レビュー
走りの性能や楽しさが劇的に向上!

2020年2月発売のトヨタ 新型「ヤリス」をサーキットで試乗!

まもなく、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジを受けて、新型「ヤリス」へと生まれ変わる。ヤリスという名称は、ヴィッツのグローバルな統一車名のことだ。今後、日本ではヴィッツという車名は廃止され、世界と同じくヤリスとして販売されることになる。

千葉にあるサーキット場「袖ケ浦フォレストレースウェイ」で、トヨタ 新型「ヤリス」のプロトタイプ車を試乗した

新型ヤリスは、2020年2月中旬の発売が予定されている。トヨタの販売店では「ヤリスの予約受注は、2019年12月20日ころに開始するだろう。そのときに、価格も明らかになるはずだ」としており、新型ヤリスの価格や燃費などについては、当記事の公開時点では公表されていない。今回、そんな正式発表前の新型ヤリス(プロトタイプ車)を、千葉の袖ケ浦フォレストレースウェイで試乗することができたのでレビューしよう。

新型ヤリスでは、新開発の「1.5L直列3気筒ガソリンエンジン(ダイナミックフォースエンジン)」と、同エンジンを組み合わせた「1.5L直列3気筒ハイブリッド」、従来のエンジンから改良が加えられた「1L直列3気筒ガソリンエンジン」の3種類のパワートレインがラインアップされる。今回の試乗では、1.5L直列3気筒ガソリンエンジンとハイブリッドの2つのモデルに試乗した。

トヨタのコンパクトカー向け「GA-Bプラットフォーム」は、新型「ヤリス」が初の採用となる。高剛性と軽量化、乗り心地のよさを両立させているプラットフォームだ

新型ヤリスのプラットフォームやサスペンションは、「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づいて新たに開発された、コンパクトカー向けの「GA-Bプラットフォーム」が採用されている。

新型「ヤリス」のフロントエクステリア

新型「ヤリス」のフロントエクステリア

新型「ヤリス」のリアエクステリア

新型「ヤリス」のリアエクステリア

新型ヤリスのボディサイズは、全長3,940mm、全幅1,690mm、全高1,500mm。これは、従来のヴィッツやホンダ「フィット」などのコンパクトカーと同程度の大きさだ。また、最小回転半径は4.8〜5.1m程度に収まっているので、小回り性能も良好だ。

フロントウィンドウとピラーの位置は、従来のヴィッツに比べて110mm後退したことで、斜め前方が見やすくなった。側方視界も悪くはないが、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げているので、斜め後方はやや見にくい。真後ろのウィンドウも、視認性としては幅や高さが不足している。

「ヴィッツ」よりも質感が向上している、新型「ヤリス」のインテリア

「ヴィッツ」よりも質感が向上している、新型「ヤリス」のインテリア

新型「ヤリス」のフロントシートは体をしっかりと支えてくれて、サポート性がいい

新型「ヤリス」のフロントシートは体をしっかりと支えてくれて、サポート性がいい

インパネなどの質感は、従来のヴィッツに比べて向上した。新型ヤリスでは、インパネ上部にやわらかいパッドが使われているなど上質で、質感はミドルクラスのセダン並みだ。フロントシートは、腰を左右から包み込む形状でサポート性にすぐれており、体をしっかりと支えてくれて座り心地がいい。これなら、長距離を移動するときでも疲れにくいだろう。
また、新型ヤリスはヴィッツに比べてホイールベースが40mm延長されているが、その伸びた分を、前輪を前方へ移すことに費やしている。それによって、前輪とペダルの間隔が拡大され、ペダル配置が最適化された。ヴィッツでは、ホイールハウスを避けるためにペダルが少し左寄りに配置されているのだが、ヤリスのペダル位置は自然な姿勢で運転することができる。

