レビュー
注目の電熱アイテムも複数ピックアップ!

春先や秋にも役立つ! 近頃人気の電熱グローブと電熱ウェアの実力をバイクで試す!!


冬はバイクに乗らないライダーも、春の陽気を感じるこの頃、ツーリングに出かけたくなってきているのではないだろうか。しかし、春先の朝晩は冷え込みが激しく、暖かくても突然寒くなることがある。もちろん、標高の高いところに行けば、おのずと気温は低くなってしまう。そんな気温差の大きい時期にライディングする際には、ヒーターを搭載した“電熱アイテム”があると格段に快適さが増す。本特集ではバイク乗車時に役立つ電熱アイテムを紹介するだけでなく、この冬、実際に試した電熱アイテムの実力をお伝えする。

電熱アイテムって、どんなもの?

自転車のように自力で漕ぐ必要のないバイクは自身の発熱量が増えないため、乗車中に体感温度が下がりやすい。ゆえに、寒い時に乗る際には防寒対策が重要となる。近年は薄くて軽い生地でも防寒性能が高いウェアやグローブが増えているとはいえ、一般的には防風用と保温用のウェアを重ね着し、普段より厚めのグローブを装着することが多い。しかし、この場合、暖かさは確保できるものの体は動かしづらくなってしまう。このような時に、ヒーターを内蔵したアイテムがあると厚着をせずに済む。種類としては「電熱ウェア」や「電熱グローブ」といった身に着けるもの、そしてバイクに装備する「グリップヒーター」が主流だ。

手前が、電熱グローブ。一見、普通のグローブと遜色ないが、ヒーターを内蔵している。電熱ウェアやグリップヒーターも同様に、普通のものと見た目に大きな違いはない

なお、これらの電熱アイテムは冬場にしか役立たないわけではない。ヒーターをオフにすれば普通のウェアやグローブと同じように使えるので、暖かい日中はそのまま着用し、寒くなった時だけヒーターをオンにすればいい。寒くなるかもしれないからと、防寒着を携帯する必要もなくなるため、春や秋にも重宝するだろう。筆者は若い頃からバイクに乗っているが、35歳を超えた頃からは代謝が低くなったためか、寒い時期にはめっきりバイクに乗らなくなった。しかし、発熱するものがあるだけで体の負担は大きく軽減される。電熱アイテムがあれば、これまで乗る気にならなかった季節にもライディングを楽しめるようになるかもしれない。ただし、電熱アイテムは完全防水ではないので激しい雨の際には注意しよう。

電熱グローブの構造と実力をチェック!

バイク乗車時、もっとも寒さが身に染みる部位といえば「手」。指先が冷たくなるとせっかくのライディングが楽しくなくなるだけでなく、かじかんで操作がしづらくなり、危険性も高まる。かといって、厚手のグローブを装着して防寒性を優先すると操作性が悪くなってしまう。そういった悪循環を回避するのに役立つのが、電熱グローブだ。製品により異なるが、指先や手の甲部分に電熱線を配置しているものが多い。このような電熱グローブは昔から存在したが、高価なうえに、車両から電源を取る仕様だったりとハードルが高かったが、近年はモバイルバッテリーで駆動する手ごろな価格で購入できるモデルがいくつも登場し、各段に導入しやすくなった。なお、製品によってはモバイルバッテリーと車両電源の両方に対応しているものもあり、その場合、ほとんどがバッテリーやケーブルは別売となっている。

今回は、RSタイチ「RST641 e-HEAT アームドショートグローブ」(以下、e-HEAT アームドショートグローブ)を例に、モバイルバッテリーで使える電熱グローブの仕組みと実力をチェックしていこう。

e-HEAT アームドショートグローブは装着しやすいショート丈。手の甲にプロテクターが装備されており、安心感も高い。S/M/L/XL/XXLのサイズが用意されている

e-HEAT アームドショートグローブは、モバイルバッテリーと車両電源のどちらからでも給電できる。今回はモバイルバッテリーで使用するため、別売の「RSP042 e-HEAT 7.2V充電器&バッテリーセット」(11,000円/税別)を用意。左右のグローブそれぞれにモバイルバッテリーが必要だが、このセットならバッテリーは2個同梱されている

