ニュース
4列目まで寛げる上質な室内空間が魅力

全長5.3mの巨大高級ワゴン、トヨタ 新型「グランエース」発売

東京モーターショー2019のトヨタ車体ブースで世界初公開された、全長5m超のフルサイズワゴン、新型「グランエース」が2019年12月16日に発売される。

巨大なボディに上質な内外装を持つ、これまでにないトヨタの高級ワゴン、新型「グランエース」が2019年12月16日に発売される

新型グランエースのラインアップは、3列シート6人乗りの「Premium」と、4列シート8人乗りの「G」の2グレード構成。エンジンは2.8L直噴ディーゼルターボエンジンの「1GD-FTV」が、トランスミッションは「6 Super ECT(スーパーインテリジェント6速オートマチック)」が搭載される。駆動方式は「2WD(FR)」だ。価格と主なスペックについては、以下の通りとなる。

■トヨタ 新型「グランエース」のグレードラインアップと価格
Premium(3列6人乗り):6,500,000円
G(4列8人乗り):6,200,000円
※価格は税込み

■トヨタ 新型「グランエース」の主なスペック
全長×全幅×全高:5,300×1,970×1,990mm
ホイールベース:3,210mm
車重:2,740kg(Premium)/2,770kg(G)
最小回転半径:5.6m
最低地上高:175mm
燃費:10.0km/L(WLTCモード)
エンジン型式:1GD-FTV
エンジン排気量:2,754cc
使用燃料:軽油
最高出力:130kW(177PS)/3,400rpm
最大トルク:450Nm(46.1kgf・m)/1,600-2,400rpm
駆動方式:後輪駆動
トランスミッション:6速オートマチック
サスペンション:マクファーソンストラット式コイルスプリング(フロント)/トレーリングリンク車軸式コイルスプリング(リア)

トヨタ 新型「グランエース」のフロントエクステリア

トヨタ 新型「グランエース」のフロントエクステリア

トヨタ 新型「グランエース」のリアエクステリア

トヨタ 新型「グランエース」のリアエクステリア

新型グランエースをひと目見て最初に驚くのが、ボディサイズの大きさだ。新型グランエースのベースとなっているのは、トヨタが海外で発売している商用車「ハイエース」の新型モデル。そのため、全長5,300×全幅1,970×全高1,990mmと、ミニバンの「アルファード」(全長4,945×全幅1,850×全高1,935mm/ガソリン車のGグレード)と比べても、さらに大きい。

トヨタ 新型「グランエース」グレード(3列6人乗り)の内装

トヨタ 新型「グランエース」グレード(3列6人乗り)の内装

トヨタ 新型「グランエース」Gグレード(4列8人乗り)の内装

トヨタ 新型「グランエース」Gグレード(4列8人乗り)の内装

そして、新型グランエースのボディサイズの大きさを生かした特徴のひとつが、豪華な室内空間だ。アルファードなどのミニバンにもない4列シート仕様がラインアップされているほか、3列6人乗りのPremiumグレードでは2列目シートと3列目シートの4席に独立した電動シート「エグゼクティブパワーシート」が採用されている。

新型「グランエース」の特徴のひとつとなっている、豪華な「エグゼクティブパワーシート」

新型「グランエース」の特徴のひとつとなっている、豪華な「エグゼクティブパワーシート」

このエグゼクティブシートには、パワーリクライニングやパワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなどの豪華機能が装備されており、すべての席で余裕あるくつろぎの空間が提供されている。

なお、4列8人乗りのGグレードについては、2列目がエグゼクティブパワーシート、3列目は「キャプテンシート」、4列目は「6:4分割チップアップシート」という仕様だ。

新型「グランエース」のインパネ

新型「グランエース」のインパネ

サイドから室内をやさしく照らす「LEDサイドカラーイルミネーション」

サイドから室内をやさしく照らす「LEDサイドカラーイルミネーション」

室内はブラック基調で落ち着きのあるインパネに加えて、木目調加飾がインパネやセンターコンソールだけでなくサイドトリムにも配されている。さらに、そのサイドトリムに沿ってLEDのイルミネーションが灯されるなど、上質感のあるインテリアへと仕上げられている。

新型「グランエース」の外観イメージ

新型「グランエース」の外観イメージ

新型グランエースの外観は、昨今のミニバンで流行りのデザインが採用されている。フロントフェイスは、現行のトヨタ「ノア」のような迫力のあるデザインに。また、ヘッドランプやデイタイムランニングランプ、リヤコンビネーションランプなどにはLEDが採用されている。さらに、サイドからリアにかけては金属調の加飾モールが配されているなど、上質感のある外観デザインとなっている。

アルファードなど、一般的なミニバンの2WD車にはFF(前輪駆動)が採用されていることがほとんどだが、新型グランエースは前述の通りハイエースがベースとなっているため、FR(後輪駆動)が採用されている。また、車重が2,700kgを超える重量級のグランエースだが、アンダーボディにストレートラダー構造が採用されていてフロアのねじれ剛性が高められているほか、環状骨格構造が用いられるなどで高剛性ボディを実現しているという。サスペンションは、フロントはマクファーソンストラット式独立懸架、リアにはトレーリングリンク車軸式が採用されており、走行安定性の高さと上質な乗り心地を両立している。

そのほか、「カローラ」や「ライズ」など近年のトヨタ車に搭載されている、スマホとの連携が可能な「ディスプレイオーディオ」や車載専用通信機の「DCM」が、新型グランエースにも標準装備されている。

新型グランエースは、その特徴から個人ユースでミニバンのように利用するというよりも、乗員を優先した送迎などの用途に使われることがメインになりそうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る