ニュース
日本一売れている “N-BOX”超えを狙う!

“デリカ顔”に豪華装備の三菱 新型「eKクロススペース」発売!

三菱の軽スーパーハイトワゴン、新型「eKクロススペース」「eKスペース」が、2020年3月19日(木)に発売される。

三菱 新型「eKクロススペース」(左)と新型「eKスペース」(右)

三菱 新型「eKクロススペース」(左)と新型「eKスペース」(右)

eKクロススペース、eKスペースに搭載されるエンジンは、それぞれマイルドハイブリッドを搭載した直3NAと直3インタークーラーターボの2種類だ。トランスミッションは全車CVTで、全グレードに2WDと4WDがラインアップされている。グレードと価格については、以下の通りだ。

-eKクロススペース-
M(NA):1,655,500円[2WD]/1,787,500円[4WD]
G(NA):1,771,000円[2WD]/1,903,000円[4WD]
T(ターボ):1,859,000円[2WD]/1,991,000円[4WD]

-eKスペース-
M(NA):1,399,200円[2WD]/1,531,200円[4WD]
G(NA):1,542,200円[2WD]/1,674,200円[4WD]
T(ターボ):1,635,700円[2WD]/1,767,700円[4WD]

新型eKクロススペース、eKスペースは、日本でもっとも売れている軽スーパーハイトワゴンのホンダ「N-BOX」をベンチマークに開発された。先代で、N-BOXなどのライバル車に先を越されていた後席やラゲッジルームの広さ、先進の安全性能の搭載などといった点に改善が施されることで、魅力がより高められている。

先代(初代)eKスペースには、「eKスペースカスタム」と呼ばれるカスタムモデルがラインアップされていたが、今回の新型ではカスタムモデルの名称を「eKクロススペース」へと変更している。

左は2019年に発売された「eKクロス」で、右が今回発売された、新型「eKクロススペース」。どちらのクルマにも、「ダイナミックシールド」と呼ばれる力強いデザインのフロントフェイスが採用されている

「eKクロス」(左)と新型「eKクロススペース」(右)のフロントフェイスを近づいて見比べてみると、バンパーなどのデザインに違いが見られる

新型eKクロススペースには、「eKクロス」や「デリカD:5」などと同様の、三菱のデザインアイコンである「ダイナミックシールド」と呼ばれるフロントフェイスが採用されている。一見すると、eKクロスとまったく同じ顔であるような印象を受けるが、実際に並べてみるとヘッドライトやフロントバンパーなど、意匠の異なる点が見受けられる。

実際に、両車を目の前に見比べてみると、eKクロスはかなり個性的なフロントフェイスだが、新型eKクロススペースはヘッドライトの角が丸みを帯びていることやバンパーデザインが控えめなこともあって、派手なグリルでありながらも威圧感がなく、うまくまとめられている印象を受けた。

フロントフェイス周りで特筆したいのが、ヘッドライトだ。eKクロスやデリカD:5のヘッドライトの搭載位置は少し変わっていて、フロントグリルの左右にある縦長のランプ内に収められている。だが、新型eKクロススペースのヘッドライトは、フロントフェイス上部の一般的な位置へと戻されている。この点について、新型eKクロススペースの開発者は「『アダプティブLEDヘッドライト』を採用するため、ヘッドライトの位置を戻しました」と話す。

「アダプティブLEDヘッドライト」は、ヘッドライトを点灯させるとメッキ加飾の部分がシグネチャーライトとして光るなど、見た目上の工夫も施されている

「アダプティブLEDヘッドライト」は、新型eKクロススペースにメーカーオプション(77,000円(税込))で用意されている先進装備だ。ハイビーム時に、前方の先行車や対向車を眩惑させないよう、12個のLEDをそれぞれ部分的に遮光することによって、ハイビームの状態を維持したまま走行することができる。

なお、新型eKクロススペース、eKスペースともに、前方車の有無を自動で判断してハイビームとロービームを切り替えてくれる「オートマチックハイビーム」が標準装備されている。

三菱 新型「eKクロススペース」のフロントイメージ

三菱 新型「eKクロススペース」のフロントイメージ

三菱 新型「eKスペース」のフロントイメージ

三菱 新型「eKスペース」のフロントイメージ

三菱 新型「eKクロススペース」のフロントイメージ

三菱 新型「eKクロススペース」のリアイメージ

三菱 新型「eKスペース」のリアイメージ

三菱 新型「eKスペース」のリアイメージ

新型eKスペースの外観を新型eKクロススペースと比較すると、新型eKスペースのフロントフェイスはシンプルで洗練されたデザインが採用されている。また、サイドやリアのデザインについては、どちらもほぼ同様のデザインが与えられている。

スライドドアの開口幅が先代よりも95mm広がり、乗降性が大きく向上している

スライドドアの開口幅が先代よりも95mm広がり、乗降性が大きく向上している

新型eKクロススペース、eKスペースの大きな特徴のひとつが、スライドドアの開口幅を先代の555mmから650mmへと拡大したことだ。開口幅を広げることで、たとえば荷物をたくさん抱えているような状況でも乗り降りしやすくなっている。主なライバル車の開口幅を見ると、ホンダ「N-BOX」が640mm、スズキ「スペーシア」が600mmと、ライバル車を上回っている(ダイハツ「タント」はBピラーレス仕様なのでのぞく)。

また、乗り降りする際の足元空間も、スライドドアのハーネススペースを縮小させるといった工夫を施すことで、足元の広さが先代の246mmから394mmへと拡大。子供などがつまずくようなことのないよう、安心して乗り降りができるように改善されている。

