イベントレポート
”改造車の祭典”を動画でレポート

【動画】東京オートサロン2020で注目の日本車について話を聞いてきた!

3日間で33万6060名(前年33万666名)もの来場者を集めた熱きクルマのイベント、東京オートサロン2020。各メーカーが年初のサプライズ発表を行う場にもなっており、ここで発表された国産車の注目モデルについて、メーカーの方のお話も交えてご紹介します。

スバル・レヴォーグ プロトタイプ

2020年後半に発売されるというSUBARUの「レヴォーグ・プロトタイプSTIスポーツ」。クルマの骨組みの土台となるプラットフォームがさらに進化することなどで、走りの質が大きく向上! 
SUBARUファンにとってのカリスマ的存在である開発エンジニア・辰己英治氏をして「超革新≠ヘオーバーな表現ではない」と言わしめた乗り味がおおいに期待できます!
SUBARU車としては初となる減衰力可変式の電子制御ダンパーを採用したドライブモードセレクトにも注目!
「ぶつからないクルマ」としてブレイクした運転支援システム「アイサイト」も大幅にバージョンアップします!

ダイハツ・タフト

遊び心が満載のレジャー向け軽自動車「TAFT」は、近い将来市販されることを前提としたコンセプトカー!
軽自動車ながらタフなSUVの雰囲気を高めつつ、室内にはアウトドアレジャーで役に立つ機能を満載!
アラレちゃんのCMで人気のスズキ・ハスラーとはまた違った面白さを表現しているので、人気が出そうな予感大であります!

ホンダ・シビック タイプR

今のご時世にあって「サーキットで速いこと」を何よりも大事にして開発される稀有な存在、ホンダの「シビックタイプR」がマイナーチェンジで戦闘力をアップ!
2019年にルノー・メガーヌR.S.トロフィーRが塗り替えたニュルブルクリンクサーキットでのFF(前輪駆動)最速の座を奪還するための改良が施されました! 自動車メーカーが威信をかけて純粋に速さを追求し、サーキットでの速さを競う戦いぶりはおおいに讃えたいと思います!

スズキ・スイフトスポーツ

二輪でも歴史と実績を積み重ねたスズキによる、ありそうでなかったコラボのカスタマイズを表現!
二輪の人気車「カタナ」のデザインエッセンスを、四輪の人気スポーツモデルであるスイフトスポーツに取り入れたエボリューションモデルとして開発されました。二輪のファンならずとも、ぜひ市販化を実現して欲しいと思えるスポーツ度の高さに興奮します!

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

関連記事
ページトップへ戻る