レビュー
世界初の新世代エンジンの実力がどれほどなのか長距離で試してみました

マツダの新エンジン「SKYACTIV-X」は買いか!? MAZDA3を1,000km超走らせてみた

2019年12月5日、マツダ「MAZDA3」に「SKYACTIV-X」と呼ばれる新たなエンジンを搭載したモデルが発売された。

マツダ「MAZDA3」に、新エンジン「SKYACTIV-X」を搭載したモデルが発売された

マツダ「MAZDA3」に、新エンジン「SKYACTIV-X」を搭載したモデルが発売された

これまで、MAZDA3には1.5Lと2 Lのガソリンエンジン、そして1.8 Lディーゼルエンジンの3種類のエンジンがラインアップされていたが、新たに2LのSKYACTIV-Xエンジンが導入された。実は2019年末頃、メーカー試乗会で短時間ながらSKYACTIV-Xを搭載したMAZDA3に乗ったのだが、わずかな試乗ではわからないことがかなり多くあったのだ。そこで今回、MAZDA3ハッチバックのSKYACTIV-Xエンジン搭載車を1,100kmほどの長距離テスト試乗に連れ出し、さまざまなシーンで走らせてみたところ、どのような特徴を持つエンジンなのかがわかったのでレポートしたい。

SKYACTIV-Xはガソリンとディーゼルのいいとこ取り!?

SKYACTIV-Xエンジンとは、「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」と呼ばれる、マツダ独自の燃焼方式を実用化したものだ。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方のよさをあわせ持つという「SKYACTIV-X」エンジン

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方のよさをあわせ持つという「SKYACTIV-X」エンジン

SKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンならではの伸びのよさにディーゼルエンジンのすぐれた燃費やトルク、応答性のよさなどをあわせ持つエンジンだ。さらに、マイルドハイブリッド「M Hybrid」を組み合わせ、効率的なモーターアシストによって燃費性能を向上させている。

このM Hybridは、減速エネルギーの回生やモーターによるエンジン駆動のアシストによって、燃費性能を向上させる技術だ。回生した減速エネルギーは電力に変換し、24Vのリチウムイオンバッテリーに蓄電。DC-DCコンバーターで適正な電圧に変換し、各電装品に供給する。また、駆動力アシストやアイドルストップから静かなエンジン始動も可能だ。ちなみに、MAZDA3に搭載されているほかのパワートレインと比較してみよう。

SKYACTIV-Xとほかのエンジンとの比較表

SKYACTIV-Xとほかのエンジンとの比較表

上記の表で、SKYACTIV-Xとほかのエンジンを比較してみると、最高出力はSKYACTIV-Xがもっとも高く、最大トルクは2Lガソリンとディーゼルの中間、そして燃費は1.5Lガソリンとディーゼルの中間に位置していることがわかる。また、最大トルクの発生回転数はディーゼルより若干高めであることから、ディーゼルとガソリンの中間より少しガソリン車寄りの性格と言えよう。また、燃費に関しては1.5Lガソリンよりも上回っていることから効率的なエンジンのようだが、燃費には後述している。ちなみに、燃料がプレミアムガソリンであることは注意が必要だ。

M Hybridでの再始動性は抜群

では、MAZDA3に乗り込んでみることにしよう。室内の質感の高さは驚くばかりで、作り込みも非常によく、またスイッチ類のタッチも上質で“とてもいいクルマ”に乗っている感覚が伝わってくる。

マツダ「MAZDA3」のインパネは高級感があり、ボタンひとつにまで質感の高さを追求していることがわかる

マツダ「MAZDA3」のインパネは高級感があり、ボタンひとつにまで質感の高さを追求していることがわかる

シートなどを調整してドライビングポジションを合わせ、スタートストップボタンを押すと、エンジンが冷えているせいか若干長めのクランキングの後、SKYACTIV-Xは静かに目覚めた。

セレクトレバーで“D”を選び、ゆっくりアクセルを踏み込むと、静かにMAZDA3は走り出す。そこで気づくのは、2つ。ひとつはステアリングとシート、そしてペダル類の配置が適切で、素直なドライビングポジションが取れること。そしてもうひとつは、遮音性の高さだ。実は、MAZDA3の発表会のときに展示してあった車両が、フルボリュームで音楽を流していたのだが、ドアを閉めて外にいると車内の音楽がほとんど聞こえないくらい遮音性が高いことは確認していた。それが、実際に走らせても体感できたことになる。

乗り心地については、他のマツダ車と同様にショックなどがあまり吸収されず、直接体に振動が伝わってきてしまう。そのときに、若干ステアリングやフロア周りがブルブルと震えることがあるので、そのあたりの剛性が低く、それが起因となってサスペンションを上手に動かすことができないのだろう。

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車の試乗イメージ

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車の試乗イメージ

では、SKYACTIV-Xエンジンの印象はどうか。その印象だが、アクセルをフッと踏んだときの出足は非常にスムーズだ。しかし、わずかな上り坂などでは若干トルクの細さを感じるとともに、トランスミッションは積極的にシフトダウンするので、もう少しトルクは低回転域に振って、かつ太いほうがストレスはないだろう。

なお、停止してアイドルストップからのエンジン再スタートは非常にスムーズで、かつ振動が少ないため、同乗者などはいつエンジンがかかったのかまったくわからないほどだった。

たしかに、いいとこ取りのエンジンなのだが……

SKYACTIV-Xの性格をさらに探るために、高速道路に乗り入れてみよう。まず、エンジン音がとても静かであるいっぽう、これはタイヤによる要因が大きいのだが、ロードノイズが意外と耳につく。特に荒れた路面ではそれが顕著で、エンジン音が静かな分、余計に目立つ結果となった。

