ニュース
東モに展示されていた、まもなく発売される新型車をピックアップ!

市販化直前!魅力的な新型車「レヴォーグ」「ダイハツコンパクトSUV」「eKスペース」「ハスラー」

今回は「東京モーターショー2019」で展示されていた、間もなくデビューするであろう期待の新型車をピックアップ。それぞれの特徴について、各メーカーの商品企画担当やデザイナーなどにインタビューしたので、2回に分けてお送りしたい。まず第1弾は、スバル 新型「レヴォーグ プロトタイプ」、ダイハツ「新型コンパクトSUV」、三菱「スーパーハイトKワゴンコンセプト」、そして、スズキ「ハスラーコンセプト」についてお届けしよう。

スバル 新型「レヴォーグ プロトタイプ」

2019年10月23日に世界初公開された、スバル 新型「レヴォーグ プロトタイプ」

2019年10月23日に世界初公開された、スバル 新型「レヴォーグ プロトタイプ」

パッと見の印象は大きく変わらず、キープコンセプトに見える新型レヴォーグ。スバル 商品企画本部 プロジェクトゼネラルマネージャーの五島賢さんは、新型レヴォーグの狙いについて「継承と革新」と語る。継承については、「360、1000、レオーネ、レガシィ、レヴォーグと続いてきた“グランドツーリング”の思想を継承するということです。より遠くへ、より速く、そして快適に、安全に。それが、スバルの価値そのものなのです」と言う。

スバル 新型「レヴォーグ プロトタイプ」

スバル 新型「レヴォーグ プロトタイプ」

そのうえで、新型レヴォーグではそのさらに先の“革新”を狙っていると言う。初代レヴォーグも“革新スポーツツアラー”と呼ばれており、新たな要素が数多く取り入れられていたが、「それ(初代)を超えなければなりません。お客様の期待は、初代レヴォーグをさらに超えてくるからです。そこで、(新型レヴォーグは)“超革新”と言っています。革新を超える。それだけ新しいものを今回、グランドツーリングの思想を継承したうえで、新型レヴォーグへ数多く投入しています」と話す。

では、新型レヴォーグについてもう少し具体的に聞いてみよう。五島さんによると、ポイントは「先進安全」「スポーティー」、そして「デザイン」の3つだ。

新型「レヴォーグ」では、運転支援システム「アイサイト」が新しくなり、新開発の広角ステレオカメラが搭載される

新型「レヴォーグ」では、運転支援システム「アイサイト」が新しくなり、新開発の広角ステレオカメラが搭載される

先進安全の面では、運転支援システム「アイサイト」が大きく進化したことがあげられる。新型レヴォーグのフロントウィンドウをよく観察すると、カメラの取り付け位置が変わっていることに気づく。これは、より広い範囲のものをとらえることが可能となったことから、今までの位置ではなく、ガラスに貼り付けるタイプに変更されたためだ。さらに、「SUBARUリアビークルディテクション」(自車の後側方の状況を認識し、必要に応じてドライバーに情報を伝え、安全運転を支援するシステム)ですでにミリ波レーダーが採用されているが、新型レヴォーグではこれと同じようなシステムがフロントにも取り付けられている。これによって、360°のセンシングが可能となった。「ステレオカメラと4つのレーダーによるセンサーフュージョンによって、たとえば交差点で広角カメラのさらに外から直角で接近してくるようなクルマも、ミリ波レーダーでとらえられるようになりました。ぶつからない技術、ブレーキアシストの技術をさらに高めています」と説明する。

また、高精度マップと地図ロケーターを搭載。これにより、たとえば進行方向にカーブがあることなどが事前に把握できるため、「ツーリングアシスト」(アダプティブクルーズコントロール)を使用している際には、自動的にアシストがキャンセルされない速度まで減速することが可能となる。さらに、渋滞時のハンズフリー機能も採用予定と言う。

スポーティーの面としては、新開発の「1.8リッター直噴ターボエンジン」が搭載されることがあげられる。その特徴は、トルクの太さだ。五島さんによると「高速道路で、80km/hから100km/hに加速するようなシーンでは、豊かなトルクを感じられるでしょう。また、リーン燃焼という技術を使い、特に街中での低速時の燃費など環境性能を向上させ、動力性能と両立したエンジンとなっています」とのこと。ちなみに、新型レヴォーグのエンジンラインアップについて聞いてみたが、今の段階でのリリースはこのエンジンのみということで、「このエンジンは、これまでの1.6リッターエンジンの後継という位置づけ」とのことだった。今後は、2リッターエンジンの後継が発表される可能性も高そうだ。

