ニュース

マツダ「CX-60」が2022年9月に日本で発売!299〜626万円と選べる価格帯が特徴

マツダは、エンジン縦置きFRプラットフォームを採用した新型クロスオーバーSUV、「CX-60(シーエックスシックスティー)」の予約受注を、2022年6月24日から開始すると発表した。

マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-60」が、2022年6月24日から予約受注を開始する。後輪駆動ベースの新プラットフォームが採用されており、PHEVや6気筒ディーゼルハイブリッドなど、4種類のパワートレインを備えているのが大きな特徴だ [画像のグレードはXD-HYBRID Premium Sports]

マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-60」が、2022年6月24日から予約受注を開始する。後輪駆動ベースの新プラットフォームが採用されており、PHEVや6気筒ディーゼルハイブリッドなど、4種類のパワートレインを備えているのが大きな特徴だ [画像のグレードはXD-HYBRID Premium Sports]

CX-60の製品画像
マツダ
-
(レビュー-人・クチコミ572件)
新車価格:299〜626万円 (中古車:―円

CX-60は、後輪駆動ベースであることや3.3L直列6気筒ディーゼルエンジンの採用、マツダ初となるPHEVモデルがラインアップされていることなどが大きな魅力となっている。発売月は、e-SKYACTIV D搭載グレードが2022年9月から、そのほかのグレードは2022年12月からが予定されている。

CX-60のグレードラインアップや価格については、以下のとおりだ。4気筒ガソリンエンジンを搭載する2,992,000円の25S S Package(2WD)から、4気筒ガソリンエンジンにモーターが組み合わせられたPHEV Premium Modern(4WD)の6,264,500円と、価格レンジが幅広いことも特徴のひとつとなっている。

■マツダ「CX-60」のグレードラインアップと価格
※価格はすべて税込
-e-SKYACTIV PHEV(4気筒ガソリンエンジン+モーター)-
PHEV Premium Modern:6,264,500円(4WD)
PHEV Premium Sports:6,264,500円(4WD)
PHEV Exclusive Modern:5,846,500円(4WD)
PHEV Exclusive Sports: 5,846,500円(4WD)
PHEV S Package:5,390,000円(4WD)
-e-SKYACTIV D M Hybrid Boost搭載(6気筒ディーゼルエンジン+モーター)-
XD-HYBRID Premium Modern:5,472,500円(4WD)
XD-HYBRID Premium Sports:5,472,500円(4WD)
XD-HYBRID Exclusive Modern:5,054,500円(4WD)
XD-HYBRID Exclusive Sports:5,054,500円(4WD)
-SKYACTIV-D 3.3(6気筒ディーゼルエンジン)-
XD Exclusive Mode:4,658,500円(4WD)/4,433,000円(2WD)
XD L Package:4,229,500円(4WD)/4,004,000円(2WD)
XD S Package:3,806,000円(4WD)/3,580,500円(2WD)
XD:3,465,000円(4WD)/3,239,500円(2WD)
-SKYACTIV-G 2.5(4気筒ガソリンエンジン)-
25S Exclusive Mode:4,070,000円(4WD)/3,844,500円(2WD)
25S L Package:3,641,000円(4WD)/3,415,500円(2WD)
25S S Package:3,217,500円(4WD)/2,992,000円(2WD)

当記事では、CX-60の事前説明会において、開発者などによって語られた内容を中心にレポートしたい。

新世代ラージ商品群の第一弾として登場する「CX-60」

CX-60は、「ラージアーキテクチャー」を採用した新世代ラージ商品群の第1弾になる。

マツダ「CX-60」のフロントイメージ [XD-HYBRID Premium Sports]

マツダ「CX-60」のフロントイメージ [XD-HYBRID Premium Sports]

ラージアーキテクチャーは、高出力化と環境性能を両立する縦置きパワーユニットに対応させることで、国ごとに異なる電源事情や環境規制、ユーザーニーズに応じて車両を提供できるという。

