イベントレポート
2021年秋に登場予定のGR86のカスタムモデルが登場

発売前のトヨタ「GR86」を、チューニングメーカーが早くもカスタム!

2021年秋に、日本での発売が予定されているトヨタ 新型「GR86」。まだ、発売前にもかかわらず、GR86にチューニングパーツが装着された多くのカスタムモデルが、2021年6月6日に富士スピードウェイで開催された「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」において公開されました。当記事では、その中でも注目を浴びていた「HKS」「BLITZ」「TOM’S」の3台のGR86カスタムモデルをご紹介しましょう。

GR 86の製品画像
トヨタ
-
(レビュー-人・クチコミ37件)
新車価格:―円 (中古車:―円

GR86の排気量アップに合わせて「スーパーチャージャー」を採用するHKS

HKSの「GR86 HKS CONCEPT」は、エアロなどの装着のみならず、エンジン周りにも手が入っている本格的なチューニングマシンです。

チューニングのステージにもよりますが、2.4リッターへ排気量がアップされたGR86の性格を考えると、「ターボで高回転を回し続けるのではなく、スーパーチャージャーでリニアにトルクを盛り上げていくのがいいのでは」といった方向性で開発されているようです。

エアロ関連は、過給によって発生する熱の逃げが考慮されているフロントのエアアウトレットや、最適な空気の流れを作り出すサイドスカートなど、いっけん過激に見えがちですが、実はていねいな造形が施されています。

サスペンションは、GR86に合わせて最適化された、HKSでおなじみの「HIPERMAX 車高調整式サスペンション」が装着されています。

マフラーは、スーパーチャージャーの装着に合わせて、排気効率の高いHKSのストレート構造マフラー「Hi-Power SPEC-L II」が装着されています。また、リアディフューザーには翼端板が付いたカーボン製のものが装着され、ボディ下面の整流によるダウンフォース発生に寄与しています。

開発中のGTウイングが来場者に好評! BLITZ「GR86 Concept」

BLITZ「GR86 Concept」の外観は、「AERO SPEED R-Concept」のエアロが目をひきます。フロントスポイラー、サイドスカート、リアバンパースポイラーなどで全体を引き締めながら、前後オーバーフェンダーでワイド化されています。

フロントスポイラーは、バンパー一体型。ノーズのエンブレムを廃して、フロントフェイスをすっきりとさせながら、フロントサイドには7字型ダクトが加わることによって、力強い印象が与えられています。

ドア下から、リアフェンダーに向かって跳ね上げながら伸びる空力デザインの下には、スポイラー状のサイドスカートが設けられており、整流効果が高められています。

GTウイングは、開発中のプロトタイプのものが装着されています。このGTウイングは、ステーをボディへ固定する際に、純正のダックテールのトランクリッドを貫通させてボルト面を隠すという手法が採られています。このまま、市販されるかどうかは今のところ未定とのことですが、ステーの取付部がかなりすっきりすることから、来場者の反応も良好とのことでした。

マフラーは、4本出しの「NUR-SPEC」を開発中とのことです。

86の大先祖、TE27型 初代「レビン・トレノ」をイメージ

色鮮やかな、美しいオレンジのボディカラーが際立つのが、TOM’Sの 「GR86 CONCEPT」です。このコンセプトカーのオレンジカラーは、GR86のルーツともいえるAE86型「レビン・トレノ」の、そのまたルーツであるTE27型レビン・トレノの「モンテローザオレンジ」をイメージしています。現代のGR86に、TE27のモチーフをちりばめたのが、TOM’S GR86 CONCEPTなのです。

フロントバンパーのサイドには、カナード風のフロントディフューザーが備えられ、ダクトにはフロントバンパーガーニッシュを装着。また、バンパー先端のグリル上部には、ボディと同色のフロントノーズが装着されています。これらのパーツには、SUPER GT GT500クラスのトップチームであるTOM’Sの経験や技術が生かされているのです。

オーバーフェンダーとのつながりを見せるサイドステップも、フロントディフューザーと同じテーマの造形が施されています。

モチーフとなった、TE27の特徴でもあるオーバーフェンダーは、片側8mmのサイズアップにとどめられており、大げさなワイド化はされておらず、カラーもボディと同色です。それでも、実車にはかなりの存在感を覚えました。

圧巻なのが、リア周りです。リアアンダーディフューザーと、そこから左右に2本ずつ、縦に配置されているのが特徴的なチタンテールのエキゾーストシステム「トムスバレル」が、迫力のリアビューを生み出しています。

まだ発売前のGR86ですが、早くもチューニングメーカーへ車両を供給し、カスタマイズパーツの開発を促進させようというトヨタ。新型FRスポーツカーによる、カスタムパーツのさらなる広がりにも期待したいですね。

松永和浩

松永和浩

自動車系フォトジャーナリスト。主にモータースポーツ分野で活動中。自動車全般を取材対象とし、カメラ、写真用品にも精通。スマートフォン、通信関連、アプリゲームやIoT家電なども取材を行う。月刊AKIBA Spec発行人編集長も兼任。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
GR 86の製品画像
トヨタ
-
(レビュー-人・クチコミ37件)
新車価格:―円 (中古車:―円
86の製品画像
トヨタ
4.19
(レビュー70人・クチコミ1999件)
新車価格:267〜348万円 (中古車:79〜840万円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る