新型「レヴォーグ」では、これまでよりさらなる“個性”を強調するデザインが採用されている

新型「レヴォーグ」では、これまでよりさらなる“個性”を強調するデザインが採用されている

そして、3つ目のデザインについては、SUBARU商品企画本部デザイン部主査の中村真一さんに語ってもらおう。

「“安心と愉しさ”というお客様に提供する価値を、デザインを通じてどうやって表現していくかが命題でした。これまでは、“ダイナミックソリッド”という言葉で伝えてきました。要は、ひと目でスバルと分かるデザインです。その結果、お客様からスバルとわかってもらえるようになりました」と言う。いっぽうで、「若干、それぞれのクルマの個性が見えづらくなったという意見が出てきました。我々としては近づけたつもりはないのですが、お客様から見たときに『なんか似ているよね』という声が出始めたのです」と話す。

そして、「もっと、きちんとそれぞれのクルマの個性を、しっかりと出して行かなければいけないと。新型レヴォーグは、その考えを加えてデザインしました。大胆に、個性を出していこうという取り組みです」と話す。

立体的なヘキサゴングリルが採用され、そのグリルを中心に走り抜けていくような動的なイメージでデザインされている新型「レヴォーグ」

デザイン面のポイントは、大きく3つ。「新型レヴォーグに乗って、走っていきたいと思わせるパフォーマンスとスポーティーさを表現するために、前傾姿勢が感じられるようなデザインにしました」。次に、「タイヤがしっかりと地面を踏ん張るような、動的なインフォメーションを伝えたいので、前後のフェンダーがボディからグッと張り出しているように見せています」。最後の3つめはヘキサゴングリルで、「新型レヴォーグでは、ヘキサゴングリルを立体的にデザインしました。グリルから始まり、ボディの側面を通って、うしろに抜けるようなイメージです。今までは顔を作って、その上に六角形を後から付けても問題のないような造形でした。ですが、今回のヘキサゴングリルからは、すべての形がそこから始まるかのような立体構成としています」と語った。

新型レヴォーグの市販モデルは、2020年後半に日本市場での発売が予定されている。

ダイハツ 新型「コンパクトSUV」

ダイハツブースでは、事前アナウンスのなかった新型コンパクトSUVが登場した。

記事掲載時点では、車名すら不明なダイハツの新型コンパクトSUV。まもなく何らかの発表があるという噂だが……

この新型コンパクトSUVは、モーターショーが終了するあたりには発表される予定のようだが、実はまだ名前も明かせないとのこと。ダイハツ デザイン部部長の岩村卓さんに、デザインの考え方について聞いてみた。

「流行りということもあって、今やたくさんのSUVが存在しますが、ダイハツでは“小さいサイズ”にこだわりました。小さいSUVというと、どのメーカーも背を低くしてスタイリッシュな方向になりがちですよね。しかし、ダイハツが作るからには使えるSUVにしたい。そして、嫌味なく存在感があるように仕上げるために、デザインテーマはシンプルにしながらも、ダイナミックな印象を狙おうと考えたのです」と解説する。

全長は4mと、トヨタ「アクア」よりも短いという新型コンパクトSUV

全長は4mと、トヨタ「アクア」よりも短いという新型コンパクトSUV

具体的には、「水平基調でノーズを高く持ち上げ、堂々とした車格に見せることが、大きく狙ったところです。そうすると、クルマ全体が大きく感じられるでしょう。実は、全長は4mしかなく、アクアよりも短いのです。その中で、いかに存在感を高めるかという点が、一番苦労しました」と言う。

フロントフェイスは迫力があって、コンパクトSUVとは思えないような印象を受ける

フロントフェイスは迫力があって、コンパクトSUVとは思えないような印象を受ける

確かに、フロントフェイスには力強さが感じられる。岩村さんは、「フロントフェイスでは、ヘッドランプに角度をつけて立体感を出しながら、サイドバンパーの先端をグッと前に押し出して四つ角を張らせることで、上回りは勢いを、下回りは安定感を出しました。これは、リアも同じような考え方です」とのこと。