CX-60に搭載されるパワートレインは、大きく分けて4種類ある。6気筒ディーゼルエンジンのSKYACTIV D 3.3(231ps/500Nm)と、6気筒ディーゼルエンジンに48Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わされたe-SKYACTIV D(254ps/550Nm)。そして、4気筒ガソリンエンジンのSKYACTIV G 2.5(188ps/250Nm)と、4気筒ガソリンエンジンをベースにプラグインハイブリッドシステムが組み合わせられたe-SKYACTIV PHEV(323ps/500Nm・現在認証中で開発目標値)だ。

マツダ「CX-60」の走行イメージ

マツダ「CX-60」の走行イメージ

また、組み合わされるトランスミッションは、新型のトルコンレス8速ATが採用されている。通常のATはトルクコンバーターを介しているが、それをクラッチに置き換えることで、エンジンやモーターのトルクをダイレクトに伝えることを目的に開発された。つまり、マツダが求める人馬一体の走りを実現させるための採用と言っていいだろう。同時に、ロスが減るので燃費にも貢献する。また、トルコンレス8速ATは自社開発なので、車種に合わせて形状などを変更することもできるため、室内レイアウトの自由度の高さにも大きく貢献しているようだ。

マツダが走る歓びで新たに着目した「音」と「リズム」

今回、マツダによって語られたCX-60は、少々趣を異にしたものだった。もちろん、メカニズムなどについての話もあったのだが、それ以上に感性的なこと、特に“音”がドライバーの気持ちにどのように作用し、その際に“リズム”、つまり変速タイミングがどのように大切なのかといったことなどが語られたのだ。開発責任者の和田宜之氏は、動画で6気筒ディーゼルとPHEV(4気筒ガソリンエンジン)のエンジン音を聴かせてくれた。まさか、SUVの説明会でエンジン音を聴かされるとは思わなかったので驚いたのだが、特に6気筒はディーゼルであっても耳に心地のよい音だった。そして、PHEVに搭載されている4気筒ガソリンエンジンの音も聴いたのだが、高回転まで気持ちよく吹けきる音だった。また、どちらのエンジン音も、新開発のトランスミッションが小気味よくスパッと変速する様子が手に取るように伝わってきたのだ。これこそが、マツダが言いたかった音やリズムなのだと感じた次第だ。このような、心地良い音を奏でるクルマであれば、走る歓びがより愉しく感じられることだろう。

また、メカニカル面では現行「ロードスター」の改良モデルで新たに採用された「KPC(キネマティックポスチャーコントロール)」が採用されている。ロードスターの場合は、アンチスクォット(コーナーリング時にボディが浮き上がりにくい特性)にすぐれているので、より効果があると採用されたが、今回のプラットフォームでは確かにFRという共通点はあるものの、重量からして異なる。その点について、マツダの関係者に聞いてみたところ「KPCの特性をうまく利用できるように、セッティングを調整しています」と回答を得た。

また、サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン、リアにフルマルチリンクサスペンションを採用したうえで、その作動軸をひとつの方向に揃えるようにしているという。

マツダ「CX-60」では、人馬一体による意のままの運転を目指して足回りが作り込まれている。サスジオメトリの変更によって、旋回中のバネ上の動きを滑らかにコントロールし、限界域まで姿勢を安定させているという

マツダ「CX-60」では、人馬一体による意のままの運転を目指して足回りが作り込まれている。サスジオメトリの変更によって、旋回中のバネ上の動きを滑らかにコントロールし、限界域まで姿勢を安定させているという

その理由は、たとえばフロントは前方向の動き、リアは後ろ方向の動きになっていたとすると、どちらか片方寄りに支点ができてしまい、大きく乱れた動きになってしまう。しかし、サスペンションの作動軸の方向を揃えると、クルマ全体が同じように動くようになるという。結果、走りがより安定したものになるとのことだ。

これらの特性を聞いたうえで、和田さんにエンジン縦置きFRプラットフォームの特性を尋ねてみた。すると、「操舵輪と駆動輪を分けたことによって、4輪がしっかりと仕事をしてくれます。特に、フロントはとても素直に曲がっていき、切ったら切ったとおりに動いてくれます。また、後輪を駆動していますので、ドライバーの操作に対してとても素直に無理なく反応するのです」とコメントする。

