ニュース
後方車両の急接近や蛇行運転をAIで検知

「AIセンシング」であおり運転を自動で撮影! ケンウッド「DRV-MR8500」発売

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドから新機能「AIセンシング」を搭載した前後2カメラドライブレコーダー「DRV-MR8500」と、ケンウッド初の360°撮影が可能なドライブレコーダー「DRV-C750」、そしてDRV-C750と接続して後方を録画できるリアカメラ「CMOS-DR750」の3機種を発売すると発表した。

画像は左が「DRV-MR8500」(メインユニット)で、右が「DRV-C750」

画像は左が「DRV-MR8500」(メインユニット)で、右が「DRV-C750」

発売日は、DRV-MR8500が9月中旬、DRV-C750とCMOS-DR750は8月下旬の予定となっている。市場想定売価は、DRV-MR8500が42,000円前後、DRV-C750が40,000円前後、CMOS-DR750が10,000円前後だ。(いずれも税抜き価格)
※価格表記に誤りがありましたので、修正いたしました(編)

「DRV-MR8500」のフロントカメラ(左)とリアカメラ(右)

「DRV-MR8500」のフロントカメラ(左)とリアカメラ(右)

DRV-MR8500は、ケンウッドのドライブレコーダーの新たなフラッグシップとしてふさわしい高機能なモデルだ。最も注目したいのは、後方からのあおり運転を自動で検知して録画してくれるAIセンシング機能を搭載していること。

「DRV-MR8500」のリアカメラで後方車両を捕捉

「DRV-MR8500」のリアカメラで後方車両を捕捉

DRV-MR8500のリアカメラに映る後方車両を常に捕捉(同時に3台まで)し、捕捉車両が特定の検知エリア内に近づくと検知、追尾を開始する。

後方車両が接近してきたので、検知、追尾を開始

後方車両が接近してきたので、検知、追尾を開始

追尾車両がさらに接近したため、警報を発するとともに録画映像をイベントフォルダへ保存

追尾車両がさらに接近したため、警報を発するとともに録画映像をイベントフォルダへ保存

追尾車両がさらに接近、もしくは蛇行運転を始めると、ドライバーに警告音と画面表示で知らせてくれるとともに、上書きされないイベントフォルダへ録画映像が保存される。

ドライブレコーダーには、本体のボタンを押すことでイベントフォルダへ手動で録画できる機能を持つ機種も多い(DRV-MR8500も手動録画が可能)のだが、万が一、後方からあおり運転の被害を受けてしまったとき、冷静に手動録画ボタンを押すのが難しいこともあるだろう。また、被害を警察へ届け出るまでに時間がかかった場合に、ドライブレコーダーが作動し続けていると証拠が上書きされてしまう可能性もある。ドライブレコーダーをすぐに止めてしまえばいいのだが、被害に遭った状況で、そのことを気にかける余裕はないかもしれない。そんなとき、ドライブレコーダーにAIセンシング機能が搭載されていれば、証拠をしっかりと録画、保存してくれる頼もしい味方になるはずだ。

また、DRV-MR8500には、フロントカメラ、リアカメラともにf1.6の明るいレンズが採用されている。これまで、ケンウッドのドライブレコーダーのなかでフラッグシップモデルとして位置づけられていた「DRV-MR745」に搭載されているレンズでもf1.8だ。他社のフラッグシップモデルではf2.0のレンズが多く採用されていることから、f1.8でも十分に明るいのだが、DRV-MR8500ではDRV-MR745をも凌ぐ明るいレンズが採用されている。

さらに、DRV-MR8500には画素数500万画素の「STARVIS CMOSセンサー」がフロントカメラ、リアカメラともに採用されており、フルハイビジョンの約1.8倍の解像度となる「WQHDモード」での録画が可能となっている。そのほかのスペックについては、以下の通りだ。

■DRV-MR8500の主なスペック
-フロントカメラ(メインユニット)-
外形寸法:W 89.6×H 54.8×D 38.7mm
重さ:130g
液晶サイズ:2.7型フルカラーTFT液晶
撮像素子:1/2.8型フルカラーCMOS
最大記録画角:水平 約112°/垂直 約65°/対角 約131°
f値:f1.6
記録解像度(最大):Wide Quad-HD(2,560×1,440)
フレームレート:29.1/9.7/3.2fps
録画フォーマット:MOV(H.264+LPCM)
記録メディア:microSDカード(Class10以上推奨、16〜128GB対応)
-リアカメラ-
外形寸法:W 40.3×H 36.4×D 32.7mm
重さ:35g
撮像素子:1/2.8型フルカラーCMOS
最大記録画角:水平 約112°/垂直 約65°/対角 約131°
f値:f1.6
記録解像度(最大):Wide Quad-HD(2,560×1,440)
フレームレート:29.1/9.7/3.2fps

