レビュー
マニュアルシフト車・勝手に推進委員会

クルマ好きをもうならせるシフトフィール! ヤリス[6MT]に乗った

MT(マニュアルトランスミッション)車による運転の楽しさを布教し続ける自動車ライター、マリオ高野です。

日本では「ヴィッツ」として売られていたトヨタ「ヤリス」の新型が大好評ですね。クルマ好き界隈では高性能なスポーツモデル「GRヤリス」が話題になっており、その性能は世界のコンパクトスポーツ市場をざわつかせております。MTの楽しさをクローズアップする当企画担当者としては、実用的な普通のヤリスにも6速MTが設定されているのがうれしい限り!

今回はこちらのヤリス、6MTモデルをご紹介します

今回はこちらのヤリス、6MTモデルをご紹介します

トヨタはMTを残してくれた!

ライバルのコンパクトカー、ホンダ「フィット」の新型からはMTの設定がなくなり、日本のコンパクトカー市場におけるMT需要はいよいよ風前の灯火かと思いましたが、トヨタは見事に踏みとどまってくれました。まずは、ヤリスにMTを設定してくれたトヨタの姿勢を讃えたいと思います!

新型ヤリスは、日本名ヴィッツとしては4世代目にあたるコンパクトカーで、欧州や東南アジア市場でも重要なグローバルカー。海外では初代モデルからずっとヤリスの名で販売されてきました。クルマ好きの間では「WRC(世界ラリー選手権)」に参戦するマシンのベースモデルとしても知られ、そのイメージを反映させたのが別格のスポーツモデルに仕立てられた「GRヤリス」ですが、特にスポーツ性を強調したわけではない標準仕様のヤリスも驚くほど走行性能が高く、MTも選べるという点におおいに注目です。

MTが選べるのは、ハイブリッドではない純粋なガソリンエンジン仕様(1.5L)で、これは新設計の3気筒エンジン。これが思いのほかパワフル、かつ驚くほどスポーティーなフィーリングが得られて感動しました。当代の小型車向けエンジンとして最高レベルの熱効率を追求したことで、実用域のトルクの太さと燃費のよさは想像できましたが、MTで乗ると、サウンドや回転フィールがビックリするほどスポーティーなのです。

ただのコンパクトカーとあなどるなかれ! MTグレードを選べば運転の楽しさが10倍は間違いなくアップします

ただのコンパクトカーとあなどるなかれ! MTグレードを選べば運転の楽しさが10倍は間違いなくアップします

正直なところ、これまでのトヨタの実用車のエンジンといえば、性能面での文句はなくとも、クルマ好きが喜べるたぐいのスポーツ性においてはまったく期待できないものばかりでした。今回の1.5Lエンジンも3気筒ということで、官能性の部分においてはゼロで当たり前……ぐらいの感覚で試乗に臨むも、そんな予想が大ハズレにて大感激!(笑)

3気筒特有のラフな振動を多少ともなうものの、それがスポーツ性を高めるたぐいの振動としていい感じに仕立てられているように感じたのも好印象でした。凡庸な4気筒よりもイイ!と思えます。

期待のMTについては、やはり過去のヴィッツのMTと比べると、フィーリングをよくすることにこだわったことが伝わる手応え。また、今時のクルマとしては、クラッチペダルが硬派なスポーツモデルのように重いことも、これまた意外や意外。

新プラットフォームがすばらしい

筆者は新型ヤリスの試乗会などで取材をしておらず、クルマの詳細の説明を受けていないのですが、そういう予備知識がなくても、エンジニアが「運転して気持ちよく感じられるように」と意識して開発したパワートレーンであることが身体で理解できました。

「今、あえてMT車を選ぶ人はマニアックなクルマ好きだから、スポーツ性の高いグレードでなくても、クルマ好きの人が喜べるフィーリングを追求しよう」と考えたに違いありません。

“操作する楽しさ”を念頭にして開発したとしか思えないシフト

“操作する楽しさ”を念頭にして開発したとしか思えないシフト

ABCペダル。このクラスのクルマにしてはクラッチペダルは重め

ABCペダル。このクラスのクルマにしてはクラッチペダルは重め

新しいプラットフォームがもたらすハンドリングと乗り心地の両立ぶりも特筆レベルで、過去のヴィッツとは別世界感が広がります。基本的な乗り味はいかにも実用車という感じで、スポーツモデルのような操舵レスポンスの鋭さや、ロールをガチッと抑えた硬派な感覚はないものの、応答遅れは一切なく、峠道ではどんな場面でも四輪の接地感の高さが損なわれません。

キツめのカーブで横Gがかかると外側のサスペンションがジワっと縮みながら、縮みきる前の段階で粘り強く踏ん張る感じが安心感に繋がります。さらに踏み込んで足が縮みきっても、一般的な国産の実用車でよく見られる、ダンパーが底付きしたときに衝撃を緩和するバンプラバーと呼ばれる部品に当たる感じはなく、サスペンションストロークの余裕を感じさせるのでした。

旋回中は内側のサスペンションが伸びようとする動きを抑える感覚も伝わり、カーブがキツくなっても内側のタイヤの性能をしっかり使い切っている印象です。

試乗車にはブリヂストンの「ECOPIA」が装着されていました

試乗車にはブリヂストンの「ECOPIA」が装着されていました

ちなみに今回試乗したグレードはガソリン1.5Lの最上級「Z」。グレードごとの違いは装備の充実度だけで、走行性能面での差別化はありませんが、「Z」のタイヤサイズはほかのグレードよりややスポーティーな185/60R15となるので、操縦性は下位グレードとはやや異なることが予想されます。1.5L車はどのグレードでも運転支援システムをはじめ今の時代に必要とされる装備はしっかりついてくるので、一番安いグレードでも全然アリだと思えるものの、タイヤサイズの違いがもたらす乗り味の違いは少し現れるかもしれません。

「GR」でなくても十分だ

新型でもボディの全長は4mを切り、横幅は5ナンバー枠に収まるコンパクトなサイズを守ったので、街中での扱いやすさは昔と変わらず。強くてしなやか系のボディ剛性感や、凹凸を乗り越えた際の足さばきなどは、従来の日本のコンパクトカーとは一線を画す車格の高さゆえ、高速巡航でもすこぶる快適。

おとなしく走れば快適なクルージングが可能

おとなしく走れば快適なクルージングが可能

基本的にはエコで実用的なコンパクトカーであるはずなのに、峠道では「世界ラリー選手権で勝てるマシンのDNA」をしっかり感じさせてくれるという奥深さに感動しきりです。トヨタの実用車も、ついにこの領域にたどり着いたのですね。「GRは高くて手が出ない」という人には、1.5L「Z」のMTを激烈にオススメしたいと思います。

MTでも、プリクラッシュセーフティをはじめとする運転支援システムはしっかり備わり、高速巡航時にはレーダークルーズコントロールも普通に使えます。これで187.1万円は壮絶にお買い得だと思いました。

新型ヤリス、恐るべしです!

本記事の試乗の模様は動画でもご覧いただけます。

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る