ニュース
注目のガラスルーフ「スカイフィールトップ」は全グレード標準装備!

ダイハツ「タフト」発売! 軽SUVは“タフ”で“スクエア”が人気!?

ダイハツは、新型軽SUV「タフト」を、2020年6月10日に発売した。

タフトの車名は「Tough&Almighty Fun Tool」の頭文字(TAFT)を取ったもので、「日常からレジャーシーンまで活躍し、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」がコンセプトとなっている。

タフトには、2019年に発売された軽ハイトワゴン「タント」と同様、「DNGA」と呼ばれるダイハツの新プラットフォームが採用されている。また、エンジンやCVTなどのパワートレインも基本的にタントと共通で、エンジンはNAとターボの2種類が、駆動方式は2WDと4WDが用意されている。タントは、昨年新型にモデルチェンジしてから走りの質感が向上していることから、タフトでも走りのよさが期待できそうだ。グレードラインアップと価格については、以下のとおりとなる。

■ダイハツ「タフト」のグレードラインアップと価格
X:1,353,000円[2WD]/1,479,500円[4WD]
G:1,485,000円[2WD]/1,611,500円[4WD]
Gターボ:1,606,000円[2WD]/1,732,500円[4WD]

画像は、東京オートサロン2020で初披露された「タフトコンセプト」

画像は、東京オートサロン2020で初披露された「タフトコンセプト」

タフトは、2020年1月10日から開催された「東京オートサロン2020」でコンセプトモデルがすでに披露されているが、市販モデルもコンセプトモデルとほぼ変わらない姿で発売された。一見して大きく異なるのは、ホイールやタイヤなどの一部のみに限られる。

画像は、市販モデルの「タフト」(ディーラーオプションの「メッキパーツ」装着車)

画像は、市販モデルの「タフト」(ディーラーオプションの「メッキパーツ」装着車)

画像は、市販モデルの「タフト」(「メッキパーツ」非装着車)

画像は、市販モデルの「タフト」(「メッキパーツ」非装着車)

東京オートサロン2020で、(コンセプトモデルではあるものの)タフトの実車を間近で見た印象は、「軽自動車のボディサイズには、とても見えない」というものだった。スクエアな外観に加えて、高い位置に配置されているボンネットフード、張り出したバンパーやフェンダーによって迫力がいっそう強められている。さらに、タイヤには軽自動車としては大きめの165/65R15サイズが装着されており、最低地上高も高く設定されている(190mm)ことなどによって、パッと見では軽自動車のボディサイズには見えなかった。

タフトには「スカイフィールトップ」と呼ばれる、最近の国産車にはめずらしいガラスルーフが、全グレードに標準装備されている

「スカイフィールトップ」は、シェードで閉じることも可能だ

「スカイフィールトップ」は、シェードで閉じることも可能だ

タフトで注目したいのが、新たに採用されたガラスルーフ「スカイフィールトップ」だ。このスカイフィールトップは、前席の頭上に設置されていて車内の開放感を高めてくれる。また、スカイフィールトップのガラスには「スーパーUV&IRカットガラス」が採用されていて、紫外線や赤外線を減らしてくれる。シェードも装備されているので閉じることも可能だ。

このスカイフィールトップは、タフトの全グレードに標準装備されているのが特徴的だ。この点について、開発者は「全車標準装備にすることで、価格を抑えることができる」と説明する。

タフトのG、Gターボグレードには、ルーフレールが標準装備されている。画像の、ルーフレール上に設置されているキャリアなどはオプション品

さらに、スカイフィールトップのうしろには短めだが「ルーフレール」が装備されているので、アウトドアなどの用途でルーフキャリアを取り付けるのに便利だ(G、Gターボに標準装備)。

画像は、シルバータイプの「メッキパック」装着車

画像は、シルバータイプの「メッキパック」装着車

画像は、ダークブラックタイプの「メッキパック」装着車

画像は、ダークブラックタイプの「メッキパック」装着車

タフトには、「メッキパック」と呼ばれるディーラーオプションが用意されている。フロントとリアに装着できるメッキガーニッシュで、シルバータイプとダークブラックタイプの2種類を選ぶことができる。このメッキガーニッシュは、東京オートサロン2020のコンセプトモデルにも装着されていたものだ。

