レビュー
ブラシや雑巾の届かない個所もピッカピカ♪

車内のホコリは“スライム”で一掃! 「サイバークリーン」のスゴい効果

クルマ好きのライター、マリオ高野です。

公共の交通機関と異なり、マイカー移動は感染リスクがほぼないとはいえ、出先で観光や飲食を楽しむと、行楽地へ出かけるのと同じになってしまいます。それゆえドライブも楽しめない状況が続いていますが、運転せずとも「愛車と向き合う」方法は少なくありません。

そのひとつが「愛車の手入れ」。この機に、年末の大掃除ぐらいしかやらない徹底的な車内清掃にはげんでみてはいかがでしょうか?

そこで今回は、以前から気になっていた掃除アイテム、スライム/ジェル系の吸着素材を試してみました。さまざまな製品が発売される中、吟味した結果選んだのがこちら。

「サイバークリーン(Cyber Clean) 車内用」です。

ジップパックタイプは1セット2個入り。製品を梱包する透明のフィルムは保存用に使えます。案内通り、掃除したい個所に押し付け、できるだけ奥へ流し込むようにして使います

ひとつ700円程度と、同種の製品の中では安すぎず高すぎずと、中間的な価格である点。特許を取得している点、製品の紹介内容が具体的で細かい点などが気に入って選びました。

玩具用スライムメーカーが10年以上かけて開発

子供向け玩具用の「スライム」を製造していたメーカーが、掃除用アイテムに転用開発するにあたり、もっとも難しかったのは「粘度」。玩具用のスライムはやわらかすぎて、掃除用に使うと細かい隙間やくぼみに入ったスライムがそのまま残ってしまうという問題に直面したそうです。隙間の奥まで浸入するやわらかさと、取り出してもちぎれたりしない硬さの粘度バランスにたどり着くまで、なんと10年以上の歳月をかけて開発したといいます。

実際に使ってみると、第一印象は「ほとんど液体?」と思うほどやわらかいものの、意外と簡単にはちぎれない絶妙な粘度具合だと感じました。

開封すると、袋の中に粘度の高い液体が溜まっているような感じですが、指などで袋から出せば、一応ひとつの塊として安定します

まさに、プニプニのスライムという感触。かなりウェッティですが、乾燥してしまうと効力を失うので、袋から出すのは使用する直前にしましょう。使用後は乾燥しないよう密封して保存します

ニオイはややあるが許容範囲か

まず、この手のクリーナーを使用する際に気になる使用感やニオイについては、強めのクセはあるものの、多くの人にとって許容できる範囲だと思います。

ちょっと硬めのゼリーのような質感にて、ウェットな感触ながら手がベトつくことはなく、掃除の作業性は良好でした。ニオイはやや強めながら、昔からよくある芳香剤の香りという感じで、エグさを感じるほどではありません。使用後は手を洗ってもしばらくニオイは残るものの、食事中にてのニオイが気になるなど、日常生活に悪影響を及ぼすほどでもないので、よほど神経質な人でない限り大丈夫でしょう。

ヒンヤリと冷たく、スライムというより、液体に近い感覚。容量は80gで手のひらに軽く収まる程度の感覚です

ヒンヤリと冷たく、スライムというより、液体に近い感覚。容量は80gで手のひらに軽く収まる程度の感覚です

とはいえ、芳香剤のニオイが生理的に合わない人もいるでしょうから、昔からトイレや車内用によく使われるたぐいの芳香剤のニオイが苦手な人は、ゴム手袋を装着するなどして対策してください。

掃除の機能については、樹脂系パーツの細部にたまる微細なチリやホコリを吸着する効果は期待通りでした。細かい隙間や網目状/メッシュ状の樹脂や金属パーツの奥に、液体を流し込むようにして押し込むのがコツ。掃除用としては効果的なクリーナーだと感じました。吸着したチリやホコリは内部に溜まっていくので、平らな面や面責の大きな部分など、普通に拭き掃除できる個所には使わないほうが長持ちするでしょう。

車内のホコリが溜まる個所を徹底清掃!