センターにあるナビが運転席のほうを向いているなど、ドライバーオリエンテッドな新型コンパクトSUVのインテリア

では、インテリアはどうだろう。岩村さんは、「ドライバーオリエンテッドな雰囲気を狙いながら、なるべく薄く軽快に見せ、かつインパネ上部をすっきりさせてSUVらしい見晴らしのよさを狙っています。また、シルバー加飾の入ったダクトを両端に持ってくるなど、ワイド感とともに運転していて楽しくなるような雰囲気に仕上げました」とインテリアデザインの意図を話す。

ダイハツ「新型コンパクトSUV」のリア周りも、フロントと同様に迫力のあるデザインが採用されている

ダイハツ「新型コンパクトSUV」のリア周りも、フロントと同様に迫力のあるデザインが採用されている

筆者の印象としては、コンパクトSUVにしてはキャラクターラインが少なく、ボディの「面」で勝負しているように見受けられた。その点について、岩村さんは「目指している、クリーンな印象を強く出したかったのです。ドア断面の陰影は、面の美しさを見せることで、光や影の変化によって情感的に見えるようにこだわりました。決して、ドアの厚みがたっぷりと取れているわけではないので、モデラーとデザイナーとが協力しながら、完成しました。とにかく、徹底的にシンプルにやろうということにこだわったのです」とのことだった。

冒頭でも述べたが、この新型コンパクトSUVは現在スペックなどは公表されていないものの、まもなく何らかの発表がある模様なので期待して待ちたいところだ。

三菱「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」

三菱ブースには、「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」が、もっとも目立つステージ上に飾られている。こちらも、2020年早々にはデビューすると噂されているモデルだ。

三菱「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」は、三菱の軽ハイトワゴン「eKスペース」の次期モデルと見て、ほぼ間違いないだろう

いま販売されているeKクロスなどよりも、さらに全高の高い軽自動車で、eKクロスに続く新世代軽自動車の第2弾だ。そこで、そのデザインのポイントについて、三菱デザイン本部プロダクトデザイン部 デザイン・プログラム・マネージャーの大石聖二さんに聞いてみた。

大石さんによると、スーパーハイト軽ワゴンコンセプトでは、三菱が現在取り入れているフロントマスク「ダイナミックシールドコンセプト」を採用し、eKクロスと同じようにSUVライクな外観を取り入れたところが大きな特徴と言う。

三菱「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」のインテリア

三菱「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」のインテリア

また、インテリアは「eKクロスとは異なるコーディネートでSUVらしさを表現できており、実用面でもeKクロスで好評だった使い勝手のよさ、収納の多さなどをこちらも採用しています。eKクロスに比べたら、後席を使う機会が多いことから、気を配ったクルマ作りをしています」とのこと。

eKクロスに対して、こちらのスーパーハイト軽ワゴンコンセプトの全高は、およそ100mm以上高くなる。そうなると、ダイナミックシールドの取り入れ方も変わってくるはずだ。その違いについて、大石さんは「幅は軽なので同じですが、グリルの本数がeKクロスは3本に対して4本になっています。また、フード下に細いポジションランプを採用しました。また、メインビームもその下に配置しています(eKクロスはグリル横)。そういうところで、バランスを再度取り直しているのです」と説明する。バンパーにある縦型ランプは、一番上がフォグランプ、次がポジションランプ、一番下がターンランプという順だ。一番下のターンランプだけが共通という。

また、eKクロスではバンパーガーニッシュがフォグランプベゼルの役目もしていたが、スーパーハイト軽ワゴンコンセプトでは、ボディ色を通してeKクロスに比べてマイルドな印象にしている。これは、「eKクロスは若者の男性向けというコンセプトであるのに対し、スーパーハイトは子育てママなど、女性が見ても敬遠され難い顔にしています。つまり、味付けのところがだいぶ違っているのです」と話す。面白いのは、グリルの穴だ。eKクロスはわかりやすい六角形であるのに対し、このコンセプトモデルは菱形に近い形状の六角形だ。このあたりも「女性が見たときには、スーパーハイトの穴のパターンのほうが、抵抗感は少ないかと思います」と大石さん。

三菱「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」のリアは、テールランプやメッキバーなど、eKクロスよりも大きく変更が施されている

