トレンドニュース

マツダの人気SUV「CX-5」がフルモデルチェンジ。気になる「2代目」の評価はいかに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダ「CX-5 2017年モデル」

マツダ「CX-5 2017年モデル」

マツダの人気SUV「CX-5」が5年ぶりにフルモデルチェンジし、2017年2月2日より発売開始された。現在も続くマツダの好調をリードしてきた製品だけに、消費者からの注目度も高く、すでに試乗などを済ませたユーザーから続々と評価も上がってきている。5年前と比べると、ライバル車種も多くなった日本国内のSUV市場であるが、その中で“2代目”「CX-5」がどのように評価されているのか、「価格.comトレンドサーチ」のデータを使いながら、明らかにしていこう。

注目度は上々。発売開始に合わせて、価格.comの人気ランキングで首位に躍り出る

マツダ「CX-5」は、2012年に初号機が発売されるやいなや、価格.com上でも大きな人気を集めた車種だ。その最大の特徴は、マツダが新開発したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIVE-D」を搭載したこと。同時にガソリンエンジン車も発売されたが、注目度は断然クリーンディーゼル車のほうで、その力強いトルク感と、ディーゼル車とは思えないほどの静粛性や乗り心地のよさ、デザインのよさなどが高く評価され、その後何年もの間、高い人気を維持するに至った。2012年の「価格.comプロダクトアワード」では、「自動車関連」部門でプロダクト大賞に選出されたほど、ユーザーからの評価も高かった。この「CX-5」の成功によって、その後のマツダの大躍進が始まったと言っても過言ではない。

その人気モデル「CX-5」の2代目モデルも、基本的なグレード構成などは、初代モデルと変わらない。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIVE-D」を搭載したディーゼル車(2WD/4WD)と、ガソリンエンジン「SKYACTIVE-G」を搭載したガソリン車(2WD/4WD)が用意され、価格は、ディーゼル車が2,775,600円〜、ガソリン車が2,462,400円〜(いずれも税込・諸費用別)。大きく変わったのは外装のデザインで、全体的に若干低重心かつ車幅がワイドになった。また、ノーズが長くなり、フロントマスクも細長くなり、いわゆる「つり目」のデザインに変わるなど、初代よりもややスポーティーな雰囲気を感じさせるものになっている。

図1:「自動車」カテゴリーの人気車種5モデルのアクセス推移(過去3か月)

図1:「自動車」カテゴリーの人気車種5モデルのアクセス推移(過去3か月)

図2:「自動車」カテゴリーの人気車種5モデルの人気ランキング推移(過去3か月)

図2:「自動車」カテゴリーの人気車種5モデルの人気ランキング推移(過去3か月)

図1は、、「価格.comトレンドサーチ」で見た、「自動車」カテゴリーの人気車種5モデルのアクセス推移を示したもの。ここ3か月で大きく動いているのは、2016年12月に発売されたトヨタの小型SUV「CH-R」と、マツダ「CX-5」のみ。特に「CX-5」のアクセス数は、発売が近づいた1月末から急激に増加しており、「CH-R」の発売ピーク時の2倍程度まで達している。これを受けて、「自動車」カテゴリーの人気ランキングの順位も急上昇。トヨタの「C-HR」「ヴェルファイア」を交わして2月4日から首位の座に立っており、2月8日時点でもトップをキープしている。2位以下の車種とはいまでも大きな差が付いており、今後アクセス数が大きく落ち込まない限り、しばらくはトップの座をキープし続けるだろう。

図3:SUV人気5車種の満足度推移(過去3か月)

図3:SUV人気5車種の満足度推移(過去3か月)

このように、注目度はここ1年内に発売された車種の中でもトップクラスの新型「CX-5」であるが、発売から約1週間が経過した2月8日時点でのユーザー満足度は4.13(7名のユーザーがレビュー評価)と、現状ではあまり高くない。図3は、SUVの人気車種5モデルの満足度推移を示したものだが、発売以来、3点台の低評価で推移している「H-CR」を除くと、ほかのモデルはおおむね4.3前後の評価となっており、「CX-5」の現時点での評価はやや低めという印象だ。なお、初代モデルの「CX-5」の現時点での満足度は4.60(371名のユーザーが評価)となっており、これと比べてもかなり低い。

初代モデルの大ヒットが記憶に新しい「CX-5」だけに、2代目モデルの出来についても非常に関心が集まるところだが、滑り出しの評価としてはやや厳しめとなった。

ユーザー評価は意外に平凡。大きな変更のあったボディデザインに関しては賛否両論

図4:「CX-5 2017年モデル」のユーザー評価グラフ(2017年2月8日時点)

図4:「CX-5 2017年モデル」のユーザー評価グラフ(2017年2月8日時点)

