イベントレポート

新型「アトレーデッキバン」に風呂が!?ダイハツブースは歴代「ハイゼット」がズラリ

ダイハツは、2021年11〜12月に発売されたばかりの新型「アトレー」や新型「ロッキー e-SMART HYBRID」のカスタマイズカーを、「東京オートサロン2022」へ出展した。

ダイハツブースのテーマは、「ダイハツヴィレッジ」。ダイハツならではの、小さなクルマの可能性を引き出し、楽しみ尽くす。そんな遊びゴコロを、5台のカスタマイズカーで表現したという。今回、ダイハツのデザイナーへ、特にこだわったところなどをインタビューしたのでご紹介したい。

アトレープレミアムVer.

ダイハツ「アトレープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「アトレープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

新型「アトレー」は、仕事だけでなく「レジャービークルとしての用途も考えて開発されています」と話すのは、ダイハツ デザイン部 第一デザイン室 先行開発スタジオ主任の米山知良さんだ。

そもそも、アトレーは「建築業など、職人さんにも多く愛用されています」とのことで、「そういった方たちの琴線に触れるようなカスタムモデルを作りたかったのです」と言う。そこで、「アトレープレミアムVer.」におけるテーマは「クールさと迫力を身にまとった、プレミアムな世界観」とされ、「押し出しがあって、クールな感じを表現しました。シンプルかつ、わかりやすい『潔さ』を見せたいと思ったのです」。

そのシンプルさについて、「ヘッドライトは、メッキからブラックインナーヘッドライトへ変更しており、グリルは専用のツヤのあるものを採用し、バンパーと一体に見えるような迫力を表現しました。また、縦基調のデイライトによって、精悍な感じを演出しました」と説明する。さらに、「サイドやリアのエアロパーツなどもすべて専用に作ることによって、シンプルでクールなイメージを表現しました」と述べる。

ダイハツ「アトレープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「アトレープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

とにかく、米山さんがこだわるのは、職人の方たちに新型アトレーをカッコよく使ってもらいたいという思いだ。「1台で、仕事もファミリーユースも、という方もおられるでしょうが、そういった方々もきれいにカスタムされていることが多いので、そういったクルマを意識しました」とコメントする。

また、カラーに関してもこだわりがあるのだそう。パールホワイトにしたのは、「精悍さを出したかったのです。また、ルーフを黒くしたのはクルマが低く見えるようにしたかったのです」とのこと。さらに、車高は50mmほどローダウンされており、標準の12インチのスチールホイールは、16インチのアルミホイールへと変更されている。

ダイハツ「アトレープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「アトレープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

インテリアは、純正のブラックの本革調のシートカバーをベースに、白へ変更されている。インテリアのパネルも、オレンジ色の純正オプションを白に塗り換えている。どうやら、このあたりは商品化も意識していそうなので、新型アトレーが気になる方は要チェックだ。

アトレー 商用車の製品画像
ダイハツ
3.75
(レビュー4人・クチコミ138件)
新車価格:156〜206万円 (中古車:―円

アトレーデッキバン キャンパーVer.

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

「アトレーデッキバン キャンパーVer.」のアイデアは、「世界最小の、4LD“軽”を考えたのです。運転スペースと荷物のスペース、そして上が寝るスペースになります。さらに、後ろには風呂もついています」。その背景には、「自分の部屋がないお父さんたちって、たくさんいると思うのです。そこで、自分で好きなところに行って、そこを自分のリビングにする。最高の絶景を見ながら、風呂に入っていただきたいのです」。そんな思いから、アトレーデッキバン キャンパーVer.が生まれたのである。

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

米山さんは、「お風呂とかを付けると、ふざけていると感じられる方もおられるもしれません。ですが、災害時などで風呂に入れないときもあるかもしれません。そんな時に、活躍してくれればと思いながら作り上げました」と語った。

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

サイドビューは、スライドドアのガラスが外され、パネルに作り替えられている。そこへ、「ROTOPAXの工具箱を設置して、取り外しできるようにしました。たとえば、けん引ロープを入れたり、軍手を入れたりできます」と話す。

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

また、荷台にはロールバーがついており、「ルーフからななめにすることで、RV感を強調しました」。ルーフには、GI WORKSのテントが使われている。「横にはしごがかけられるので、そこから入ります。大人2人ぐらいは、寝られるような空間になっています」と言う。

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「アトレーデッキバン キャンパーVer.」(東京オートサロン2022)

外観は、車高が50mmほど上げられ、大径タイヤ(165/65R15)が装着されている。アンダーガーニッシュなどは新たに製作したもので、ブラックのチップ塗装で仕上げられており、「より、タフなイメージに仕上げています」。また、ライトカバーやグリルにDAIHATSUのロゴを入れることで、「RV感を強調するような演出をしています」とのことだ。

ロッキープレミアムVer.

