レビュー
スマホアプリでさまざまな機能が使えるように!

愛車でスマホの音楽を聴くならこれ!多機能なAnker「Roav FM Transmitter F3」レビュー

スマホや携帯音楽プレーヤーの音源をFMラジオの電波で飛ばし、クルマのラジオでキャッチして音楽を楽しむツールが、「FMトランスミッター」だ。

従来のFMトランスミッターは、スマホや携帯音楽プレーヤーのイヤホンジャックからケーブル接続するものが多かったが、FMトランスミッターも進化を続けている。

音楽再生ツールの枠を超えた、多機能なFMトランスミッター&カーチャージャー

FMトランスミッター機能やUSBによる充電機能以外にも、さまざまな機能を備えたAnker「Roav FM Transmitter F3」

FMトランスミッター機能やUSBによる充電機能以外にも、さまざまな機能を備えたAnker「Roav FM Transmitter F3」

今回ご紹介する、Anker「Roav FM Transmitter F3」は、あるとうれしい機能を満載したFMトランスミッター搭載のカーチャージャーだ。最大の特徴はBluetoothでスマホとワイヤレス接続して音楽が聴けることだが、そのほかにもUSBポート、microSDカードスロット、AUXポートを備えており、MP3やWMA、flac、wavなど幅広い音源の再生に対応する。

USBポートは、USBスティックなどに保存されている音楽を再生するだけでなく、Quick Charge 3.0に対応しており、急速充電ポートとして使用可能だ。

さらに、Roav FM Transmitter F3とスマホをBluetoothで接続すればハンズフリー通話が可能で、専用アプリ「Roav Charger」をスマホにインストールすれば、駐車位置記録機能も使える。音楽再生ツールの枠を超えた、多機能FMトランスミッター&カーチャージャーなのだ。

多機能なのに、設置や操作が簡単なのがうれしい

シガーソケットに差し込むだけで設置は完了。本体から伸びるフレキシブルアームによって、使いやすい方向へ本体の向きを変えることができる

設置は、本体からフレキシブルアームで伸びるシガーソケットプラグを差し込むだけでOK。FMラジオを利用して音楽を飛ばすFMトランスミッターは、最初に空いている周波数を探す必要があるが、Roav FM Transmitter F3では、「CH」ボタンを1秒間押し続けるだけで自動的に空き周波数を探し出してくれるのだ。さっそく試してみたところ、80.2MHzが選び出された。クルマのラジオをこの周波数に合わせ、スマホでRoav FM Transmitter F3をBluetoothで接続すれば準備は完了。

Roav FM Transmitter F3を使えば、スマホの音楽配信サービスで提供されている膨大な楽曲も、愛車で簡単に聴くことができる

実際にスマホで音楽を流してクルマを走らせてみたところ、ノイズを拾ったり雑音が入ったりすることはなかった。スマホを音源とすることで、SpotifyやAmazonミュージック、YouTubeなど、さまざまなサービスから音楽が聴ける“楽しみの幅”が広がることがうれしい。また、本体の「M(モード)」ボタンを押すことでBluetoothからmicroSDカードやUSBへのソース切り替えがすぐにできるのも便利だ。

「Roav Charger」アプリとの連携で本領発揮

Roav FM Transmitter F3は、FMトランスミッターとしての機能のほか、本体にはマイクが内蔵されていて、ハンズフリー通話が可能となっている。

Roav FM Transmitter F3には、本体とソケットに合計2つのUSB充電ポート(Type-A)が備えられている。そのうち、ソケット側に備わるオレンジのUSBポートがQuick Charge 3.0に対応している

また、Quick Charge 3.0対応のUSBポートがソケット部分に搭載されているので、対応ケーブルを使えばスマホの急速充電も可能だ。音楽を再生しながらスマホの充電ができるのは、とても便利だ。

スマホアプリ「Roav Charger」をインストールすることで、Roav FM Transmitter F3のさまざまな機能を使うことができる

スマホアプリ「Roav Charger」をインストールすれば、駐車位置を記録できたり、バッテリーの状態を確認することができるようになる

Roav FM Transmitter F3のすべての機能を使うには、スマホアプリ「Roav Charger」をインストールしよう。デバイス接続や周波数スキャンといった操作ができるだけでなく、駐車位置を記録してくれる「カーファインダー」機能や「エンジンモニター」機能(バッテリーの電圧モニター)が使えるようになるのだ。

駐車位置を地図で教えてくれる「カーファインダー」機能は、駐車場所をうっかり忘れてしまったときなどにとても便利だ。また、駐車料金が気になるような場所なら、「駐車タイマー」を設定しておけば安心できる

カーファインダー機能は、エンジンを止めた場所の位置情報を記憶してくれることで、アプリ上の地図で自車位置を確認できるものだ。自車位置までの距離や方向をガイドしてくれる機能もあり、大型ショッピングモールの広大な駐車場に止めたときなどに助かる。駐車時間を教えてくれるタイマー機能は、「2時間無料」といった駐車場で役に立ちそうだ。

バッテリーの電圧低下を、90日間モニターしてくれる「エンジンモニター」機能

バッテリーの電圧低下を、90日間モニターしてくれる「エンジンモニター」機能

エンジンモニター機能は、クルマのバッテリーの電圧をモニターしてくれるもの。電源ON時に本体のディスプレイにも「13.2V」などと電圧が表示されるが、アプリではこの電圧が自動記録され、過去90日をグラフで見ることができる。バッテリーの性能低下を随時、チェックできるというわけだ。

クルマの拡張性を高める多機能デバイス

周波数の自動設定など、FMトランスミッターとしての使い勝手のよさに加えて、自車位置の記録といった付加機能も魅力的な「Roav FM Transmitter F3」

Roav FM Transmitter F3は、周波数が自動設定できるというメリットに加えて、自車位置を教えてくれたりバッテリーの電圧を記録できるなど、FMトランスミッターやカーチャージャーといった製品の枠を超える、さまざまな便利機能を提供してくれる。音楽を再生するだけでなく、多機能ツールとしての側面も持つRoav FM Transmitter F3は、愛車との生活をさらに便利にしてくれるに違いない。

木谷宗義

木谷宗義

車メディアとSNSの編集者。編集者として企業メディアやSNSのコンテンツ制作を手がける他、自身もライターとして年間約100本の記事を執筆する。自動車の歴史から機能解説、ドライブデートまでその幅は広いが、その主軸はひとりの自動車ユーザーとして「役に立つこと」。1981年、神奈川県生まれ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る