レビュー
500mlペットボトルより小さい!サンコー「スマートクリーナーW」

コンパクトでも吸引力は抜群! 車内のカップホルダーにハマるおしゃれなハンディクリーナーがかなりイイ!

クルマの中に常備してあると便利なカーグッズのひとつに、「カークリーナー」がある。食べ物を落としてしまったときや足元が砂や砂利で汚れたとき、サッと掃除ができるとうれしいものだ。しかし、カー用品店などでカークリーナーをチェックしてみると、意外やどれもサイズが大きく、最適なアイテムとは言えないものが多い。

ハンディクリーナーには見えない外観がおしゃれな、サンコー「スマートクリーナーW」。今回、車内における使い勝手をテストしてみた

そこで注目したのが、サンコーのブロワー付きハンディクリーナー「スマートクリーナーW」だ。

500mlペットボトルより小さい本体

中央がサンコー「スマートクリーナーW」本体。付属品は、左下からロングノズル、ブラシノズル、ショートノズル、USBケーブル、収納ポーチ

この「スマートクリーナーW」は、クルマ用ではないが車内で使うのに適したサイズや機能、性能を持っているコンパクトなハンディクリーナーだ。

カップホルダーにぴったりハマるコンパクトなサイズが、「スマートクリーナーW」の特徴のひとつだ

カップホルダーにぴったりハマるコンパクトなサイズが、「スマートクリーナーW」の特徴のひとつだ

スマートクリーナーW本体の大きさは直径60mm、高さ178mmで、500mlペットボトルよりひとまわり小さい。円筒形のため、ちょうどカップホルダーに置いておけるのがうれしい。これなら普段から車内のカップホルダーに置いておくことで、食べ物をこぼしたときにもすぐに掃除ができる。

左から、ショートノズル、ロングノズル、ブラシノズル

左から、ショートノズル、ロングノズル、ブラシノズル

上の3種類のノズルは、すべてはめこむだけで使うことができるカンタンな設計だ

上の3種類のノズルは、すべてはめこむだけで使うことができるカンタンな設計だ

使用するときは、付属する3種類のノズルを本体に取り付けて使う。面白いのは、両底面にノズルの差込口がついていることで、いっぽうがバキューム、もういっぽうがブロワーとなっていることだ。電源ボタンを長押しして電源をONにすると、片側からは吸い込み、同時にもう片側からは空気が出てくる。掃除機の排気に当たる風をブロワーとして利用しているのだ。もちろん、ブロワーを使っても、吸い込んだゴミが吹き出してくるようなことはない。

片方がゴミを吸い込むバキューム、反対側がゴミを吹き飛ばすブロアーになっている。スイッチを入れると、バキュームとブロアーの両方が作動する

吸引力はカークリーナー以上!?

電源は、USBによる充電式。シガーソケットからUSBに変換するカーチャージャーを使えば車内でも充電できるし、家でも使えて便利だ。

本体の底面(ブロワー側)にUSBポートがあり、USBケーブルを差し込むことで充電することができる。また、充電中はUSBポート近くにあるLEDランプが赤で点滅し、満充電になると点灯するので充電状況がわかりやすい

バッテリー容量は2000mAhで、取扱説明書によると4時間の充電で稼働時間は15分。だが、実際にテスト稼働させてみたところ25分ほど使い続けることができた。本格的な掃除用具というより、ちょっと汚したときにサッと使うタイプのクリーナーだから、これだけ使えれば十分だろう。しかし、充電時間に対して稼働時間が少々短いのが気になるところだ。急速充電ができれば、さらに使い勝手は高まりそうだ。こまめな充電を心がけたい。

小さな本体からは想像できないほど、スマートクリーナーWの吸引力は強力だ

小さな本体からは想像できないほど、スマートクリーナーWの吸引力は強力だ

クリーナーとして肝心な吸引力はというと、小さな本体から想像するより強力だった。カー用品で売っている1000円台の格安ハンディクリーナーよりも強力だといえば、わかりやすいだろうか。フロアマットを掃除しても、砂や埃をしっかり吸い取ってくれた。

コードレスで本体が小さいので、細かなところでも取り回しやすく掃除がしやすい

コードレスで本体が小さいので、細かなところでも取り回しやすく掃除がしやすい

コンパクトで、なおかつコードレスで取り回しがしやすいため、シートの下や隅でも掃除しやすいのがうれしいところ。ただし、付属するノズルがあまり長くないため、シートとセンターコンソールの隙間を掃除するのには長さが足りず、ブロワー機能を使って埃を飛ばしながら吸い取ることとなった。

「スマートクリーナーW」には、水洗い可能なフィルターが採用されている。本体の中央部分を回すことで分離して、フィルターが現れる

吸い取ったゴミを捨てるときは、本体を回して上下に分離させ、フィルターと本体上部にたまったゴミを捨てる形だ。クルマのスポーツエアクリーナーのような形状のフィルターは、水洗いができるので、繰り返し使えるし、いつでもきれいな状態を保っておけるのがうれしい。

試しに10分ほど使ってみたところ、吸引力の高さからか、あっという間にかなりのゴミが取れて、フィルターも真っ黒になった

カークリーナーが「大きすぎる」と感じている人へ

「スマートクリーナーW」の価格は、9月13日記事掲載時点での価格.com最安価格で3,974円(税込)。カークリーナーとして考えれば決して安くはないが、使い勝手のよさや車内に置いておいても違和感のないデザイン性の高さを考えれば、コストパフォーマンスは高いと言えるだろう。

こういったスマートで使い勝手のいいカークリーナーは、カー用品店ではなかなか見当たらないのが現状だ。今回、「スマートクリーナーW」を使ってみて、筆者も一台欲しくなってしまった

よくあるカークリーナーが大きくて使いづらいと感じている人なら、きっと「スマートクリーナーW」のコンパクトさは魅力的に映るに違いない。

木谷宗義

木谷宗義

車メディアとSNSの編集者。編集者として企業メディアやSNSのコンテンツ制作を手がける他、自身もライターとして年間約100本の記事を執筆する。自動車の歴史から機能解説、ドライブデートまでその幅は広いが、その主軸はひとりの自動車ユーザーとして「役に立つこと」。1981年、神奈川県生まれ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る