細かいチリやホコリがたまる定番スポットである、シフトまわり

細かいチリやホコリがたまる定番スポットである、シフトまわり

液状の個体?を転がすだけでいいので、掃除しにくいブーツ部分もキレイになりました

液状の個体?を転がすだけでいいので、掃除しにくいブーツ部分もキレイになりました

エアコンの操作ダイヤルの根元部分にもホコリが溜まりがちです

エアコンの操作ダイヤルの根元部分にもホコリが溜まりがちです

やや強引に押し付けるようにして、奥の奥までジェルが行き届くようにするのがコツ

やや強引に押し付けるようにして、奥の奥までジェルが行き届くようにするのがコツ

このように、サッパリしました

このように、サッパリしました

エアコンの吹き出し口も、放っておくとホコリが堆積

エアコンの吹き出し口も、放っておくとホコリが堆積

こちらも、奥まで押し込むようにすると掃除しやすいです

こちらも、奥まで押し込むようにすると掃除しやすいです

細かい隙間には、やや強めにしっかりと追い込むことが大事です。「固い液体」のような感覚なので、かなり細かいくぼみや隙間に流れ込みます

押し込んではがす作業を2〜3回繰り返すと、すっかりキレイになりました。掃除する対象物がクルマの内装部品のような樹脂であれば、使用後にベタついたりテカったりはしません。しかし、ガラスやメーターパネルなどの透明な物に使用するとベトつき跡が残ってしまうので、濡れたウエスなどで拭き取る必要があります

スピーカーなどのメッシュ部分の掃除にも最適。ですが、メッシュの目や穴が大きいと、製品が中に入りすぎて取れなくなってしまう恐れがあるので、押し込む際は注意してください。目の細かい対象物は強めに押し込んでも大丈夫です

掃除をする対象物の汚れ度合いにもよりますが、一般的な乗用車ならひとつで1台分の掃除が十分まかなえます。製品の案内をみると乾燥に弱いらしく、また使用感からして、長期的に使い続けるのは難しそうな手応えなので、長く使い続けるというより、集中的に使用して使い切るのがよいと思いました。比較的時間の余裕があるこの時期、クルマ好きなら愛車の室内清掃に没頭するのも悪くありません。

クルマの内装の細部の掃除は、以前に紹介した小型のブラシによる作業も大変効果的ながら、掃除中にチリやホコリが車内に舞ってしまうという難点がありました。

▶ 洗車の業者も太鼓判!「バカ落ちルークリ洗剤」と「小さなブラシ」で内装をキレイに♪

このブラシもあらためてオススメできる良品ですが、マスクの消耗や消費を抑えたい今、ジェル状クリーナーの出番といったところでしょう。製品に含まれるエタノール成分が殺菌・除菌効果もあるということで、わずかでも付着したウイルスが除去できるかもしれません。気休めでもうれしいです。

パワーウィンドウのスイッチなど、スイッチまわりの掃除にも向いています

パワーウィンドウのスイッチなど、スイッチまわりの掃除にも向いています

写真では見えませんが、スイッチの裏側にたまった微細なチリを一掃できました。くどいようですが、奥まで行き渡るよう強めに押し込むのがコツです

ステアリングの根元部分など、凹凸が多いスキマの掃除もしやすいです

ステアリングの根元部分など、凹凸が多いスキマの掃除もしやすいです

掃除対象物への物理的な刺激はほぼゼロなので、ブラシなど硬い素材で掃除するのが不安な個所でも安心して使えます

PCのキーボードや一眼レフカメラなどもキレイに!

もちろん、クルマの室内以外でも幅広く使えます。カメラなどの精密機器の細部のお手入れにもよいでしょう。

ゲーム機器のコントローラーやパソコンのキーボードなどの掃除にも

ゲーム機器のコントローラーやパソコンのキーボードなどの掃除にも

キーボードの隙間の掃除も得意分野です。作業すると手はベトつきますが、キーボードなどがベトつくことはありません

一眼レフカメラの微細なホコリがたまりやすい凹凸部分の掃除も、大変効果的でした

一眼レフカメラの微細なホコリがたまりやすい凹凸部分の掃除も、大変効果的でした

カメラやゲーム機以外にもOA機器や家具、玩具、文房具など、あらゆる樹脂・金属の凸凹部や隙間の掃除に有効です

カメラのストロボの根元部分などの微細なチリを除去。カメラの外観全体をリフレッシュできました

カメラのストロボの根元部分などの微細なチリを除去。カメラの外観全体をリフレッシュできました

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る