ニュース
CX-30よりもお買い得かも!?

マツダ 新型「MX-30」が発売。 CX-30と何が違うの!? 徹底解説

2020年10月8日、マツダの新型SUV「MX-30(エムエックス サーティー)」が発売された。MX-30は、プロトタイプが「東京モーターショー2019」に出展されていたので、ご存知の方もおられるだろう。

2020年10月8日、マツダ「MX-30」のマイルドハイブリッドモデルが発売された

2020年10月8日、マツダ「MX-30」のマイルドハイブリッドモデルが発売された

MX-30のプロトタイプは、エンジンを搭載しない電気自動車(EV)として発表されていたのだが、今回発売されるモデルには、2Lエンジンをベースにしたマイルドハイブリッドの「e-SKYATCIV G」が搭載されている。電気自動車もラインアップされるのだが、今回とは別に2021年1月に発売予定だ。

マツダ「MX-30」には、かつて同社から発売されていたスポーツカー「RX-8」と同じ「フリースタイルドア」(観音開きドア)が採用されている

マツダ「MX-30」には、かつて同社から発売されていたスポーツカー「RX-8」と同じ「フリースタイルドア」(観音開きドア)が採用されている

MX-30で特徴的なのが、「観音開き」ドアが採用されていることだ。後席ドアはヒンジがうしろ側にあり、前席ドアとは逆方向に開く仕組みだ。この観音開きドアは、開閉するための順番がある。ドアを開けるときには、前席を先に開けてから後席を開ける。逆に、ドアを閉めるときには後席を先に閉めてから前席を閉める。たとえば、前席ドアが閉まっている状態で後席ドアを開けたり、後席ドアが開いている状態で前席ドアを閉めることはできない。このような点は、一般的なドアに比べて不便だ。

マツダ「MX-30」のフリースタイルドアは、「RX-8」と同様に前後ドアの開閉に順番がある

マツダ「MX-30」のフリースタイルドアは、「RX-8」と同様に前後ドアの開閉に順番がある

観音開きドアを採用した理由を、開発者にたずねたところ「MX-30のコンセプトは、自分らしく自然体に生きることです。それを表現して、乗降性などの機能も向上させるため、(観音開きの)フリースタイルドアにしました。開発の経緯としては、外観を塊感のあるデザインに仕上げ、そのためにルーフが後方にかけて下がる形状になり、そこで乗降性を考えた結果、フリースタイルドアを採用しました」と話す。

マツダ「MX-30」のフロントイメージとリアイメージ

マツダ「MX-30」のフロントイメージとリアイメージ

MX-30のボディを横から見ると、2ドアクーペのように後方へ向かってルーフが下がるデザインになっている。後席のサイドウィンドウは狭く、もしMX-30の後席に一般的な前ヒンジのドアを装着すると、頭を下げて乗り降りしなければならないだろう。だが、観音開きなら天井が高くなっている中央付近から乗り降りすることができるので、利便性が向上する。

マツダ「CX-30」のフロントイメージ

マツダ「CX-30」のフロントイメージ

MX-30は、プラットフォームなどの主要部分は「CX-30」と共通だ。全長(4,395mm)、全幅(1,795mm)、ホイールベース(2,655mm)、トレッド(1,565mm)のそれぞれの数値は、CX-30と同じ。全高は、MX-30が1,550mmでCX-30が1,540mmと少し異なるが、10mm高いだけなので立体駐車場も利用しやすい。ボディサイズはCX-30とほぼ同じだが、前述のとおり外観デザインは大きく異なる。また、内装も異なっており、MX-30では「自分らしく自然体に」というコンセプトを反映させ、リラックスできるようなインテリアに仕上げられている。

マツダ「MX-30」のインテリア

マツダ「MX-30」のインテリア

マツダ「MX-30」のセンターコンソール下部には、コルクが貼られている

マツダ「MX-30」のセンターコンソール下部には、コルクが貼られている

内装で注目したいのが、センターコンソールの装飾だ。上下2段に分けられ、下にはコルクが貼られている。これは、マツダの前身が東洋コルク工業であったことにも由来する。コルクは、樹皮から作られるので樹木を伐採しない。さらに、MX-30に使われるのは、従来はムダになっていたコルク栓を製造して余った部分で、環境負荷が抑えられていると言う。

マツダ「MX-30」のフロントシートとリアシート

マツダ「MX-30」のフロントシートとリアシート

シート表皮は、クロスや合成皮革を仕様に応じて使いわけているが、いずれも伸縮性があって座り心地はしなやかだ。リラックス感覚がともない、MX-30のコンセプトに合っている。

前後席の間隔や床から座面までの高さは、CX-30と共通だ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシひとつ半ほど。この広さもCX-30と同じで少し窮屈ではあるが、シートの生地が柔軟で体にフィットするので、座り心地はいい。荷室は、リヤゲートの角度を寝かせているので背の高い荷物は積みにくいが、床面積は十分に確保されている。

マツダ「MX-30」の外観イメージ

マツダ「MX-30」の外観イメージ

エンジンは、前述のとおり2Lエンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた「e-SKYACTIV G」が搭載されている。モーター機能付き発電機の性能は、最高出力が6.9PS、最大トルクは5.0kg-mで、減速エネルギーを使った発電、アイドリングストップ後の再始動、エンジン駆動の支援を行う。アイドリングストップは、ベルトを介して再始動するからノイズは小さい。エンジン本体のほうは、最高出力が156PS(6,000rpm)、最大トルクが20.3kg-m(4,000rpm)と、CX-30の2Lガソリンエンジンと同じだ。

