ニュース
水素搭載量の拡大で、航続距離は850kmに延長

スポーティーな外観に後輪駆動を採用したFCV! トヨタ 新型「ミライ」発売

2020年12月9日、トヨタは、水素を燃料とするFCV(燃料電池車)「ミライ」をフルモデルチェンジし、同日から発売を開始すると発表した。

世界初の量産型FCVとして、2014年に発売されたトヨタ「ミライ」が、初のフルモデルチェンジを遂げた。新型ミライには、高級セダンのようにスタイリッシュなエクステリアが採用され、駆動方式は前輪駆動から後輪駆動へと変更されている。また、航続距離も650kmから850kmへ伸びているなど、外観だけでなくその中身も刷新されている

世界初の量産型FCVとして、2014年に発売されたトヨタ「ミライ」が、初のフルモデルチェンジを遂げた。新型ミライには、高級セダンのようにスタイリッシュなエクステリアが採用され、駆動方式は前輪駆動から後輪駆動へと変更されている。また、航続距離も650kmから850kmへ伸びているなど、外観だけでなくその中身も刷新されている

ミライは、燃料の水素を酸素と化学反応させることで発電し、バッテリーに蓄えられた電気を使ってモーターを駆動させることで走行できる燃料電池車だ。2014年に初代モデルが発売されており、今回のフルモデルチェンジで2代目になる。

新型「ミライ」のフロントエクステリアとリアエクステリア

新型「ミライ」のフロントエクステリアとリアエクステリア

初代「ミライ」のフロントエクステリアとリアエクステリア

初代「ミライ」のフロントエクステリアとリアエクステリア

新型ミライのエクステリアは、初代に比べてラグジュアリーな雰囲気が漂う外観が採用されている。初代は、酸素の導入やFCシステムの冷却のためにフロントグリルの左右に大きめな空気の導入口が設けられているなど、斬新なフロントフェイスが採用されていた。また、初代はセダンとしては全体的にやや腰高なイメージで、リアもフロントと同様に塊感のある造形が印象的だった。だが、新型ミライは高級車ブランドのレクサスのような、細身のプロポーションに大開口のグリルを持つ、流麗なエクステリアへと刷新されている。

新型「ミライ」のサイドイメージ

新型「ミライ」のサイドイメージ

新型ミライのボディサイズは、全長×全幅×全高がそれぞれ4,975×1,885×1,470mm。先代は4,890×1,815×1,535mmなので、全長は85mm、全幅は70mm拡大し、全高は65mm低くなった。ホイールベースは、新型が2,920mmで先代は2,780mmと、140mm拡大されている。

先代「ミライ」の後席は2人がけだったが、新型「ミライ」では3人がけに変更されている

先代「ミライ」の後席は2人がけだったが、新型「ミライ」では3人がけに変更されている

インテリアについては、先代は後席が2人がけの4名乗車であったのが、新型は後席が3人がけの5名乗車になったことが大きな変更点だ。

■トヨタ 新型「ミライ」のグレードラインアップと価格
G:7,100,000円
G“A Package”:7,350,000円
G“Executive Package”:7,550,000円
Z:7,900,000円
Z“Executive Package”:8,050,000円
※価格はすべて税込み

グレード構成は、先代は1グレードのみ(価格は7,409,600円[税込み])であったが、新型は標準グレードの「G」と上級グレードの「Z」を基本とした、計5グレードがラインアップされている。

画像の黄色い部分が水素タンク。新型「ミライ」には、3本の水素タンクが搭載されている

画像の黄色い部分が水素タンク。新型「ミライ」には、3本の水素タンクが搭載されている

新型ミライは、外観だけでなく中身もかなり進化している。1充填あたりの航続距離は、先代が約650kmであったのに対し、新型は約850km(Gグレード)へと伸びた。新型は、水素の最大搭載量を4.6kgから5.6kgへと拡大し(水素タンクの数を2本から3本へと増やす)、2次電池にリチウムイオン電池を採用(先代はニッケル水素)したほか、発電効率を改善させるなどによって航続距離を伸ばしているという。

新型「ミライ」では、リアにモーターや駆動用バッテリーなどが搭載されている

新型「ミライ」では、リアにモーターや駆動用バッテリーなどが搭載されている

また、先代の駆動方式は、「アルファード」や「ハリアー」などのFF車に使われている「MCプラットフォーム」を採用した前輪駆動であったが、新型はレクサス「LS」などの高級セダンに使われているFR車用の「GA-Lプラットフォーム」を採用した後輪駆動へと変更されている。さらに、モーターや駆動用バッテリーはリアに移設され、FCスタック(発電装置)をこれまでの床下からフロントフード下へ配置することなどによって、50:50の理想的な前後重量配分を実現しているという。

新型「ミライ」の走行イメージ

新型「ミライ」の走行イメージ

■モーターの最高出力と最大トルクを、新型と先代で比較
新型(最高出力):134kW(182PS)
先代(最高出力):113kW(154PS)
新型(最大トルク):300N・m(30.6kgf・m)
先代(最大トルク):335N・m(34.2kgf・m)

駆動モーターは、搭載位置がリアに変わっただけでなく、最高出力や最大トルクにも変更が施されている。それぞれの値については、上記のとおりだ。

新型「ミライ」の走行イメージ

新型「ミライ」の走行イメージ

安全性能については、「全車速追従機能付レーダークルーズコントロール」に、新たにカーブ速度の抑制機能が追加された。クルーズコントロールの作動中にカーブへさしかかった際、危険回避のためにシステムが速度を下げなければならないと判断すると、ステアリングの切り始めから切り戻しまでの間、車速を下げてくれるというものだ。

さらに、車線の中央を走るようにステアリング操作をアシストしてくれる「レーントレーシングアシスト」の作動中に、体調の急変などでステアリングが無操作になると、徐々に車両を減速させて停車してくれる「ドライバー異常時対応システム」も新たに搭載された。

ミライの初代モデルは、リース販売ではなく個人向けに一般販売されたことでも大きな話題となった。そして、新型ミライは、グレードの拡充や後輪駆動の採用、スタイリッシュなエクステリア、安全装備の充実などによって、個人ユーザーへのハードルがさらに下がり、初代よりも購入しやすくなったのではと思える。今後は、水素ステーションのさらなる拡充に期待したいところだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
MIRAI (ミライ)の製品画像
トヨタ
-
(レビュー15人・クチコミ782件)
新車価格:710〜860万円 (中古車:138〜858万円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る