ニュース
東京モーターショー2019で初披露!

ホンダ 新型「フィット」は2モーターHV搭載! 1L3気筒ターボも日本初導入!?

2019年後半に、ホンダの主力コンパクトカーである「フィット」がフルモデルチェンジを行う。ホンダの事業方針説明会見によると、新型フィットは2019年10月25日から一般公開予定の「東京モーターショー2019」で披露されるとのことだ。

東京モーターショー2019で、いよいよホンダ 新型「フィット」が発表される(画像は現行フィット)

東京モーターショー2019で、いよいよホンダ 新型「フィット」が発表される(画像は現行フィット)

ホンダの販売店であるホンダカーズでも、「メーカーから新型フィットの情報は届いていない」(記事執筆時点)と言う。ディーラーでも詳細な情報が入ってきていない新型フィットだが、当記事では筆者が得た情報をもとに、新型フィットがどのような進化を遂げるのかをお伝えしたい。
※当記事に使用しているフィットの画像は、すべて現行モデルになります。

フィットの扱いやすいボディサイズは国内外で人気のため、新型でも現行のサイズを維持しそうだ

フィットの扱いやすいボディサイズは国内外で人気のため、新型でも現行のサイズを維持しそうだ

まず、新型フィットのボディサイズは、現行フィットに近い大きさになるはずだ。なぜなら、全長が4m前後に収まるフィットの運転のしやすさは、海外で高く評価されているからだ。全幅は3ナンバーサイズに広がる可能性がありそうだが、フィットは国内の販売比率が高く、累計生産台数の約半数は日本国内で登録されている。そうなると、国内の売れ行きも下げられないため、5ナンバーサイズを守る可能性が高い。全高も1,550mm以下に収まれば、立体駐車場の利用を妨げることもない。

燃料タンクをフロントシートの下に搭載する「センタータンクレイアウト」も踏襲される。ホンダの開発者によると「フィットの広いリアシートとラゲッジルームは、国内、海外を問わず人気が高い。フィットの評価は世界共通」と言う。そうなると、燃料タンクは必然的に今と同じくフロントシートの下に搭載され、リアシートやラゲッジルームが現行フィットに比べて狭まることはない(ただし、大幅に広げるのも難しいが)。

新型「フィット」のフロントマスクには、「CR-V」のような曲面を生かしたデザインが採用される

新型「フィット」のフロントマスクには、「CR-V」のような曲面を生かしたデザインが採用される

フロントマスクの形状は、CR-Vなど設計の新しいホンダ車に準じたデザインが採用される。ボディの側面は、現行フィットは鋭角的なキャラクターライン(折目)が入れられているが、新型フィットではボディパネルの滑らかな曲面で見せる。

新型「フィット」には、「インサイト」に搭載されている2モーターハイブリッドシステム「i-MMD」を小型化したものが採用される

新型フィットでは、ハイブリッドシステムにも注目したい。現行フィットに搭載されている1モーターのハイブリッド「SPORT HYBRID i-DCD」が、新型フィットでは2モーターの「i-MMD」と呼ばれるハイブリッドシステムに変更されるからだ。現行フィットに搭載されているi-DCDは、1個のモーターが発電機の役割と駆動を兼任する。減速時にはモーターが発電機となり、減速エネルギーを回生させてリチウムイオン電池へと充電。その充電された電力を使って、モーターがタイヤ駆動をアシストする仕組みだ。モーターが1個だけなので、発電と駆動を同時に行うといった効率的なことはできない。

しかし、i-MMDでは発電用と駆動用の2つのモーターを搭載している。通常走行ではエンジンの力で発電用モーターを作動させながら、そこで生み出された電力を使って駆動用モーターがタイヤを駆動させる。つまり、モーターを発電と駆動にそれぞれ役割を分けることで、効率を追求できるのだ。

現行フィットのi-DCDでは、エンジンの回転数は走行状態に左右されるが、i-MMDでは駆動をモーターにまかせているので、エンジンは発電に効率のいい回転数を維持できる。i-MMDは、すでに「オデッセイ」や「インサイト」などに搭載されていて、新型フィットには小型車用として新たに開発されたi-MMDが採用される予定だ。