最近、ケンウッドが新製品のドライブレコーダーに次々と採用し始めて人気の高い「スモークシースルー」機能も、リアカメラに搭載されている。同機能は、リアがスモークガラスになっているクルマでも後方の映像を明るく撮影してくれるという便利なものだ。

「DRV-MR8500」には、microSDカードを挿入するスロットが2基搭載されており、長時間の撮影が可能となっている

また、microSDカードスロットは、リレー録画が可能な2スロットタイプが採用されている。最大容量は1スロットあたり128GBなので、2スロット合計で最大256GBのmicroSDカードを使用することができる。DRV-MR8500は高画質録画が可能なので、2枚のmicroSDカードを使うことで長時間録画が可能になるのは大きなメリットだ。また、microSDカードへの連続書き込みによる断片化、録画エラーを防いでくれる「SDカードメンテナンスフリー」機能も搭載されている。

DRV-MR8500は、ライバルを凌ぐ機能を数多く有しており、現在発売されているドライブレコーダーの中でNo.1の総合性能を持つドライブレコーダーと言っても過言ではないだろう。

ケンウッド初の360°撮影が可能な「DRV-C750」

ケンウッド初の360°撮影が可能な「DRV-C750」

いっぽうのDRV-C750は、ケンウッド初となる360°の撮影に対応したドライブレコーダーだ。前後左右のほか、車室内の撮影が可能となっている。いま売れ筋の前後2カメラのドライブレコーダーでは、前後は撮影できても左右を撮影することは難しい。だが、360°撮影可能なドライブレコーダーは(車室内を通して)左右を撮影することができるので、たとえば横から幅寄せされたり側突されたりといった際に、録画した映像を証拠にすることができる。

画像は、「前後左右4分割録画」で撮影したときの映像

画像は、「前後左右4分割録画」で撮影したときの映像

録画モードは、360°の撮影が可能な「パノラマモード」に加えて、「前後2分割録画」「前後左右4分割録画」のほか、前後左右を俯瞰して録画できる「ラウンドモード」の4種類が用意されている。

「DRV-C750」と同時に発売されるリアカメラ「CMOS-DR750」

「DRV-C750」と同時に発売されるリアカメラ「CMOS-DR750」

また、たとえばミニバンのように室内長が長いクルマの場合、360°タイプのドライブレコーダーでは本体を取り付けるフロントガラスからリアガラスまでが遠いことから、後方映像が撮影しにくいことがある。だが、DRV-C750と同時に発売されるリアカメラのCMOS-DR750を組み合わせて使うことで、後方の映像も鮮明に撮影することができるようになる。ちなみに、DRV-MR8500で前述した「スモークシースルー」機能は、CMOS-DR750にも採用されている。

レンズは、DRV-C750とCMOS-DR750のどちらもf1.8の明るいレンズが採用されているので、暗い場所でも明るく撮影することができる。そのほか、画角や解像度などのスペックについては、以下の通りだ。

■DRV-C750の主なスペック
外形寸法:W 74×H 86.1×D 32mm
重さ:129g
液晶サイズ:2.4型フルカラーTFT液晶
撮像素子:1/2.5型フルカラーCMOS
最大記録画角:水平360°/垂直240°
f値:f1.8
記録モードと解像度(最大):ラウンドモード(1,856×1,856)/パノラマモード(1,920×960)/2分割モード(2,048×1,536)/4分割モード(2,048×1,536)
フレームレート(最大):27.5fps
録画フォーマット:MP4(H.264)
記録メディア:microSDカード(Class10以上推奨、16〜32GB対応)

■CMOS-DR750の主なスペック
外形寸法:W 44×H 37×D 28mm
重さ:32g
撮像素子:撮像素子:1/2.7型フルカラーCMOS
最大記録画角:水平 約100°/垂直 約52°/対角 約111°
f値:f1.8
記録解像度(最大):Full-HD(1,920×1,080)
フレームレート(最大):27.5fps
接続ケーブル長:8.0m

DRV-C750は、ケンウッドとして初の360°カメラながら、上位モデルのドライブレコーダーと同等の性能を持っており、リアカメラを接続することで死角が少なくなるなど、ユーザーニーズをしっかりと押さえており、安心して購入できる製品と言えそうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る