レビュー
劇的に進化した2代目ルークス!

進化した日産 新型「ルークス」解説&ショート試乗レビュー! 走行中の“静かさ”に驚き!

初のフルモデルチェンジを遂げた、日産の軽自動車「ルークス」。先代の「デイズルークス」から車名を変更し、「デイズ」の名が取れたことで独立したモデルとなった。

2020年3月19日に発売された、日産「ルークス」。写真の女性は、日産 執行役副社長の星野朝子氏

2020年3月19日に発売された、日産「ルークス」。写真の女性は、日産 執行役副社長の星野朝子氏

とは言え、新型ルークスのメカニズムの多くは、2019年にフルモデルチェンジしている「デイズ」のものを共用している。

2019年に発売された、日産「デイズ」。「ルークス」との主な違いは、全高やスライドドアの有無などだ

2019年に発売された、日産「デイズ」。「ルークス」との主な違いは、全高やスライドドアの有無などだ

デイズは「軽ハイトワゴン」と呼ばれるジャンルに属し、全高は1,640mm(2WD)。対して、ルークスは「軽スーパーハイトワゴン」と呼ばれ、全高を1,780mm(2WD)にアップすることでさらに広い室内空間を確保し、後席にはスライドドアを搭載しているのがデイズとの大きな違いだ。

ちなみに、兄弟車である三菱自動車の新型「eKスペース」「eKクロススペース」も、新型ルークスと基本設計は同じだ。そのあたりは先代と同様なのだが、新型ではその関係が大きく変わっている。先代は三菱が主導となって開発していたのに対して、新型は日産主導で開発が行われたのだ。その最大の狙いは、日産が得意とする「先進安全技術」の搭載にあった。

日産 新型「ルークス」に搭載されている安全運転支援システム「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」

日産 新型「ルークス」に搭載されている安全運転支援システム「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」

たとえば、新型ルークスに備わっている「インテリジェントFCW」と呼ばれる前方衝突予測警報機能は、レーダーを使って2台前のクルマまで検知。直前を走る車両だけでなく、その前を走るクルマの動きまで監視している。そのため、音や表示によるブレーキ警告のタイミングが他車よりも早く、衝突事故を防ぐ効果は大きい。インテリジェントFCWは、これまでは「スカイライン」など日産の上級車種に使われていた技術なのだが、軽自動車では新型ルークスに初めて採用される。さらに、「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)にもレーダーが採用されるなど、新型ルークスは軽自動車としては高度な安全性能を有している。「ライバル以上に性能が高く、充実した先進安全機能」は、新型ルークスの大きなアドバンテージだ。ちなみに、昨年2019年に発売された「デイズ」には、このレーダーは搭載されていない。

日産 新型「ルークス」に搭載されている「プロパイロット」は、アダプティブクルーズコントロールに加えて、ステアリングのアシスト機能も搭載されている。さらに、渋滞などで停止した後に再発進する機能も採用されている

また、運転サポート機能として、高速道路でドライバーがアクセルやブレーキを操作しなくても速度を自動で制御してくれる「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」に、車線の中央を維持するハンドルアシストを加えた「プロパイロット」を設定しているのも新型ルークスの魅力だろう。ライバル車も同様の制御を備えているが、ホンダ「N-BOX」は低速域で作動がキャンセルされてしまうし、ダイハツ「タント」は低速域のハンドルアシストや渋滞時の停止保持機能がない。速度制御とハンドルアシストの両方が渋滞時にも作動し、ドライバーがブレーキを踏まなくても停止状態をキープできるのは、新型ルークス(と「eKスペース」「eKクロススペース」)のみである。

新型「ルークス」の後席スライドドアの開口幅は、先代よりも+95mmも広がったことで、乗り降りしやすくなった

しかし、実車に触れると新型ルークスの魅力はこれらの先進技術だけではないことに気付く。たとえば、後席に乗り込む際のスライドドアの開口幅は、先代から+95mmの650mmと、かなり広くなった。これは、日常の乗り降りはもちろんのこと、小さな子供を抱きかかえながら乗り降りするシーンでは、とくにメリットを実感できる。そのうえ、乗降時に体を支えるBピラーのグリップはライバルよりも大きく、子供から大人、そして年配の人にも握りやすいのもいい。

新型「ルークス」に搭載されている「ハンズフリーオートスライドドア」は、フロントドアとリアスライドドアの中間あたりに足を差し入れることで、手を使わずにスライドドアを開くことができる便利な機能だ

そのスライドドアは、「プロパイロットエディション」では左右両側が電動式になる(「X」系は助手席側のみ)。さらに、プロパイロットエディションでは、両側のスライドドアに「ハンズフリーオートスライドドア」と呼ばれる、手を使わず足を車体下に差し入れることでドアを作動させる機能が搭載されている。両手に荷物を持っているときや、赤ちゃんを抱いたパパやママなどにとても便利な機能だ。

