「浪花屋製菓」の元祖・柿の種がチョコレートとコラボ

柿の種をチョコでコーティング、不思議な美味しさに…!

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが知っている柿の種。でも、その誕生物語をご存じですか? 現在の柿の種を最初に作り出したのは、新潟県長岡市にある浪花屋製菓。創業大正12年という老舗です。創業当初は薄くスライスした餅を何枚かに重ね、小判型の金型で切り抜いたあられを作っていました。最初は「柿の種」ではなく、「小判型」だったんですね。ところが、ある日、その金型をうっかり踏み潰してしまい、元に直らずそのまま使用したら、歪んだ小判型のあられになってしまいました。そんなあられを持って商いをしていたところ、「こんな歪んだ小判型はない。形は柿の種に似ている」といわれ、そのヒントから大正13年に「柿の種」が誕生。元祖・柿の種は、「浪花屋製菓」の創業者のちょっとしたアクシデントとアイデアから生まれたという訳です。

こちらがご存じ定番の元祖柿の種

こちらがご存じ定番の元祖柿の種

柿の種といえば、ピリ辛味が定番ですが、なんと大胆にもチョコレートでコーティングしたのが「柿チョコ」。

「スイートチョコの甘い囁き」浪花屋製菓 柿チョコ

「スイートチョコの甘い囁き」浪花屋製菓 柿チョコ

形は柿の種ですが、チョコでコーティングしている分、ちょっとふっくらした感じです。

元祖柿の種と比較してみました。1周り、いや、2周りくらい大きいかも

元祖柿の種と比較してみました。1周り、いや、2周りくらい大きいかも

さて、味の方はというと、カリポリ食感の柿の種と甘い香りのチョコレートが生み出す不思議な美味しさです。柿の種はピリ辛味という固定観念が一新されます。食べだしたら止まらない感じかも。

甘いけどちょっとしょっぱい、そしてほんのりピリリ。これは後を引きます

甘いけどちょっとしょっぱい、そしてほんのりピリリ。これは後を引きます

ほかにもホワイトチョコレートでコーティングした「ホワイト 柿チョコ」、コーヒーの香り漂う「カフェオレ 柿チョコ」、甘酸っぱいいちごの香りの「いちご 柿チョコ」、新潟県特産の洋梨風味の「ルレクチェ風味 柿チョコ」、きなこで包んだ「きなこ柿チョコ」などがあります。ぜひ一度お試しください。

柿チョコ勢ぞろい! こんなに種類があったんですね♪ 全種類制覇したくなりませんか? 上段左から、コーヒーの香りふわっと「カフェオレ」、新潟が誇る幻の洋梨「ルレクチェ風味」、ふんわり癒やしのひととき「きなこ」。下段左、ミルキィな甘さ懐かし「ホワイト」、下段右、甘酸っぱい香りたっぷり「いちご」

柿チョコ勢ぞろい! こんなに種類があったんですね♪ 全種類制覇したくなりませんか? 上段左から、コーヒーの香りふわっと「カフェオレ」、新潟が誇る幻の洋梨「ルレクチェ風味」、ふんわり癒やしのひと時「きなこ」。下段左、ミルキィな甘さ懐かし「ホワイト」、下段右、甘酸っぱい香りたっぷり「いちご」

回遊舎

回遊舎

製品 参考価格
浪花屋製菓 柿チョコ 270円〜2016年12月1日 11:00 現在
このエントリーをはてなブックマークに追加
グルメ最新記事
グルメ記事一覧
2016.12.2 更新
ページトップへ戻る