グローブに装着されているケーブルをモバイルバッテリーに接続すれば使用可能。ちなみに、モバイルバッテリーを外し、接続プラグにラップやビニール袋をかぶせて輪ゴムでくくるなどの防水処理を施せば、グローブは手洗いできる

グローブとモバイルバッテリーをケーブルで接続し、電源をオンにするという使い方はどの電熱グローブでも共通だが、モバイルバッテリー自体をグローブに収納できるタイプとできないタイプに分かれる。一般的に、e-HEAT アームドショートグローブのように丈が短いものはグローブに収納する機構が設けられていないことが多く、ウェアのポケットなどにモバイルバッテリー入れることとなる。ただし、e-HEAT アームドショートグローブは上の写真のとおり、ケーブルが短いため、別売のケーブルを接続して長さを確保しなければならない。このように、別途購入しなくてはならないものの数によっても初期費用が変わってくるので、忘れずに確認しよう。

今回は、e-HEAT アームドショートグローブのモバイルバッテリーはウェアのポケットに入れることにした

今回は、e-HEAT アームドショートグローブのモバイルバッテリーはウェアのポケットに入れることにした

標準装備のケーブルでは長さが足りないので、ピンクの矢印の部分にあたる別売の「RSP056 e-HEAT 7.2V専用バッテリー用[X]ケーブル:ショートグローブ接続」(2,500円/税別)を接続。ケーブルは袖に通せば納まりがいいし、外に出しているより安全性も高い

向かって右がe-HEAT アームドショートグローブで、左が普通のグローブ。カーボンファイバーと金属を組み合わせた電熱線が指先と手の甲に装備されているが、違和感はない。また、モバイルバッテリーの重量は1個約100gなので負担にはならない

手の甲にあるボタンで電源をオン/オフできるほか、発熱レベルを「エコノミー」「ノーマル」「ハイパワー」の3段階で切り替え可能。左右のグローブは連動していないので、それぞれ操作が必要だ

e-HEAT アームドショートグローブを机に置いた状態で電源をオンにし、30秒ほど経ってからサーモグラフィーカメラで撮影してみると、発熱して指先が高温になっていた。手の甲にもカーボンファイバーが配置されているが、プロテクターがあるためか、温度変化は確認できず

サーモグラフィーカメラで撮影した写真は相当暖かそうだが、実際のところはどれほどなのだろうか。e-HEAT アームドショートグローブを装着して電源をオンにすると、すぐに指先と手の甲に暖かさが伝わってきた。少し待たないと暖かくならないだろうと思っていたので、この速さは衝撃だ。しかし、肝心なのは走行中でも暖かく、操作性にも違和感がないかということ。そこで、片方に普通のグローブ、もういっぽうに電熱グローブを装着し、高速道路を走ってみた。この日は出発した地点の気温が11℃と高めだったので、そこより標高が350mほど高い場所まで向かう。

右手は普通のグローブ、左手はe-HEAT アームドショートグローブを装着して走行する。e-HEAT アームドショートグローブの発熱レベルはノーマルに設定した

撮影に時間がかかり、スタートが遅くなったため、目的地付近まできた頃には日がずいぶん陰り始めていた。気温は7℃を下回っていたのではないだろうか。なお、高速道路は空いていたので、それなりのスピードで走行できた

40分ほど走行し、グローブを外した手をサーモグラフィーカメラで撮影してみた。e-HEAT アームドショートグローブを装着していた左手は、指先まで温かいことがわかる。実際に手を触ってみると、普通のグローブをはめていた右手は冷え切っていた

非接触の温度計で測定してみると、e-HEAT アームドショートグローブを装着していた左手指先の温度は、右手よりも13.2℃高い29℃だった。これほど温度差が出るとは!

