ニュース

ユピテル 3カメラドライブレコーダー「Y-3000」は業界初の“リアデュアルカメラ”搭載!

ユピテルは、フロントカメラと業界初の「リアデュアルカメラ」の採用によって、前後、左右、車内とあらゆる方向を撮影することのできる3カメラドライブレコーダー「Y-3000」を2021年12月10日に発売する。

業界初の「リアデュアルカメラ」を備えた、ユピテルの前後3カメラドライブレコーダー「Y-3000」

業界初の「リアデュアルカメラ」を備えた、ユピテルの前後3カメラドライブレコーダー「Y-3000」

Y-3000は、リアカメラに後方撮影用と車内撮影用の2つのカメラが搭載されているのが最大の特徴だ。前後2カメラドライブレコーダーなどでは死角となっていた左右を、Y-3000では車内撮影用のリアカメラによって、サイドガラス越しに撮影することができる。

「Y-3000」のリアデュアルカメラには、後方撮影用と車内撮影用の2つのカメラが備えられている

「Y-3000」のリアデュアルカメラには、後方撮影用と車内撮影用の2つのカメラが備えられている

全方向を撮影できるドライブレコーダーとしては、超広角の全天球レンズが採用されている「360°ドライブレコーダー」が一般的だが、こちらは周囲360°を撮影できるものの、映像を拡大すると荒く、クルマのナンバーが認識しづらいなどのデメリットがあった。だが、Y-3000では前方や後方、車内、左右をゆがみのないフルHD(200万画素)の高画質映像で撮影することができる。

さらに、Y-3000には3つのカメラすべてに夜間や暗い場所でも明るく撮影できる高感度センサーの「STARVIS(スタービス)」が搭載されており、トンネルの出入り口など明暗差が激しい場所での白飛びや黒つぶれを抑えてくれる「HDR」も、3カメラすべてに採用されている。また、リアデュアルカメラは、後方撮影用と車内撮影用の2カメラともにスモークガラスに対応しているので、リアガラスやサイドガラスがプライバシーガラスであったりスモークフィルムが貼られていても、後方や左右を明るく撮影できる。なお、車内撮影用のリアカメラは後方から映すため、前方から車内を撮影するタイプのドライブレコーダーのように乗員の顔が映らず、プライバシーにも配慮することができる。

また、Y-3000は、安全機能についても豊富に搭載。後方車両が異常接近すると、リアカメラが自動で検知して警報を発し、映像を自動で記録、保存してくれる「後方異常接近 記録・警告」機能や、長距離ドライブで疲れた際などにドライバーへ音や表示で警告してくれる「安全運転サポート」機能などが搭載されている。また、ひんぱんなSDカードの上書き保存による書き込みエラーや、それによるSDカードの定期的な初期化の手間を省いてくれる、独自のファイルシステムも採用されている。

駐車監視機能では、人やクルマなど、動く物体を検知して録画してくれる「動体検知モード」と、長時間の記録が可能な「タイムラプスモード」の2つのモードを搭載。検知や記録は3カメラすべてで行われるので、前後だけでなく左右や車内も監視できることもY-3000のメリットのひとつだ。

Y-3000は、車内後方から左右の死角を撮影できるのが最大の特徴であるため、ミニバンなどホイールベースが長くサイドガラスの大きなクルマでは、そのメリットをより享受できるだろう。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る