ダイハツ「ロッキープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「ロッキープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

「ロッキープレミアムVer.」は、カスタマイズというよりも、どちらかいうとドレスアップという方向性が強いクルマだ。樹脂部分はブルーに塗装され、細かなラメが入ったシルバーの専用塗装によって、「電動化による、先進的なイメージを強調しています」と米山さん。また、18インチの大径ホイールとタイヤ(トーヨーオープンカントリーにRAYSのデイトナホイール)が装着され、クールで都会に似合うプレミアムコンパクトSUVが演出されている。

ダイハツ「ロッキープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「ロッキープレミアムVer.」(東京オートサロン2022)

内装は、シート表皮がすべて張り替えられており、明るいグレーとブルーのハイピングシートを採用。「電動化における、意気込みを見せるようなカスタマイズとしています」とのことだ。

ロッキーの製品画像
ダイハツ
3.88
(レビュー58人・クチコミ699件)
新車価格:166〜234万円 (中古車:48〜302万円

ロッキークロスフィールドVer.

ダイハツ「ロッキークロスフィールドVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「ロッキークロスフィールドVer.」(東京オートサロン2022)

「ロッキークロスフィールドVer.」のテーマは、「アウトドアとエコの両立」。「実は、インドネシアのショーで好評だったロッキーをオマージュして、さらにカッコよくしようと独自にドレスアップしました」と米山さん。「街中とアウトドア、そのどちらにも行けることを見せたいというのが、ロッキークロスフィールドVer.の狙いになります」と語った。

フロントグリルの縁周りは、インドネシアから取り寄せているそうで、「ナンバー周りなどは、日本の仕様に加工し直しています」と米山さん。ヘッドランプやリアコンビランプ、エンブレムなどは、すべてスモーク加工することで精悍なイメージが演出されている。また、ヘッドライトとグリルは一体に見えるような工夫が施されている。

ダイハツ「ロッキークロスフィールドVer.」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「ロッキークロスフィールドVer.」(東京オートサロン2022)

ドア下にはサイドパネルが装着され、「タフで、アウトドア指向を強めるように演出しています」。ルーフにはYAKIMAのラックが装着されており、「ドレスアップだけでも、これだけ印象を変えられるというアピールもあります」とのことだ。

コペン組み立て体験トラック

ダイハツ「コペン組み立て体験トラック」(東京オートサロン2022)

ダイハツ「コペン組み立て体験トラック」(東京オートサロン2022)

ダイハツは、「Nibakoプロジェクト」と呼ばれる活動を展開している。このプロジェクトは、荷台に載せることのできる荷箱をダイハツが貸し出すことで、移動販売などさまざまな活動を支援するものだ。「コペン組み立て体験トラック」は、その荷箱を使ってコペンの組み立てを子供達に体験してもらおうという、同プロジェクトにおける提案のひとつになる。「職業体験コーナーのようなものを、外へ持っていくことができたらいいなと考えました。公民館やショッピングモールなどで、クルマの整備体験ができるようなイメージです」。今回は展示のみとのことだが、今後はたとえばエンジンの組み立てなど「子供たちが、さまざまな体験をしてくれたら面白いと思っています」と語った。

ハイゼット トラックの製品画像
ダイハツ
3.61
(レビュー26人・クチコミ425件)
新車価格:90〜145万円 (中古車:1〜459万円

そのほか、ダイハツブースには初代から新型まで、歴代のハイゼットが並べられている。初代はボンネット型だったなど、ハイゼットの歴史を辿ってみるのも今回のダイハツブースにおける楽しみのひとつとなっている。

(Photo:内田俊一)

内田俊一

内田俊一

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を活かし試乗記のほか、デザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
アトレー 商用車の製品画像
ダイハツ
3.75
(レビュー4人・クチコミ138件)
新車価格:156〜206万円 (中古車:―円
ハイゼット トラックの製品画像
ダイハツ
3.61
(レビュー26人・クチコミ425件)
新車価格:90〜145万円 (中古車:1〜459万円
ロッキーの製品画像
ダイハツ
3.88
(レビュー58人・クチコミ699件)
新車価格:166〜234万円 (中古車:48〜302万円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る