。2気筒エンジンらしいトルクフルな特性で、鼓動感も強いが角のある感じではないため、低速で走ってもギクシャクしない。オフロードマシンのように細めのタイヤを装備しているので、倒し込みなどの操作が軽く行える。大柄な車体のわりに、街乗りでも軽快に走れたのは意外だった。

800mmオーバーのハンドル幅は完全にオフロード車の数値だが、操作しやすいハンドル形状なため、コーナーの奥が予想以上に回り込んでいてもライン変更が容易に行えた

そして、峠道のようなワインディングを走るのが予想外に楽しい。軽快な操作性に加え、サスペンションがよく動くおかげか、タイヤの接地感がつかみやすいのだ。タイヤはハイグリップではないもの、すべるのではないかという不安感はまったくなく、ステップが路面にすれるくらいまで深くバンクさせることができる。立ち上がりで後輪のトラクションを感じながらアクセルを開けていく感覚は、下手なオンロードモデルよりもおもしろく、速く走れそうな気分にもなる。

速度域にかかわらずよく動いてくれるサスペンションのおかげで、結構速いペースでワインディングを走れた

速度域にかかわらずよく動いてくれるサスペンションのおかげで、結構速いペースでワインディングを走れた

また、移動に使った高速道路でも安定感は高く、不安はゼロ。数値だけ見ると、このクラスとしてはハイパワーではないものの、トルクフルな特性のエンジンはどの回転域からでもアクセルを開けるだけで加速できる。ライディングポジションもアップライトでリラックスして乗れるので、長距離を走っても疲れることはなかった。ただ、上体が起きているため、風圧はもろに受けることとなる。高い速度を維持して走ることも難しくはないが、そうした走り方は体への負担が大きそうだ。

林道も恐れず突破できる!

続いては、オフロードでの走行性能テストだ。まずは、砂利道にところどころ大きな石や、土の路面が露出しているいわゆるフラット林道を走ってみよう。

都心から高速道路に乗り、峠道を走ってきたオンロード走行が思いのほか楽しかったので、早く未舗装路を走りたくてしかたない!

スクランブラー1200 XCには「ROAD」「OFF-ROAD」「RAIN」「SPORT」「RIDER」という5種類のライディングモードが搭載されており、ここまでの峠道はSPORTモードで走ってきた。そのままのモードで林道に突入してみたところ、車体がなかなか前に進まない! 実は、トラディショナルなデザインのマシンではあるものの、最新のトラクションコントロールが装備されているため、後輪がすべるとそれ以上駆動力がかからないようになっているのだ。砂利道とはいえ、グリップの低い林道ではリアタイヤがすべりながら走るもの。駆動力が抜けてしまうと、進まないのは当然だ。そこで、OFF-ROADモードに切り替えてみた。すると、後輪がすべると少し駆動力は弱まるものの、着実に進む! 林道をスムーズに走行することができた。

ライディングモードは液晶タイプのメーターで確認できる。木々が生い茂る林の中でも、視認性はいい

ライディングモードは液晶タイプのメーターで確認できる。木々が生い茂る林の中でも、視認性はいい

ちなみに、トラクションコントロールをオフにすることもできるが、エンジンのトルクが大きいため、簡単に後輪がすべってしまう。腕のある人なら、すべる後輪を利用して曲がったりすることもできそうだが、筆者では、アクセルを開けることをちゅうちょしてしまいそうなので、トラクションコントロールはオンのまま走行した。

タイヤの直径が大きいので、この程度の林道であれば真っ直ぐ走るのはまったく問題ない。多少のギャップがあっても大径のフロントタイヤが乗り越えて行ってくれるので、ハンドルを取られることもなかった

未舗装のコーナーを曲がるのも、直線でしっかり速度を調整しておけば何ら不安はない。車重があるので、あまり車体をバンクさせると立て直すのが大変そうなイメージもあるが、タイヤのグリップが限界を超えなければ結構スムーズに曲がることができる。前に座って前輪に荷重をかけ、後ろをすべらせるような“今風”のオフロード車のような走り方はできないものの、スクランブラーが全盛だった時代はこのポジションで走っていたことを考えると、それはそれで味わい深い。

コーナーリングスピードを高めるような攻めた走りはできなかったが、未舗装路でも安定していて怖さは感じない

このあと、もう少し激しい林道にも足を踏み入れたのだが、前日に雨が降ったこともあり、いたるところで土が露出し、水が流れた痕が轍のようにくぼんでいるような路面に、正直、かなり手こずった。車体自体のバランスは悪くないものの、このタイヤでは無理な操作をするとすぐにすべってしまう。オフロードも走れる仕様ではあるが、あまりにもハードなところにチャレンジするのは適さないようだ。

もう少しブロックの立ったタイヤであれば、多少ぬかるんだ道も難なく走破できそう

もう少しブロックの立ったタイヤであれば、多少ぬかるんだ道も難なく走破できそう

試乗を終えて

もっとも気になったのは未舗装路での走行性能だったが、実際に乗ってみると予想以上にオンロードでの乗り心地や操作性がいい。かなりタイトな峠道だったにもかかわらず、タイヤの接地感がつかみやすく、アップライトなポジションで先が見通しやすいこともあって、初めて走る先がわからない峠では下手なオンロードモデルより速く走れるのではと感じたほど乗りやすかった。風圧をもろに上半身で受けてしまうのが少々ネックではあるが、高速道路での快適性も高いので、長距離ツーリングするのも楽しそうだ。

そして、オフロードの性能はというと、それなりに荒れた林道でも通り抜けるだけなら問題はない。ただ、雨などで濡れた路面を走ったり、コーナーをすべらせながらクリアしたいのであれば、もう少しブロックの立ったオフロード向けのタイヤを履かせればいいが、そうすると峠道や高速道路でのグリップは落ちてしまう。どちらを取るか、悩ましいところだ。

砂や落ち葉が浮いているような荒れた舗装の峠道なども得意なスクランブラー1200 XCは、あらゆる道に対応できるのが強みである。だからこそ、ツーリング先で未舗装路に遭遇した際には臆せず入っていってみてほしい。そうした道の先には、あまり知られていない絶景スポットがあったりするもの。これまでなら引き返してしまっていた道に踏み入れ、見たことのない景色を探索したりするツーリングには最適な車種だと感じられた。

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
バイク本体・パーツのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る