WLTCモード燃費は、2WDが15.6km/L、4WDは15.1km/L。CX-30の2Lガソリンエンジンは、2WDが15.4km/L、4WDは14.8km/Lなので、MX-30のマイルドハイブリッドの燃費はわずかではあるがすぐれている。

だが、MX-30はマイルドハイブリッドや観音開きのドアを採用しているため、車重がCX-30に比べて60kg重い。この影響もあって、WLTCモード燃費の高速道路モードの値は、2WDではMX-30のほうが0.2km/L悪化している。このように、走行条件によって多少の不利は生じるが、実用燃費はMX-30のほうがおおむねすぐれているだろう。

マツダ「MX-30」の走行イメージ

マツダ「MX-30」の走行イメージ

わずかな時間だが、MX-30へ実際に乗ることもできた。MX-30はボディが少々重いものの、加速力に不満はない。実用回転域の駆動力に余裕があり、4,000rpmを超えたときの吹け上がりも活発だ。タイヤサイズは18インチ(215/55R18)で、指定空気圧は250kPaと高めだが、乗り心地は同サイズのタイヤを装着するCX-30よりも快適だ。駐車場から車道に出るようなときの段差も、柔軟に受け止めてくれる。

その代わり、操舵に対する反応の仕方はCX-30に比べて穏やかだ。ステアリングに機敏に反応してくれるCX-30のような、スポーティーな感覚は強くない。MX-30のプラットフォームや足まわりは基本的にCX-30と共通だが、セッティングの違いでクルマの性格を走りでも巧みに表現していると言える。

安全装備は、歩行者も検知可能な衝突被害軽減ブレーキなどを採用している。MX-30では従来に比べてさらに安全性能を進化させており、右折時に直進車との衝突を避ける機能も加わった。

■マツダ「MX-30」のグレードラインアップと価格
MX-30:2,420,000円[2WD]/2,656,500円[4WD]
MX-30 100周年特別記念車:3,157,000円[2WD]/3,393,500円[4WD]

■パッケージオプション
・Basic Package(77,000円):
本革巻ステアリング/ステアリングベゼル/フロントドアインナーハンドル/リアパッケージトレイ/交通標識認識システム(TSR)/リバース連動ドアミラー機能付電動格納リモコン式カラードドアミラー ブラック(オート格納)ヒーテッド機能/自動防眩ルームミラー/照明付バニティミラー/アドバンストキーレスエントリーシステム

・Safety Package(121,000円):
アダプティブLEDヘッドライト(ALH)/デイタイムランニングライト(DRL)/シグネチャーLEDランプ(フロント、リア)/スマートブレーキサポート(SBS)/クルージング&トラフィックサポート(CTS)/前側方接近車両検知(CTS)

・Utility Package(88,000円):
運転席10Wayパワーシート/ステアリングヒーター/運転席&助手席シートヒーター/スーパーUVカットガラス(フロントドア)/IRカットガラス(フロントガラス・フロントドア)・リバース連動ドラミラー機能付電動格納リモコン式カラードドアミラー ブラック(オート格納)自動防眩機能(運転席)

・ボーズサウンドシステム(77,000円):
ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー

・360°Safety Package(86,880円):
360°ビューモニター/ドライバーモニタリング

※価格はすべて税込み
※「Safety Package」「Utility Package」「ボーズサウンドシステム」「360°Safety Package」パッケージを装着するには、「Basic Package」の装着が必須

グレードについては、MX-30ではグレード数を減らし、その代わり上記のようにパッケージオプションを充実させている。ベースグレードの車両本体価格は、2WDが2,420,000円、4WDは2,656,500円。MX-30の装備と価格をCX-30と比べると、MX-30(2WD:2,420,000円)の内容は、CX-30・20S(2WD:2,392,500円)に近い。MX-30の価格は約3万円高いが、観音開きのドアを装着して内装も凝っている。そこを考えると、むしろMX-30のほうが買い得だ。先に述べたパッケージオプションも価格を割安に抑えた。したがって、MX-30は全般的に買い得と考えていいだろう。

推奨したい組み合わせは、「Basic Package」+「Safety Package」+「360°Safety Package」(284,880円)だ。これらのパッケージを2WDの車両価格に加えると、合計で2,704,880円になる。

マツダ「MX-30」の外観イメージ

マツダ「MX-30」の外観イメージ

「CX-5」登場以降のマツダ車は、躍動的な「魂動デザイン」がモチーフになっていることから、どの車種も同じように見えていた。そこへ、新しい流れを生み出したのがMX-30だ。今後はMX-30の路線で、従来の魂動デザインとは異なるマツダ車のラインアップが築かれていくだろう。

マツダ「MX-30」の外観イメージ

マツダ「MX-30」の外観イメージ

今までの魂動デザインは、往年の「RX-7」などスポーツカーの雰囲気をモチーフにしていた。だが、かつてのマツダ車には、キャンバストップによる明るい車内が魅力だった、初代「フェスティバ」や2代目「デミオコージー」などもあった。こういった、穏やかなイメージをまとったマツダ車をモチーフにしたのがMX-30だ。「最近のマツダは、ちょっとスポーティー過ぎて……」と敬遠する人に向けたマツダ車が、今後は充実していくことだろう。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る