新型「ヤリス」のリアシートは、ヴィッツと比べると膝先空間が少し狭くなった

新型「ヤリス」のリアシートは、ヴィッツと比べると膝先空間が少し狭くなった

後席は、ヴィッツに比べて足元空間が狭くなった。身長170cmの大人4名が乗車した場合、ヴィッツの膝先空間は握りコブシ2つ分だが、ヤリスはひとつちょっとだ。後席に座る乗員の足が前席の下側に収まりやすいので、大人4名の乗車は可能だが、長身の同乗者は少し窮屈に感じるかもしれない。前後席に座る乗員同士の間隔は、ヴィッツに比べて37mm減っている。着座姿勢も、腰が落ち込んで膝が持ち上がる。座面の前側を持ち上げたから、大腿部が浮き上がることはないが、小柄な同乗者なら大腿部を圧迫された感覚になりやすい。後席は、日本車としては背もたれの角度が立ち気味なことなど、足元空間を含めて欧州コンパクトカーに近い。

新型「ヤリス」のラゲッジルーム

新型「ヤリス」のラゲッジルーム

ラゲッジルームは、リヤゲートを寝かせているから背の高い荷物が収まりにくいが、床面積は十分に確保されている。リヤゲートが寝ていることでヒンジは前寄りに装着され、開閉時に後方への張り出しが少ない。そのため、狭い場所でも開閉しやすい。

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車(CVT)の試乗イメージ

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車(CVT)の試乗イメージ

それでは、直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車から試乗を開始しよう。トランスミッションは、CVTだ。エンジン性能の詳細は不明だが、新開発エンジンとあって実用回転域の駆動力が高い。3,000rpm前後でも十分なパワーを発揮し、4,500rpm付近になると速度上昇が活発になる。1.5Lガソリンエンジン車の車重は1トン前後に収まっているため、加速は実に軽快だ。だが、気になったのがエンジンノイズだ。3気筒ということから、アクセルペダルを踏み込んでエンジン音が増すと、音が粗くなって耳障りに感じるのだ。このエンジンノイズは、もう少し静かになるといいだろう。

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車(6MT)の試乗イメージ

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車(6MT)の試乗イメージ

1.5Lガソリンエンジン車では、CVTに加えて6速MTにも試乗した。クラッチペダルのストロークは若干大きく感じたが、マニュアルシフトレバーのストロークはちょうどいい。操作感にすぐれていて、気持ちよくシフトチェンジすることができる。

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lハイブリッド(CVT)の試乗イメージ

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lハイブリッド(CVT)の試乗イメージ

次に試乗した1.5Lハイブリッドは、従来型に比べてエンジンとモーターの駆動力を向上させており、燃料消費を増大させる損失が抑えられている。駆動用電池が充電されている状態なら、エンジンを停止させてモーターの力だけで発進することができる。市街地走行であれば、十分な性能だろう。

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lハイブリッド(CVT)の試乗イメージ

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lハイブリッド(CVT)の試乗イメージ

EV走行の状態から、速度が高まったりアクセルペダルを踏み増すとエンジンが始動するが、1.5Lハイブリッドは1.5Lガソリンエンジンほどエンジンノイズはうるさくない。巡航中にアクセルペダルを踏み込んでも、モーターが即座に駆動を支援してくれる。そのため、アクセルペダルをさらに踏み増す必要がなく、エンジン回転数も低めで静かに加速することができる。

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車(CVT)の試乗イメージ

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車(CVT)の試乗イメージ

新型ヤリスの走行安定性は、コンパクトカーとしてすぐれている。たとえば、コーナーを旋回するときなどにまず感じるのが、後輪の接地性の高さだ。後輪がしっかりと安定して接地しているので、ドライバーは高い安心感を得られる。

また、後輪だけでなく前輪のグリップ力も相応に高い。コーナーを旋回中、少しずつ速度を高めていっても、前輪がグリップを失ったり外にふくらみにくい。コーナーでは、クルマがしっかりと内側に回り込むので、アクティブに運転していても楽しさを実感できる。車線変更などでも同様で、車両の向きが自然に変わって鈍さを感じない。車線変更を終えたときにも、後輪がしっかりと接地しているので挙動を乱しにくい。

