レビュー
MAZDA3ベースの新型クロスオーバーSUVが早くも登場!

マツダ 新型SUV「CX-30」を発売前に試乗!「MAZDA3」「CX-5」を超えた!?

マツダがジュネーブモーターショー2019で発表した新世代のコンパクトSUV「CX-30」を、2019年7月にドイツのフランクフルトで開催された国際試乗会で試乗した。

欧州では2019年9月に、日本でも今後の発売が予定されているマツダの新型SUV「CX-30」へ、発売前に試乗することがかなった

そして、CX-30で走り始めてすぐに「CX-30はMAZDA3を超えた!」と感じた。つまり、CX-30の完成度がそれほどまでに高かったからで、さらに付け加えるなら「CX-5をも超えたかも」と思えるほどに明確な出来のよさがあった。

そんなふうに感じたのは、まずCX-30の乗り心地のよさがある。CX-30には、先に登場したMAZDA3と同じアーキテクチャーが採用されている。先に登場したMAZDA3は、走りの滑らかな感触と乗り心地のよさ、静粛性の高さが高次元にバランスされており、欧州Cセグメントと同等以上の仕上がりと筆者は評価していた。だが、CX-30の乗り心地は、そんなMAZDA3をさらに上回ると感じたのだ。

マツダ「CX-30」の乗り心地のよさは、「MAZDA3」や「CX-5」を超えていると感じる

マツダ「CX-30」の乗り心地のよさは、「MAZDA3」や「CX-5」を超えていると感じる

その理由は、SUVであるがゆえに車高がMAZDA3より約100mm上がっていること。さらに、車重がMAZDA3より約50kg増えていること。この2つによるところが大きい。

一般的に、クルマは車重が重いほど乗り心地がよくなる。ボディの重さは、重厚さや落ち着きを感じる要素になるからだ。そして、CX-30はMAZDA3よりも車高が上がり、サスペンションのストローク量が増えたことでサスペンションがよく動き、路面からの入力を受け止める余裕が増えた。

結果、CX-30はMAZDA3と同等の走りの滑らかさや静かさに、すぐれた乗り心地のよさがプラスされて、走りに「豊かさ」が感じられるものへと進化した。そして、前述した「CX-5を超えている」レベルにまで達しているのだ。

興味深いのはホイールベースで、MAZDA3よりも短くなっていることだ。MAZDA3の2,725mmに対し、CX-30は2,655mmと70mm短い。これは、欧州で路上駐車のしやすさなどを考えた結果、4.4m以内の4,395mmという全長を実現するためだ。

マツダ「CX-30」市街地の走行イメージ

マツダ「CX-30」市街地の走行イメージ

通常、ホイールベースが短くなると走行中にピッチング方向の動きが出やすくなるのだが、そこは増えた重量やサスペンションのストロークでカバーしたのだろう。結果、その走りはきわめていい印象として伝わってくる。

マツダ「CX-30」郊外路の走行イメージ

マツダ「CX-30」郊外路の走行イメージ

実際、CX-30はフランクフルトの一般道を、MAZDA3と同様に滑らかな感触をともなって走り出し、その後のカントリー路のカーブでは、車高の高さを感じさせずに自然な感覚で曲がっていく。また、CX-30でアウトバーンも走行したのだが、高速域においてもむしろ肩の力が抜けた感覚を保ったまま路面に吸い付いていき、無理には踏ん張らないがフラットな姿勢をキープするという不思議な乗り心地を味わわせてくれたのだった。

CX-30の走りは、まさに「自然体」と表現するにふさわしい、意のままに操れる感覚だ。それだけに、CX-30の走りや乗り心地については、クラストップと断言できる。また、走り以外の部分においても、写真をご覧いただければおわかりのとおり、デザインに関しては文句なしの圧倒的な品質感を誇っている。事実、内外装はMAZDA3と同様にライバルを置き去りにするレベルにあるといえるほどの質感の高さで、装備に関しても充実している。

だから、もはや隙なしの1台とすら思えるのだが、ひとつだけ。これはMAZDA3でも同様なのだが、パワートレインに関しての魅力が薄い。言い方を変えると、CX-30ではほかの部分の完成度が圧倒的に高いだけに、パワートレインだけが置いていかれている感じを受けてしまうのだ。

