レビュー
もっと運転に向き合える!

運転マニアの必須アイテム、レカロのフルバケットシートを装着してみた

自動車ライターのマリオ高野です。

とある実体験により、多くの人に強くオススメしたいと思える製品との出会いがありました。
それは「レカロ(RECARO)」のフルバケットタイプのシート、「RS-G」です。

今回私が使用して感動したのは「RS-G GK」。レカロはクルマのみならず、飛行機や鉄道、オフィスや家庭用のチェアーとしても定評のあるブランドです。プロ野球やサッカーJリーグのベンチに採用するチームもあります

今回私が使用して感動したのは「RS-G GK」。レカロはクルマのみならず、飛行機や鉄道、オフィスや家庭用のチェアーとしても定評のあるブランドです。プロ野球やサッカーJリーグのベンチに採用するチームもあります

競技車両向けのイメージがあるが……

クルマのパーツの中でも特に重要度が大きいシート。シートの良し悪しがクルマ選びを左右することがあるほど、シートにこだわる人は多いですよね。

シートのタイプもさまざまですが、今回私が装着して感動したのは「フルバケット」と呼ばれるタイプのシートでした。

フルバケットシートは、サーキット走行や競技向けであるとのイメージが強いことでしょう。身体のホールド性の高さや軽さ、強さなどの利点は魅力的ながら、日常のドライブでは不便かつ不都合なことが多いことから、装着することを躊躇(ちゅうちょ)する人もまた多いはず。リクライニングができないなど、フルバケットシートに不便な点があるのは事実です。

しかし、実際に装着して日常を過ごしてみると、イメージしていたより不便ではありませんでした。一般的なシートと比べると乗降性が悪いなど、若干の不便さはあるものの、それと引き換えに得られるメリットがすごく大きかったので、レカロ製ならば、自分の愛車は常時フルバケットシートでもOK! と確信するに至ったのです。

レカロはドイツのブランドですが、RS-Gシリーズは日本専用設計。多くの日本人の体を自然なポジションに導いてくれます。カラーは写真のブラックのほか、レッドも用意されます

レカロはドイツのブランドですが、RS-Gシリーズは日本専用設計。多くの日本人の体を自然なポジションに導いてくれます。カラーは写真のブラックのほか、レッドも用意されます

基本素材はグラスファイバー。生地は起毛性の高いカムイを採用。レザーやアルカンターラ貼り仕様も設定されています

基本素材はグラスファイバー。生地は起毛性の高いカムイを採用。レザーやアルカンターラ貼り仕様も設定されています

背もたれの角度は比較的起きた状態で、ドライバーの背中を起こすようなポジションを保持します。前方視界にすぐれ、市街地走行でも最適な運転姿勢が自然にとれます。やや背もたれを寝かせ気味にした「TS-G」もラインアップされています

背もたれの角度は比較的起きた状態で、ドライバーの背中を起こすようなポジションを保持します。前方視界にすぐれ、市街地走行でも最適な運転姿勢が自然にとれます。やや背もたれを寝かせ気味にした「TS-G」もラインアップされています

重量は4.5kgととても軽く、一般的な純正シートの半分以下。手に持つだけで軽さと強さが高い次元で両立できていることがわかります

重量は4.5kgととても軽く、一般的な純正シートの半分以下。手に持つだけで軽さと強さが高い次元で両立できていることがわかります

3インチのフルハーネス用ベルトホールを装備。競技用シートベルトで身体を保持すれば、なお運転に没頭できる環境が整います(一般道では純正の3点式シートベルトを装着しましょう)

3インチのフルハーネス用ベルトホールを装備。競技用シートベルトで身体を保持すれば、なお運転に没頭できる環境が整います(一般道では純正の3点式シートベルトを装着しましょう)

座面は2分割式。パッド挿入式のランバーサポートも装備します

座面は2分割式。パッド挿入式のランバーサポートも装備します

自分がクルマのパーツの一部になったかのよう!

とにかく身体のホールド性が抜群に高く、まるで自分自身の身体がクルマの骨格パーツの一部になったかのような一体感が得られます。背中や腰、尻まわりが完全にホールドされるので、クルマから伝わる路面の状況などのインフォメーションもすさまじく濃厚。座った瞬間から、一般的なスポーツシートでは得られないコンペティションな世界にひたるよろこびが得られます。運転マニアにはたまらない感覚でしょう。

リクライニング機能はなく、クッション材は薄めながら、長時間座り続けても身体が疲れたり痛くなったりすることはありませんでした。身長165cm、体重70kgの筆者の身体に対しては完ぺきにフィットします。常に適切な運転姿勢が取れるので、アームレストにダラっともたれかかったりするより疲れにくいのです。

