レビュー
路面情報をクルマが先読み!

アウディ「A8」は、技術の粋を集めた全域”ハイテク”マシンだった!!

アウディのフラッグシップサルーンA8。今回の試乗では改良を受けた最新型に用意される「プレディクティブアクティブサスペンション」がもたらす走りに激しく感動!

路面状況を先読みしてサスペンションの動きを制御するなど、現在の市販車で最もハイテク化が進んだクルマながら、ドライバーの感性に寄り添う感覚が得られるのはまったく意外であり、未来のクルマの愉しさを確信させてくれるものでありました。

アウディ「A8」・フロント

アウディ「A8」・フロント

アウディ「A8」・サイド

アウディ「A8」・サイド

アウディ「A8」・リア

アウディ「A8」・リア

アウディ「A8」・運転席

アウディ「A8」・運転席

■サイズ
全長:5,1805mm
全幅:1,945mm
全高:1,470mm
車重:2,150kg
※オプション装着車の数値 

■エンジン
種類:2,994ccV型6気筒DOHCインタークーラー付ターボ
最高出力:340PS/5,000-6,400rpm
最大トルク:500Nm/1,370-4,500rpm

■トランスミッション
8段AT(ティプトロニック)

■駆動方式
四輪駆動

■試乗車両価格
11,720,000円(税込)

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る