実は、大きく変わっているのはリア周りだった。「リアはメッキのクロスバーを入れ、それがランプの中にまで突き抜けています。そうすることで、幅広く見えるのです。さらに、ランプ自体もボディよりはみ出しているので、幅広く見せる効果を生んでいます。もちろん軽なので、全幅は変えていません。ボディの絞り込みをうまく使って、はみ出ているように見せているのです。このテールランプを夜に光らせると、本当に軽かと思うくらい幅広のクルマに見えるはずです」と、その完成度の高さに自信を見せる。

スーパーハイト軽ワゴンコンセプトは、eKクロスと共通項を持たせながらも、それぞれ異なるターゲットユーザーに向けて細部をデザインしていったことがよくわかった。

スズキ 新型「ハスラーコンセプト」

本稿最後に登場するのは、スズキ「ハスラーコンセプト」だ。2014年のデビュー以来、個性的なデザインで人気を博しているハスラーが、いよいよ2代目に進化するようだ。

これまでの「ハスラー」よりも、タフなイメージが強くなった新型モデル

これまでの「ハスラー」よりも、タフなイメージが強くなった新型モデル

「今までのハスラーの、パッと見て楽しくなるようなアイコンは残しながら、タフで力強さを強調したデザインがコンセプトです」と語るのは、スズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部エクステリア課係長の長田宏明さんだ。

新型「ハスラー」では、ルーフが長くなったとともに、リアクォーターウィンドウが新たに備えられている

新型「ハスラー」では、ルーフが長くなったとともに、リアクォーターウィンドウが新たに備えられている

その特徴は、まずルーフ長にある。現行よりも、約120mmも長くなったのだ。それにともない、クォーターウィンドウが新たに備えられている。これによって、「デザイン的な差別化を行いつつ、後方視界の確保も考えながらデザインしています」とのこと。しかし、軽自動車なので全長は決まっているはず。どうやってルーフを伸ばしたのか。長田さんは、「これまで、少し寝ていたバックウィンドウを立てたことで伸ばせたのです」と説明。もうひとつ大きな特徴は、フロントから見てサイドウィンドウを立たせたことにある。「これにより、さらにスクエアな感じが出ていると思います」と話し、「そういったことから、全体的に大きくなったような印象を受けるでしょう」とコメントした。

新型「ハスラー」のフロントフェイスは、これまでより存在感のある造形へと変更されている

新型「ハスラー」のフロントフェイスは、これまでより存在感のある造形へと変更されている

また、フロントフェイスに関しても、「フードを約20mm上げています。その結果、ものすごく顔の存在感が強まりましたので、そこは現行に比べて変わったところだと思います」と言う。

新型「ハスラー」のインテリアは、センターコンソール上と助手席に新たなフレームデザインが採用されている

新型「ハスラー」のインテリアは、センターコンソール上と助手席に新たなフレームデザインが採用されている

インテリアは、大きくイメージが変わった。その特徴を、長田さんは「時計などにタフさをイメージさせるために、フレームなどをあしらってデザインすることがあります。それをインテリアに機能ごとに配置しました」と話す。ドライバーから見て、正面はメーター、左は情報、助手席前はボックスと、機能で分けられ、そこをプロテクトするようにフレームをデザイン。また、インパネに黒のバーを横方向に上下2段で通している。これにより、フレームをガッチリ挟み込んでいる、というのがインテリアの大きなテーマだ。

新型「ハスラーコンセプト アウトドアスタイル」

新型「ハスラーコンセプト アウトドアスタイル」

新型ハスラーのタフなイメージについて、長田さんは「2014年に現行ハスラーがデビューしたときのアウトドアのイメージと、2019年のアウトドアのイメージはだいぶ変わってきています。街中でハードウェアを着たり、タフな時計をしたり。これが、ファッション的におしゃれでかっこいいと言うのが、いまの時代です。そういう意味で、街中でしっかりとしたタフなものをファッションとして使うのはおしゃれなのではないかと、インテリアのコンセプトにしたのです。それをより強調したモデルがアーバンアウトドアです」と、オレンジのクルマがそのコンセプトをより強く表現していることを明かした。

今回のインタビューでは、どちらかというとキープコンセプト、あるいは既存モデルをベースに改良が加えられたモデルが多い印象だった。しかし、だからこそ熟成され、質の高いデザインになっているとも言える。どの新型車も、街で見かけるようになるのが今から楽しみだ。

内田俊一

内田俊一

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を活かし試乗記のほか、デザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る