タフトは、ボディカラーバリエーションも豊富だ。ダイハツ車で新色の「レイクブルーメタリック」「フォレストカーキメタリック」「サンドベージュメタリック」を含む全9色がラインアップされている。また、タフトでは3種類の外観スタイルを選ぶことができるメーカーオプションも用意されている。

■ダイハツ「タフト」のボディカラーラインアップ(全9色)
レイクブルーメタリック
フォレストカーキメタリック
サンドベージュメタリック
レモンスカッシュクリスタルメタリック
スプラッシュブルーメタリック
ブラックマイカメタリック
シャイニングホワイトパール
コンパーノレッド
ブライトシルバーメタリック

そのほか、タフトには「LEDヘッドランプ」が全グレードに標準装備されていることも、特徴のひとつとしてあげられる。

「タフト」(G)のインパネと前後シート

「タフト」(G)のインパネと前後シート

タフトの内装は、細かな個所までスクエア基調で構成されており、タフなイメージを想起させるデザインとなっている。インパネ中央のシフト周りやメーター、エアコン吹き出し口などに配されているオレンジの加飾は、G、Gターボに標準装備されるものだ。

画像は、「タフト」のラゲッジルーム。リアシートを倒した状態

画像は、「タフト」のラゲッジルーム。リアシートを倒した状態

ラゲッジルームは、リアシートを倒すとフラットになるので、たくさんの荷物も積みやすい

ラゲッジルームは、リアシートを倒すとフラットになるので、たくさんの荷物も積みやすい

ラゲッジルームは、床面とリアシートバックに樹脂加工が施されているので、リアシートを倒して泥などの汚れがついたものを積み込んでも、拭き取りやすくなっている。また、リアシートを倒したラゲッジルームはフラットになるので、大きな荷物なども積みやすい。

タフトには、ダイハツ車として初の「電動パーキングブレーキ」が装備された

タフトには、ダイハツ車として初の「電動パーキングブレーキ」が装備された

タフトは、ダイハツ車では初となる「電動パーキングブレーキ」が採用されている。これによって、前走車を追従する「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」が0km/hで停車しても保持してくれるようになり(最大3分間)利便性が向上している。たとえば、2019年11月に発売された、ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」のACCは、0km/hでの停車にまで対応している。だが、停車を保持することができずにわずか数秒で再発進してしまうので、停まったらドライバーがブレーキを踏む必要があった。そのため、高速道路で頻繁に発進と停止を繰り返すような激しい渋滞などの際には、タフトの全車速追従機能付ACCのほうが使い勝手がいい。

また、タフトでは安全性能も大きく進化した。ダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」を作動させるためのステレオカメラが3年ぶりに刷新され、タフトに搭載される。新たに「夜間歩行者検知機能」「路側逸脱警報機能」「ふらつき警報機能」「最高速度(標識)」「一時停止(標識)」の5つの機能が追加されたほか、検知性能も向上しているという。

タフトのライバル車である、スズキ「ハスラー」

タフトのライバル車である、スズキ「ハスラー」

タフトのライバル車は、スズキの人気軽SUV「ハスラー」だ。タフトは、後発だけあって全車LEDヘッドランプの装備や(ハスラーはグレードによってハロゲン)、電動パーキングブレーキの採用など(ハスラーは足踏み式のパーキングブレーキ)など、ハスラーを研究したうえで、優位になるような装備を身につけているようにも思える。

ダイハツ「タフト」の走行イメージ

ダイハツ「タフト」の走行イメージ

だが、タフトもハスラーも装備や価格以前に、外観の個性がかなり異なる。タフトは1サイズ上のSUVらしい重厚さを押し出しているのに対して、ハスラーは新型になりたくましさが増しているものの、丸目ヘッドランプなどのアイデンティティによって、歴代モデル共通の愛らしさを感じさせてくれる。

そのため、タフトとハスラーのどちらを選ぶかについては、どちらの外観が好みなのかが重要になってきそうだ。両車ともにオプションパーツも豊富で、装着することでイメージがだいぶ変わるので、そのあたりを加味して比較してみればタフトやハスラーの新車選びは、さらに楽しいものになりそうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る