図4は、2017年2月8日時点における「CX-5 2017年モデル」のユーザー評価を示したもの。上記に示したとおり満足度は4.13で、カテゴリー平均の4.19を若干下回っている。細かい項目別では、ほとんどの項目でカテゴリー平均は上回っているものの、飛び抜けて高い項目は「走行性能」の4.49くらいで、あとは軒並み平凡なスコアだ。唯一「エクステリア」だけが3.85と、カテゴリー平均の4.20を下回っている。なお、現時点で納車されたという人はおらず、すべてが試乗レベルでの評価となっている点はお断りしておく。

では、細かくユーザーレビューを見てみよう。まず、評価の高い「走行性能」から。

「Gベクタリングコントロールの効果か定かではありませんが、ハンドル操作に対する違和感が少なく、フィーリングがよかったです。安全機能が充実しており、街乗りから高速走行まで、安全に、快適に運転できることを期待させてくれる印象でした。」「直進安定性の高さは旧型と同じぐらいで、全体的にハンドルが軽くなりました。エンジンの燃調が変わってパワフル感が出てきたこともあり、車がより軽く感じます。」

上記の評価にもあるように、新型の「CX-5」では、「CX-3」などに搭載されていた「Gベクタリングコントロール」が搭載され、ハンドル操作に伴う安定性が増しており、この点が評価されている。エンジンのパワフルさは従来通り、静粛性は増したという評価もあり、この点では、新型の評価もほぼ一定しており、正常進化と言ってよさそうだ。

また、比較的平凡なスコアとなった「乗り心地」の面でも、「ディーゼルエンジンだからか、アイドリング時の微小な振動を感じました。走り出せば感じません。車内はとても静かで、遮音性はかなり高いと思います。」「足回りは旧型比で細かい振動をより多く遮断するようになりました。これは大きな変化。車外騒音の侵入もはっきりと少なくなり、静かになりました。でもそうするとタイヤからのロードノイズがかえって目立つという微妙な結果になっています。いずれにしても旧型から一皮むけた印象。」といったように、好意的なコメントが目立つ。こちらも正常進化と言える部分だろう。

逆に、デザイン面については、賛否両論ある。まずは、評価が低めの「エクステリアデザイン」から。

「3車種ともデザインが気に入っています。その中でもソウルレッドの美しさに惹かれました。カタログで見ても美しいですが、実車で見た時は魅入ってしまいました。」というような高い評価のいっぽうで、「インターネット等で初めて新型を閲覧した時、うーん....何かブサイクになってる…と思っていた。しかし今回実物を見て、いやいやこれはこれでイケてるぞ!全体的に低くシャープになってオシャレになってるぞ!と感じた。でも主観だが、以前のまるっとしたボディと大柄でチャーミングなフェイスが個人的には好みだった。」といったように、初代モデルのほうがデザインは好みという意見もあれば、「ロングノーズに見せるために本当にロングノーズにしてしまうという安直さのため、サイズの割に室内の有効長が短く、下位セグメントクラスで外観デザインも巧みで実用重視のべセルのような車種に室内空間の広さで迫られています。」といった厳しい意見もある。ユーザー間でも、デザインの好き嫌いは分かれそうだが、ロングノーズ化したことで、車内の収納スペースなどに影響が出てしまっていることを敬遠する向きもありそうだ。

いっぽうの「インテリアデザイン」については、「驚くほど良くなっている。メーター部分、コンソール部分、シート等全てにおいて高級感と機能が一段と向上していた。以前気になったパワーシートのモーター音もトヨタ並みに静かになっている。」「派手さは少ないものの、ソフトパッドやメッキパーツが要所で使用されており、ハリアーにも負けないぐらい質感が高いと感じました。」「内装も随所に見栄えを向上させる技が見られてシンプルだけどいいもの買ったな!とじわじわ来るものになっています。」など、おおむね好評価となっている。

このように、新型「CX-5」については、「Gベクタリングコントロール」などの搭載による、乗り心地や安定性の向上と、安全性装備の改良、インテリアの質感アップなどの面は一定の評価を得ているが、エクステリアデザインについては賛否両論あり、この点がやや評価を押し下げている傾向が見られる。ただ、「非常に良い車なので売れると思います。CX-5が街にあふれるでしょう。」「マツダが、カテゴリーリーダーである トヨタ・ハリアーに果たし状を叩きつけるが如くブッ込んだ渾身の一台。デザインも仕上げも充分渡り合える快作です。」といった声に見られるように、価格も含めた全体のバランスとしては決して悪くない。問題は、5年前とは異なり、先日発売されたトヨタ「C-HR」や、近いうちにマイナーバージョンアップされると見られるトヨタ「ハリアー」、さらにはスバルから3月に登場する新型「XV」など、強力なライバル車種が増えているということだ。これらのライバル車種と、どのようにこの“2代目”「CX-5」が渡り合っていくのか、今年2017年は、これらのSUV市場の動きから目が離せそうにない。

鎌田 剛(編集部)

鎌田 剛(編集部)

価格.comの編集統括を務める総編集長。パソコン、家電、業界動向など、全般に詳しい。人呼んで「価格.comのご意見番」。自称「イタリア人」。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トレンドニュース最新記事
トレンドニュース記事一覧
2017.6.22 更新
ページトップへ戻る