レビュー
ベースの「ポロ」とは外観から走りまでかなり違う!

とても小型に見えない! 重厚な外観を持つVWの新型SUV「T-Cross」に試乗

フォルクスワーゲン グループ ジャパンから、最も小さなSUV「T-Cross」が日本で発売された。

「MQB」シャシーの採用によって、コンパクトボディながら広々とした室内空間や荷室スペースを実現した、新型SUV「T-Cross」。ベースとなっているのは、コンパクトカーの「ポロ」だ

フォルクスワーゲンには、「ティグアン」や「トゥアレグ」(現行モデルは日本未導入)などいくつものSUVがラインアップされているが、そのいずれも世界的な販売台数は好調に推移しているという。そして、今回はその末っ子である「T-Cross」に試乗する機会を得たので、その第一印象をお届けしよう。

■フォルクスワーゲン「T-Cross」のグレードラインアップと価格
T-Cross TSI 1st:2,999,000円
T-Cross TSI 1st Plus:3,359,000円

■フォルクスワーゲン「T-Cross」の主なスペック
駆動方式:前輪駆動
全長×全幅×全高:4,115×1,760×1,580mm
ホイールベース:2,550mm
車重:1,270kg
最小回転半径:5.1m
燃費(WLTCモード):16.9km/L
エンジン:1L直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボ
最高出力:85kW(110PS)/5,000〜5,500rpm
最大トルク:200Nm(20.4kgm)/2,000〜3,500rpm
トランスミッション:7速DSG
フロントサスペンション:マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リアサスペンション:トレーリングアーム

ポロがベースとは思えない、SUVらしい重厚な外観デザイン

外観からは「ポロ」がベースとは感じられない、威風堂々としたたたずまいの「T-Cross」

外観からは「ポロ」がベースとは感じられない、威風堂々としたたたずまいの「T-Cross」

T-Crossは、フォルクスワーゲンのコンパクトカー「ポロ」をベースとした小型SUVだ。T-Crossのボディサイズは、4,115(全長)×1,760(全幅)×1,580(全高)mmと、ポロよりもそれぞれ55mm、10mm、130mmサイズアップしている。だが、最小回転半径は5.1mと小さいので、「どんな場所でも取り回しがよく、扱いやすいSUVであることが最大の魅力です」と、フォルクスワーゲン グループ ジャパン広報部の山神浩平さんは説明する。

フロントデザインの特徴としては、ヘッドライトと一体化した水平基調でワイドなラジエーターグリルと、トリムで囲まれて力強い印象が与えられているフォグランプだ。特に、LEDヘッドライトはフェンダー部分にまで回り込ませることで、視覚的に幅広く見せるようなデザインが採用されている。同様に、バンパーに埋め込まれたブラックガーニッシュと、その端にあるフォグランプによって、背の高いクルマに見せるような効果も持たせている。

リアデザインは、ブラックトリムフレームを備えた横いっぱいに広がるリフレクターバンドをフォルクスワーゲンとして初採用し、新形状のLEDテールランプとともに幅広さと躍動感を演出。サイドシルエットは、がっちりとしたCピラーとスクエアなデザインが、SUVらしい重厚な印象をもたらしている。

1リッター3気筒TSIエンジンに7速DSGを採用

直噴とターボを組み合わせた、1リッター3気筒のTSIエンジンを採用。最高出力は85kW(116PS)、最大トルクは200Nm(20.4kgm)を発生させる

パワートレインは、1リッター3気筒のTSIエンジンで、ポロにも搭載されているEA211型から派生したエンジンだ。最高出力は、ポロの95psよりも高い116ps。最大トルクの200Nm(ポロは175Nm)を、2,000〜3,500rpmの間で発生させる。「ポロよりも110kg重いT-Crossですが、低回転からの最大トルクと7速DSG(デュアルクラッチ・トランスミッション)を組み合わせることで、スムーズで軽快な走行を可能としています」とのことだ。低排気量のため、競合車と比べて自動車税が安いこともメリットのひとつとしてあげられる。燃費は、WLTCモードで16.9km/Lだ。

