レビュー

ベーシックながら“最上級感”たっぷり!メルセデス・ベンツ「S400d」試乗報告

最先端のハイテク装備が満載の超高級車「メルセデス・ベンツ Sクラス」の試乗においても、「走りのフィーリング」しかチェックしない自動車ライター、マリオ高野です。

長年にわたり高級車の頂点に君臨してきたメルセデス・ベンツSクラス。マイバッハやロールスロイスなど、Sクラスより豪華で高額な高級車はいくつも存在し、同格の競合車も少なくありませんが、今も高級車の代名詞的な存在や地位は今なお揺らいでいません。

今回試乗したのは、Sクラスの中ではもっとも低価格な「S400d 4MATIC」ですが、オプションを含めると1,600万円を軽く超え、やはり雲上レベルの高級車です。

搭載するエンジンは3L直列6気筒のディーゼルターボ。ガソリンエンジン搭載車と異なり、電気モーターアシストがつかない純内燃機関ユニットです。もっともベーシックなグレードらしく、WLTC複合モード燃費は12.5km/Lであるなど、超高級車としては比較的親しみやすいスペックも見られますが、最大トルクは700Nmもあるので、やはり壮絶なポテンシャルを備えたパワーユニットと言えます。12気筒エンジンを搭載した昔の最上級Sクラス(W140型)よりはるかに速く、テクノロジーの進歩は圧倒的。その気になれば、スポーツサルーン的な一面も発揮します。

ただし、やはりすべての性能は、富裕層を可能な限り速く、安全かつ極上の快適性を保ちながら運ぶために磨かれたものであることを実感します。「走る・曲がる・止まる」の挙動すべてに「現状で得られる最高の性能と品質がここにある」と乗員にわかりやすく伝える能力の高さにおいては、今もSクラスが最高峰でしょう。

自動車ジャーナリスト的視点からすると、オプションの「AMGライン」に備わる20インチのホイールの影響か、低速走行時にバネ下の動きの渋さや重さがやや気になる……などと重箱の隅をつつく系の指摘がしたくなるネガ要素がなくもないのですが、速度域が高まるとこれらはほぼ解消しますし、そもそもそんな程度の細事はまったくどうでもよくなる風格に満ちあふれています。

今や国内市場向けSクラスは全車四輪駆動となり、時代の移ろいを感じるも、ステアリングフィールの質感はFR時代から微塵も悪化しておらず、運転オタク的視点からしてもグゥの音も出ずという感じ。

メルセデスのSクラスから得られる別格の超高級車らしさは健在、いや、ますます増していると感服させられたのでありました。

メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(標準ボディ)


車両価格:1,338万円(オプション含まず)


[スペック]
全長:5,180mm
全幅:1,920mm
全高:1,505mm
ホイールベース:3,105mm
車両重量:2,150kg
搭載エンジン:3.0ℓ直列6気筒ディーゼルターボ
最高出力:330馬力/3,600〜4,200回転
最大トルク:700Nm/1,200〜3,200回転
ミッション:9速AT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.4m
0-100km/h加速:5.4秒


[試乗車装着オプション]
・ベーシックパッケージ:70万円
・レザーエクスクルーシブパッケージ:66万円
・AMGライン:99.8万円
・3Dコクピットディスプレイ:13万円
 など

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
Sクラスの製品画像
メルセデス・ベンツ
4.00
(レビュー40人・クチコミ772件)
新車価格:1378〜1978万円 (中古車:19〜2388万円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る