財布に忍ばせられる印鑑…。普通の印鑑と同じようにキレイに押せます。薄い印鑑、その正体は…!?

厚み0.34mmの「極薄印鑑」がめっちゃくちゃ使える

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事先だけでなく銀行や役所など、外出先で押印が必要なことはよくあります。筆者は、印鑑を持ってくるのを忘れたために、大慌てではんこ屋に駆け込むなんてこともありました。とはいえ、紛失の可能性を考えるとカバンに常備、というのもちょっと心配です。そこで、財布の中に忍ばせておける極薄のこんな印鑑はいかがでしょう?

スマート印鑑

明治安田生命の調査によれば、日本でもっとも多いとされる苗字が「佐藤」。ちなみに2位は「鈴木」で3位は「高橋」だそうです

今回ご紹介するのは、株式会社アンディが販売する「スマート印鑑」。厚さはわずかに0.34mmなので、財布や名刺入れなどに入れて持ち歩いてもじゃまになりません。もちろん使い方も簡単。一見するとシールのように見えますが、「スマート印鑑」ではゴルフボールのマーキングなどに使われている転写技術を採用。印影部分は紙面に密着し一体化するため、シールのように爪で引っかいたりこすったりしても、はがれることはありません。

印影を白い裏紙とともにミシン目で切り離します

印影を白い裏紙とともにミシン目で切り離します

さらに裏紙をはがし、半透明の部分のみを使います

さらに裏紙をはがし、半透明の部分のみを使います

押印したい部分に半透明シートの印影を合わせ、上から3〜5秒ほど指でぐりぐりと強く押し付けます

押印したい部分に半透明シートの印影を合わせ、上から3〜5秒ほど指でぐりぐりと強く押し付けます

半透明シートをはがすと朱肉で押したような鮮やかな印影が仕上がりました

半透明シートをはがすと朱肉で押したような鮮やかな印影が仕上がりました

“押印は朱肉でなければNG”というケースもありますが、販売元の調査によれば押印受理率は97.4%とのこと。特別な契約などの場合を除いて、多くの場面で使用可能と考えてよさそうです。なお、現在266苗字(人口カバー率50%)がラインアップされているとのこと。ちなみに、筆者の苗字はかなり変わっているので、発売されるのを気長に待ち続けるしかなさそうです。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.9.22 更新
ページトップへ戻る