また、豊富なカラーバリエーションも大きな特徴としてあげられる。T-Crossのボディカラーは、新色の「マケナターコイズメタリック」「ダークペトロール」を含む、全8色を展開。さらに、T-Crossの発売を記念したグレードである「T-Cross TSI 1st Plus」には、内外装をカラーコーディネートできる「デザインパッケージ」が標準設定されている。デザインパッケージは、「ダッシュパッド」「シート」「アルミホイール」「ドアミラー」をオレンジ、グリーン、ブラックの3色から選ぶことができるというもの。ボディカラーと、このデザインパッケージの組み合わせは13通りとなり、これに標準の8色を加えれば、組み合わせは21通りにもなる。

コンパクトSUVとは思えないような室内の広さ

今回試乗したグレードは、「T-Cross TSI 1st Plus」(ボディカラーはエナジェティックオレンジメタリック)だ。

車内は、コンパクトSUVとは思えないほどに広々としていて居心地がいい

まず、ドアを開けてシートに腰を下ろすと、眼前に広がる光景はポロとほぼ一緒だが、よく見るとセンターパネルの角が落とされているなど、デザインが微妙に違っていることに気づく。しかし全体のレイアウトは似ているので、フォルクスワーゲンの小型車に慣れている方であれば迷うことなく扱うことができるだろう。インテリアは広々としており、より大きなサイズのSUVに座っているような感覚になるほどだ。

ポロと異なり、視点が高く見晴らしがいいのはSUVである「T-Cross」ならではだ

ポロと異なり、視点が高く見晴らしがいいのはSUVである「T-Cross」ならではだ

ポロと大きく異なるのは、着座位置だ。SUVならではの高い着座位置による視界のよさはT-Crossの魅力のひとつと言える。ポロよりもヒップポイントが高いことから、とても見晴らしがよく、ちょっと楽しい気分にさせてくれるのだ。

インテリアのスイッチ類などの操作感もいい

インテリアのスイッチ類などの操作感もいい

インテリアなどの質感は、ポロと同様、このセグメントとしては驚くほどに高い。ドアの閉まり音なども、ボディの剛性の高さがうかがえるほどにしっかりとしている。センターコンソール周辺のスイッチ類もかっちりとしていて、操作感は心地いい。

ボディ剛性が高く、まるで2クラス上のSUVに乗っているかのよう

シフトレバーをDレンジにセレクトして走り出すと、低速域から力強い加速が始まる。これは、前述のトルクピークが低く抑えられていることが要因だ。さらに、燃費を考慮して早め早めにシフトアップするのだが、2名乗車程度の重さであれば力不足などもまったくなく、快適に走ることができる。

乗り心地は若干硬めなので、もう少ししなやかなサスペンションストロークを感じたいところだ。今回は試せなかったが、バネ下が軽くなる17インチ(テスト車は215/45R18の Pirelli Cinturato P7)であれば、もう少し改善できたかもしれない。

以前に試乗した現行のポロと比較すると、ポロのほうがよりしなやかで落ち着いていた印象を受けた。これは、T-Crossというクルマの性格付けとともに、重くなった車重に対応するためでもあるのだろう。

少し荒れた路面などを通過したところ、最初に感じたのと同様にボディ剛性が高く、クルマがとてもしっかりと作り上げられている印象で、2クラス上のクルマに乗っているような錯覚に陥った。それを助長しているのが、ロードノイズの低さだ。リアからは少し侵入してくるものの、全体としてよく抑えられている。このあたりは、大いに評価したいところだ。

広くて快適なリアシートとラゲッジルーム

リアシートの座り心地はとてもいいのだが、走行時には振動が少し気になるかもしれない

リアシートの座り心地はとてもいいのだが、走行時には振動が少し気になるかもしれない

リアシートに座ってみると、その居住性はなかなかのものだ。座面の前後長がしっかりと確保されているうえに、一見フラットに見えるシートは意外と腰をしっかりとホールドしてくれる。さらに、ドアのウィンドウは大きくてきれいに下がりきるので圧迫感がなく、良好な視界が確保されていることにも好感が持てた。

しかし、走り始めるとその印象は一変。路面の振動が直接腰に伝わってくるので、あまり快適とは言えなかった。後席に頻繁に人を乗せるのならば、17インチタイヤの仕様をおすすめしたい。