試着して走行したライダーによると、操作性は良好。指先にもカーボンファイバーが配置されているが、ブレーキやクラッチを握ってゆっくり離しながらコントロールする際も動かしづらさはなかったという。かつ、グローブ自体が発熱してくれるので乗車中もほどよい暖かさに包まれ、寒さはまったく感じなかったとのこと

連続使用時間は、エコノミーが約4時間、ノーマルが約3時間、ハイパワーが約2時間。ロングツーリングに出かける際は、交換用の「RSP044 e-HEAT 7.2V専用バッテリー(1個)」(4,200円/税別)を用意しておくといいだろう。ちなみにモバイルバッテリーは7.2V仕様のリチウム電池を採用しており、容量は2,500mAh。充放電回数は約500回となっている

専用の充電器は2個同時に充電可能。バッテリー残量がゼロの状態から満充電まで約5時間かかる。それぞれでバッテリー残量が確認できるほか、満充電になると充電器のプラグのライトが緑色に変わるので充電状況がわかりやすいのも◎

なお、e-HEAT アームドショートグローブも属する「e-HEAT」シリーズには、「RST642 e-HEAT ステルス ショート グローブ」「RST640 e-HEAT グローブ」「RST639 e-HEAT プロテクション グローブ」の4製品がラインアップされている。「ショート」と記されていない2製品はロング丈。グローブにモバイルバッテリーを収納したいなら、ロング丈を選ぶといいだろう。

ほかにもある! 推せる電熱グローブ

・コミネ「EK-200 Carbon Protect E-Gloves」

断線しにくいマイクロカーボンファイバーヒーターを指先に配置したロングタイプ。ヒーターの配置を改良することで、より指先を包み込むような温めを実現したという。温度調節は3段階。連続使用時間は公表されていない。バイク用グローブとしての性能としては、指先にはCE規格衝撃吸収フォームを装備し、手の甲と小指球にはカーボンプロテクターを施して防護性能を向上。手の甲のカーボンプロテクターはフローティング構造とすることで、ハンドルを握りやすくしている。また、親指と人差し指の先端がタッチパネル対応となっているので、グローブを装着したままスマートフォンなどを操作可能。

モバイルバッテリーで駆動するほか、車体に装備されたシガーソケットからも給電できる。それぞれ別売の電源が必要。S/M/L/XL/2XL/3XLのサイズがラインアップされている

・HANDLE KING「めちゃヒート MHG-01 電熱インナーグローブ」

「めちゃヒート」シリーズの電熱グローブにはこれまで紹介したものと同じ厚手タイプ(MHG-01T)もあるが、所有のアウターグローブのインナーとして使用できる厚み約0.6mmの薄手タイプ「MHG-01」もラインアップされている。発熱体となるマイクロファイバーカーボンヒーターは指周囲のみの配置となるが、防風性のあるアウターグローブと併用すれば、申し分ない発熱効果を得ることが可能。グローブを二重にして使用するので、細やかな操作性を重視するなら適さないかもしれないが、自分が気に入っているアウターグローブで防寒性を高めたい人にはうってつけだろう。設定温度は3段階で切り替えでき、最大5.5時間使用できる。

親指と人差し指先端はタッチパネル対応で、モバイルバッテリーは手首部分に収納可能。S/M/L/のサイズが用意されている

>>価格.comで「めちゃヒート MHG-01 電熱インナーグローブ」をチェック!
※グローブ単体と、モバイルバッテリーがセットになったものがラインアップされています

手の防寒対策にはグリップヒーターが最強

電熱グローブも快適だが、なるべく薄手のグローブを装着し、操作性を高めたいならグリップヒーターが最適。手の内側にしかヒーターが当たらないので、手の甲や指先が冷えそうに思われるかもしれないが、筆者が試したところ、手全体が温まった。なお、グリップヒーターは標準装備のグリップと交換し、車体のバッテリーから給電するための配線作業も必要となるため、バイクショップなどに取り付けを依頼するのが基本となる。安さや手軽さでは電熱グローブに負けるが、1度取り付けてしまえば、充電の必要もないので、そのあとは断然、グリップヒーターのほうがラクで快適なのは間違いない。

ホンダ「CRF1100L AfricaTwin」に標準装備されているグリップヒーター。5段階ある温度設定の「3」でテストしてみたが、薄手のグローブながら寒さはまったく感じず。ちなみに、このグリップヒーターは同社のほとんどのスポーツモデルにオプションで装着可能。その場合、名称は「スポーツ・グリップヒーター」となり、価格は25,700円(税別)