マツダ「CX-60」には、同社初となる後輪駆動ベースの電子制御多板クラッチ式AWDが採用されている。後輪駆動の特徴であるニュートラルな旋回性能に加えて、AWDならではの安定性の高さによって、ハンドリングや走行安定性はこれまでの前輪駆動ベースのAWDを大きく凌駕するレベルに進化しているという

マツダ「CX-60」には、同社初となる後輪駆動ベースの電子制御多板クラッチ式AWDが採用されている。後輪駆動の特徴であるニュートラルな旋回性能に加えて、AWDならではの安定性の高さによって、ハンドリングや走行安定性はこれまでの前輪駆動ベースのAWDを大きく凌駕するレベルに進化しているという

そこで思い浮かべたのが、ロードスターだ。すると、和田さんは「そうです、その感覚はあると思います。要は、回転の中心が真ん中に集まっているので、クルッと回るんですね。あのクルマでロードスターというと、ピンと来ない人が多いと思って敢えて言っていなかったのですが、実はロードスターのフィーリングも目指しています。ボディを外した骨格を見ていただくと、まるでスポーツカーのようですよ」と、少しうれしそうに教えてくれた。

和田さんは、「これが、現代版のスポーツカーなのかなとも思っています。確かに、ヒップポイントの低いクルマはノスタルジー的にはありえますが、今の時代にはなかなか難しい。そうすると、現代社会の中で、昔スポーツカーで楽しんだ人が現実解としてご家族も一緒に楽しめるリアルな現代版スポーツカーが、CX-60だと思うのです」と語る。ちなみに、アメリカでもそのような意見が多く聞かれるそうだ。それならば、あえてエンジン縦置きFRプラットフォームを作らなくてもいいのでは。和田さんは、「これはある意味、理詰めなのです。今回の燃焼の理想と多気筒化、大排気量化による環境と走りの楽しさを実現するとなると、縦置きは決まっていました」とのこと。このパワートレインは、マツダが目指す究極の解のひとつと言えそうだ。

魂動デザインと日本の美

CX-60は、デザインについても注目したい。マツダが誇る魂動デザインが、どのようにCX-60へと反映されているのか。そのコンセプトは、「ノーブルタフネス」。ミドルクラスの縦置きパワートレインSUVが持つ “強さ”と魂動デザインの“知性”、“エレガンス”を両立させている。

マツダ「CX-60」のフロントエクステリアとリアエクステリア [XD-HYBRID Premium Sports]

マツダ「CX-60」のフロントエクステリアとリアエクステリア [XD-HYBRID Premium Sports]

「CX-60は、意のままの走りと、地球環境への取り組みという、一見相反することを両立させています。それを、デザインで表現したいという思いも込められています」と説明するのは、マツダ デザイン本部 チーフデザイナーの玉谷聡さんだ。CX-60における全体的なエクステリアデザインは、太い骨格を元にキャビンを少し後ろ寄りに、そして後輪にしっかりと力がかかる、まさにFRであることを表すデザインが採用されている。しかも、フロントホイール中心からサイドシルのドア開口部前端までの距離が長く取られているので、FRならではのエレガントさを醸し出している。

マツダ「CX-60」のサイドイメージ [XD-HYBRID Premium Sports]

マツダ「CX-60」のサイドイメージ [XD-HYBRID Premium Sports]

CX-60のボディは、キャラクターラインがほとんど用いられておらず、面でデザインされている。特にサイドデザインは、フロントから来た力を後輪とその少し前あたりに落とし込むような光の流れが表現されている。これは、チーターが走り始めて体をぐっと伸ばした時の様子に近いと言える。ちなみに、CX-5も同じくチーターがダッシュする瞬間のイメージが表現されている。

玉谷さん曰く、「コンクリートで囲まれたスタジオなどで見ると、あまり美しいとは感じないかもしれません」と語っていたとおり、CX-60は自然光や街の光などが映り込むことによって、その美しさが映えてくる。CX-60は、魂動デザインが目指す自然界での美しさを表現しているである。

もうひとつ、インテリアを含めたデザインにおけるポイントは、グレード構成にある。冒頭で記したとおり、価格帯が幅広いので、それぞれに応じた“しつらえ”が必要だ。そこで、マツダはトップグレードのPremium Modernにおいて、マツダが考えた日本のものづくり、「ジャパニーズプレミアム」によってインテリアが表現されている。