ただし、体格によっては身体に合わない場合もあるので、ご注意ください。過度に体脂肪が多かったり、少なすぎたりする体型の方は、一度レカロシートが展示されているショップやイベントなどで試し座りをしておいたほうがいいでしょう。

サイド部分の張り出しが大きいため、一般的なシートと比べると乗降性は悪くなるものの、腰痛など足腰に疾患がなければ、それほど厄介なものではありません。レカロのRSシリーズは、シートクッションのサイドサポート部をゆるやかなカーブにするなど、フルバケットタイプながら乗降性にも配慮しているので、過去に経験したフルバケットタイプのシートの中では圧倒的にラクでした。女性は洋服の選択肢が狭められるところがありますが、少し練習すれば、どんな洋服でもエレガントに乗り降りすることは十分可能です。

5,000円程度の追加で、国際規格のFIA公認ありとなり、同規格のレースに出場できます。公道走行だけなら必要ありません

5,000円程度の追加で、国際規格のFIA公認ありとなり、同規格のレースに出場できます。公道走行だけなら必要ありません

スバル「インプレッサWRX(初代モデル)」に装着。純正シートも秀逸ながら、やはりフルバケットタイプのホールド性は別格です

スバル「インプレッサWRX(初代モデル)」に装着。純正シートも秀逸ながら、やはりフルバケットタイプのホールド性は別格です

筆者はラリー競技仕様のクルマで試しました。ロールゲージのバーがあると乗降性はかなり悪化しますが、個人的にはほとんど苦になりませんでした

筆者はラリー競技仕様のクルマで試しました。ロールゲージのバーがあると乗降性はかなり悪化しますが、個人的にはほとんど苦になりませんでした

スバル「インプレッサWRX(初代モデル)」に装着した様子。ビジュアル面も極めてコンペティションな雰囲気に変わります

スバル「インプレッサWRX(初代モデル)」に装着した様子。ビジュアル面も極めてコンペティションな雰囲気に変わります

乗降時はシートレールを一番後ろにスライドさせれば、ロールゲージ装着車でも問題なく乗降できます。ただし、腰や足に疾患がある場合は辛いので、ご自分の身体の状態とよくご相談ください

乗降時はシートレールを一番後ろにスライドさせれば、ロールゲージ装着車でも問題なく乗降できます。ただし、腰や足に疾患がある場合は辛いので、ご自分の身体の状態とよくご相談ください

モータースポーツ競技という極限的な状況では、全神経を運転に集中することを力強くサポートされた感覚が強く、競技用パーツの頼もしさを実感。今後も継続して使用したいと思います

モータースポーツ競技という極限的な状況では、全神経を運転に集中することを力強くサポートされた感覚が強く、競技用パーツの頼もしさを実感。今後も継続して使用したいと思います

運転と真摯に向き合いたい人に

注意点としては、一部の不適合車種(レカロシートが装着できない車種)があるので、ご自分の愛車に装着できるかどうかを公式サイトで確認するか、取扱店に問い合わせてください。

サイドエアバッグ付きのシートが標準装備のクルマは、サイドエアバッグのキャンセラーが必要となり、当然ながらサイドエアバッグがなくなりますので、その点もご注意願います。

また、シート本体とは別に「シートレール」が必要となるのも忘れずに。

取り付け作業は、多くの場合DIYの初心者でも可能ですが、純正のシートはすごく重いので、車種によっては純正シートの取り外しに難航する可能性はあります。電動でリクライニングなどの操作ができるパワーシートの場合、相当な重さになりますのでご注意を。

その他のデメリットとしては、一般的なシートと比べると肩の張り出し部分が大きいため、後席からの前方視界はやや悪くなります。日常的に動かせるのは前後スライドのみとなりますが、取り付け時に角度や位置は多少調整できるので、体格や好みに合わせることができます。

値段は張り、デメリットもありますが、レカロのRS-Gによる「フルバケットシートの日常」は思いのほか快適で、不便を感じず。得られる楽しさは一般的なシートの比ではありません

値段は張り、デメリットもありますが、レカロのRS-Gによる「フルバケットシートの日常」は思いのほか快適で、不便を感じず。得られる楽しさは一般的なシートの比ではありません

筆者の場合、モータースポーツ競技(群馬県戦ラリーシリーズ)に出場するために用意したものでしたが、常時得られる極めて高いホールド性と、着座姿勢の適切化により日常でもずっと使用したくなりました。愛車との一体感を高め、運転と向き合うことを徹底的に深めたい人に強くオススメします。

取材協力:アライモータースポーツ

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
自動車本体・パーツのその他のタグ
ページトップへ戻る