ニュース
車内でLTEデータ通信が使い放題!

車内Wi-Fiが無制限に使える! カロッツェリア 車載用Wi-Fiルーター「DCT-WR100D」発売

カロッツェリアは、車内でオンラインコンテンツなどのデータ通信を無制限に利用できる車載用Wi-Fiルーター「DCT-WR100D」を、2020年12月に発売すると発表した。

DCT-WR100Dは、「docomo in Car Connect」と呼ばれるドコモのLTEデータ通信を、データ容量の制限なしに使えるのが特徴のひとつだ。

DCT-WR100Dの本体価格は25,000円で、そのほか利用期間に応じた定額料金を支払うことで、車内でWi-Fiを使うことができる。料金プランは3種類あり、1日プランが500円、30日プランが1,500円、365日プランが12,000円だ(※本体価格、料金プランともに税別)。DCT-WR100D本体を購入するのに少々出費がかさむものの、365日プランであれば月額1,000円程度と安い費用で、無制限に車内Wi-Fiを利用することができる。なお、契約時の事務手数料や、解約時の違約金などは発生しない。

利用方法としては、たとえばカーナビなどにつないだスマホをWi-Fi接続すれば、映画や音楽などのストリーミング配信サービスを、データ容量の制限を気にすることなく楽しむことができる。また、DCT-WR100Dは最大5台までのWi-Fi機器を同時接続することができるので、複数人の同乗者がそれぞれスマホやタブレットなどを接続して、オンラインコンテンツやゲームなどを楽しむことも可能だ。大画面のカーナビやリアモニターなどを設置していて、車内でDVDなどをよく観る方や、SIMなしのタブレットやスマホなどを持っている方などは便利だろう。

DCT-WR100Dの本体は、横幅が約9.1cm、縦幅が約4.4cmと手のひらサイズで、電源は本体をシガーソケットに差し込むだけなので、設置はとても簡単だ(USB給電は行えない)。また、車載用機器であるため、動作温度が−10°から+60°にまで対応しているという点は安心できる。

ひとつ注意したいのは、DCT-WR100Dはあくまで車載用機器なので、クルマの走行時の利用を前提としていることだ。エンジンが停止しているときには、ACC(アクセサリー)電源がONになっていてもWi-Fi機能はOFFになっているので使うことができない。さらに、たとえばエンジンをかけっぱなしにしても、走行しないとWi-Fi機能がOFFになってしまう。

具体的には、エンジン始動から30分間は停車したままでもWi-Fiを使うことができるが、そのまま走行せずに停車していると、Wi-Fi機能がOFFになる。その後は、エンジンを停止〜再始動してもWi-Fi機能はONにならず、走行を開始することでWi-Fi機能がふたたびONになる。また、走行後にエンジンをかけたまま停車した際には、60分後にWi-Fi機能がOFFになる。これまでの車載用製品と異なり、ACC電源の通電の有無だけでWi-Fi機能をON/OFFしているわけではないという点に注意が必要だ。そのため、もし車外でDCT-WR100Dの電源を確保できたとしても、使用することはできない。

DCT-WR100Dは、基本的にクルマの走行中に利用してもらうことが前提になっているので、家族などの同乗者に、走行中、エンタメコンテンツを楽しんでもらうための製品と考えたほうがいいだろう。

個人的には、もしエンジン停止時に使用することができれば、車内にノートパソコンやタブレットなどを持ち込んで、自宅のようにネット環境を使うことができて便利なのに、と感じた。だが、月額利用料金がモバイルWi-Fiよりも安いこともあり、ユーザーの使い方次第ではかなり安価かつ快適に利用できそうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る