日本国内のバイクメーカーは、それぞれ純正のグリップヒーターを用意している。ただ発熱するだけでなく、温度を自動コントロールする機能が搭載されているものがある点も、電熱グローブより快適なポイント。たとえば、上で紹介したホンダ「スポーツ・グリップヒーター」は、グリップに常に接している手のひらの部分は温度を低く、レバーを握るためにグリップから離れることの多い指が接する部分の温度は高くなるように設計されている。手の内側が平均的に同じくらいの温度になるので、長時間安定した快適さが得られるのだ。

・デイトナ「HOT GRIP ヘビーデューティー ビルトイン4Sn」

純正のグリップヒーターではなく、アフターパーツメーカーのものを取り付けることも可能。いくつかのメーカーがリリースしているが、なかでも人気なのがデイトナ「HOT GRIP」シリーズの「HOT GRIP ヘビーデューティー ビルトイン4Sn」。通常のグリップとほとんど変わらない太さに抑えられているうえ、電源をオンにすると急速で暖めてくれる「クイックヒート機能」も搭載されている。

直径22.2mmのグリップを備えた12V車専用。グリップ長は120mmで、外径は直径33.6mm

直径22.2mmのグリップを備えた12V車専用。グリップ長は120mmで、外径は直径33.6mm

・デイトナ「HOT GRIP 巻きタイプEASY」

デイトナからもうひとつ、専用グリップに交換不要で手軽なグリップヒーター「HOT GRIP 巻きタイプEASY」を紹介しよう。標準装備のグリップの上にヒートシート(発熱部)を巻き付けるだけで装着でき、USB接続で給電できる。消費電力は11Wなので、モバイルバッテリー(別売)を電源にすることも可能だ。

グリップに巻き付けるため、若干太くなるが手軽さはピカイチ!

グリップに巻き付けるため、若干太くなるが手軽さはピカイチ!

電動ウェアの構造と実力をチェック!

手に比べれば上半身は防寒対策しやすいものの、重ね着の枚数が増えたり、生地が厚くなると運動性と快適性は損なわれる。電熱ウェアの多くはインナーで着用するタイプとなっており、その場合、防風性や防水性はそれほど高くなく、プロテクターも装備されていないため、アウターウェアを羽織らねばならないが、普通の衣類で防寒対策するより着込む枚数は減り、薄手で済む。構造は、電熱グローブとほぼ同じ。後身頃などに電熱線を配置しており、モバイルバッテリーや車両電源と接続して使用する。基本的に、ウェア単体と電源(モバイルバッテリーや接続プラグ)をそれぞれ購入しなければならない。

今回は、RSタイチ「RSU622 e-HEAT インナージャケット」(以下、e-HEAT インナージャケット)をピックアップし、電熱ウェアの仕組みをチェックするとともに、ライディングで使用した性能をお伝えしよう。

電熱グローブ同様、見た目は普通のインナーウェアと変わらない。S/M/2BM/L/2BL/XL/XXL/3XL/4XL/WM/WLのサイズが用意されている。専用のモバイルバッテリーと車両電源のどちらからでも給電可能。今回は、モバイルバッテリーを使用した

腕の動かしやすさを配慮してか、袖の部分はメッシュ地となっていた

腕の動かしやすさを配慮してか、袖の部分はメッシュ地となっていた

胴まわりと首まわりは保温性を高めるため、裏地に毛長フリースを採用

胴まわりと首まわりは保温性を高めるため、裏地に毛長フリースを採用

ヒーターパネルが装備されているところ(赤色の部分)の生地はメッシュ地となっていた。熱を伝えやすくするとともに、ムレを低減するためだろうか。ちなみに、肩と背中に配置しているのは、乗車時に接しやすいだからとのこと。また、体幹を温めることで体全体の体温低下も抑えられるという

左右のポケットにあるプラグに、それぞれモバイルバッテリーを接続して使用する。別売の「RSP042 e-HEAT 7.2V充電器&バッテリーセット」(11,000円/税別)が必要となるが、同社の電熱アイテムの中には共有で使えるものもある