ハンズフリーオートスライドドアは、ライバルのN-BOXやタントなどにも搭載されているが、N-BOXは助手席側だけに採用されており、タントは開くのみで閉じる機能がないといったことから、新型ルークスのほうが総じて使い勝手はいい。

新型「ルークス」のリアシートは広く、左右独立でスライドできる点が便利だ。そのスライド量は320mmと、ライバル車の中でもトップを誇る

リアシートは、スライドとリクライニングが左右独立で行え、座面前端をななめにカットすることでふくらはぎをサポートしてくれる形状となっており、快適に座ることができる。さらに、リアシートのスライド量は320mmとライバルの中でもダントツで、荷室のアレンジ幅が広いのも大きな特徴だ。後席シートスライドを一番間に寄せれば、荷室には大人4人が座れる状態を保ったまま、スーツケース(機内持ち込みサイズ)をライバル車よりひとつ多い4つも積むことができる。

その後席シートスライドを実際に使ってみたのだが、後席スライドとリクライニングのロック解除レバーが背もたれ上部にあるから、荷室側からでも気軽に操作できるのが便利だ。また、折りたたむときにも、「背もたれを前に倒す」「床下へ沈める」の2アクションが必要だった先代ルークスに対して、新型では背もたれを前へ倒す1アクションの操作だけでたためるのが便利だ。こういった、細かく地味ながらも日々使い勝手のよさを実感できるような性能の向上こそが、ユーザーから支持を集める改良なのだと言える。

フロントからリアへと風を流すことで、エアコンの空気を循環させてくれる「リヤシーリングファン」も、使い勝手の高い装備のひとつだ

そのほか、後席の快適装備としてサイドウィンドウの「シェード」、飛行機や新幹線のような折りたたみ式の「シートバックテーブル」、そして助手席背面にある後席用「USBポート」なども、便利な機能だ(一部装備はグレードによる)。また、ハイトワゴン系の夏場の悩みである後席の温度上昇に対応する装備として、天井設置型の「リヤシーリングファン」がオプションとして用意されている。さらに、リヤシーリングファンには消臭や除菌効果が期待できる「プラズマクラスター」が組み込まれている。ここまでくると、もはや軽自動車の水準を超えたミニバン並みの充実ぶりと言えるだろう。

新型「ルークス」のインパネ

新型「ルークス」のインパネ

運転席に座って感じるのは、良好な視界だ。実は、着座位置はライバル車よりも高く、相対的にインパネ上面の位置が低いから、前方がよく見えるのがいい。特に、背が低めの人でも車両前方が比較的見やすく、運転のしやすさに直結していると言える。ただし、開放感を重視したインターフェイスの作りゆえに、ナビ画面をドライバーと離したレイアウトとしているので、ちょっとカーナビに手が届きにくい印象はあった(これは、最近の軽自動車としては珍しいことではないのだが……)。

日産 新型「ルークス」の外観イメージ

日産 新型「ルークス」の外観イメージ

走りは、どうだろうか。原稿執筆時点では、ターボエンジン搭載車を味見程度に試乗しただけなのでショートインプレにとどめておくが、まず実感したのは“静かさ”だ。ロードノイズだけでなく風切り音も低く抑えてあり、高速道路走行時でも前席と後席で普通に会話できたのは驚いた。また、エンジンの振動などもよく抑えこまれていて、3気筒らしい不快さがない。これは液体封入エンジンマウントなど、高コストゆえにコンパクトカーの「マーチ」にも採用のない機構を搭載していることも大きく効いている。

操縦安定性に関しては、デイズで感じたような、軽自動車を超えたクオリティの高さの延長線上にある。「軽自動車だから」という割り切りを感じさせないのだ。たとえば、交差点を曲がる際の曲がり方は自然で、ロール感も一定で急激にグラリとこないから、軽自動車っぽいふらつきを感じさせない。それが、安心感へとつながっている。

そして、ボディがしっかりと作りこまれていることもよくわかる。段差を乗り越えたときの衝撃が、乗員に伝わるときにはしっかりと緩和されていて、日常シーンでは快適そのものだ。

ただし、高速道路でペースを上げると車体の上下動が気になることがある。だが、これはホイールベースやトレッドが短いうえに、背(重心)が高いというスーパーハイトワゴンの物理特性の不利さゆえに仕方がないところかもしれない。むしろ、その不利な状況でよくここまで仕上げたと思えた。

車量は1,010kgと軽自動車としては重めだが、トルクの太いターボエンジンのおかげで加速に不満はなかった。自然吸気エンジン車に関しては、しっかり試乗してから追ってレポートしたい。

日産 新型「ルークス」の外観イメージ

日産 新型「ルークス」の外観イメージ

新型ルークスは軽自動車だけれど、その作り込みは普通車と変わらない水準に達していることに驚く。そして、「大きいクルマはいらないけれど、室内が広くて便利なクルマがいい」というファミリーに、新型ルークスはぴったりだ。

工藤貴宏

工藤貴宏

自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆中。心掛けているのは「そのクルマは誰を幸せにするのか?」

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る