「ハンズフリーオートスライドドア」は、軽スーパーハイトワゴンではまだ採用されていない車種が多く、新型「eKクロススペース」「eKスペース」のアドバンテージのひとつとなっている

また、新型eKクロススペース、eKスペースには、新たに「ハンズフリーオートスライドドア」が装備されている。足をフロア下に差し入れて引き抜くだけで、スライドドアを自動で開けることができる。たとえば、買い物中に子どもが寝てしまって抱えなければいけないときや、荷物をたくさん買いすぎて両手がふさがってしまっているときなど、手でドアを開けることができないような状況のときに便利な機能だ。ちなみに、足を差し入れるセンサーの有効範囲は、フロントドアとリアスライドドアの中央から左右にそれぞれ100mm、計200mmの範囲内となっている。

このハンズフリーオートスライドドアは、新型eKクロススペース、eKスペースの「G」「T」グレードの助手席側に標準装備されており、運転席側はメーカーオプション(55,000円(税込み))で装備することができる。なお、「M」グレードは標準装備されておらず、メーカーオプションも用意されていないので注意したい。

リアシートが大きくスライドすることで、運転席から手を伸ばせば後席へすぐにアクセスできたり、後席の足下空間を広げれば荷物が置けたりするなど、後席の使い勝手が高められている

もうひとつ、新型eKクロススペース、eKスペースで特徴的なのが、後席のシートスライドの長さだ。後席のシートスライド長は、先代の260mmから320mmへと拡大。それによって、後席をもっとも後ろへスライドさせれば広々とした後席空間になり、もっとも手前にスライドさせれば、運転席に座ったまま後席のチャイルドシートに座るお子さんをケアすることができるほど、後席を前席に近づけることができるようになった。ちなみに、この320mmという後席シートスライド量は、軽スーパーハイトワゴンの中でもクラストップを誇っているという。

助手席の肩口には「助手席前倒れ用レバー」が搭載されており、レバーを引くだけで助手席が前に倒れて、運転席から後席にアクセスしやすくなるような工夫が施されている。このレバーは、「eKスペース」には全グレードで標準装備されており、「eKクロススペース」では「G」と「T」にメーカーオプションとして設定されているものだ

先代に比べて、後付け感がなくなってすっきりとした印象になった「リアサーキュレーター」

先代に比べて、後付け感がなくなってすっきりとした印象になった「リアサーキュレーター」

先代に搭載されていた、前席のエアコンの空気を後席へと流すことで車内の空気を循環させてくれる「リアサーキュレーター」は、新型eKクロススペース、eKスペースにも採用されている。また、先代では後付け感のある外観であったが、新型はルーフトリムの中に設置され、純正らしい見栄えになった。なお、リアサーキュレーターはeKスペースの「G」「T」グレードに標準装備されており、eKクロススペースでは「G」「T」グレードにメーカーオプションとして設定されている。

画像の赤丸部分が「ヒルディセントコントロール」のスイッチだ

画像の赤丸部分が「ヒルディセントコントロール」のスイッチだ

三菱の軽自動車初の装備として、「ヒルディセントコントロール」が新たに搭載されていることがあげられる。坂道を降りる際に、ブレーキを踏まなくても設定した車速(4〜20km/h)でスピードを維持するように自動でコントロールしてくれるので、急坂などでも安心して下ることができる。

先代と同様に、ステアリングの右側に「MI-PILOT」の操作スイッチが配置されている

先代と同様に、ステアリングの右側に「MI-PILOT」の操作スイッチが配置されている

安全装備については、先代から採用されている「MI-PILOT」(「G」「T」グレードにメーカーオプション)に加えて、「標識検知機能」「ふらつき警報」「先行車発進お知らせ」「前方衝突予測警報」が新たに標準装備されている。

三菱 新型「eKクロススペース」の外観イメージ

三菱 新型「eKクロススペース」の外観イメージ

今回の新型eKクロススペース、eKスペースは、その魅力を大きく向上させてきたと言える。軽スーパーハイトワゴンの特徴であるスライドドアは、開口部を拡大させたうえにライバル車にもあまり搭載されていない「ハンズフリーオートスライドドア」を、助手席側だけでなく運転席側にも対応させた。また、ホイールベースを伸ばして後席ロングスライドを採用することによって、家族など多人数で移動する際に重要な、後席の居住性や使い勝手についても大きく改善されている。

さらに、これまではミドルクラス以上のクルマにしか搭載されていなかった「アダプティブLEDヘッドライト」や、ロングドライブが快適な「MI-PILOT」などの先進装備も搭載されている。

三菱 新型「eKクロススペース」のインパネ

三菱 新型「eKクロススペース」のインパネ

三菱 新型「eKクロススペース」のフロントシート

三菱 新型「eKクロススペース」のフロントシート

三菱 新型「eKクロススペース」のリアシート

三菱 新型「eKクロススペース」のリアシート

最後に、推奨グレードだが、廉価グレードの「M」はできれば避けたい。「M」グレードは、これまで解説してきた「アダプティブLEDヘッドライト」や「リアサーキュレーター」「MI-PILOT」「デジタルルームミラー」「マルチアラウンドモニター」「タッチパネル式フルオートエアコン」など数々の魅力的な機能が、オプションでも装備することができないからだ。そのため、NAなら「G」、高速道路などを使う機会が多いならターボの「T」を選んだほうがいいだろう。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る