レビュー
TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるコペンの仕上がりは!?

楽しすぎる!「コペンGRスポーツ」5MTとCVTに速試乗

「コペンGRスポーツ」はダイハツ車!?それともトヨタ車!?

2019年10月15日、トヨタとダイハツから同時に発売された「コペンGRスポーツ」。ダイハツの軽オープンスポーツカー「コペン」をベースに、TOYOTA GAZOO Racingの手によってモータースポーツのノウハウが注入されたモデルです。

ダイハツの軽オープンスポーツカー「コペン」を、トヨタのモータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing」がチューニングを手がけることによって生まれた「コペンGRスポーツ」

コペンGRスポーツはコペンの追加車種なので、基本的にはダイハツで販売されているのですが、そのほかにトヨタのスポーツカーブランド「GR」を中心に取り扱う販売拠点「GR Garage」からも販売されています。

GR GarageのコペンGRスポーツは、車検証上はダイハツ車ではなく「トヨタ車」として扱われます。型番も、ダイハツのコペンGRスポーツとは末尾が異なります。ですが、仕様はトヨタ車でも、ダイハツ車でもまったく同じです。

これまでも、ダイハツの軽自動車をOEMとしてトヨタディーラーで販売したことがありましたが、そのときには車名が変更されており、意匠も一部変更されていました。ですが、今回はダイハツからのOEM供給でありながら、まったく同じ仕様のモデルをトヨタのGR Garageで発売しています。

ダイハツ以外に、トヨタのスポーツカーの拠点「GR Garage」でも販売されている「コペンGRスポーツ」

ダイハツ以外に、トヨタのスポーツカーの拠点「GR Garage」でも販売されている「コペンGRスポーツ」

その理由としては、「コペンGRスポーツは、トヨタのGR部門が監修したうえでGRを名乗ることが許されたモデルだから」と言うことです。つまり、トヨタのGR部門が認めた以上は、コペンGRスポーツはGR Garageでも販売していくという、GR部門の強い意志があるということなのです。

「コペンGRスポーツ」のフロントエクステリア

「コペンGRスポーツ」のフロントエクステリア

ダイハツ「コペン(ローブ)」のフロントエクステリア

ダイハツ「コペン(ローブ)」のフロントエクステリア

「コペンGRスポーツ」のリアエクステリア

「コペンGRスポーツ」のリアエクステリア

ダイハツ「コペン(ローブ)」のリアエクステリア

ダイハツ「コペン(ローブ)」のリアエクステリア

コペンGRスポーツは、外観から従来のコペンとはまったく異なります。フロント周りは専用のフェンダー、グリル、バンパーが設定され、リアもコンビネーションランプなどが変更されています。むしろ、ドア以外のアウターパネルはすべて別物になっていると言っていいでしょう。これは、コペンの独自思想である「ドレスフォーメーション」がなせる業です。車体の根幹のフレーム部分と、ボディのアウターパネルを完全に独立させることによって、ボディパネルを自由に設計できるからこそでしょう。

コペンGRスポーツは「スペシャルパーツ」をふんだんに採用

「コペンGRスポーツ」に備えられている専用の「レカロシート」は、急な横Gがかかってもしっかりと体をホールドしてくれます。表面にはスエード調の生地を採用

コペンGRスポーツでは、内装にもスペシャルなパーツが採用されています。コンパクトなキャビンのなかで、最初に目につくのが「レカロシート」。左右の張り出しが大きく、腰や肩の部分もしっかりとホールドしてくれるので、座ってしまうと「もう離れたくない」と思ってしまうほどに、ぴったりと体が収まります。また、レカロといえばダイヤル式のリクライニング調整が一般的ですが、コペンGRスポーツには国産車に多いレバー調整式が採用されていますので、違和感なく調整できます。

MOMO製の専用革巻ステアリングホイールは、フィット感を高めるグリップ形状が採用されています

MOMO製の専用革巻ステアリングホイールは、フィット感を高めるグリップ形状が採用されています

そして、MOMOのステアリングはGRスポーツのエンブレムが入った専用品。握りは太く、特に10時10分あたりに段差が設けられていて、長時間のドライブでも最適なポジションをキープできるようになっています。

ホイールは、BBS製の鍛造16インチアルミホイールが装着されています

ホイールは、BBS製の鍛造16インチアルミホイールが装着されています

ホイールは、BBSの鍛造が採用されています。アルミ合金を高い圧力で成形する鍛造は、密度が高くて強度があるためにスポーク部分を細くでき、結果的に軽量化できるのです。また、スポークが細いことによって見た目の美しさもさることながら、ブレーキ系統、特にブレーキディスクにより多くの風を当てることができるため、一般的な鋳造ホイールよりも冷却効果が高いといわれています。特に、BBSの鍛造ホイールは高い技術力と品質管理で定評があり、そのために日本国内でしか製造できないという逸品です。

単品で購入するとかなりの価格となるであろうレカロやMOMO、BBSなど世界の一流ブランドパーツが惜しげもなく使われるコペンGRスポーツは、それだけで価値が高いといえるでしょう。