今回試乗したCX-30は欧州仕様で、2.0Lのガソリン直噴NA+M HYBRIDに6速ATを組み合わせた仕様と、1.8LのディーゼルターボであるSKYACTIV-Dに6速MTを組み合わせた仕様の2種類に乗った。そして、そのほかに1.8Dの6速ATを少しだけ試した。

まず、2.0Lのガソリン直噴NA+M HYBRID搭載モデル。これは欧州の馬力課税をクリアするためのエンジンなので、2.0Lながらも最高出力は122psに抑えられている。いっぽう、最大トルクは213Nmというスペックだ。そして、M HYBRIDというマイルドハイブリッド仕様のため、始動時や変速時などはモーターがアシストしてくれる。このエンジン、2019年1月にアメリカでMAZDA3に搭載された6速MT仕様を試乗したことがあるのだが、その際には巡航時の力のなさが気になっていた。はたして、MAZDA3より約50kg重いCX-30ではどう感じるのか?

マツダ「CX-30」郊外路の走行イメージ

マツダ「CX-30」郊外路の走行イメージ

まず率直に思ったのは、以前試乗したMAZDA3の6速MTのときほど、力のなさを感じなかったことだ。これは、おそらく組み合わせるトランスミッションが6速ATだからだろう。ATは、MTと違って常に駆動が伝わっているため、トルクの途切れがないからだろう。しかしながら、とてもいいのかと聞かれると、首を縦に振れるフィーリングでもないのも事実だった。

もっとも、日本仕様に搭載される2.0Lは、M HYBRIDなしで156psを発生するエンジンが組み合わせられるので、今回感じた印象とは少し異なってくるはずだ。

マツダ「CX-30」郊外路の走行イメージ

マツダ「CX-30」郊外路の走行イメージ

さらにこのあと、1.8Lのディーゼルを試したが、こちらは逆に6速MTの組み合わせがあだとなって力不足を感じた。日本でMAZDA3の1.8Lディーゼル+6速ATの組み合わせは試していて、そのときもやはり目立っていい部分はなかったが、悪い印象もなかった。だが、今回のCX-30では、特に5速や6速で走っているときに再加速のためにアクセルを踏み込んだときの、反応が遅い点が気になった。体感的に1秒くらい無反応を感じた。さらに50kg重い車重や、欧州のギア比が日本仕様よりハイギアードな仕様となっているところなどが加わったために、余計に力不足を感じる要因となったのだろう。

しかしながら、その後に乗ったディーゼルと6速ATの組み合わせでは、さほど印象は悪くなかった。とはいえ、こちらもパワートレインとして魅力的か否かと聞かれれば、答えはノーとなってしまう。

マツダ「CX-30」の完成度の高さはかなりのものだが、「MAZDA3」と同様にパワートレインにおける不満が残る結果となった。日本仕様での改善を期待したい

結論としては、ディーゼルエンジンでは、よりハイスペックな2.2Lディーゼルが欲しくなるというのが本音だ。また、ガソリンエンジンは2.5Lターボがあったらおもしろいだろうな、と想像してしまう。CX-30は、MAZDA3をしのぐ完成度の高さを見せたのだが、MAZDA3と同様にパワートレインには不満を感じる結果となった。

もちろん、日本仕様ではまた印象は異なってくるだろうし、この後にひかえている「SKYACTIV-X」エンジンとCX-30との組み合わせも未知数である。そういった意味をふまえて、今後はCX-30の日本仕様の試乗に期待したいところだ。

では、そうしたネガティブな部分も含めてライバルと比べてみるとどうだろうか。パワートレインでなかなか悩ましい部分はあるものの、それでも同クラスの国産車でナンバー1と言える実力はあるだろう。

特に、内外装デザインの質感や走りの滑らかさや乗り心地の良さと静粛性の高さは、トヨタ「CH-R」やホンダ「ヴェゼル」はもちろん、レクサス「UX」をもしのぐのでは、と思えるほど。それほどまでに、CX-30の完成度の高さは群を抜いていると感じた。読者の皆さんも、期待して待っていただいて間違いない。前述のとおり、今後は日本仕様の仕上がりがどうなってくるかが重要になるだろう。

河口まなぶ

河口まなぶ

日本自動車ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。フリーの自動車ジャーナリストで、web上の自動車部「LOVECARS!」(部員約2200名)を設立し主宰。一貫して"自動車の楽しさ気持ち良さ"を追求し続け、雑誌、web、TVなどで活動を行っている。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る