SUVに欠かせないのが、シートアレンジだ。リアシートを2分割で可倒できるほか、用途によってリアシートを前後に最大14cmスライドさせることも可能だ。これによって乗員の足下スペースを広げたり、荷室容量を広げたりすることができるようになった。

ラゲッジルームは通常の状態でも385リットルと広いが、リアシートを倒せば1,281リットルもの広大なスペースを活用することができる

ラゲッジ容量は、通常の状態で385リットル。シートを前に14cmスライドさせると455リットル。さらにリアシートを左右ともに倒すとその容量は1,281リットルにもなる。これは「同セグメントの中でも最大クラスとなっています」と山神さんは言う。

リアシートを前方へずらすと、このように隙間ができてしまうので小さなものが落ちてしまう可能性も

リアシートを前方へずらすと、このように隙間ができてしまうので小さなものが落ちてしまう可能性も

前述のリアシートを前にスライドさせると、ラゲッジルームのスペースはさらに広がる。しかし、ラゲッジボードとリアシートの間に隙間ができてしまうので、そこへ荷物が落ちてしまいそうなことが気になった。また、リアシェルフを取り外すと置き場がなく、かつ重い。このあたりは、日本車のほうが気を使って作られているように感じる。

「マニュアルシフト」を使って楽しめるワインディング

アップダウンのあるワインディングロードにも持ち込んでみたが、ある一定の条件さえクリアすれば、予想外に楽しく駆け巡ることができた。

T-Crossは1リッターという低排気量ながら、峠の登りもパワー不足を感じさせることなく、実に軽快に駆け上がっていく

T-Crossはポロの背高版という印象はなく、重心が上がっているにも関わらず、下りのコーナーでもひらひらと駆け降りることができるのは驚きだ。登りにおいてもパワーに不足はなく、かと言って、あり余るパワーをねじ伏せるような運転でもなく、手のひら感覚で自分のコントロールのもとに楽しみながら走らせることができる。こうしたシーンでは、18インチタイヤは十分にその性能を発揮していた。2名程度の乗車で、かつワインディングも活発に走りたいのであれば、18インチタイヤの仕様を選んでも間違いはないだろう。なお、2名乗車では問題なかったが、もし4人乗車であったならば少々パワー不足を感じるかもしれない。

ワインディングなどを走る際には、マニュアルモードのパドルシフトで操作したほうがはるかに運転しやすい

ワインディングなどを走る際には、マニュアルモードのパドルシフトで操作したほうがはるかに運転しやすい

では、一定の条件とは何か。それは、ワインディングではマニュアルモードの「パドルシフト」で操作したほうがいいということだ。早め早めのシフトアップが、市街地などでは燃費に有利に働くのだが、ワインディングではそれが裏目に出てしまい、ギクシャクして運転しにくい状況に陥ってしまうのだ。

たとえば、ワインディングを登っている最中に、コーナー手前でアクセルを戻すとシフトアップしてそのままコーナーへと進入してしまう。そして、コーナー出口で加速のためにアクセルを深く踏み込むことでキックダウンするのだが、勢いよく加速しすぎてしまい、アクセルを戻すとふたたびシフトアップするという繰り返しになってしまうのだ。

そこで、シフトを「マニュアルモード」にして「パドルシフト」(T-Cross TSI 1st Plusに標準装備)で操作するのが最も走りやすく、楽しかった。だが、もしパドルシフトをほとんど使わないような運転に不慣れなドライバーであれば「乗りにくいクルマ」という印象にもなりかねないので、このあたりのセッティングは改めて再考してほしいところだ。

もうひとつDSGで気になったのは、いったん停止した直後にスタートすると一瞬タイムラグを感じることだ。これは、車庫入れなどでRレンジとDレンジを繰り返したときも同様で、クラッチの制御がらみのDSGに共通した弱点とも言える。

いくつかの不満点も述べたが、全体を通してはとても好印象だったT-Cross。ポロよりも若干高めの価格が気になるところだが、それ以上に開放感と楽しさが味わえる。国産コンパクトSUVの走りや質感に不満を抱いているようなら、選ぶ価値は十分にあるだろう。

内田俊一

内田俊一

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を活かし試乗記のほか、デザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る