GRの華は「ボディ補強」と「サスペンション」

トヨタがこれまで発表してきたGRブランドのクルマのなかで、共通しているのが「ボディ補強」です。「マークX GRMN」などでは、車体のねじれなどによってサスペンションの動きが阻害されないように、スポット溶接の箇所を増やして車体剛性を大幅に向上させた専用ボディが採用されています。コペンGRスポーツも、GRブランドを名乗る以上、ボディ剛性を大幅にアップしてきています。

剛性アップのために、フロントに専用ブレースが追加されています

剛性アップのために、フロントに専用ブレースが追加されています

コペンGRスポーツの下にもぐると、その補強されたボディの様子を見ることができます。まず、フロントの下、サスペンションの下部周辺からボディ中央のクロスブレースに至る部分に、くの字型のフロントブレースが取り付けられています。これにより、ボディ前部のねじれや歪みをなくしています。

センターにも専用ブレースが採用されており、フロントブレースと合わせて剛性バランスの最適化が図られています

また、燃料タンクの前をセンターブレースによって補強することで、ボディが横方向に開くようにたわむことを抑えています。もともと、オープンボディのコペンでもボディ中央にあるクロス状のブレース等の剛性パーツでボディ剛性を上げていますが、さらにフロントとセンターの専用ブレースを追加することで、より一層の強固なボディを作り上げています。

また、ボディ下部で言えばセンターブレースにスパッツを取り付けることで、フロントバンパー形状による整流効果と相まって、ダウンフォースを生み出しています。

ショックアブソーバーも、コペンGRスポーツ専用にチューニングされているものが搭載されています

ショックアブソーバーも、コペンGRスポーツ専用にチューニングされているものが搭載されています

この補強されたボディの恩恵を一番享受しているのが「サスペンション」です。ボディ剛性強化によって向上したハンドリングのおかげでサスペンション、特にショックアブソーバーは動きが制限されることなく、よく動くようにチューニングされています。まるでフランス車の猫足のよう、といった表現が合うかどうかはわかりませんが、サスペンションストロークの短い軽自動車でありながら、ここまでよく動いてショックを吸収してくれるのも珍しいといえるでしょう。

乗った瞬間にわかるほど、ノーマルとは異なる乗り味

まずは、コペンGRスポーツのCVTモデルに試乗しました。GR Garage東京深川を出発して、新木場方面へと向かいます。この辺りの道路は、路面のアスファルトが継ぎ接ぎだらけで細かな段差が多く、必ずしも良好な路面とは言えません。

「コペンGRスポーツ」へ試乗してすぐに、ボディ剛性の高さを実感します

「コペンGRスポーツ」へ試乗してすぐに、ボディ剛性の高さを実感します

このような路面では、普通の乗用車でもボディからミシミシと軋み音がするものですが、ハードトップを閉じた状態のコペンGRスポーツからは、そんな軋み音はまったく聞こえてきません。ためしにオーディオのボリュームをゼロにして走ってみても、窓を開けて耳を澄ましてみても、そんな音は皆無なのです。試乗してすぐに、コペンGRスポーツのボディ補強のすごさを感じます。

また、荒れた路面にもかかわらず体が揺さぶられるような振動もありません。これは、ボディ補強に合わせてチューニングされた、サスペンションのおかげでしょう。コペンGRスポーツは、市街地を普通に走っただけでも、その素性のよさが十分に伝わってきます。

ホイールベースが短く、車重が軽いとクルマが跳ねがちですが、「コペンGRスポーツ」はリアが跳ねずに路面にしっかりと接地している印象を受けます

新木場周辺でゲートブリッジが見えて、道が空いてきたところでようやく制限速度いっぱいまで速度を上げることができましたが、路面は相変わらず荒れています。荒れた路面で、ホイールベースの短い軽自動車を走らせると、特にフロントの重いFF車ではリアが跳ねて乗り心地が悪いと感じることがあります。ですが、コペンGRスポーツは1.5リッタークラスのコンパクトカーよりもリアが跳ねずに、むしろどっしりとした印象を感じさせてくれます。にもかかわらず、アクセルを踏み込んだりコーナーを攻め込んだりすると、とても軽快なのです。専用ブレースがもたらすボディ剛性の向上は、想像をはるかに超えるほど大きく、車重と安定感の相関性という常識が覆ってくる印象すら与えます。

「よくできたスポーツカーは、乗り心地もいい」とはよく言われることなのですが、まさにコペンGRスポーツは「よくできたスポーツカー」であることは間違いありません。そのよさは、わずかな市街地走行ですでにその一面を見せてくれました。

5速マニュアルの楽しさに真価を見せたコペンGRスポーツ

「コペンGRスポーツ」には「5速MT」モデルもラインアップされています

「コペンGRスポーツ」には「5速MT」モデルもラインアップされています

コペンGRスポーツには、CVTモデルのほかに5速マニュアルシフトが設定されているモデルもあります。コペンGRスポーツでは、CVTモデルにも7速のパドルシフトが装着されているのでスポーツドライビングには何ら影響を受けませんが、やはりクルマを操っているという実感は、マニュアルシフトのほうがよりいっそう感じられるのではないでしょうか。