電源オン/オフは、裾にあるコントローラーで行う。発熱レベル(エコノミー/ノーマル/ハイパワー)の切り替えにも、このコントローラーを使用する

電源をオンにし、サーモグラフィーカメラで撮影すると、発熱している部分がよくわかる

電源をオンにし、サーモグラフィーカメラで撮影すると、発熱している部分がよくわかる

ここからはe-HEAT インナージャケットを着用し、着心地とライディング中の暖かさなどをチェックしていく。

Tシャツとパーカーを着たうえにe-HEAT インナージャケットを羽織る。インナーウェアらしくフィット感があるが、伸縮性のある生地なので動きやすい。また、フリース裏地のおかげでヒーターをオンにしていなくても暖かだ

ちなみに、モバイルバッテリーはポットに収納することとなるが、前述の電熱グローブ「e-HEAT アームドショートグローブ」と同じタイプなので、重量は1個約100gと軽く、じゃまになるサイズでもない

e-HEAT インナージャケットはインナーなので、アウターウェアも着用。ちなみに、このアウターウェアにはインナーも装備されているが、e-HEAT インナージャケットを着込む時には取り外している

アウターウェアを重ねても、コントローラーは裾から出る設計となっているので操作しやすい。今回は発熱レベルをノーマルに設定し、暖かさをテストすることにした。なお、連続使用時間はエコノミーが約8時間、ノーマルが約6時間、ハイパワーが約4時間

すでに日が暮れかける時間になってしまったため、じっとしていても寒さを感じるほどの気温になっていた。そんな中、30分ほど高速道路を走行する

電熱グローブのテストを行う際にはe-HEAT インナージャケットを着込んでいなかったので、その時との体感差をお伝えしたいと思う。ただ、電熱ウェアは、右手は普通のグローブ、右手は電熱グローブというように同時に着用できないため、同一条件ではないテストとなる点はご了承願いたい。

テストしてくれたライダーによると、正直、普段着ているインナーウェア+アウターウェアで走行した時は日差しが強く、比較的暖かかったこともあり、電熱ウェアがなくても寒くなかったという。しかし、撮影などをしていて待つ時間が長くなり、体が徐々に冷え出してきたところで、電熱ウェアを着て電源をオンにすると発熱の暖かさで体の緊張がほぐれたとのこと。さらに、強風にさらされる高速道路を走る際もスタート時から体が暖かく、かつ、走行中も暖かさが続くので、まったく寒さを感じずに走り切ることができたと評価は上々だった。

フリース地は取り外しできないが、ヒーター部は着脱可能。ヒーター部やコントローラーを外せば、洗濯もできる

ほかにもある! 推せる電熱ウェア

・HANDLE KING「めちゃヒート MHJ02 電熱ヒーター付き インナージャケット」

バイク専用設計ではないが、ストレッチ性が高く、体の動きを妨げない本製品も狙い目。上で紹介したRSタイチ「RSU622 e-HEAT インナージャケット」より、メーカー希望小売価格が9,000円安い10,800円(税込)なので、手軽に電熱ウェアを入手したい人にうってつけだ。発熱部となるカーボンファイバーは腹部、背中、腰部に配置されており、裏地にはフリース素材が採用されているので保温性も高い。温度設定は3段階で切り替えられるようになっており、最大約6時間使用できる。

S/M/L/XLの4サイズがラインアップされている。使用するには、別売の「Li-on リチウムイオンバッテリー(HK-L67A)」と「充電器シングルプラグタイプ」が必要

・HANDLE KING「めちゃヒート MHV-02 電熱ヒーターベスト」

運動性を優先するなら、ベストタイプを選ぶのもアリ! 袖がないので腕や肩が動かしやすいのはもちろんだが、サイドに伸縮性の高いストレッチ素材が配置されているので、体を曲げたり、ひねる際にもストレスがない。腕部分の防風性が気になるかもしれないが、アウターウェアや下に着る衣類でカバーしよう。背中から首にかけて発熱部(マイクロカーボンファイバーヒーター)が装備されているため、普通のベストを着込むより断然冷えにくい。温度設定は3段階で、最大約7時間使用できる。モバイルバッテリーと充電器がセットになって12,208円(税込)なので、とりあえず電熱ウェアを試してみたい人は選択肢に入れてみてもいいだろう。

S/M/L/XLの4サイズが用意されており、MサイズとLサイズには温度の過昇を防ぐサーモスタット機能が搭載されている(SサイズとXLサイズはサーモスタット機能が搭載されていないものもあり、選択はできないとのこと)

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
バイク用品のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る