新型ヤリスに採用されているGA-Bプラットフォームでは、ボディの接合部分の剛性を向上させている。それによって、ボディ剛性やサスペンション、ステアリングシステムの取り付け剛性などが高まり、コーナーを旋回したり車線変更するときなどに歪みが生じにくい。サスペンションやステアリングが常に正しく作動するので、走行安定性の高さをドライバーが実感できる。

袖ケ浦フォレストレースウェイでは多くのグレードの新型「ヤリス」を試乗することができた

袖ケ浦フォレストレースウェイでは多くのグレードの新型「ヤリス」を試乗することができた

1.5Lガソリンエンジンと1.5Lハイブリッドを比べてみると、運転感覚そのものは1.5Lガソリンエンジンのほうが軽快だ。1.5Lハイブリッドに比べて、1.5Lガソリンエンジンは車重が80〜100kg軽いので、車両の向きが軽快に変わる。1.5Lハイブリッドでも不満はないのだが、タイヤサイズの違いもあってやや曲がりにくい。

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車(6MT)の試乗イメージ

新型「ヤリス」直列3気筒1.5Lガソリンエンジン車(6MT)の試乗イメージ

乗り心地は、全般的に良好だ。昔は、走行安定性を高めるには足まわりの設定を硬くして、ボディの傾き方を減らすような対策を施すことが多かった。そうすることによって、乗り心地と走行安定性が二律背反になってしまっていたのだが、今は違う。前述のように、各部の剛性を高めてサスペンションなどが正しく作動すれば、動きが滑らかになって乗り心地や走行安定性の両方にすぐれた効果を与えてくれる。新型ヤリスも同様で、コンパクトカーにもかかわらず乗り心地に重厚感がともなって快適だ。

燃費のカタログ値は不明だが、従来のヴィッツよりもさらに向上するのは間違いない。新開発された1.5Lガソリンエンジンは、ヴィッツの1.3Lガソリンエンジンに比べて動力性能、燃費ともに向上する。新型ヤリスに搭載される改良版の1Lガソリンエンジンと比べても、「1.5Lガソリンエンジンは新開発なので、実燃費にすぐれている」と開発者は言う。

問題は、ガソリンエンジン車に「アイドリングストップ」が用意されないことだ。開発者は「お客様によっては、アイドリングストップの作動がわずらわしく感じることがあるため」と説明するが、今は信号停止時などにアイドリングさせることを嫌うユーザーも多い。少なくとも、オプションでは装着可能にすべきだろう。

新型「ヤリス」の外観イメージ

新型「ヤリス」の外観イメージ

新型ヤリスの価格は未定だが、1.5Lガソリンエンジンを搭載して装備が充実している買い得グレードは、165万円前後になりそうだ。1.5Lハイブリッドの買い得グレードは、200万円前後だろう。コンパクトカーは、ライバル同士の競争が激しい。たとえば、ホンダ 新型「フィット」の後席や荷室は、新型ヤリスよりも広い。新型ヤリスでは、内外装の質や走りのよさが特徴となるが、価格を高めることはできない。そうなると、装備を充実させたとしても、前述のような価格帯になるはずだ。

1Lガソリンエンジンについては、法人ユーザーも含めて価格の安さが重要になるので、135〜150万円あたりを中心とした価格帯になるだろう。新型ヤリスでは、用途や好みに応じて選べるラインアップがそろっている。

新型「ヤリス」の外観イメージ

新型「ヤリス」の外観イメージ

新型ヤリスは走りの楽しさや走行性能の高さなど、ドライバーを重視したコンパクトカーとして登場する。6MTモデルが新たに投入されることも、その現れだろう。ライバル車が居住性や快適性の高さを追求する中、これまでのコンパクトカーとは異なる魅力を持った新型ヤリスに期待したい。

(Photo:松永和浩)

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る