そんな5速マニュアルのコペンGRスポーツには、「リミテッドスリップデフ」(LSD)が標準装備されています。LSDではカーブの立ち上がりで荷重がかかる側、つまりグリップしているタイヤにトルクを与えるために、デフの動きを制限(リミテッド)します。これにより、カーブの立ち上がりでもスムーズに加速するのです。

コペンGRスポーツは、このLSDを「スーパーLSD」と呼んでいます。競技用のLSDでは、低速で走っているとむしろ曲がりにくくて乗りづらくなってしまうのですが、スーパーLSDは低速時にも扱いやすく、乗りづらさは完全に払しょくされています。

楽しすぎる!5速マニュアルのコペンGRスポーツ

今度は、5速マニュアルのコペンGRスポーツに乗って、試乗拠点のGR Garage東京蒲田から羽田方面へ第一京浜〜環状八号線を通り、天空橋を渡って羽田空港へと向かいます。

軽自動車のMTモデルとのことで、発進時のクラッチ操作などに気をつかうかもと思っていましたが、意外にも低速トルクが太くて心配はいりませんでした

最近の軽自動車ではCVTモデルにしか乗っていなかった筆者ですが、コペンGRスポーツの5速マニュアルの発進は、あまりのスムーズさに拍子抜けしてしまいました。乗る前は軽自動車の、それもターボエンジンですから低回転でのクラッチ操作には少しばかり不安がありました。しかし、コペンGRスポーツは2,000rpm付近のトルクが思っていたよりも太く、ラフにクラッチを繋いでもギクシャクすることがありません。もし、以前にマニュアル車に乗ったことがある方なら、なんら臆することはないでしょう。

感覚的には、市街地走行で多用される3速と4速のギア比が近く、5速は高速道路など高い速度域で有効な印象を受けます。

MTモデルでは「スーパーLSD」の恩恵もあって、より「操っている」感覚を味わうことができます

MTモデルでは「スーパーLSD」の恩恵もあって、より「操っている」感覚を味わうことができます

羽田空港の国際線ターミナルから、多摩川沿いに国内線ターミナルへと向かう道すがら、下り坂の中速コーナーから滑走路の下をもぐるトンネルがあります。その中速コーナーを3速で制限速度いっぱいに進入して立ち上がりで加速してみると、スーパーLSDの効き目がはっきりとわかります。コーナーリング中に落ちた車速を復帰させるためにアクセルを踏み込むと、溜めや躊躇のないダイレクトな加速が味わえるのです。また、そのときのコーナーリング時の手応えもダイレクトで、狙ったラインをステアリングを切った分だけすんなりとトレースしていきます。とても、軽自動車のオープンカーとは思えないような、しっかりとした手応えです。

市街地走行だけでも、これだけのダイレクト感を味わえる5速マニュアルのコペンGRスポーツは、まさに「操っている」感覚に満ち溢れており、たとえ攻めた走りをしなくともつい顔がニヤついてしまうほどに楽しいクルマへと仕上げられています。運転する楽しさを味わうのに、これほど最適なクルマはなかなか無いでしょう。

もし購入する気がなくても、一度は試乗してみたほうがいい

GR Garage東京の三鷹、深川、蒲田では11月10日までの毎週末、先行試乗会を開催しています。今回試乗したCVTモデルのリキッドシルバーメタリックは、GR Garage東京深川、5MTモデルのイエローはGR Garage東京蒲田、そしてGR Garage東京三鷹ではCVTのパールホワイトIIIが用意されており、それぞれの拠点の周辺で試乗することができます。また、試乗された方にはトートバックやプルバックミニカーなどの記念品もプレゼントされるとのことです。

「GR Garage」でコペンGRスポーツに試乗された方には「プルバックミニカーが」プレゼントされる(数量限定)

今回の先行試乗会で、ぜひ一度コペンGRスポーツに乗ってみて、その楽しさを味わってほしいと思います。もし購入する気がなくとも、コペンGRスポーツに試乗すれば軽自動車の価値観そのものが覆ってしまうかもしれませんから。

GR Garageは、GRブランド専売のディーラーにとどまらず、GRブランドのほかトヨタ車全般のカスタマイズを行う拠点としても機能しています。たとえば、コペンGRスポーツに社外のエアロやサスペンションを取り付けたいといった要望もかなえてくれるのです。クルマを購入することがゴールではなく、そこから楽しいカーライフを始めることができる拠点こそが、GR Garageなのです。ぜひ、今回の先行試乗会を機に、GR Garageに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

松永和浩

松永和浩

自動車系フォトジャーナリスト。主にモータースポーツ分野で活動中。自動車全般を取材対象とし、カメラ、写真用品にも精通。スマートフォン、通信関連、アプリゲームやIoT家電なども取材を行う。月刊AKIBA Spec発行人編集長も兼任。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る