以前、試乗したホンダ「インサイト」では、2モーターハイブリッド「i-MMD」のメリットを生かして、ガソリン車では難しいような燃費効率のいい走りを体感することができた。そのため、同じ「i-MMD」を積む新型「フィット」にも期待できそうだ

以前、i-MMDが搭載されているインサイトを一般道(市街地と高速道路)で試乗したことがあるのだが、全走行距離のおよそ6割はエンジンを停止させて、モーターのみで走行していた。つまり、i-MMDでは燃費効率を大幅に向上できるのだ。

また、i-MMDは高速巡航時を除けば基本はモーター駆動なので、運転感覚は電気自動車に近いと言える。モーター駆動の性格として瞬発力が高く、特に追い越し時の加速は力強い。無段変速だから加速も滑らかだ。ノイズは小さく抑えられており、i-MMDは従来のハイブリッドに比べて上質な走りを楽しめるのも特徴のひとつだ。

その代わり、i-MMDは“価格が高い”という欠点がある。駆動を担当する高出力モーターと発電用モーターが備わり、リチウムイオン電池にも十分な容量が求められ、制御自体も複雑になるからだ。そのため、i-MMDはインサイトよりも小さな車種には搭載できなかった。

新たに開発されたフィットのハイブリッドモデルは、インサイトに比べて約100万円安い価格に対応すべく、小型車用i-MMDを搭載することになるだろう。ハイブリッド用のエンジンの排気量は、1.5Lになると見られる。

ハイブリッド以外のエンジンラインアップについては、欧州で販売されるシビックに搭載されている直列1L3気筒ターボが新たに日本へ導入される可能性が高い。欧州シビックターボ(CVT仕様)の最高出力は126ps(5,500rpm)、最大トルクは18.4kg-m(1,700〜4,500rpm)なので、ノーマルエンジンに当てはめると1.8L並みの性能だ。

ターボは高い動力性能が得られる半面、部品点数が増えて価格が上昇する。高価格車ならターボの採用にともなうコストアップを吸収できるが、安全&快適装備を充実させながら価格は160万円前後と安価なコンパクトカーでは難しい。したがって、1.3Lのノーマルエンジンも用意される。

ホンダ「N-WGN」には、最新の自転車検知機能を搭載した「Honda SENSING」が採用されている

ホンダ「N-WGN」には、最新の自転車検知機能を搭載した「Honda SENSING」が採用されている

安全運転支援システム「Honda SENSING」は、2019年7月18日にフルモデルチェンジされたホンダ「N-WGN」と同様に進化する。歩行者と車両に加えて、自転車を検知して緊急自動ブレーキを作動させることも可能だ。夜間の歩行者検知能力も向上させる。運転支援機能の車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、全車速追従型に進化。電動パーキングブレーキも採用され、追従走行中に渋滞などで停車したときは、自動的にパーキングブレーキが作動して、停車後には追従走行を続けることができる。

今の日本国内で、最も売れているクルマはホンダ「N-BOX」だが、軽自動車なので海外では販売されない。その点、コンパクトカーであるフィットは国内と海外の両方で販売台数を伸ばせる貴重な人気車だ。そこで、小型車用に新開発されるi-MMDを含めて、渾身の開発が行われる。コンパクトカーを購入しようと思っているなら、新型フィットを見てから結論を出すほうがいいだろう。

また、N-BOXやN-WGNを選ぶときも、軽自動車のカテゴリーにさほど固執しないなら、新型フィットを候補に含めてもいい。軽自動車とコンパクトカーの税金など維持費を1年間の平均で見ると、軽自動車が13万円、コンパクトカーでも17万円くらいに収まるからだ。複数の車両を所有すると、軽自動車が明らかに安くなるが、1台だけの所有では意外に差が開かない。走行安定性の違いなども考慮すると、フィットなどのコンパクトカーのほうが買い得という判断も成り立つ。新型フィットは、さまざまな車種でライバル視されるほどの進化を遂げそうだ。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る