レビュー
ノートから進化したe-POWERの実力を試乗チェック!

日産「キックス」進化したe-POWERの走りがいい! ライバル車と互角の魅力を備えた

SUVと言えば、今や大小さまざまなボディサイズのものが存在しているが、日本国内で運転するには全長が4,400mm以下の比較的コンパクトなタイプが取り回しやすい。そこで注目したいのが、日産が2020年6月30日に発売した新型SUV「キックス」だ。

2020年6月30日に発売されたe-POWER搭載のコンパクトSUV、日産「キックス」

2020年6月30日に発売されたe-POWER搭載のコンパクトSUV、日産「キックス」

キックスは、海外市場では2016年にすでに販売が開始されているクルマなのだが、日本で販売されるキックスは2020年に登場したばかりのハイブリッド「e-POWER」仕様だ。開発者は、「e-POWERは、従来のキックスに比べてボディを強化し、サスペンションの設定も異なる。走行安定性や、乗り心地を進化させている」と言う。その意味では、新型車と呼ぶこともできるだろう。また、キックス e-POWERはタイで生産、販売される輸入車だが、納車をともなう発売は日本市場がもっとも早い。今回、そんなキックスに試乗したので当記事でレビューしたい。

■日産「キックス」のグレードラインアップと価格
X:2,759,900円
X ツートーン インテリアエディション:2,869,900円
※価格は税込
※全車e-POWER仕様

■日産「キックス」の主なスペック
駆動方式:2WD
全長×全幅×全高:4,290×1,760×1,610mm
ホイールベース:2,620mm
最低地上高:170mm
車重:1,350kg
最小回転半径:5.1m
燃費(WLTCモード):21.6km/L
エンジン:1.2L DOHC水冷直列3気筒(HR12DE)
※最高出力や最大トルクなど動力性能については後述

日産「キックス」のフロントエクステリアとリアエクステリア

日産「キックス」のフロントエクステリアとリアエクステリア

キックスの全長×全幅×全高は、4,290×1,760×1,610mm。ホイールベースは2,620mmで、既存のSUVに当てはめると、ホンダ「ヴェゼル」やマツダ「CX-3」に近い。従来からの小型SUVである「ジューク」と比べると全長は少し長いのだが、SUVとしてはコンパクトな部類に入る。最小回転半径も5.1mと、小回り性能も良好だ。

日産「キックス」のサイドイメージ

日産「キックス」のサイドイメージ

キックスの外観は直線基調で、運転席に座るとボンネットが視野に入るため、ボディの先端位置や車幅がわかりやすい。サイドウィンドウの下端はあまり高くないから、側方視界もいい。後席側のサイドウィンドウは面積が少し狭く、ボディ後端のピラーは太めにデザインされているので、ななめ後方の視界は少し削がれる。真後ろの視認性については、平均的だ。SUVはボディが大柄な車種が多いために後方視界は悪くなりがちだが、キックスは視界がよく、小回りが利いて運転しやすい。

日産「キックス」に搭載されている1.2L 直列3気筒エンジン

日産「キックス」に搭載されている1.2L 直列3気筒エンジン

キックスのほか、コンパクトカーの「ノート」やミニバンの「セレナ」の一部グレードにも搭載されているe-POWERは、1.2L 直列3気筒エンジンが発電機を作動させてリチウムイオンバッテリーに電気を貯め、その電気を使ってモーター駆動で走行する。モーター駆動なので運転感覚はほぼ電気自動車であり、加速は滑らかで静粛性にもすぐれている。

■キックスとノート e-POWERの動力性能を比較
- キックス -
最高出力(エンジン):60kW(82ps)/6,000rpm
最大トルク(エンジン):103N・m(10.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
最高出力(モーター):95kW(129ps)/4,000-8,992rpm
最大トルク(モーター):260N・m(26.5kgf・m)/500-3,008rpm
- ノート e-POWER(2WD) -
最高出力(エンジン):58kW(79ps)/5,400rpm
最大トルク(エンジン):103N・m(10.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
最高出力(モーター):80kW(109ps)/3,008-10,000rpm
最大トルク(モーター):254N・m(25,9kgf・m)/0-3008rpm

日産「キックス」の試乗イメージ

日産「キックス」の試乗イメージ

キックスとノート e-POWERの最高出力と最大トルクを比べてみると、キックスのほうが少し動力性能が高められている。キックスへ乗り込み、アクセルペダルを踏み込んでみると、モーター駆動という特性もあってすぐに速度が上昇していく。特に、巡航時から踏み込んだ際の加速力は、ガソリンエンジンでいえば2.7Lにも相当するほどで、かなりの余裕が感じられる。

e-POWERは、タイヤの駆動をモーターが受け持つので、発電用エンジンは速度の増減に影響されずに高効率な回転域を保てる。状況によっては、速度が下がったときでもエンジンは少し高めの回転域で回り続け、余剰に発電された電気をリチウムイオン電池に蓄える。そうすれば、エンジンを停止させてモーターのみで走る距離が長くなり、燃料消費量をさらに抑えることが可能だ。

だが、効率を追求していくとドライバーはエンジンが勝手に回り続けることで違和感を抱いてしまう。そこで、キックスでは効率を下げない範囲内で、ドライバーの操作とエンジン回転数を同期させる制御を加えている。駆動するのはあくまでもモーターなのだが、アクセルペダルを踏み増すとエンジン回転数も高まるのだ。また、速度が大幅に下がったときは、エンジンは回転を下げたり停止させたりすることによって、モーターのみで静かに走行することができるなどの配慮が施されている。