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車の試乗イメージ

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車の試乗イメージ

料金所から一気に加速を試みると、ガソリンならではのスムーズな吹け上がりで気持ちよくレッドゾーンまで引っ張ることができる。100km/h巡行のエンジン回転数はおよそ2,000rpmで、淡々と距離をこなしてくれる素直なエンジンという印象だ。見方を変えると、あまり特徴がないとも言える。しっかりと注力すれば、2.0Lガソリンと1.8Lディーゼルのいいところを取り入れていることに気づくが、注意深く観察しなければ“普通の”エンジンという印象しかないのも事実だ。そして、さらにわかりにくいのがマイルドハイブリッドのM Hybridだ。M Hybridは加速時にもサポートするので、SKYACTIV-Xエンジンによる加速なのか、M Hybridの影響なのかがわかりづらい。このエンジンの性格は、あえて違和感を覚えないようにしつけられたものだと思うのだが、世界初採用の技術と豪語するのであれば、もう少しエンジンにドラマを求めてほしかった。そうでないと、1.8Lディーゼルとの価格差40万円、2.0Lガソリンとの価格差70万円の説得材料には乏しいと感じた。

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車の試乗イメージ

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車の試乗イメージ

また、乗り心地や高速道路での直進安定性にも少々難がある。まず、乗り心地に関しては市街地のときと同様に、段差や継ぎ目などが乗員に明確に、しかも若干角を感じさせながら伝わってくる。もう少しサスペンションの縮み側のストロークをしなやかにすれば、だいぶ改善されよう。また、タイヤのチョイスももうワンサイズダウン(テスト車は215/45R18)すると、よりバネ下が軽くなり乗り心地も向上するだろう。

次に直進安定性だが、やはりボディ剛性の弱さ、特にステアリング回りの取り付け剛性が低いのか、常に修正舵が求められ、長距離では疲れてしまう結果となった。

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車のフロントシート

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車のフロントシート

疲れと言えば、MAZDA3で新たに採用されたシートにも触れておきたい。人間は歩くとき、頭はほとんど揺らすことなくスムーズに歩行する。その要因は骨盤が“立っている”ことなのだと言う。そうすることで重い頭が上にあってもバランスが取れるのだ。その能力をシートに座っても実現できれば、Gなどの外的要因にも対応ができ、クルマ酔いも減らせると考えた。そのアイデアはすばらしいものなのだが、実際にこのシートでロングドライブに出かけると、およそ2時間程度で腰がだるくなり、お尻が痛くなるのだ。ナビとして同乗した女性は翌日も体のだるさを訴えていたので、まずは長距離でも座って疲れないシートを望みたい。

もう少し伸びてほしい燃費

次に、燃費について見てみよう。約1,100km走行した実燃費は、

■MAZDA3 SKYACTIV-X搭載車のカタログ燃費と実燃費を比較
・カタログ燃費
市街地:13.7km/L
郊外路:17.6km/L
高速道路:19.0km/L
・実燃費
市街地:12.0km/L
郊外路:13.7km/L
高速道路:17.0km/L

上記のような結果となった。カタログ燃費と実燃費を比較すると、郊外路での燃費の差が大きいものの、それ以外はほぼ近しい数値と見ていいだろう。ただし、数値そのものは決して満足できるものではない。なぜなら1.8Lディーゼルと比較して大幅に差がついてしまっており、2.0Lガソリンとほぼ同じくらいの値だからだ。今回は2.0Lガソリンエンジン搭載車の燃費計測ができていないので、経験則からしか言えないのだが、おおよそカタログ値よりも1割ほど下回るのが常なので、若干SKYACTIV-Xが上回ることになる。しかし、ここで問題になるのはガソリンがプレミアム指定されているということだ。ランニングコストを含めると、SKYACTIV-Xの立ち位置は微妙なものになってしまう。

SKYACTIV-Xはこれからの熟成に期待

さて、MAZDA3 SKYACTIV-Xの評価だが、熟成まではあと一歩と言うところだ。

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車の試乗イメージ

マツダ「MAZDA3」SKYACTIV-Xエンジン搭載車の試乗イメージ

かなり待たされての試乗だったこともあり、期待値が高かったことは否めない。しかし、それを除いて考えても、もう少しドラマチックで色気のあるエンジンにしてほしかった。その点を除けば、上から下まで過不足なくドライバーの期待に応えられる素直なエンジンと言えよう。ただし、SKYACTIV-Xの値付けは、正直かなり厳しい。
(※SKYACTIV-X M Hybridに関する記述について、一部誤りがございましたので削除いたしました [2020年4月22日・編])

いっぽうMAZDA3そのものについてだが、SKYACTIV-Xで述べた評価とほぼ同様で、もっとしなやかな足が欲しいし、シートはもう一度ベースから考えてもらいたい。何よりも疲れないことが重要で、その結果が安全にもつながるからだ。

そういったことも含めて、現在のMAZDA3はショールームコンディションのクルマといえる。つまり、非常にかっこよく魅力的なデザインをまとい、インテリアも上質なので、ショールームで見るだけで購入するとすれば、これほどいいクルマはないだろう。デザインにひと目ぼれして買うのであればきっと気に入るだろうし、まったく問題なくおすすめできる1台だ。しかし、乗り心地などを含めると、もう2年ほど待ったほうがいいかもしれない。その理由は、マツダはほぼ1年ごとに商品にアップデートを加えているからだ。彼らはきっと上記の問題には気づいており、次かその次の商品改良でかなりのレベルまで到達してくるはずだ。いま日本でもっとも輝くメーカーであるマツダだからこそ、ぜひ次の高みを見せてほしいと感じるし、それに期待したい。

内田俊一

内田俊一

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を活かし試乗記のほか、デザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る