マツダ「CX-60」のインテリアとシート [XD-HYBRID Premium Modern]

マツダ「CX-60」のインテリアとシート [XD-HYBRID Premium Modern]

それは、単に日本の高級な素材をそのまま用いるのではなく、「たとえば、自然と親しんできた日本人だからこそ感じる、四季の中にある光の移ろいや、一瞬の美しさを感じ取る日本人の感性や美意識を元にデザインを考えました。また、工業製品ではありますが、職人の手によって作り出す手のぬくもりを、その製品に残していくことを大切に考えたのです」。それが、マツダ流のジャパニーズプレミアムだ。魂動デザインは、要素をシンプルに削ぎ落して本当に見せたいものだけをしっかり見せる、引き算の美学という考え方を持っている。そこで、Premium Modernをデザインするにあたって、魂動デザインや日本の美意識、人馬一体、そして匠を軸としてデザインが進められた。

マツダ「CX-60」のセンターコンソール周り [XD-HYBRID Premium Modern]

マツダ「CX-60」のセンターコンソール周り [XD-HYBRID Premium Modern]

玉谷さんは、魂動デザインと日本の美意識について、次のように説明する。「多くの素材の配色を絞って凝縮し、調和したコーディネーションにしていくことを諧調(かいちょう)と言います。そして、諧調で整えた空間の中に、あえてひとつ異質なものを織り込んで心地よい変化や乱れを作り、空間にリズムやダイナミズムを作る。これを、破調と言います。CX-60には、そういった表現技法を採り入れています。今回は、織物の光の光沢をメインに、諧調で整えた空間を作って、メイプルウッドの揺らぎある木目、その変化によって破調を表現しています」と説明する。

マツダ「CX-60」のPremium Modernグレードには、インパネに日本のかけ縫いが表現されたステッチが採用されている [XD-HYBRID Premium Modern]

マツダ「CX-60」のPremium Modernグレードには、インパネに日本のかけ縫いが表現されたステッチが採用されている [XD-HYBRID Premium Modern]

次に、人馬一体と匠については「人馬一体では、“結ぶ”ことに着目しました。古来から、日本の馬具はさまざまに結ぶことによって、人馬一体を極めてきました。これを、マツダの人馬一体の、人とクルマの間にあるあらゆるアジャストメント、そこにイメージを重ねています。また、結ぶ手法も多くあるのですが、今回は、かけ縫いの手法に結ぶイメージを挟んで、縫い目の調整の難しさや美しさ、そこに匠の手のぬくもりのイメージを重ねています。かけ縫いは、インパネに採用しております」と語る。

Premium Modernのインテリアを実際に拝見したが、まさに上質と呼べるしつらえだった。これまで、数多くの日本の美が採り入れられたクルマのインテリアを見てきたのだが、CX-60のPremium Modernは、それらとは明らかに一線を画していた。

マツダが、新たなセグメントへと挑戦するラージプラットフォームは、これからSUVはもちろん、ほかのボディタイプも登場するだろう。振り返ると、東京モーターショーで登場した「マツダヴィジョンクーペ」などがその布石だったので、SUVからデビューしたのは少し意外な気もした。しかし、現在の市場を考えると、まずはここに焦点を当てているのはビジネスとして正しいように思える。和田さんは、「CX-5オーナーが、よりプレミアムなクルマがほしいときに、マツダにはなかったため、ほかに流れていた」と語っており、そこにCX-60の存在が必要だったと話していた。まさに、その視点においてCX-60はぴったりなポジショニングと言える。

話を聞いているかぎり、ラージプラットフォームの素性もすばらしそうである。和田さんが話すように、ロードスターのフィーリングがどのように生かされているのか、また、走る姿はどのように美しく見えるのか。そして何より、プレミアムモダンのインテリアがどう心に感じ入ってくるのか。今後試乗するのが楽しみな1台である。

内田俊一

内田俊一

日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を活かし試乗記のほか、デザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
CX-60の製品画像
マツダ
-
(レビュー-人・クチコミ572件)
新車価格:299〜626万円 (中古車:―円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る