日産「キックス」の試乗イメージ

日産「キックス」の試乗イメージ

キックスの走行安定性は良好だ。全高は1,610mmと高めのボディながら、その走りは重心の高さを意識させない。駆動用リチウムイオン電池を前席の下に搭載して重心高を抑え、電池を収めるためにボディ底面も補強されているからだ。サスペンションの取り付け部分を含めて、各部のボディ剛性が高められたことによって、背の低い5ドアハッチバックと同等の走行安定性が得られている。

日産「キックス」の試乗イメージ

日産「キックス」の試乗イメージ

ためしに、峠道などで少し速度を高めて走ってみると、ボディは相応に傾くものの唐突感は抑えられており、挙動の変化も穏やかで安定している。さらに、操舵に対する反応にも鈍さがなく、下りのカーブのような不安定な状況でも旋回軌跡を拡大させにくい。

そして、ボディ剛性の向上は乗り心地にも効いている。時速50km以下の低速で市街地を走ると少し硬めに感じるものの、段差を通過するときの突き上げ感は抑えられている。キックスは、時速60kmに達すると快適性が高まるなど、ある程度の速度域に到達することで走りのよさを実感できる。

日産「キックス」のインテリア

日産「キックス」のインテリア

インパネの質感は、満足できるものだ。上部は硬い樹脂なのだが、手前側はやわらかに仕上げられており、本物の糸を使ったステッチも入れられている。エアコンのスイッチは、比較的高い位置に装着されて手が届きやすい。メーターの視認性もいい。

内装でひとつ気になるのが、昨今の日産車に多く採用されているD字型のステアリングホイールだ。カーブの多い峠道などで操舵量が増えるときには、違和感を生じる場合もある。開発者へD字型を採用した理由をたずねると、以下のような返答があった。「今は、燃費などの情報量が多く、メーター内部に7インチの大型液晶モニターを装着した。そうなるとステアリングホイールが従来のサイズでは、モニターが陰に隠れてドライバーから見にくくなる。そこでステアリングホイールを大径にしたが、下側が乗降時に足と干渉することもあるので、D字型にしてスペースを広げた」。

日産「キックス」のフロントシート

日産「キックス」のフロントシート

フロントシートは、十分なサイズが確保されており、座り心地は少し硬めなのだがサイドサポートの張り出しが大きく、体をしっかりと支えてくれる。柔軟性やリラックス感覚はそれほど強くはなく、どちらかというとスポーティーな感覚だ。

日産「キックス」のリアシート

日産「キックス」のリアシート

リアシートの座り心地も、フロントシートと同様に少し硬いのだがボリューム不足は感じない。背もたれは少々立ち気味に設定されているので、日本車としてはもう少し寝かせてほしいところだ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシひとつ半。ライバル車のホンダ「ヴェゼル」の2つ半に比べると狭いが、キックスも窮屈には感じない。床と座面の間隔は十分に確保されており、座る位置が少し高いので見晴らしもいい。

日産「キックス」のラゲッジルーム

日産「キックス」のラゲッジルーム

キックスの荷室は、面積が広い。荷室長(奥行寸法)は、後席を立てた状態で900mmが確保されている。後席の足元空間は前述の通りやや狭めだが、その代わりに荷室の奥行が広げられている。900mmの余裕があれば、キャンプなどで使うテーブルセット、スーツケース、ゴルフバッグなども収納しやすい。これは、外観デザインを重視したために室内が狭かった先代モデルの「ジューク」とは異なる、キックスならではの特徴のひとつだ。

キックスの価格は、冒頭でも記載しているが、ベースグレードのXが2,759,900円。そして、内装にオレンジタン色を使ったXツートーンインテリアエディション(今回撮影した試乗車)が2,869,900円だ。Xツートーンインテリアエディションは11万円高いが、「前席シートヒーター」「ステアリングヒーター」「寒冷地仕様」(Xには55,000円でオプション設定)が標準装備されているので、ツートーン内装の正味価格は55,000円になる。また、キックスでは両グレードともに、運転支援システムの「プロパイロット」が装備されている。

「インテリジェントアラウンドビューモニター」と「インテリジェントルームミラー」は、2グレードともにセットでオプション設定されている

「インテリジェントアラウンドビューモニター」と液晶タイプの「インテリジェントルームミラー」は、両グレードともに69,300円でメーカーオプションで設定されている。このオプション価格は、割安だ。ニーズを感じる装備と思えば、選ぶ価値があるだろう。

キックスの価格や機能、装備のバランスはホンダ「ヴェゼルハイブリッド Z HondaSENSING」(2,760,186円)に近い。さらに、WLTCモード燃費はキックス Xが21.6km/Lとすぐれ(ヴェゼルは19.6km/L)、走行性能でもキックスのほうが上回っている。その代わり、ヴェゼルは後席を含めて居住性は快適で、シートアレンジも多彩だ。

キックスは、運転感覚にすぐれており、少し硬めのシートなども含めて全体的にスポーティーな方向へと振られていると言える。また、後席の広さよりも荷室の大きさを重視した面もあって「2名乗車+荷物」の使い方に適しているだろう。

コンパクトSUVと言えば、2020年8月31日にはトヨタ「ヤリスクロス」も正式発表される。1.5Lのハイブリッドを搭載するヤリスクロス Zの価格は2,584,000円だ。ヤリスクロスの後席や荷室はキックスよりも狭く、実用性は下がるが、ハイブリッドのWLTCモード燃費は31.1km/Lと優秀だ。価格もキックスXに比べて175,900円安く、強力なライバル車になることだろう。

250〜280万円のコンパクトハイブリッドSUVは、ファミリー指向のヴェゼル、スポーティーかつパーソナル指向で経済性を重視したヤリスクロス、そして両車の中間的な存在で荷室や走りのよさに重点を置いたキックスと、選べる選択肢が増えた。いま、ハイブリッドタイプのコンパクトSUVを選ぶなら、この3車種を中心に検討していくことになるだろう。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る