レビュー
ハイエースがベースとは思えない乗り心地のよさ

デカくて豪華!トヨタ 新型「グランエース」に試乗。アルヴェルとの違いは!?

トヨタの高級ワゴン、新型「グランエース」が2019年12月16日に発売された。

トヨタの高級ワゴン「グランエース」。ベースとなっているのは、海外版「ハイエース」だ

トヨタの高級ワゴン「グランエース」。ベースとなっているのは、海外版「ハイエース」だ

グランエースのボディサイズは、全長5,300mm、全幅1,970mm、全高1,990mmと大柄で、トヨタの代表的なミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」よりも大きい。今回、そんなグランエースに試乗することができたので、高級ワゴンならではの快適性や大柄なボディサイズの取り回しなどを確かめてみた。

グランエースには、「Premium」(650万円)と「G」(620万円)という2種類のグレードがラインアップされている。Premiumは3列シートの6人乗り仕様で、Gは4列シートの8人乗り仕様だ。そして、Premiumの2、3列目シートには「エグゼクティブパワーシート」と呼ばれる豪華なシートが備わっている。

「グランエース」Premium [3列6人乗り仕様] グレードの、(上の画像から順に)1列目シート、2列目シート、3列目シート。2、3列目シートには、豪華な「エグゼクティブパワーシート」が採用されている

エグゼクティブパワーシートには、電動リクライニングや電動オットマンが採用されているほか、メッキ加飾が施された木目調の大型アームレストや、2段階で温度調節が可能な「快適温熱シート」なども備えられている。

エグゼクティブパワーシートに採用されている「電動オットマン」

エグゼクティブパワーシートに採用されている「電動オットマン」

エグゼクティブパワーシートに備えられているスイッチを操作することで、リクライニングとオットマンを電動で角度調整することが可能なほか、2段階の温度調整が可能な「温熱シート」スイッチも備えられている

このエグゼクティブパワーシートは、アルファードやヴェルファイアでは上級グレードの2列目シートのみに採用されているのだが、グランエースでは2列目シートに加えて3列目シートにも採用されていることが特徴のひとつとなっている。

トヨタ「アルファード」Executive Lounge Sの、左右跳ね上げ式3列目シート

トヨタ「アルファード」Executive Lounge Sの、左右跳ね上げ式3列目シート

アルファードやヴェルファイアは、1列目シートや2列目シートは快適なのだが、3列目シートは左右に跳ね上げて小さくたためるようにした代わりに、シートの柔軟性が乏しい。床と座面の間隔が不足していて、足を前方へ投げ出すような座り方になるので、シートの座り心地が大幅に下がってしまうのだ。

アルファードやヴェルファイアで、長距離を快適に移動できる人数は、ドライバーを含めて1、2列目シートに座る4名までだろう。そのため、たとえば大切なVIPが5名いるのならば、2台のクルマが必要になる。だが、グランエースなら3列目シートも快適なために1台で済ませられるから、合理的でもある。

「グランエース」G [4列8人乗り仕様] グレードの、(上の画像から順に)1列目シート、2列目シート、3列目シート。Gグレードの3列目シートはPremiumグレードと異なり、「リラックスキャプテンシート」仕様になっている

いっぽう、4列シート8人乗り仕様のGグレードは、2列目シートはエグゼクティブパワーシートだが、3列目シートは手動式の「リラックスキャプテンシート」になる。このシートは、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの2列目シートと基本部分が共通で、オットマンなどの快適装備は装着されない。

「グランエース」G [4列8人乗り仕様] グレードの4列目シート

「グランエース」G [4列8人乗り仕様] グレードの4列目シート

そして、4列目シートは折りたたみが可能で、座面を持ち上げて前方へスライドさせるタイプとなっている。アルファード、ヴェルファイアの3列目シート(左右跳ね上げ式)と比べると、荷室の奥行を広げるうえではグランエースは不利だが、座り心地はいい。着座位置が適度で、座面の前側を少し持ち上げたから着座姿勢もよく、アルファード、ヴェルファイアの3列目シートに比べればとても快適と言える。

余談だが、アルファード、ヴェルファイアの3列目シートも、座面だけを持ち上げて前方にスライドさせるグランエースの4列目シートと同じ仕様をオプションで用意していてくれれば良心的だと思う。かつて、日産「セレナ」の2代目後期型で採用していた3列目シートは、座面だけを持ち上げてスライドさせるタイプと、左右に跳ね上げるタイプを選択することができた。アルファード、ヴェルファイアもユーザーによって3列目シートのタイプを選べるようにできれば、ユーザーの満足度も上がりそうだ。

画像のシート配置は、上が「Premium」グレードで、下が「G」グレード。比較してみると、4列シートを備えるGグレードは、足下空間の余裕が少ない

Gグレードは4列目シートを備えているが、車内の広さはPremiumと同じだ。そのため、Gグレードでは1列あたりの足元空間が狭い。身長170cmの大人がフル乗車すると、Premiumでは2、3列目の膝先空間は握りコブシ5つ分にも達するほどに広いが(VIPセダンのトヨタ「センチュリー」でも、後席の膝先空間は握りコブシ3つ半)、Gグレードでは握りコブシひとつ分に減ってしまう。前側のシート下に足が収まりやすいから意外にも窮屈ではないのだが、シートスライド位置を調節して広々座るというのは難しい。シートスペースを均等に割り振らないと、足が収まらずに座れない座席ができてしまう。

