果肉を無駄なく食べるためのお助けアイテムを発見

パイナップルをスポッと抜ける専用カッターが気持ちイイ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

名は体を表す、説明不要の便利グッズ

今回ご紹介しますのは、パイナップルスライサー。その名のとおりの商品です。こちらはパイナップルをスライスするためだけに生まれてきた、きわめてハードコアでストイックなアイテムです。

パイナップルスライサーです

パイナップルスライサーです

パイナップルをスライスするのが俺の宿命です

パイナップルをスライスするのが俺の宿命です

パイナップルの頭を切り落として差し込んだら…

パイナップルは好きだけど、生のパイナップルは切るのが面倒…という方にうってつけのアイテムです。使い方はとても簡単。まずはそのへんのスーパーで1個300円程度のパイナップルを購入します。次に葉の付いている部分を切り落とします。が、「果肉を少しでも多く食べたい」と欲張って少ししか切り落とさなかったら、もののみごとにスライサーが入りませんでした。

ケチってギリギリまで実を残そうとしたら、切り口が小さすぎて装填できませんでした

ケチってギリギリまで実を残そうとしたら、切り口が小さすぎて装填できませんでした

諦めてもう少し切ります

諦めてもう少し切ります

グリグリ押し込んでいく…

そしてあとは“ネジの要領”でグリグリ押し込んでいくだけです。「もうこのへんが潮時ですな」という段階までひたすら力を入れて回してください。とはいえど、そこまで腕力や筋力は必要というわけでもなく、子供でも使えそうなレベルではあるのですが、スライサーのギザギザの部分がちょっとばかし鋭利なので、くれぐれもお気をつけください。

あとはグリグリ回しながら押し込んでください。底のパーツが切り裂きながら巻き取ってくれます

あとはグリグリ回しながら押し込んでください。底のパーツが切り裂きながら巻き取ってくれます

果肉がきれいに取り出せます!

そしてするっと取り出しますと、芸術的なまでに螺旋状の果肉が! 残された皮と芯の部分のきれいなこと。これはこれでとっておきたいところですが、芯は硬くて食べられないんですね…だからパイナップルはドーナッツ型にくりぬかれるのですね…1つ賢くなりました。

すごい! 廃墟のような皮と芯しか残らない!

すごい! 廃墟のような皮と芯しか残らない!

お皿に盛るときは上部のパーツ、取っ手の下の部分の黒いボタンを押し込み、ハンドルをすっぽり抜いてください。スライサー部分に偏っていた果実がぬるっと落ちます。

ここをね、押してください。芯が抜けます

ここをね、押してください。芯が抜けます

現在写真を撮りながらですと10分ほどかかりましたが、慣れれば3〜5分程度でシャカシャカできそうです。健康的な朝食として、生のパイナップル生活を始めてみてはいかがでしょうか?

このあと1人でおいしくいただきました

このあと1人でおいしくいただきました

筒井つつ

筒井つつ

水曜日担当。別名義で音楽関係の記事をメインに執筆中。写真・動画撮影が苦手で、いつもリジェクトされている。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.6.23 更新
ページトップへ戻る