そして、Gグレードの4列目シートは乗り降りがしにくい。4列目シートからは直接乗り降りすることができず、2、3列目シートの中央を縫うように移動する必要がある。8名乗車するためにGグレードを買うなら、シートアレンジや乗降性、前述の車内の移動性などを確認したい。特に、万が一の事故の際など、4列目シートに座ると車外に避難しにくいことも懸念される。リヤゲートを内側から開閉できるなどの工夫が、今後は必要かもしれない。

また、大勢で移動できることがGグレードの特徴なら、ベンチシートの4列目シートを3人がけにして乗車定員を9名に増やす方法もあるだろう。アルファード、ヴェルファイアなど大半のミニバンの最後列は3人がけになっている。開発者によると、「3人がけも技術的には可能」と言う。

こういった点を踏まえると、グランエースの本命は3列シート6人乗りのPremiumだ。3列目までエグゼクティブパワーシートが装着されるメリットは大きい。2、3列目シートの足元空間を少し詰めれば、窮屈に感じることなく車内の最後部に相応の荷室スペースを確保することも可能だ。

「グランエース」の床面地上高は645mmと高い。グランエースは、いわゆる路線バスの「ワンステップバス」のように、サイドステップからさらに一段登る必要があり、子どもや高齢者にとっては乗り降りしづらい

グランエースの使い勝手で注意したいのは、床が高いことだ。スライドドア部分の床面地上高は、ヴォクシー、ノア、エスクァイアが380mm、アルファードやヴェルファイアは435mmなのに対して、グランエースは645mmにも達する。サイドステップを介して乗り降りするので、子どもや高齢者などをひんぱんに乗せる機会があるなら、乗降性に不安を感じないか確かめたい。グランエースは、海外版の「ハイエース」をベースに開発されており、後輪駆動を採用している。この駆動システムをカバーできる位置まで床を持ち上げて、平らに仕上げたから、前輪駆動のミニバンに比べて床が大幅に高い。

グランエースが搭載しているエンジンは、「ランドクルーザープラド」と同じ直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボだ。4.5Lガソリンエンジンに匹敵する駆動力を実用回転域で発生するため、車重は2,700kgを超えるもののパワー不足は感じにくい。遮音も入念に行われているので、ディーゼル特有のノイズも耳障りではない。

「グランエース」の試乗イメージ

「グランエース」の試乗イメージ

走行安定性は、ボディが重くて高重心の割に良好だ。ステアリングホイールを切り込んだときに、ボディが唐突に傾く不安な印象はない。挙動変化が穏やかだから、安定性を乱しにくく、ドライバーと乗員の安心感も高い。カーブでも曲がりにくさはなく、下りカーブで制動を強いられても、後輪の接地性は損なわれにくい。一般的に、重くて高重心のクルマはブレーキングしたときに車両の前側が沈みやすいが、この動きも抑えられている。

グランエースは、ボディが重い代わりにボディ剛性が高く、サスペンションの取り付けなどが入念に行われている。リヤサスペンションは、商用バンのハイエースはリーフスプリングを使うが、グランエースはコイル式だ。こういった改良が、走行安定性に効いている。

「グランエース」の試乗イメージ

「グランエース」の試乗イメージ

グランエースは、乗り心地に重厚感があってとても快適だが、時速40kmを下回る速度域では少しタイヤの硬さが感じられる。最小回転半径を5.6mに抑えるため、前輪の最大舵角は45°と大きく、これを実現することもあってタイヤサイズは17インチだ(235/60R17)。

このサイズのタイヤで重いボディを支えるため、指定空気圧は前輪が300kPa、後輪は350kPaと高く、銘柄は商用車用のブリヂストン「DURAVIS R660A」とダンロップ「SP LT30A」になる。こういった条件が重なったため、基本的な乗り心地は快適なのだが、低速域ではタイヤの硬さ(エアボリュームの不足)を意識させることがある。

「グランエース」Premiumグレードのフロントエクステリアとリアエクステリア

「グランエース」Premiumグレードのフロントエクステリアとリアエクステリア

価格は、冒頭で述べたとおりPremiumが650万円だから、アルファードにV型6気筒3.5Lエンジンを搭載して2列目にエグゼクティブパワーシートを装着した「GF」(538万3,000円)に比べると100万円以上高い。グランエースのPremiumの機能や装備を考えると、価格は620万円くらいが妥当だろう。やや割高ではあるが、6名全員が快適に移動できるから、おおむね納得できる。「センチュリー」(1,996万2,963円)とは、比較にならないほど安い。

なお、グランエースの需要の内訳は、メーカーによると法人が70%で、一般ユーザーが30%だという(所有者が個人で仕事に使う場合もある)。受注台数は、2020年1月下旬時点で約950台で、1年間の販売目標となる600台を上回っている。

開発者によると、「1年間の日本向けの割り当てが、600台に限定されるわけではない」と言うが、今のところ納期は長い。販売店によると「2020年2月上旬の契約で納車は7月頃。プレミアム、Gともに5か月ほどを要する」という。

グランエースは、日本で好まれる豪華仕様のミニバンタイプで、6名全員が快適に移動できるというアルファードやヴェルファイアにもないメリットを持っていることから、法人ユースだけでなく個人ユースでもこれから徐々に人気を高めていきそうだ。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る